カテゴリー「釣行記(十勝編)」の95件の記事

十勝での釣行結果です。

2016年7月17日 (日)

気になる渓は、訳ありだけど渇水し過ぎて・・・(160716釣行記)

3連休の初日、いくつかの渓を回ったのですが、どの渓もパッとしませんでした。
増水していたり、渇水だったり、先行者が居たり・・・。
そんな1日だったので、ろくな釣果は無かったのですが、前から気になっている渓がおはぎ地方にあり、この日の最後に、少しだけ様子を見に歩いてみました。

期待したい本流
7月16(土)11:00-13:00
天候:晴れ 気温:25-27℃ 水温:18℃ 状況:大渇水 ハッチ:無し ライズ:無し
釣果:チビニジ君(10-20㎝)20尾くらい

1607160001 16071600021607160003 1607160004
渓相は素晴らしいのですが、とにかく水がありません。まぁ、水が無いのは理由があるのですが(なんとなくわかると思いますが)、もうちょっと早い時期に様子を見に来ないとダメのようです。この日、出会った地元の人の話だと、この時期は水温が高すぎてダメとのこと。確かに水温18℃ですからね。。。水が多くなったときに再度様子を見に来たいと思ってます。

1607160005
こういったおチビちゃんたちが、いっぱい居たので、これらの親が居ないわけないですからね。

※さて、明日(7月18日)から8月1日までは、びっしりファイターズ観戦の予定なので、次の釣行は8月2週目以降となります。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Abel TR2(プラチナカラー)
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット4X100cm

☆ヒットフライ☆
エルクヘアカディス#8-10

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年7月10日 (日)

ロケットレインボーに会いたくて!!2016夏~とうとう出会えた~(160709釣行記)

おはぎ地方のとある山奥のニジマス様は、他の渓のものより引きが強いことから、昔、ロケットレインボーと呼ばれていたそうです。そのロケットレインボーという魚に一度で良いから会いたいと、数年にわたりロケットの本流に通ってきました。これまで、会えなかったそのロケットレインボーにとうとう出会えたのです。

ロケットの本流
7月9(土)7:00-13:00
天候:晴れ 気温:13-27℃ 水温:10℃ 状況:やや多い ハッチ:カディス(ヒゲナガ多い)
ライズ:ほとんど無し
釣果:ニジマス様(52㎝)1尾、ニジマス君(10-29㎝)15~20尾
lovely

1607090001
この日はのんびりしていたため、現地に7時到着となったので、入りたい流域には先行者が居ました。仕方なく、別の流域を釣り上ることとなりました。
いつもの流域でないうえに水温は10℃で水量はやや多め。微妙な感じです。

1607090002 1607090003 1607090004
ただ、今回、釣り上った流域も良い感じの瀬やプールのポイントがあり、期待できない訳ではありません。

1607090005
期待できない訳ではないのですが、出てくるお魚はチビニジ君ばかり・・・。おまけに、ドライフライを咥えるのが下手な魚が多くて、なかなか針掛りしません(私の腕が下手なのもあるのでしょうが、ニジ君たちも下手です)。
そして、この渓はニジマス君以外に良いサイズのオショロコマ君が居るのですが、この日は全くオショロコマが顔を出しませんでした。
やはり、水温がやや低いのと山には雪が多く残っていて若干雪代交じりの増水が影響していたのかもしれません。

1607090006
そんなこの日の釣りでしたが、上のポイントだけおチビ以外のお魚が顔を見せました。ちょうど二股の流れが合流する場所が、少し深くなっていたのですが、そこにフライを浮かべると、大きな魚影がスッと浮かび上がり、フライを咥えました。しっかり合わせを入れて・・・と入れたらバレてしまいました。。。痛恨のミスです。でも、これでは諦められず、15分ほど休憩し、再度トライすることにしました。ただ、ドライは厳しいと思い、ウェットを沈めて泡の中を探ることにしました。そして、数尾のチビニジ君が掛った後、ガツンとチビニジ君とは違う手ごたえがありました。掛ったお魚を見ると、ドライに出たお魚と同じような模様をしています。そしてサイズは50㎝はありそうです。ロケットレインボーと呼ばれるだけあって、なかなかネットインしてくれず、掛けた所から50mほど下流でやっとネットインできました。

