カテゴリー「釣行記(ルアー編)」の4件の記事

ルアー(海、川両方)での釣行結果です。

2015年5月24日 (日)

2日間、20時間、フライにルアーにキャストした結果は・・・(150523、150524釣行記)

先週は札幌へハムの応援に行っていたので、1週休んでの釣り再開です。
まず、土曜日はえなり君とまりも湖へ。これまで、私はまりも湖lというと頑なに渡船をせず釣ってました。その裏にあるのは、渡船なんかしたら誰でも釣れるんでしょ、渡船代をかけてまで釣る必要ない、渡船したら負け、と、まぁ、荒んだ考えを持っていました。ただ、ここ数年、まりも湖で良い思いをしていない私は背に腹は代えられないというわけで、えなり君の案内で初めて渡船を使ったのでした。その結果は・・・

まりも湖
5月23(土)5:00-15:00
天候:晴れ 気温:10-22℃ 水温:9℃
風向・風速:南西のち西北西3~6m 波:0~1.0m ハッチ:ユスリカ少し ライズ(ボイル):散発
釣果:ボ ※ちなみにえなり君アメマス2尾
crying

1505230001
期待に胸を振らませ、意気揚々と出港した・・・

1505230002
ここが有名なヤイタイ島かと感動した・・・

1505230003
ポイントはえなり君にお任せ。ヤイタイの曲がり角というところに降り立った・・・

1505230004
キャストし続けるも当たりがない・・・、そしてお魚の反応が少ない・・・

1505230005
時々、突風が吹いてくるも釣りにはなるので、東側へ少しずつ歩いてポイントを変えながらキャストを続ける・・・

1505230006
ここまで見えたアメマスの顔は、えなり君が釣った2尾だけ・・・

そして、最後のポイント砂浜へ到着。すると、風は止み無風状態の時間も・・・。ここで、モーターボートが2隻、沖を通過した後、魚がバシャバシャ跳ね始め、フライをキャストすると、フライが通過している付近で魚がジャンプ。しかし、針には何もかからなかった・・・。

1505230007
帰りの船は行きとは違い何だか悲しかった・・・、そして、海でもないのに風がしょっぱく感じられた・・・

1505230008 1505230009
ワカサギはいたるところに浮いていたし、小さな流れ込みには多くのワカサギが遡上していたのに・・・
こういうワカサギが浮かんでいたら、鱒がこれに飛びついてバシャバシャ食べていると思っていたのですが・・・
浮かんでお亡くなりになっているワカサギの瞳も食べられなくてさびしがっているように感じた・・・

渡船したら釣れると思い込んでいた私の考えは、甘く、ふざけた考えだと認識させられ、反省しました。
とにかく・・・厳しかったし、自分の未熟さも痛感しましたが、もう少し、鱒たちがワカサギに興味を示していてくれればとも思いました。ただ、歩いたことのないポイントで景色が新鮮だったので楽しめました。
何にしても、モンカゲがパッとしていないようだったら来シーズンになるかもしれませんが、もう一回、渡船リベンジしたいと思います。

☆土曜日のDATA☆
LOOP EVOTEC 8136-4MF
LOOP EVOTEC LW627
RIO Powerflex Core Shooting Line 0.030"-25lb Floating
RIO Skagit Fright Head 25ft 500gr
AIRFLO PolyLeader TROUT 10ft Fast Sinking
ティペット2X50㎝

☆本日のヒットフライ☆
無し

そして、日曜日。
土曜日とはうって変わって、フィールドは海、手にはルアーロッド、というわけで、シーチェリーを釣ることを目標に、とある場所にある海へ行きました(場所はあまり知られていない場所なので、風景写真は載せていません)。そして、この日は近くの事務所に転勤してこられたお師匠様に久々に同行させていただきました。
さて、ポイントへ到着すると、ここの主、シュガー君が居たので状況を聞くとシーレインは釣れているとのこと。そして、サケ稚魚が追われているのも見えます。これは期待できるとキャストを開始します。すると先に釣りをしていた人がシーチェリーを釣りあげました。ますます期待に胸が膨らみました。
そんななか、途中、フライが良いんじゃないかとフライロッドも少し使ってみましたが、コツコツとあたりがあったり、着水したフライにボイルらしきものが起きたりもしましたが、手返しが悪く、遠投できないので、すぐにフライを諦め、ルアーで勝負することにしました。


