カテゴリー「釣行記(道東編)」の131件の記事

道東での釣行結果です。

2016年7月10日 (日)

ロケットレインボーに会いたくて!!2016夏~とうとう出会えた~(160709釣行記)

おはぎ地方のとある山奥のニジマス様は、他の渓のものより引きが強いことから、昔、ロケットレインボーと呼ばれていたそうです。そのロケットレインボーという魚に一度で良いから会いたいと、数年にわたりロケットの本流に通ってきました。これまで、会えなかったそのロケットレインボーにとうとう出会えたのです。

ロケットの本流
7月9(土)7:00-13:00
天候:晴れ 気温:13-27℃ 水温:10℃ 状況:やや多い ハッチ:カディス(ヒゲナガ多い)
ライズ:ほとんど無し
釣果:ニジマス様(52㎝)1尾、ニジマス君(10-29㎝)15~20尾
lovely

1607090001
この日はのんびりしていたため、現地に7時到着となったので、入りたい流域には先行者が居ました。仕方なく、別の流域を釣り上ることとなりました。
いつもの流域でないうえに水温は10℃で水量はやや多め。微妙な感じです。

1607090002 1607090003 1607090004
ただ、今回、釣り上った流域も良い感じの瀬やプールのポイントがあり、期待できない訳ではありません。

1607090005
期待できない訳ではないのですが、出てくるお魚はチビニジ君ばかり・・・。おまけに、ドライフライを咥えるのが下手な魚が多くて、なかなか針掛りしません(私の腕が下手なのもあるのでしょうが、ニジ君たちも下手です)。
そして、この渓はニジマス君以外に良いサイズのオショロコマ君が居るのですが、この日は全くオショロコマが顔を出しませんでした。
やはり、水温がやや低いのと山には雪が多く残っていて若干雪代交じりの増水が影響していたのかもしれません。

1607090006
そんなこの日の釣りでしたが、上のポイントだけおチビ以外のお魚が顔を見せました。ちょうど二股の流れが合流する場所が、少し深くなっていたのですが、そこにフライを浮かべると、大きな魚影がスッと浮かび上がり、フライを咥えました。しっかり合わせを入れて・・・と入れたらバレてしまいました。。。痛恨のミスです。でも、これでは諦められず、15分ほど休憩し、再度トライすることにしました。ただ、ドライは厳しいと思い、ウェットを沈めて泡の中を探ることにしました。そして、数尾のチビニジ君が掛った後、ガツンとチビニジ君とは違う手ごたえがありました。掛ったお魚を見ると、ドライに出たお魚と同じような模様をしています。そしてサイズは50㎝はありそうです。ロケットレインボーと呼ばれるだけあって、なかなかネットインしてくれず、掛けた所から50mほど下流でやっとネットインできました。

1607090007
良い面構えです。しっかりフライを咥えています。やはり、まだまだ水中の物の方が食べ慣れているんですかね。

52㎝ニジマス様(ロケットレインボー)lovely

1607090009
尾鰭の下の方が欠けていました。。。産卵行動によるものでしょうね。この尾鰭で、あれだけの抵抗・・・、鰭が完全だったらネットインできなかったかもしれないです。。。
今度は完全な鰭の状態の時に再会したいものです。


今年、やっと50アップのニジマス様の顔を見ることができました。そして、念願のロケットレインボーに会えて大満足の一日となりました。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Abel TR2(プラチナカラー)
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット3or4X100cm(3X50㎝)

☆ヒットフライ☆
エルクヘアカディス#8 ソフトハックル#8

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年5月23日 (月)

パラダイスは今となっては昔・・・(160521釣行記)

この日は、かつてニジマスパラダイスと呼んでいた渓に行きました。
全くパラダイス感が無くなって以来、足が遠のき、早3年。そろそろ復活しているかなと思ったのですが。。。


道東プーさんパラダイス
5月21日(土)6:30-12:00
天候:快晴 気温:8-28℃ 水温:9℃ 状況:水量やや多い、若干雪代濁りあり
ハッチ:少ない(メイフライ) ライズ:無し
釣果:ニジマスちゃん(10-30㎝)約30尾 ※大半が10㎝台の新子サイズ・・・
crying

1605210001
この渓相・・・、懐かしいです。特に砂が出た様子や倒木で荒れている様子もなく、相変わらず素晴らし渓相を保っていました。

1605210002
若干、河原にフキが増えていて、少しだけプーさんのことが気になりましたが、気持ち良い青空の下を歩いていると、いつの間にか気にならなくなっていました。

1605210003 1605210004 1605210005
かつて、大物が顔を出した激熱ポイントも健在でした。しかし、ポイントが健在なだけで、大物は全く居らず・・・