1607090007
良い面構えです。しっかりフライを咥えています。やはり、まだまだ水中の物の方が食べ慣れているんですかね。

52㎝ニジマス様(ロケットレインボー)lovely

1607090009
尾鰭の下の方が欠けていました。。。産卵行動によるものでしょうね。この尾鰭で、あれだけの抵抗・・・、鰭が完全だったらネットインできなかったかもしれないです。。。
今度は完全な鰭の状態の時に再会したいものです。


今年、やっと50アップのニジマス様の顔を見ることができました。そして、念願のロケットレインボーに会えて大満足の一日となりました。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Abel TR2(プラチナカラー)
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット3or4X100cm(3X50㎝)

☆ヒットフライ☆
エルクヘアカディス#8 ソフトハックル#8

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年5月14日 (土)

久々のまともな釣果(今シーズン渓流開幕でいきなり5目達成)(160514釣行記)

前回ブログを更新した7月以降は仕事、病院、研修などが忙しく全くと言ってよいほど釣りに行ってませんでした。また、今年に入ってからは、ザンタレの本流やクッシー湖に少し行きましたが、さっぱりの結果なのでブログを更新しませんでした。

そして、この日、半年以上ぶりの渓流歩きでやっとそこそこの釣果を得ました。というわけで、久々にブログをこっそりと更新します。おそらく気づかれないでしょうが・・・

チーズの本流
5月14(土)5:30-7:30
天候:腫れ 気温:9-12℃ 水温:10℃ 状況:笹濁りやや多い ハッチ:メイフライ少し ライズ:無し
釣果:茶様(40㎝)1尾、ニジマス君(25-30)4尾、アメマスちゃん(15㎝)1尾
オチョロコマちゃん(15㎝)1尾、ウ様(20㎝前後)5尾
confident

1605140001 1605140002
水量と濁りは最高の状態。今日はひょっとしたら良いかもと思いながフライをキャストすると、久々の渓流でバラシも多かったのですが、小さいながらもニジ君、雨ちゃん、オチョロちゃん、ウ様と釣れてきます。特に、雨ちゃんは小さかったのですが、この渓には居ないと思っていたので驚きです。
そして、この渓に来た一番の目的は茶様。そんな茶様も・・・


1605140003
流れ込み直ぐの倒木の沈んでいるボサ際にフライを流すと・・・


1605140004
ギリギリ40cmですが出てくれました。これで五目達成と、今シーズンの渓流初釣行としては上出来ですlovely
ただ、茶に関しては別ポイントでこれより大きな奴をかけたのに、ティペットが切れてしまいバラシてしまったのが心残りですが、まぁ、贅沢は言えません。

さて、上の1尾に気を良くして別渓へ移動しました。


おはぎコマの渓
5月14(土)8:20-9:30
天候:快晴 気温:10-18℃ 水温:9℃ 状況:増水雪代濁り若干あり
ハッチ:メイフライ少し ライズ:無し 釣果:ニジ君(25-30㎝)3尾
confident

1605140005_2 1605140006
この渓はどちらかというとオショロコマの渓なのですが、まだ時期が早いのか、オショロコマは顔を見せませんでした。そのかわりと言っては何ですが、25~30前後のニジ君が3尾顔を見せました。ここも良い感じの増水で笹濁りだったのですが、もう少し水量が少ない方が良かったかも。。。ただ、この渓、水量が落ち始めると、一気に渇水になっちゃうのでタイミングが難しいです。。。タイミングさえよければ、この日お留守だったニジ様も居るのですが。

さて、このまま帰るのもなんなので、帰り道にある、ふるさとの本流の様子を見に行きました。すると、水量はやや多いものの、釣りできそうだったので、ワンポイントだけやってみることにしました。


ふるさとの本流
5月14(土)10:30-12:00
天候:快晴 気温:18-21℃ 水温:11℃ 状況:増水雪代濁り若干あり
ハッチ:カディス少し ライズ:無し 釣果:ニジ君(39㎝)1尾 ※同サイズバラシ1尾
confident

1605140007
無理すれば川通しに釣り下ることもできそうでしたが、とりあえず気楽に入渓できて実績のあるワンポイントだけやることにしました。水面を見ると、サイズは小さいですがカディスらしきものが少し飛んでいます。ただ、ライズは見えないので、ここも沈めて釣りしました。


1605140008
すると泣き40のニジ君の顔を見ることができました。

ほんと復帰戦としては上出来の釣果で満足の1日でした。
今年も何回釣りに行けるかわかりませんが、昨年よりは行ければよいかなと思っています。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Abel TR2(プラチナカラー)
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット3X100㎝