1505240001
するとルアーに戻して数回キャストしたところで、シーレインが顔を見せてくれました。計っていませんがそんなに大きくは無く30㎝ちょっとだと思いますが、まずまず太っていて綺麗な魚でした。その後も、何度もジグを追って来たり、ミノーにアタックしてくるお魚の姿は見えたのですが、結局、針には掛りませんでした。
そんな感じで、目標のシーチェリーを釣ることはできませんでした。ただ、この日の釣りでなんとなく手ごたえが感じられたので、ちょっと今年は海ルアーの方も少し力を入れて(本気で)やろうと思い・・・


1505240002
早速、トンデンを大量に仕入れました。
これ以外にも、本気でやるためルアーバックやリリースネットなんかも・・・。

とりあえず、来週も土日のどちらかは海へ行くことにします。今年こそシーチェリーの顔を見るために・・・。

☆日曜日のデータ☆
SHIMANO GAME AR-C 1006
SHIMANO RARENIUM Cl4+ 4000XG
VARIVAS ソルトウォーター VA-G 14lb
フロロカーボンリーダー20lb  50㎝

☆ヒットルアー☆
トンデン(40gシェルピンク)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

やっと、やっと今年の釣りが開幕(100404釣行記)

まず、土曜日。とりあえず近郊の湿原河川中流域を片っ端から叩きまくりました。
去年の今頃もあちらこちらの中流域へ行って良い思いできず懲りたにも関わらず・・・

1004030001

上のようにまだ岸には所々雪が残っており、只でさえ釣り難く、遡行し難い湿原河川ですが、厳しかったです。さて、こんな中を苦労して歩き回った土曜日、先週までと同じくボでした。。。
このまま川歩きだけで終わったら、先週までのような虚しい週末だったのですが、今週末は違いました。
日曜日の午前中、転勤して行く事務所の人を見送った後、のんびりと昼前から先週行った「道東近所の渓①」へ再び行ったところ・・・

道東近所の渓①
4月4日(日)11:45-15:00
天候:晴れ 気温:5℃ 水温:未計測 状況:平水濁りなし(引潮回り) ハッチ:なし ライズ:なし
釣果:アメマス様(35-45cm)11尾 ※バラシ多数

10040400021004040003

近所の渓①に昼前に到着すると、ここ最近でこの渓はかなり有名になったようで車がびっしり、人もびっしりといった状態でした。こんな人だらけの中で釣るのは嫌だなと感じ、釣れなくても良いから人のいない湿原河川へ移動しようと思ったその時、魚をかけている人が数人見えました。
これだけ人がいるのに釣れていると言うことは、かなり状況が良いのでは?と思って、慌てて支度(ルアーロッドとフライロッドの2刀流で)をして、人が比較的少ない下流側に私も陣取ることにしました。

その結果は正解でした。最初はルアーの引き方や魚のついているポイントなどが掴めず、サッパリの状態でしたが、いろいろ試していると、ルアーに当りを感じ取れるようになりました。そんなこんなで1尾かけてバラシた直後、今年初めてのお魚さんとご対面しました。

1004040004

35cmと可愛らしいサイズですが、昨年11月以来のお魚さんなので満足でした。それにしても、こちらへ移住して1年。やっと地元のアメマス様が私に心を開いてくれました。 あと何年か分かりませんが、しばらくこちらに居ると思いますので、アメマス様、よろしくお願いします_(._.)_

この日釣れたアメマス様は大半が35cmちょっとの可愛いサイズでしたが、中には45cmを含む40UPのアメマス様も。。。

1004040005 1004040006

ほんと、今年初めて釣りで楽しめました。先週までは川歩きばかりでしたから・・・^^;;;
これで地元のアメマス様に顔を覚えてもらえたと思うので、来週以降も大丈夫かな?
ちなみに今日はフライロッドも持っていたのですが風が強かったのでルアーオンリーになりました。また、ここで釣りをする時は、今度こそフライでやってみたいですね。周りを見ててもフライの方がルアーの倍釣れてましたから。