1605210006
10-20㎝のチビニジちゃんの猛攻を受け・・・

1605210007
最大サイズは30㎝。それもたった1尾だけ・・・。
パラダイスの復活はまだまだ遠そうで、ガッカリしました。ただ、前回は新子サイズも数尾しか釣れなかったので、その時よりは復活しているのでしょうが・・・。
復活はいつになることやら・・・

さて、この渓は釣り上ると・・・

1605210008
上のような林道を1時間弱歩いて車に戻るのですが、この日はハンターに何度かすれ違いました。鹿討って今
時期もやってるのかな?なんてのんきに考えていたのですが、林道の入り口に戻ると、この日の朝7時にプーさんが出たとの看板がありました。
う~ん、知らないって怖いですね。よく、そんな状態のなか林道を一人で歩いてたもんです。さすがの私もゾッとしましたwobbly

☆本日のDATA☆
Winston WT9ft#4
Abel TR2
DT4F(SUPRA FLOATING LDL)
リーダー3X9ft
ティペット3X50cm

☆ヒットフライ☆
ソフトハックル#8、10

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月26日 (火)

2時起きで朝練に行ったら・・・サクラサク(150525釣行記)

日曜日、多くのシーレイン君に弄ばれ、悔しい思いをしたとある海へ仕事前に突撃しました。
2時起きだったため、前夜8時半に就寝して・・・我ながらアホです。。。

道東の海
5月26(火)3:30-5:40
天候:くもり 気温:3-5℃ 水温:不明 風向・風速:南1m 波:0~1.0m ボイル:少ない
釣果:シーチェリー(46.2㎝、1,427g、♀)1尾
lovely

1505260001
この時期、3時と言っても明るく、この陽の長さを生かさないのはもったいないかもしれません。
さて、海の方は若干濁りが入っているものの問題ない感じです。そして、日曜日よりも風は弱いけどべた凪ではないという好条件。現地には、日曜日にも偶然会ったシュガー君が先に来ていたので情報を聞いて、キャストを開始しました。
しかし、この日は日曜のように元気なアメマス君が居ってくる姿が見えません。。。
今日は無理だなと半分諦めていたとき、シュガー君がナチュラルカラーのミノーが良いと話したので、それを信じてイワシ色のタイドミノーをキャストすると、まさかのワンキャスト目でガツンと当たり。そこからガンガン引かれたので、大きなアメマスが掛ったと思っていたのですが、「サクラだ」と言われ、よく見るとアメマスではない。もうそこからはバレないかとハラハラしましたが、無事、シュガー君にネットを入れてもらい対面することができました。

1505260002
シーチェリー様 ♀、46.2㎝、1,427g

おそらく道南に居た時以来ですから8年ぶりだと思います。丸々太ってて良い感じのチェリーさんでした。
もう満足です。

と言ってますが、今日も夜8時過ぎに寝て、明朝また突撃しようと思います。2匹目のどじょうを狙って。。。

☆日曜日のデータ☆
SHIMANO GAME AR-C 1006
SHIMANO RARENIUM Cl4+ 4000XG
VARIVAS ソルトウォーター VA-G 14lb
フロロカーボンリーダー20lb  50㎝

☆ヒットルアー☆
Tide Minnow Slim 140 (北海道限定ブルー)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年5月24日 (日)

2日間、20時間、フライにルアーにキャストした結果は・・・(150523、150524釣行記)

先週は札幌へハムの応援に行っていたので、1週休んでの釣り再開です。
まず、土曜日はえなり君とまりも湖へ。これまで、私はまりも湖lというと頑なに渡船をせず釣ってました。その裏にあるのは、渡船なんかしたら誰でも釣れるんでしょ、渡船代をかけてまで釣る必要ない、渡船したら負け、と、まぁ、荒んだ考えを持っていました。ただ、ここ数年、まりも湖で良い思いをしていない私は背に腹は代えられないというわけで、えなり君の案内で初めて渡船を使ったのでした。その結果は・・・

まりも湖
5月23(土)5:00-15:00
天候:晴れ 気温:10-22℃ 水温:9℃
風向・風速:南西のち西北西3~6m 波:0~1.0m ハッチ:ユスリカ少し ライズ(ボイル):散発
釣果:ボ ※ちなみにえなり君アメマス2尾
crying