☆ヒットフライ☆
ソフトハックルウェット#8

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年6月22日 (月)

自分は良いとして、同行者には釣れて欲しかった・・・(150620釣行記)

先週はファイターズの2軍戦観戦のため釣りはお休み。
というわけで、今週はいつものおはぎ地方へ行きました。そして、今回は転勤で遠くへ行ってしまったマコガレイ君が遠征してくるというので、比較的大物に出会いやすい実績のある渓を案内することにしました。今シーズンは比較的調子の良い釣りをしていたので、大丈夫と思っていたのですが、結果的には3つの渓へ行く羽目になり・・・


ヒヨコの本流・おはぎラッシュの本流・稲荷の渓
6月20(土)4:30-15:00
天候:晴れ時々くもり 気温:12-22℃ 水温:11-15℃ 状況:平水~やや渇水
ハッチ:ミッジ多い、カディス少し ライズ:稲荷の渓だけポツポツ
釣果(ヒヨコの本流):ニジマス君(20㎝前後)2尾
釣果(ラッシュの本流):ニジマス君(15㎝)1尾
釣果(稲荷の渓):ニジマス君(15-30㎝)10尾くらい
crying

まずはじめに、ヒヨコの本流へ・・・

1506200001 1506200002 1506200003
ここはちょっと歩かなきゃならないけど、頑張って歩いたところにある大場所では、この日まで2回に1回以上の確率で40UPのニジ様に会えています。だからこの日も会えると思っていたのですが、30㎝台もお留守の結果に・・・。30台に会えなかったのはこれまで無かったのですが・・・。参りました。というわけで移動・・・。

次に移動したのは、昨年、良い思いをしたラッシュの本流へ。ここは渓相も良いし、昨年、大物は少なかったのですが、とにかく魚影が濃く、30㎝台の綺麗なニジ君がうじゃうじゃ居たので、楽しめると思ったのですが・・・

1506200004 1506200005
渓相は綺麗でしたが、全くお魚が居ません。ここは入渓点の大場所で10尾くらいのチビニジの顔が見れたのですがね・・・。ちょっと歩いていくつかのポイントを叩きましたが、結局釣れたのは2人で15㎝のチビニジ1尾だけ。最悪です。。。これでは話にならないと移動。

移動先はホームの渓も考えましたが、この時期は当たりハズレも激しいし、ラッシュやヒヨコの状態を見ているとホームも同じような感じだと思い、大物の確率は大きく下がりますが、魚影は確実に期待できる稲荷の渓へ行きました。

1506200006 1506200007 1506200008
ここでは、20㎝台がほとんどでしたが、ドライでそれなりにチビニジ君が顔を見せてくれて、遊ぶことができました。でも、30㎝台は1尾だけ。。。先々週は40台も居たしもうちょっと30台も見えたのですが。。。
う~ん。。。参りました。

というわけで、寂しい寂しい結果に終わっちゃいました。せっかくマコ君が道央方面からわざわざこっちへ来てくれたのに、申し訳なかったです。自分は釣れなくても良いので、釣れて欲しかったです。
今シーズンは好調だったのですが、肝心な時に私の絶不調が出てしまいました。それにしても、ラッシュの本流はあれだけ昨年魚が居たのにどこへ行ったんですかね。時期なのか、本当に居なくなったのか、居たけど釣れなかったのか・・・何にしてもわかりません。
釣りは難しいですわ。。。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Abel TR2(プラチナカラー)
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット3X50㎝

☆ヒットフライ☆
ソフトハックルウェット#8、エルクヘアカディス#8-10

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月)

今シーズン初ドライはちょっと山奥で(150607釣行記)

前日、沈めて一発釣ったので、そろそろドライの釣りもやりたいなぁ~という訳で、この日はちょっと山奥へ足を延ばしてみました。この渓は、一昨年の8月に突撃したのですが、その時は渇水でチビニジ君しかいなかったので、あまり歩かなかったのですが、今回はちょっと歩いてみました。

稲荷の渓
6月7(日)7:30-11:40
天候:晴れ 気温:12-18℃ 水温:9℃ 状況:やや多い
ハッチ:メイフライ、カディス、ユスリカ多い ライズ:多い(瀬の中でも)