1004040007

上のように何も無い極東の地ですが、アメマス様がこれだけ居るのなら悪くは無いかも・・・。
あとは、職場環境さえ良くなれば最高なのですが・・・。。。

ロッド:Daiwa PHANTOM 562LRS-Si
リール:Daiwa REAGAL-Z 2000
ライン:不明
ルアー:スプーン(橙緑金)7g

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

今週も川歩き(100328釣行記)

さて、この時期は人事異動の時期で(私は関係ありませんが)送別会など行事もいろいろあります。
送別会自体は寂しい気持ちになりますが(特に去年は自分が対象者だったので非常に寂しかったです。。。)、酒が飲めるので、これはこれで良いもんです^^
というわけで、今週、来週はこれら行事の合間を見ての釣りなので近場がメインです。

道東B川
3月28日(日)
天候:晴れ 気温:0℃ 水温:未計測 状況:平水濁りなし ハッチ:クロカワゲラ、ユスリカ
釣果:ボ

1003280001 1003280002

先週も歩いたB川です。この日は先週よりも少し下流を歩いたのですが水量、ポイントと申し分なしの感じだったのですが、肝心のお魚が・・・。ここはヤマメちゃんが大量に居る川らしいので夏場は良さそうなのですが、アクセスの良い川だけに時期が良くなると人が多そうで・・・。
今時期に少しでも釣れれば良いなと2週続けてきたのですが新子さえ居ません。お魚はどこに???

道東近所の渓①
3月28日(日)
天候:晴れ 気温:1℃ 水温:未計測 状況:平水濁り、氷あり ハッチ:なし
釣果:ボ

1003280003 1003280004

B川のあと、何ヶ所か見てまわりましたが、今釣れていると噂の川は人だらけ。
というわけで、放浪したのち近所の川で釣りをすることにしました。ここはアメ君に運が良ければ滅多にお目にかかれないあのお魚も・・・。しかし、まだ川は開いたばかりと言う感じで、ひっきりなしに氷が流れてきました。ちょっと早かったのかも。
この氷がなくなったときが勝負ですね。ちなみにこの日はルアーでしたが、これだけ開けていると、ここは湿原河川ですがフライで出来そうです。次回はフライで突撃ですね。

神様、来週こそ私にお魚を!!

ロッド:Daiwa PHANTOM 562LRS-Si
リール:Daiwa REAGAL-Z 2000
ライン:不明
ヒットルアー:無し

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

久々の川歩き(100320釣行記)

さて3月の3連休。
でも、強風が吹き荒れ、条件が良くなかったので土曜日だけ釣りに行きました。
ただ行ったといっても久々の釣りだったので、手軽にルアーでチョコットですが^^

道東B川
3月20日(土)
天候:晴れ 気温:5℃ 水温:未計測 状況:平水濁りなし ハッチ:クロカワゲラ
釣果:ボorz

10032000001003200001

この川は、去年の初秋に 一度来たことがあったのですが、その時は大雨の影響が残っていたのか歩くのが危険なくらいの水量でしたが、この日は丁度良い水量で、魚が付きそうなポイントが点在していて良い感じでした。この条件が、昨秋に整っていれば・・・。残念ながらこの日は魚の顔は見れませんでした。まぁ、4ヶ月ぶりのリハビリ釣行。道東河川でも釣れはじめている所もあるようなので次回に期待ですね。

1003200002

河原に積もった雪の上を見ると、春の使者(クロカワゲラ)が大量に歩いていたので、魚たちもそろそろ目を覚ましてくれることでしょう。それにしても、道南でここまでクロカワゲラが大量に発生していることは見たことがありません。ちょっとビックリしました。

さて、結局、今シーズン一発目は魚の気配さえ感じることが出来ませんでしたが、久々の川歩きは気持ち良かったです。ただ、私自身、12月以降、パチ屋に篭り、タバコ吸いまくりのうえ運動不足になっていたため、この日たった3キロしか歩かなかったのに息切れしました^^;;;釣果もですが、こちらの方もリハビリが必要ですね^^

ロッド:Daiwa PHANTOM 562LRS-Si
リール:Daiwa REAGAL-Z 2000
ライン:不明
ヒットルアー:無し

| | コメント (6) | トラックバック (0)