1505230001
期待に胸を振らませ、意気揚々と出港した・・・

1505230002
ここが有名なヤイタイ島かと感動した・・・

1505230003
ポイントはえなり君にお任せ。ヤイタイの曲がり角というところに降り立った・・・

1505230004
キャストし続けるも当たりがない・・・、そしてお魚の反応が少ない・・・

1505230005
時々、突風が吹いてくるも釣りにはなるので、東側へ少しずつ歩いてポイントを変えながらキャストを続ける・・・

1505230006
ここまで見えたアメマスの顔は、えなり君が釣った2尾だけ・・・

そして、最後のポイント砂浜へ到着。すると、風は止み無風状態の時間も・・・。ここで、モーターボートが2隻、沖を通過した後、魚がバシャバシャ跳ね始め、フライをキャストすると、フライが通過している付近で魚がジャンプ。しかし、針には何もかからなかった・・・。

1505230007
帰りの船は行きとは違い何だか悲しかった・・・、そして、海でもないのに風がしょっぱく感じられた・・・

1505230008 1505230009
ワカサギはいたるところに浮いていたし、小さな流れ込みには多くのワカサギが遡上していたのに・・・
こういうワカサギが浮かんでいたら、鱒がこれに飛びついてバシャバシャ食べていると思っていたのですが・・・
浮かんでお亡くなりになっているワカサギの瞳も食べられなくてさびしがっているように感じた・・・

渡船したら釣れると思い込んでいた私の考えは、甘く、ふざけた考えだと認識させられ、反省しました。
とにかく・・・厳しかったし、自分の未熟さも痛感しましたが、もう少し、鱒たちがワカサギに興味を示していてくれればとも思いました。ただ、歩いたことのないポイントで景色が新鮮だったので楽しめました。
何にしても、モンカゲがパッとしていないようだったら来シーズンになるかもしれませんが、もう一回、渡船リベンジしたいと思います。

☆土曜日のDATA☆
LOOP EVOTEC 8136-4MF
LOOP EVOTEC LW627
RIO Powerflex Core Shooting Line 0.030"-25lb Floating
RIO Skagit Fright Head 25ft 500gr
AIRFLO PolyLeader TROUT 10ft Fast Sinking
ティペット2X50㎝

☆本日のヒットフライ☆
無し

そして、日曜日。
土曜日とはうって変わって、フィールドは海、手にはルアーロッド、というわけで、シーチェリーを釣ることを目標に、とある場所にある海へ行きました(場所はあまり知られていない場所なので、風景写真は載せていません)。そして、この日は近くの事務所に転勤してこられたお師匠様に久々に同行させていただきました。
さて、ポイントへ到着すると、ここの主、シュガー君が居たので状況を聞くとシーレインは釣れているとのこと。そして、サケ稚魚が追われているのも見えます。これは期待できるとキャストを開始します。すると先に釣りをしていた人がシーチェリーを釣りあげました。ますます期待に胸が膨らみました。
そんななか、途中、フライが良いんじゃないかとフライロッドも少し使ってみましたが、コツコツとあたりがあったり、着水したフライにボイルらしきものが起きたりもしましたが、手返しが悪く、遠投できないので、すぐにフライを諦め、ルアーで勝負することにしました。


1505240001
するとルアーに戻して数回キャストしたところで、シーレインが顔を見せてくれました。計っていませんがそんなに大きくは無く30㎝ちょっとだと思いますが、まずまず太っていて綺麗な魚でした。その後も、何度もジグを追って来たり、ミノーにアタックしてくるお魚の姿は見えたのですが、結局、針には掛りませんでした。
そんな感じで、目標のシーチェリーを釣ることはできませんでした。ただ、この日の釣りでなんとなく手ごたえが感じられたので、ちょっと今年は海ルアーの方も少し力を入れて(本気で)やろうと思い・・・


1505240002
早速、トンデンを大量に仕入れました。
これ以外にも、本気でやるためルアーバックやリリースネットなんかも・・・。

とりあえず、来週も土日のどちらかは海へ行くことにします。今年こそシーチェリーの顔を見るために・・・。

☆日曜日のデータ☆
SHIMANO GAME AR-C 1006
SHIMANO RARENIUM Cl4+ 4000XG
VARIVAS ソルトウォーター VA-G 14lb
フロロカーボンリーダー20lb  50㎝

☆ヒットルアー☆
トンデン(40gシェルピンク)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

ああ・・・、糸洗い・・・(141109釣行記)

10月は1回だけ釣りに行ったのですが、ブログにアップする暇がありませんでした。
まぁ、アメマスをぱらぱらと釣っただけ・・・。今年のアメマスの故郷はあまり状況が良くないですね。なんだか、年々ダメになってるような気が・・・。
そんな感じで、10月も色々あって(虫歯が急にうずいて釣りすることなく渓から帰る羽目になったり、出張だったり、車が壊れたり、忙しかったり・・・)ほとんど釣りに行けませんでした。
そして11月になりました。
この週も土曜は車検で釣りできませんでしたが、日曜は釣りに久々に行くことができました。