釣果:ニジマス様(42㎝)各1尾、ニジマス君(20-38㎝)20尾くらいhappy02

1506070001
前回来たときは渇水気味で、河原の石にも腐った苔がついていて異臭を放っていたのですが、この日は水量も豊富で変な苔もなく、渓の状況は良さそうでした。
そして、流れの緩いヒラキのポイントを眺めていると、時々ライズが起きます。というわけでエルクヘアカディスをキャストすると・・・

1506070002
あまり大きなニジ君は顔を見せませんが、将来のニジマス様が多く顔を見せてくれます。
無邪気なチビニジ君たちと戯れながら釣り上っていくと・・・

1506070003
ちょっと水深のあるポイントに到達しました。ここでドライをキャストしても全く反応が無いので、ひょっとしたら大物が潜んでいてチビたちが居ないのかもと思い、ウェットを沈めると・・・

1506070004
42㎝ニジマス様

それほど大きくはありませんが、42㎝のニジマス様が出てきました。
これに気分を良くして、行けるところまで釣り上ることにしました。

1506070005 1506070006
とにかくこの日は上のようなポイントに多くのニジマスが出てきてライズをしていました。山の上は水温は低いけど、虫の発生量は下流域よりは多いんですかね。とにかく、魚たちは水面を意識しているようでした。

1506070007 1506070008
30㎝台のニジ君たちでも、この時期は本当に引きが強いので、ドライでこのサイズが出ると十分楽しめます。

1506070009
今回、この渓の少ししか歩いたことのない流域をじっくり歩いてみたのですが、小ポイントが多くなかなか良い感
じでした。やはり渓の良し悪しの判断は1回の釣行だけでは決めれないものですね。大きなお魚の顔を見るのも楽しいですが、こういった渓の開拓もこれまた楽しいもんです。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Abel TR2(プラチナカラー)
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット3X150㎝

☆ヒットフライ☆
エルクヘアカディス#10、ソフトハックルウェット#8

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年6月 7日 (日)

2㎝の大きな壁が・・・、でも、めちゃくちゃ嬉しい(150606釣行記)

今シーズン初めての本気釣り。土曜日は、総歩行距離18.5キロ。
歩きはじめとしては歩き過ぎたせいか、靴擦れもおこし、足がおかしくなりましたが、歩いた分だけ報われた釣りになりました。
さて、今週、突撃した渓は5、6月が盛期の渓。7月以降は水量も落ち、あまり良い釣りできないので毎年、この時期に突撃しているのですが、大物ニジ様が絶対に居ると5年間信じて通っていました。

メタボリックシンドロームの本流
6月6(土)5:30-15:30
天候:くもり時々晴れ 気温:8-14℃ 水温:10℃ 状況:やや多い
ハッチ:メイフライ(モンカゲ交じり)、カディス少し、ユスリカ ライズ:ほとんど無し
釣果:ニジマス様(58㎝、43㎝)各1尾、ニジマス君(20~36㎝)10尾くらいlovely

1506060001
ここ数年、入っているポイントへこの日も入りました。期待どおりのやや増水で若干濁りが入っています。ただ、もう少し気温が上がってハッチが増えてくれればいうことないのですが・・・。でも、よく見るとメイフライがちらほらハッチしており、時折、モンカゲも見えます。そして水面を眺めているとカディスも流れています。なんだかんだ悪くは無いようで、期待が持てます。

1506060002
こんな状況だったので、ウェットで釣り上っていくと、早々に30㎝ちょっとの「おはようニジマス君」が元気に現れました。

1506060003
そして、しばらく釣り上っていくと良さそうなポイントが・・・。ただ、ここでは何の反応もなかったのですが、このポイントの100mほど上流の淵で、元気なお魚がガツンとフライを咥えました。そして、そのお魚に連れられてここまで戻ってきたのですが、走らされて息が切れるわ、腕がパンパンになるわ、大変でした。

1506060004
43㎝ニジマス様lovely

私をそんな目に合わせたのがこのニジマス様だったのですが、大きさの割に元気で元気で・・・。大きな尾びれのせいですかね?この日はこのニジマス様がナンバーワンになると思っていました。この時点では。。。

1506060005 1506060006
ガンガン釣り上っていくと、時々、雰囲気の良いポイントが見られます。これまで、こんなに歩いたことが無かったので、こんなポイントがあるのを知らなかったのですが、歩いた甲斐がありました。そして、この日は、いかにもというポイントには、なかなか良い型のニジマス様らしきお魚もポツポツ入っていたようですが、43㎝のニジマス様に出会った後、ニジマス様クラスを3尾バラシてしまいました。うち1尾は、結構良い型だったような気が・・・。そんな感じですが・・・

