« 若干の増水がタイミング良かった???(2016道北遠征PART1:160702釣行記) | トップページ | 気になる渓は、訳ありだけど渇水し過ぎて・・・(160716釣行記) »

2016年7月10日 (日)

ロケットレインボーに会いたくて!!2016夏~とうとう出会えた~(160709釣行記)

おはぎ地方のとある山奥のニジマス様は、他の渓のものより引きが強いことから、昔、ロケットレインボーと呼ばれていたそうです。そのロケットレインボーという魚に一度で良いから会いたいと、数年にわたりロケットの本流に通ってきました。これまで、会えなかったそのロケットレインボーにとうとう出会えたのです。

ロケットの本流
7月9(土)7:00-13:00
天候:晴れ 気温:13-27℃ 水温:10℃ 状況:やや多い ハッチ:カディス(ヒゲナガ多い)
ライズ:ほとんど無し
釣果:ニジマス様(52㎝)1尾、ニジマス君(10-29㎝)15~20尾
lovely

1607090001
この日はのんびりしていたため、現地に7時到着となったので、入りたい流域には先行者が居ました。仕方なく、別の流域を釣り上ることとなりました。
いつもの流域でないうえに水温は10℃で水量はやや多め。微妙な感じです。

1607090002 1607090003 1607090004
ただ、今回、釣り上った流域も良い感じの瀬やプールのポイントがあり、期待できない訳ではありません。

1607090005
期待できない訳ではないのですが、出てくるお魚はチビニジ君ばかり・・・。おまけに、ドライフライを咥えるのが下手な魚が多くて、なかなか針掛りしません(私の腕が下手なのもあるのでしょうが、ニジ君たちも下手です)。
そして、この渓はニジマス君以外に良いサイズのオショロコマ君が居るのですが、この日は全くオショロコマが顔を出しませんでした。
やはり、水温がやや低いのと山には雪が多く残っていて若干雪代交じりの増水が影響していたのかもしれません。

1607090006
そんなこの日の釣りでしたが、上のポイントだけおチビ以外のお魚が顔を見せました。ちょうど二股の流れが合流する場所が、少し深くなっていたのですが、そこにフライを浮かべると、大きな魚影がスッと浮かび上がり、フライを咥えました。しっかり合わせを入れて・・・と入れたらバレてしまいました。。。痛恨のミスです。でも、これでは諦められず、15分ほど休憩し、再度トライすることにしました。ただ、ドライは厳しいと思い、ウェットを沈めて泡の中を探ることにしました。そして、数尾のチビニジ君が掛った後、ガツンとチビニジ君とは違う手ごたえがありました。掛ったお魚を見ると、ドライに出たお魚と同じような模様をしています。そしてサイズは50㎝はありそうです。ロケットレインボーと呼ばれるだけあって、なかなかネットインしてくれず、掛けた所から50mほど下流でやっとネットインできました。

1607090007
良い面構えです。しっかりフライを咥えています。やはり、まだまだ水中の物の方が食べ慣れているんですかね。

52㎝ニジマス様(ロケットレインボー)lovely

1607090009
尾鰭の下の方が欠けていました。。。産卵行動によるものでしょうね。この尾鰭で、あれだけの抵抗・・・、鰭が完全だったらネットインできなかったかもしれないです。。。
今度は完全な鰭の状態の時に再会したいものです。


今年、やっと50アップのニジマス様の顔を見ることができました。そして、念願のロケットレインボーに会えて大満足の一日となりました。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Abel TR2(プラチナカラー)
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット3or4X100cm(3X50㎝)

☆ヒットフライ☆
エルクヘアカディス#8 ソフトハックル#8

|

« 若干の増水がタイミング良かった???(2016道北遠征PART1:160702釣行記) | トップページ | 気になる渓は、訳ありだけど渇水し過ぎて・・・(160716釣行記) »

コメント

アカガレイさん、こんにちは。
まさしくロケットレインボーですね。体がシュッとしている割に付け根が太く、これは相当強そうです。
こんないい魚釣れたら大満足ですね!

投稿: tana | 2016年7月11日 (月) 08時47分

おお!これは精悍な顔つきのロケットRBですね!
裏山ですよ~。
こちとら東京からゲストがきて一発ねらって道央M川に
行きましたが小物いじめで終わってしまいゲストには
申し訳ない気持ちでいっぱいです…(;´Д`)ウウッ…

投稿: yamame | 2016年7月11日 (月) 22時00分

>tanaさん
体の割に尾びれのところが太いですよね。おそらく産卵後でちょっとダイエットしていたのでしょう。これが完全体だったら凄かったんだろうなと思います。
でも、これでもほんと大満足でした^^

投稿: アカガレイ | 2016年7月12日 (火) 01時09分

>yamameさん
今回のおはぎ地方の川も、この一尾が無ければ、チビニジ君だけでした。もう少し中サイズが混じってくれればストレスなく釣りできるのですが、贅沢な話ですよね。。。
ゲストの案内は私も時々ありますが、気を使いますよね。でも、案外、相手はそれほど気にしていないようですが、やっぱり気になって悩んじゃいます。

投稿: アカガレイ | 2016年7月12日 (火) 01時15分

アカガレイさん、こんばんは。
精悍な顔つきなロケットレインボー、尾ビレは欠けていても、背ビレと尻ビレが立派です。
こんな一尾が釣れれば,癒やされますね。
今日は三連休の中日、アカガレイさんは、今日もまた渓流を彷徨っているのでしょうね。

投稿: BOB | 2016年7月17日 (日) 19時30分

>BOBさん
鰭が欠けてるのが人為的なものや人工的なもののためなら悲しいのですが、これは産卵行動によるもののようなのであまり気にならなかったです。ほんとこういう一尾に会えると、しばらく気分良くいられます^^
今年は9月頃に道南に行けそうなので、その時はよろしくお願いします^^

投稿: アカガレイ | 2016年7月17日 (日) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/66443741

この記事へのトラックバック一覧です: ロケットレインボーに会いたくて!!2016夏~とうとう出会えた~(160709釣行記):

« 若干の増水がタイミング良かった???(2016道北遠征PART1:160702釣行記) | トップページ | 気になる渓は、訳ありだけど渇水し過ぎて・・・(160716釣行記) »