クッシー湖
11月9(日)5:00-13:30
天候:曇り 気温:-4-11℃ 水温:計測忘れ
風向・風速:南0~1m 波:0~0.5m ハッチ:無し ライズ(ボイル):散発
釣果:ヒメマス君(25㎝前後)2尾
catface

1411090001
今日は、日の出前の朝5時からの釣り。やや薄暗い中でのスタートでしたが、釣りを始めて30分くらいでご来光を拝みながらのキャスティングとなりました。思ったほど寒くなく、風も弱かったので気持ち良かったです。ただ、釣りのことを考えると、もう少し風があって波立っていた方が良かったのでしょうが・・・。

1411090002
そして、この日はえなり様とえもん君と3人での釣りでした。3人での釣りは初めてだったかも・・・。
そんな同行者二人はそれぞれ、この時期大量に居るヒメマス君と外道のウ様意外に、本命(ニジ様)のお魚の顔も見れていたのですが・・・
私は・・・

1411090003
ウ様は無かったですが、釣れたのはヒメマス君だけで・・・。ほんと釣りというより、糸洗いに行ったようなもんでした。でも、釣れたヒメマス君はオスで、小さいながらもセッパリでなかなかの見栄えでした。ニジ様は次回の課題ということで、今日はこのヒメマス君で満足することにします。久々の魚信でしたしねwink

またまた、今回も久々の釣りとなりました。今日は釣れなかったですが、気の知れた相棒と釣りをしたこともあり、楽しかったです。
公私ともに、だいぶん落ち着いてきたので来週からは比較的釣りに行けそうです。流石に天候が悪化したり、寒波が来たらパスしますが、行ける限り行きたいなと思ってます。

☆本日のDATA☆
LOOP EVOTEC 8136-4MF
LOOP EVOTEC LW627
RIO Powerflex Core Shooting Line 0.030"-25lb Floating
Scientific Anglers MASTERY SERIES Atlantic Salmon SH-8/9 S1/S2
ナイロンリーダー 1X5ft
ティペット1X100㎝

☆本日のヒットフライ☆
金玉マラブー(オリーブ)#8

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年9月28日 (日)

久々に渓へ行ってみた・・・(140928釣行記)

8月の最初の週に知床へ行って以来、この週まで釣りには行ってませんでした。
行かなかった理由はいろいろあって、私的なことで忙しかった日もありますが、一番の理由はお仕事が忙しすぎて、休み関係なく事務所に出て報告書を書いてたり(9月の連休はすべてお仕事・・・)、あと、釣り熱が結構、冷めちゃったこと。釣り熱が冷めたのは身近にいるサケ釣りにはまっている人間の、ガサツで下品なこと。ああ、釣り人ってなんて下品なんだ、自分も同じなんだろうなと思ってしまって・・・。

ただ釣りに行かないと、休みの日は仕事とパチ屋へ通うくらいしかやることが無く、不健康過ぎ。というわけで、仕事も少し落ち着いてきたので、今週末、久々に渓へ行ってみました。


1409270001
まず、土曜日はおはぎ地方の私が大好きだったホームの渓へ。この日は久々になので、大物が潜む大場所が続くポイントへ入りました。秋の様相が漂う渓は美しく、歩いているだけで気持ち良かったのです。ただ、このポイントは大物一発狙いのポイントなので、結局・・・


1409270002
おチビニジちゃんが数尾顔を見せただけでした。


1409270003
ただ、少しですがエノキを手に入れることができたので良かったですが。
というわけで、土曜は釣りというよりはどちらかというと途中からキノコ採りになりました。

そして、日曜日。
この日もおはぎ地方で釣りしようかと思いましたが、土曜日の朝、気温がかなり低かったので、急激な気温低下でお魚の活性も落ちたかも?と思い(実際、ホームの渓でも釣れなかったですし、大場所でも大物が泳いでいる様子が見えなかったので)、アメマス狙いに切り替えることにしました。


道東アメマス君の第2故郷
9月28(日)4:30-10:30
天候:曇りのち小雨 気温:14-16℃ 水温:12℃ 状況:平水 ハッチ:メイフライ少し ライズ:無し
釣果:アメマス君(35-59㎝)20尾くらい ※Average 40㎝
confident

1409280001
とにかくこの時期、釣り銀座になるこの渓。朝一のポイントの選択を誤ったら、その日、下手したらボになってしまいます。このことから、あれこれ悩んだ挙句、一級ポイントを外し、それなりに長い期間、お魚が溜まる流域に朝一で入りました。昨年、この流域は大場所はありませんが、それなりのポイントが点在していたのですが、今年は、台風の影響か、昨年以上に砂が流れてポイントが埋まっていました。昨年良い思いをしたポイントは、流れ筋が変わって、悲しいことに水がなくなっていました・・・。
そんな感じで、しばらく歩いていくと、小雨が降ってきました。本来なら、最悪なんですが、この時期のこの渓では、釣り人の数が減るので、これは恵みの雨です。
そういうわけで、いつもなら少し釣り歩くと、他の釣り人に出会ってしまうのですが、この日は全く出会わず、ポイントを探ることができました。