1506060007
20~30㎝のおチビちゃんにはポツポツ出会えていました。そして・・・

1506060008
怪しい淵のポイントを発見しました。そんな大きなポイントではないのですが、水深は結構ある感じで、底が見えません。ここで、ウェットを沈めるとガツンとアタリがあり、フライを咥えているお魚は綺麗なレッドバンドを持った40㎝半ばと思えるニジ様。ここまで3尾バラシているので慎重にやり取りしたのですが、こいつもまたまたバラシ。ほんと有り得ないです。散々ポイントも荒れてしまったので、もう釣れないだろうなと再度フライを流すと、先ほどより大きなアタリが。そこからが大変でした。底に張り付いてなかなか魚影が見えません。そこで動かないなと思っていると、一気に下流へ走るわ、対岸のボサに突っ込むわ、なんだかんだでこのお魚も100mほど下流へ走りました。それでもなかなかはっきりとした魚影を確認できません。でも、これまでに味わったことがない引きだったので大きいなというのは何となく感じていました。
そして、腕がパンパンになりながらも何とかバラさずランディングしたニジマス様は、自己最高の大きさでした。

1506060009 1506060010 1506060011
58㎝ニジマス様lovelylovelylovelylovelylovely

よく太ったシルバータイプのニジマス様でした。欲を言えば、あと2㎝あれば60サイズだったのですがね・・・。
この2㎝というのが大きな壁なんでしょうね。でも、このサイズでも自己最高ということもありますが、大満足です。

そんな感じでこの日の釣りは、途中、バラしまくりだったのでダメダメかなと思っていましたが、最後の一発で最高の釣りとなりました。ここまで来たら、あと2㎝の壁を超えたいものですが、いつになることやら・・・。まぁ、気長に目指すこととします。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Abel TR2(プラチナカラー)
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット3X150㎝

☆ヒットフライ☆
ソフトハックルウェット#8

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年5月 9日 (土)

先週に引き続き突撃したら・・・(150509釣行記)

まず最初に、この時期だけ良い思いができる某渓へ突撃したのですが、まだ増水がひどくて釣りになる状況にありませんでした。どうしようかと、途方に暮れ、しばらく考えた結果、ちょっと走って先週釣りになった渓へ2週連続で突撃しました。

おはぎコマの渓
5月9(日)8:30-10:30
天候:晴れ時々くもり 気温:9-12℃ 水温:7℃ 状況:増水雪代濁りあり(先週より若干減水)
ハッチ:無し ライズ:無し 釣果:ニジマス様(47㎝)1尾、オショロコマ君(15㎝)1尾
happy02

1505090001
こちらの渓も雪代が入って増水していましたが、釣りは可能な状況でした。水量の方も先週よりも若干減っており、この日は川を横断できる場所もいくらかみられました。
さて、前回来たときはコマの渓なのにオショロコマの姿は全く見れませんでしたが、この日は入渓点の緩い流れから・・・

1505090002
15㎝ほどのオショロ君が顔を見せました。小さかったですが、今シーズン初オショロコマということで記念撮影を行いました。ただ、結局、これ以外にオショロ君は出てきませんでした。このお魚がちょっと気の早い奴だったのかもしれませんね。

そして、この日も先週と同じ展開。入渓点からこの渓一番のポイントの大淵までは全く反応なし。

1505090003
この日の大淵の様子は、先週よりも水量が減っていることから底が比較的見えます。よーく観察すると、大きな石が2個並んでいるところがあったので、その間にフライが流れるようにキャストすると1投目でガツンと当たりがありました。この時点では先週と同じ30㎝台半ばのニジ君が掛ったと思い合わせると、そのお魚は下流へ勢いよく走り始めました。この感触はほんと久々でした。しばらく寄せては走らせを繰り返し、慎重に浅場へ誘導すると・・・

1505090004
47㎝のニジマス様lovely

ランディングネットを家に忘れて持参していなかったので、最後の最後まで冷や冷やしましたが、無事写真に収めることができました。だいぶ、魚体も回復しているようで綺麗なニジマス様ですね。
なんだかんだで、40UPのニジマスはほぼ1年ぶりだったので嬉しかったです。

結局、この渓では先週より1尾増えたものの2尾のお魚にしか会えませんでした。まぁ、渓の状態が雪代が多く入っている悪条件なので仕方ないのでしょうが、ニジマス様に会えたので十分満足できました。