1409280002
そして、たどり着いたのが、淵のポイント。ここはそれほど水深は無いのですが、川底がスリットになってて、怪しい感じです。キャスティング前に少し観察していると、川底がギラッと光りました。これはアメマスが居る合図。早速フライを流すと。。。


1409280003
この小さなポイントに、こんなに居たのかというくらいアメマス君が顔を見せてくれました。ただ、サイズは小さく40㎝前後がほとんど。


1409280004
そして、時々・・・40㎝台後半サイズ。


1409280005
そして、そして1尾だけですが59㎝のアメマス君が出てきました。あと1㎝でとりあえず合格と思える60㎝だったのですが、惜しかったです。。。
ちなみに、この日はいつもより水玉がピンクのアメマス君が多かったですね。
そして、ちょっと時期が早い気がしますが、イクラスイッチも入っている魚も居るようです。まぁ、イクラフライというと人によっては馬鹿にしてる人もいるようですが、そういう人は使わなければ良いだけですから(こういう変なこだわりがある釣り人の考えを聞かされるのも、私の釣り熱が冷める理由の一つだったりします・・・)、私は普通に使います。この時期アメマスが食べているものというとイクラが多いでしょうから、理には適っていますしね。

さて、運良く産卵を終えた摂餌にやる気のある群れにあたったおかげで、それなりの数のアメマス達の顔を見ることができました。というわけで、この流域を離れ、別のポイントへ。


1409280006 1409280007 1409280008
3流域ポイントほどガンガン歩いてみたのですが、今年は非常にお魚の数が少ない気がしました。数年前はちょっとした淵には数えきれないくらいアメマスが居たのですがねぇ。そして、凄い大きなアメマスもその群れには混じっていて・・・。それと比べると、この日の状況は天と地の差と言っても良いくらいでした。
まぁ、時期が早いのもあって、アメマスの本隊はまだ中~下流域に居るのかもしれませんが、本体が到着してもゆっくり休めるポイントが少ないのが気がかりです・・・。


1409280009
それでも、小さなポイントを丁寧に攻めると、40㎝ちょっとのアメマス君は居るようでした。

ちなみに、アメマスは例年よりも今のところ少ない気がしましたが・・・


1409280010
サクラやシロザケの遡上は例年よりも多いようです(青マスの姿は全く見えないけど、サクラの死骸の数はすごかった)。まだ、産卵中のサクラやシロザケがこの日も多くいましたし、浅瀬や岸際には産卵床も多く見えました。これから多く訪れる釣り人にこういった産卵床が踏み荒らさなければよいなと思います。

といった感じで、久々に釣りに行きました。まぁ、釣り熱が冷めたといっても、根本的には釣り自体は好きですから、楽しかったですし、久々に渓を歩いて気持ち良かったです。
仕事が落ち着いていたら、来週も釣りに行こうかなと思います。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Abel TR2(プラチナカラー)
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット3X50㎝

☆ヒットフライ☆
イクラフライ#8

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年8月 4日 (月)

いつ来ても知床は楽園だ!!(2014知床釣行PART1:140802釣行記)

今回は、2年ぶりにシジミ君との釣行。シジミ君との釣りとなると、知床でのヤマメ釣り。
とりあえず、悪魔の館前で待ち合わせして合流し、プーさんの巣、知床河川へ突撃しました。
この日は2本の渓で釣りをしましたが、1本目は昔良かったけど、最近パッとしない渓。でも、知床ですから、しっかり歩けば悪い訳ないと思ってました。


知床半島S川
8月2(土)6:30-14:10
天候:快晴 気温:17-21℃ 水温:19℃ 状況:水量少ない濁りなし
ハッチ:ヒゲナガ少し、メイフライ少ない、カディス多い  ライズ:多い
釣果:ヤマメさん(19、20、24㎝)各1尾、ヤマメちゃん(10㎝前後)&オチョロコマちゃん(15㎝前後)たくさん
happy01

1408020001 1408020002
朝から雲一つない空で、知床としては気温も高かったこの日。渓の方は渇水気味のうえ、知床とは思えない水温19℃。ちょっと厳しい予感がしました。また、この渓は餌師に人気の渓ということもあり(渓にはいくつも「ミミズち
ゃん」の箱が落ちてました・・・。箱も持って帰れって・・・。)、入渓点すぐは、知床とは思えないくらい魚影が薄かったりします。

1408020003
まぁ、薄いといっても、#10サイズのフライではほとんど針掛りしないおチビちゃんはすごい数いるようですが。


1408020004
そして、プーさんに怯えながらガンガン上がっていくと・・・


1408020005
大オショロコマが居そうな倒木が複雑に入った小さな淵がありました。ここのY字形の倒木のあたりを何度かフライを流していると、ちょっと大きな魚影が反応するのが見えました。それでフライをあれこれ変えて(反応はするけど喰わない)キャストし続けると・・・


1408020006 1408020007
良い感じのヤマメさんが現れました。サイズを計るとちょうど8寸。道南や道央ではたいしたサイズではないかもしれませんが、ここ知床ではなかなか貴重なサイズです。それにしてもなかなか良い顔しています。
このヤマメさんに出会った後、さらに釣り上っていくと・・・


1408020008 1408020009
今度は、あまり他の渓では見ない色をしたツルツルの岩盤が続くポイントへ。なかなか面白い渓相でしたが、こういうポイントにはどういうわけか、お魚がほとんど居ませんでした。
この日、お魚、特にヤマメさんが多くいたのは・・・


1408020010
緩い瀬のポイント。こういった場所で・・・


1408020011 1408020012
私には20㎝前後のヤマメさん2尾、シジミ君には8寸のヤマメさんが顔を見せました。やはり、水温が高いので魚は瀬中心に居ました。それにしても知床のヤマメは、色合いが濃くていつ見ても綺麗です。

とりあえず、この日、S川を5キロ釣り上りましたが(知床河川では無謀な釣り上がりかも・・・)、その甲斐があって良いヤマメさんに出会えました。私が学生時代は、入渓点から良いサイズのヤマメとオショロコマが釣れたのですが・・・ここまで歩かなきゃならないとは・・・ちょっと残念ですね。

さて、S川のあと、まだ時間があるのでもう1ヶ所突撃しました。ここは、どちらかというとオショロコマの渓。ただ魚影はS川の10倍以上かもしれません。

知床半島第3本流
8月2(土)14:40-17:00
天候:晴れ 気温:19℃ 水温:12℃ 状況:水量やや多い濁りなし
ハッチ:ヒゲナガ少し、メイフライ少し  ライズ:少ない
釣果:オショロコマ君(24㎝)1尾、オチョロコマちゃん(10-15㎝)たくさん、ヤマメちゃん(10㎝)数尾
confident

1408020013
S川と違って、こちらは水量が豊富なうえ、水温も12℃とどちらかというと低水温。知床らしい状況です。


1408020014
ちょっと陽が傾き、プーさんの恐怖がさらに増すなか釣りをしていた時、私は川の中で転び左足を負傷。ちなみに、ブログを書いている今も、こけた時より痛みが増してます(ひざを曲げると痛いし、色が青く変わってる・・・ヒビでも入ったかな???)。


1408020015
まぁ、その甲斐あってか、無邪気な知床らしいオチョロコマ君には多く会えました。おはぎ地方のオショロコマとは異なり、お腹の橙色が濃く、斑点はピンク色のものも居たりします。そして体色はどちらかというとねずみ色。同じ魚とは思えないですね。


1408020016
そして、ここでも24㎝のまずまずのオショロコマ君も顔を見せてくれました。
知床は魚影が濃いうえに、夏が短く、餌を捕れる環境としてはあまり良くないのか、お魚はあまり大きくなれないようですが、絶対に尺超えのオショロ様も居ると思うんですよね。これからも、知床での尺超えオショロ様とヤマメ様を追い求めていきたいと思います。

ここ最近はニジマス釣りが多かったですが、ヤマメ釣りも面白いですね。

☆本日のおまけ☆


1408020017
この日、S川で1尾だけ銀化のオショロコマが釣れました。私自身、この手のオショロは初めて釣りました。
これから海に降るんでしょうね。海に降るとドリーバーデン・・・う~ん、一生のうちに一度で良いから、ドリーバーデンも釣ってみたいものです。知床近辺ならチャンスがあると思うのですが・・・。

☆今回のDATA☆
TIEMCO EUFLEX XFP792
HARDY FlyWeight
DT2F(ULTRA4 FRESHWATER)
リーダー4X8ft(ブッシュマスター)
ティペット5X100cm

☆ヒットフライ☆
エルクヘアカディス#10、CDCカディス#14、アントパラシュート#12、ビートル#12

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年7月15日 (火)

あと2年もすれば・・・楽しみ^^v(140713釣行記)