その後は2渓ほど様子を見に行きました。
まず1本目は・・・

1505090005
ソフトクリームの渓。
ここは相変わらず渇水状態でフライに掛らない小さな新子サイズの魚影は確認できたのですが、何も釣れませんでした。この日は10年ほど前の同じ時期、良い思いをした流域を歩いたのですが、その時よりも水は減っているし、ポイントはつぶれてるし・・・もう本当にここはダメですね(昨年もダメだと言っていたのにまた来てしまった・・・。やはり良い思いをしたのが忘れられなくて・・・。)。

次に2本目は・・・

1505090006
奇跡が起こるかもしれない渓。
ここは昨年、開拓しようと思っていた渓だったのですが、結局、突撃せず終わってしまいました。というわけで、今年は何度か歩いてみようと思ってます。この日は、かなり雪代が入ってて、ポイントもつぶれててなかなか狙いが絞り切れずボに終わりましたが、嵌ればとんでもない奇跡が起きるかもしれないので、色々な流域を歩いてみようと思います。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Abel TR2(プラチナカラー)
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット3X50㎝

☆ヒットフライ☆
ソフトハックルウェット#8

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

2015年開幕釣行(150503釣行記)

ご無沙汰してます。昨年、晩夏からいろいろあって釣りに行く回数が激減していました。
今年も簡単な手術を受ける6月中旬と仕事関係の研修がある秋の約1ヶ月間は釣りができなくなります。
まぁ、ぼちぼち更新していきますので、またご贔屓のほどよろしくお願いします。

さて、今シーズンの開幕は4月のザンタレの本流での釣り大会があったのですが、こちらはボだったので、この日の釣行が実際のところ、開幕釣行になりました。
開幕に選んだ渓は、とある情報筋から渇水気味だと聞いていた渓なのですが・・・


おはぎコマの渓
5月3(日)8:30-13:00
天候:快晴 気温:10-18℃ 水温:7℃ 状況:増水雪代濁りあり
ハッチ:メイフライ、ストーンフライ少し ライズ:無し 釣果:ニジマス君(35㎝)1尾
think

1505030001
渇水と思っていたら、この渓でここまで水が多いのは初めて、というほどの増水。
ただ、ここはこれくらい水が多い方が良いかも。
しかし、入渓点の好ポイントではおチビ君を1尾バラシたのみで、全く反応なし。
というわけで、釣り下りこの渓のナンバーワンポイントへ。

1505030002
この大淵で反応なかったら、この日はボを覚悟するしかないと粘った結果・・・

1505030003
あまり大きくはないですが、今シーズン初のお魚の顔を見ることができました。
サイズは35㎝、しばらく釣りから離れていたので上出来かもしれません。
ちなみに、これ以外にここで2尾(すべてニジマス)かけたのをバラシたのは完全に勘が鈍ってました・・・。。。
あと、この大淵では夏場は流れ込みのところに魚がついているのですが、この日はプールでしか反応がありませんでした。まだ5月初めですからね・・・。

1505030004
ちなみに、この渓はニジマスよりもオショロコマの方が多いのですが、まだ時期が早いのか、まったくオショロ君の反応はありませんでした。
雪代時期には、どの渓でもオショロ君の顔を見たことがないのですが、この時期はどこにいるんですかね???

さて、山の上の渓はまだまだ雪代が多いので、前から気になっている里川に行ってみました。

1505030005
そこは雪代も入っておらず、メイフライもちらほら見えたのですが、釣れるお魚はウ様ばかりでした・・・。
この里川、気になって気になって仕方なく、これで3年連続の探索となっているのですが、相変わらずウ様しかつれません。絶対にウ様以外もいると思うのですが・・・。う~ん、諦めきれない。。。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Abel TR2(プラチナカラー)
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット3X50㎝

☆ヒットフライ☆
ソフトハックルウェット#10

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年9月28日 (日)

久々に渓へ行ってみた・・・(140928釣行記)

8月の最初の週に知床へ行って以来、この週まで釣りには行ってませんでした。
行かなかった理由はいろいろあって、私的なことで忙しかった日もありますが、一番の理由はお仕事が忙しすぎて、休み関係なく事務所に出て報告書を書いてたり(9月の連休はすべてお仕事・・・)、あと、釣り熱が結構、冷めちゃったこと。釣り熱が冷めたのは身近にいるサケ釣りにはまっている人間の、ガサツで下品なこと。ああ、釣り人ってなんて下品なんだ、自分も同じなんだろうなと思ってしまって・・・。

ただ釣りに行かないと、休みの日は仕事とパチ屋へ通うくらいしかやることが無く、不健康過ぎ。というわけで、仕事も少し落ち着いてきたので、今週末、久々に渓へ行ってみました。


1409270001
まず、土曜日はおはぎ地方の私が大好きだったホームの渓へ。この日は久々になので、大物が潜む大場所が続くポイントへ入りました。秋の様相が漂う渓は美しく、歩いているだけで気持ち良かったのです。ただ、このポイントは大物一発狙いのポイントなので、結局・・・


1409270002
おチビニジちゃんが数尾顔を見せただけでした。


1409270003
ただ、少しですがエノキを手に入れることができたので良かったですが。
というわけで、土曜は釣りというよりはどちらかというと途中からキノコ採りになりました。

そして、日曜日。
この日もおはぎ地方で釣りしようかと思いましたが、土曜日の朝、気温がかなり低かったので、急激な気温低下でお魚の活性も落ちたかも?と思い(実際、ホームの渓でも釣れなかったですし、大場所でも大物が泳いでいる様子が見えなかったので)、アメマス狙いに切り替えることにしました。


道東アメマス君の第2故郷
9月28(日)4:30-10:30
天候:曇りのち小雨 気温:14-16℃ 水温:12℃ 状況:平水 ハッチ:メイフライ少し ライズ:無し
釣果:アメマス君(35-59㎝)20尾くらい ※Average 40㎝
confident

1409280001
とにかくこの時期、釣り銀座になるこの渓。朝一のポイントの選択を誤ったら、その日、下手したらボになってしまいます。このことから、あれこれ悩んだ挙句、一級ポイントを外し、それなりに長い期間、お魚が溜まる流域に朝一で入りました。昨年、この流域は大場所はありませんが、それなりのポイントが点在していたのですが、今年は、台風の影響か、昨年以上に砂が流れてポイントが埋まっていました。昨年良い思いをしたポイントは、流れ筋が変わって、悲しいことに水がなくなっていました・・・。
そんな感じで、しばらく歩いていくと、小雨が降ってきました。本来なら、最悪なんですが、この時期のこの渓では、釣り人の数が減るので、これは恵みの雨です。
そういうわけで、いつもなら少し釣り歩くと、他の釣り人に出会ってしまうのですが、この日は全く出会わず、ポイントを探ることができました。


1409280002
そして、たどり着いたのが、淵のポイント。ここはそれほど水深は無いのですが、川底がスリットになってて、怪しい感じです。キャスティング前に少し観察していると、川底がギラッと光りました。これはアメマスが居る合図。早速フライを流すと。。。


1409280003
この小さなポイントに、こんなに居たのかというくらいアメマス君が顔を見せてくれました。ただ、サイズは小さく40㎝前後がほとんど。


1409280004
そして、時々・・・40㎝台後半サイズ。


1409280005
そして、そして1尾だけですが59㎝のアメマス君が出てきました。あと1㎝でとりあえず合格と思える60㎝だったのですが、惜しかったです。。。
ちなみに、この日はいつもより水玉がピンクのアメマス君が多かったですね。
そして、ちょっと時期が早い気がしますが、イクラスイッチも入っている魚も居るようです。まぁ、イクラフライというと人によっては馬鹿にしてる人もいるようですが、そういう人は使わなければ良いだけですから(こういう変なこだわりがある釣り人の考えを聞かされるのも、私の釣り熱が冷める理由の一つだったりします・・・)、私は普通に使います。この時期アメマスが食べているものというとイクラが多いでしょうから、理には適っていますしね。

さて、運良く産卵を終えた摂餌にやる気のある群れにあたったおかげで、それなりの数のアメマス達の顔を見ることができました。というわけで、この流域を離れ、別のポイントへ。


1409280006 1409280007 1409280008
3流域ポイントほどガンガン歩いてみたのですが、今年は非常にお魚の数が少ない気がしました。数年前はちょっとした淵には数えきれないくらいアメマスが居たのですがねぇ。そして、凄い大きなアメマスもその群れには混じっていて・・・。それと比べると、この日の状況は天と地の差と言っても良いくらいでした。
まぁ、時期が早いのもあって、アメマスの本隊はまだ中~下流域に居るのかもしれませんが、本体が到着してもゆっくり休めるポイントが少ないのが気がかりです・・・。