この週末は台風の影響があるかもと思い、釣りしない予定でしたが(結果的にはおはぎ地方にはあまり影響が無かったみたいで・・・)、日曜日、ちょこっと釣りに出かけました。
行先は久々の道東の渓。ここへ行くのは2年ぶりになります。かつては、行けば確実に40UPの顔を見れた渓ですが、3年前、小さな小さな穴場の渓にもかかわらず、ネットに実名が晒されてしまい、大量の釣り人が押し寄せた挙句、運の悪いことに大水が出て若干土砂が流れ込み、壊滅状態になりました。最後に突撃した時は、新子サイズのニジちゃんが5尾しか釣れなかった渓。久々にどうなっているのか?不安いっぱいで突撃したのでした。


道東Y川
7月13日(日)6:30-11:30
天候:晴れ 気温:15-23℃ 水温:10℃ 状況:雨の影響でやや増水、濁りなし
ハッチ:カディス少し、蚊が多い ライズ:散発
釣果:ニジマス君(10-30㎝)20尾くらい、オショロコマ君(15、26㎝)各1尾
confident

1407130001
久々となるこの渓。河原がほとんどない、ジャングルのような渓相は相変わらずです。ただ、台風の影響で若干水量が増えており、水温が10℃しかありません。
これは厳しいかと思いましたが、瀬尻にフライを落とすと・・・

1407130002
チビニジちゃんとチビオショロ君が元気に顔を見せました。オショロ君は、ラインが巻き付いた跡があり、痛々しい感じになってました・・・。

1407130003 1407130004 1407130005 1407130006
さて、これに気を良くして、この日はフルコースと呼んでいる脱渓点までガンガン釣り上っていきました。
最近、おはぎ地方の広大な渓相での釣りが多かったのですが、久々にこういうところで釣りをするのも良いもんですね。渓の方は、2年前より砂は減り、所々に深みができており、将来的には、大物ニジ様が着けそうです。また、倒木もほとんど流れてしまって無くなっていたのですが、新たな倒木が流れ着いて居るポイントもあり、ちょっと今後が楽しみです。
もちろん、ポイントが形成されていたことだけでなく、お魚も・・・

1407130007
サイズは25㎝前後とまだまだ小さなものが中心ですが、多くのニジマス君の姿を確認できました。

1407130008
この日の最大は30㎝のニジマス君でしたが、2年前の新子しか居なかった時と比べると大きな進歩です。ひょっとしたら、2年前新子だったニジ君かもしれないですね。あとは、抜かれることなく、そして渓に土砂が流れなければ、2年後は40オーバーかも。
そして、この日も・・・

1407130009
良いサイズのオショロ君に出会いました。この渓はそれほどオショロ君は多くないのですが、今年の私はどうもオショロコマに好かれているようです
coldsweats01
こんな感じで、とりあえず、この日の釣りはボも覚悟していたので、想像以上に魚の数を確認できたので、まずまずな結果となりました。また、来年、様子を見に来るのが楽しみです
confident

さて、今週末からの3連休。今年はいろいろ悩みましたが、道央遠征を予定しています。昨年、たまたま見つけ
た渓を中心に、いろいろ歩いてみようと思いますrun

☆今回のDATA☆
Winston WT9ft#4
Abel TR2
DT4F(SUPRA FLOATING LDL)
リーダー3X12ft
ティペット3X50cm

☆ヒットフライ☆
エルクヘアカディス#8、10 チェルノブイリアント#8

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

キャスティングを忘れないように・・・(140511釣行記)

クッシー湖で釣りをした後、日曜日はおはぎ地方に行こうかと思いましたが、タイヤ交換をしなきゃならないことを思い出し、予定を変えることに。
土曜は家に戻り、日曜の午前中だけで釣りできるところとなると、数か所。。。
いろいろ考えた結果、クッシー湖でのキャスティング練習の成果を忘れず、自分のものにするため、日曜もキャス練を兼ねた釣りをすることとしました。
となると、行先は止水のあそこです。


大型海底洗耕機の止水
5月11(日)7:00-11:30
天候:晴れ 気温:9-18℃ 水温:11℃ 状況:南西の風3-6m、波0.5m、濁りややあり
ハッチ:無し ライズ(ボイル):散発
釣果:アメマス君(20-25㎝)2尾
catface

1405110001 1405110002
この日は、朝3時半起きで5時前から釣りしてやろうと思いましたが、起きたら6時。。。前日の11時間釣行の疲れで起きれませんでした。というわけで、7時に現地着だったので先行者が居ましたが、幸いにも入りたい位置に釣り人が居ませんでした。ただ、入ってすぐの時間は風が弱く、べた凪に近い状態なうえ、潮止まりと最悪の条件。それでも1時間ほどすると、潮が動き、風も吹いてきて良い状況となりました。そんな時、ラインを引っ張っていると、フライの後ろから大きな魚影が追ってきます。そして手元に当たりがあったので合わせたら・・・