1409280009
それでも、小さなポイントを丁寧に攻めると、40㎝ちょっとのアメマス君は居るようでした。

ちなみに、アメマスは例年よりも今のところ少ない気がしましたが・・・


1409280010
サクラやシロザケの遡上は例年よりも多いようです(青マスの姿は全く見えないけど、サクラの死骸の数はすごかった)。まだ、産卵中のサクラやシロザケがこの日も多くいましたし、浅瀬や岸際には産卵床も多く見えました。これから多く訪れる釣り人にこういった産卵床が踏み荒らさなければよいなと思います。

といった感じで、久々に釣りに行きました。まぁ、釣り熱が冷めたといっても、根本的には釣り自体は好きですから、楽しかったですし、久々に渓を歩いて気持ち良かったです。
仕事が落ち着いていたら、来週も釣りに行こうかなと思います。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Abel TR2(プラチナカラー)
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット3X50㎝

☆ヒットフライ☆
イクラフライ#8

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年7月27日 (日)

苦節5年、この渓でやっと釣れた\(^O^)/(140726釣行記)

今週末は、大崩れはしないものの、天気がよろしくない模様。ただ、土曜の午前中は、どうにかなりそうだったので釣りに行くことにしました。行先はおはぎ地方にある、これまで良い思いを全くしたことがない某渓。ただ、いろいろな話を聞いた感じ、大物も居るようだし、お魚が居ないわけないと思い、ちょくちょく様々なポイントを覗いていました。そして、この日、ちょっと発想の転換をして、今まで入ったことのない流域へ突撃してみました。そこはプーさんのう○こもゴロゴロしていましたが・・・

おはぎラッシュの本流
7月26(土)7:00-10:30
天候:曇り 気温:14-20℃ 水温:17℃ 状況:平水(?) ハッチ:カディス少し ライズ:少しあり
釣果:ニジマス様(46㎝)1尾、ニジマス君(15-30㎝)20尾くらい
happy01

1407260001
初めての流域なのでドキドキしながら渓に降り立つと、雄大な渓相が広がっているとともに、水量も十分あり、なんだか大物感が漂っています。
そして、ちょっとした淵だと底までくっきり見えるくらい川水は透明で、まぁ、釣れなくても気持ち良く渓歩きができるから悪くないかと考え、爆竹を鳴らしながらちょっと釣り上ることにしました。


1407260002
少し歩けば淵や流れ込みといったポイントが連続してあり、なかなか良い感じです。


1407260003
そして、20㎝前後のチビニジ君の反応が非常に良く、フライを見て帰って行った奴やバラシた奴を含めると、かなりの数のお魚がフライに反応していました。これだけ、小さな魚が居るということは、絶対にこの子供たちの親が居るはずです。


1407260004
数ある良い感じのポイントの中で、水深のあまりないちょっとした淵。ここでは、手前の流れのない所からは、相変わらずおチビ君が数尾顔を出しましたが、奥の流れ込みのところ。そこにはちょっとした倒木があったのですが、その脇にフライを落とすと、スッと咥えるこれまでとはサイズの違うお魚が居ました。
その主は・・・


1407260005
サイズの割になかなかネットインせず、抵抗し続けた46㎝のニジマス様lovely
黒点の多い、最近、私が釣っていなかったタイプのニジマスでした。

1407260006
顔には多くの黒点があり、ピンクほっぺにまで大きな黒点があります。

1407260007 1407260008
ニジマス様に出会った後も少し釣り上ってみました。そこは相変わらず好ポイントが連続し、大物が居ると思われるところも何ヶ所かありましたが・・・

1407260009 1407260010
大物には出会えず、大きくても30㎝位のニジマス君が出てきただけでした。

この渓は、これまでいろいろなポイントを探査してきましたが、やっと魚影の濃いポイントにたどり着け、感無量な気持ちになりました。しかし、この日は午後から天候が崩れる予報であったうえに、単独釣行であったので無理せず、そこそこ上がって引き返しました。ただ、渓の奥は深く、奥をつめれば面白そうな気がするので、今後、ここもしっかりと調査していこうと思います。
う~ん、最近、道央も含めて行かなきゃならない渓が増えてきて、毎週、どこに行くべきか迷いますcoldsweats01

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Abel TR2(プラチナカラー)
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット4X150cm(or3X100㎝)

☆ヒットフライ☆
エルクヘアカディス#8 チェルノブイリアント#8 スティミュレイター#8

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