1405110003
チビアメ君に変わっていました。横から小さいのも来てるなと思ったのですが、まさか、そっちが咥えてしまうとは。大きい奴は最低でも60はあったと思うので、惜しかったです。
そのあと来たアメマス君も・・・

1405110004
おチビ君で・・・
の日は昼からタイヤ交換やら用事があったので釣りを早く切り上げたこともあり、結局、上の2尾しか釣れませんでした。でも、しっかりキャス練できたので良かったとします・・・と言いつつ、あの大きいアメマス様が掛っていれば、もっと良かったのですがねcoldsweats01

☆本日のDATA☆
LOOP EVOTEC 8136-4MF
LOOP EVOTEC LW627
RIO Powerflex Core Shooting Line 0.030"-25lb Floating
Scientific Anglers MASTERY SERIES Atlantic Salmon SH-8/9 S1/S2
ナイロンリーダー 1X5ft
ティペット1X100㎝

☆本日のヒットフライ☆
金玉マラブー(オリーブ)#8

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

11時間釣りしたその結果・・・(140510釣行記)

5月の連休は例年通り道南へ行っていましたが、あまりパッとしませんでした(後日、まとめてアップします)。
そして、連休明け初めての土日。えなり君改めえなり様から釣りのお誘いメールが。
行先については「まりも湖」を一番に考えていたのですが、いろいろ相談の結果、「クッシー湖」へ突撃することにしました。とりあえず、現地朝4~5時で約束をしたのですが・・・
私自身、久々のクッシー湖だったので、道を間違えてしまい、えなり様に先にポイントに入ってもらって、場所を確保してもらうことになりました。


クッシー湖
5月10(土)4:30-15:30
天候:曇り 気温:4-6℃ 水温:6℃
風向・風速:北~北東2~3m 波:0~0.5m ハッチ:無し ライズ(ボイル):散発
釣果:アメマス様(54㎝)1尾、ウ様(20㎝くらい)4尾
happy02

1405100001 1405100002
入ったポイントはとにかく人気のポイント。おそらくこの時期は、ほとんどの人がここで釣りをしているんでしょう。
そんなポイントですから、多くの釣り人でにぎわっています。
ここ最近、春らしい陽気が続いていた道東地方ですが、この日のクッシー湖は、お陽様が顔を出さず、北寄りの風が吹く冬のような寒さ。そんな中、黙々とロッドを振り続けましたが、時折釣れてくるのは、脂鰭の無い、キューキューなくお魚・・・。周りを見ても、それほど釣れている様子がないので、気分転換を兼ねてポイントを変えることにしました。

1405100003
次に入ったポイントはえなり様お勧めのポイント。
私は初めてだったのですが、なかなか良い感じのポイントです。すること、このポイントでえなり様がニジ様にアメ様とぽつぽつ釣っています。45㎝の銀ピカニジ様は素晴らしい魚体でした。しかし、私は全く釣れません。真横で釣っているにも関わらず・・・。

ちなみに、ダブハンの釣りを彼とすると、いつも彼は釣れるけど私は釣れません。
その原因は、はっきりしていてキャスティング技術。まぁ、私の自己流キャストも限界が来ているのは、少し前から薄々気付いてました。そんなこんなで、えなり様指導のもと釣りをしながら練習することに。そして、ヘッドもお勧めされたものに変えて釣りをしました。
最初はなかなか巧くキャストできませんでしたが、ご指導のもと、まだまだですが何とかスペイモドキは出来るようになりました。そんな感じで、悪戦苦闘しながらロッドを振っていると、やっと・・・やっと、ウ様以外のお魚が私のフライを咥えてくれました。

1405100004 1405100005 1405100006
54㎝のアメマス様lovely

このサイズのアメマスは川では何本も釣っていますが、クッシー湖ではアメマス自体初めてです。
銀ピカでコンディションも良い魚体。
感想は一言・・・、嬉しいに尽きます。

結局、この日、11時間、クッシー湖で釣りをしていましたが、ウ様以外で釣れたのは、このアメマス様だけでした。しかし、キャスティングもなんとなくわかったし、何と言ってもクッシー湖で初めてアメマスの顔が見れたのでほんと有意義な一日となりました。

えなり様、この日はいろいろと有難うございました。ほんと感謝しております。

☆本日のDATA☆
LOOP EVOTEC 8136-4MF
LOOP EVOTEC LW627
RIO Powerflex Core Shooting Line 0.030"-25lb Floating
Scientific Anglers MASTERY SERIES Atlantic Salmon SH-8/9 S1/S2
ナイロンリーダー 1X5ft
ティペット1X100㎝

☆本日のヒットフライ☆
金玉マラブー(オリーブ)#8

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