« 今シーズン初ドライはちょっと山奥で(150607釣行記) | トップページ | 気温低すぎ、そして釣果も寒い(2015道北遠征PART1:150627釣行記) »

2015年6月22日 (月)

自分は良いとして、同行者には釣れて欲しかった・・・(150620釣行記)

先週はファイターズの2軍戦観戦のため釣りはお休み。
というわけで、今週はいつものおはぎ地方へ行きました。そして、今回は転勤で遠くへ行ってしまったマコガレイ君が遠征してくるというので、比較的大物に出会いやすい実績のある渓を案内することにしました。今シーズンは比較的調子の良い釣りをしていたので、大丈夫と思っていたのですが、結果的には3つの渓へ行く羽目になり・・・


ヒヨコの本流・おはぎラッシュの本流・稲荷の渓
6月20(土)4:30-15:00
天候:晴れ時々くもり 気温:12-22℃ 水温:11-15℃ 状況:平水~やや渇水
ハッチ:ミッジ多い、カディス少し ライズ:稲荷の渓だけポツポツ
釣果(ヒヨコの本流):ニジマス君(20㎝前後)2尾
釣果(ラッシュの本流):ニジマス君(15㎝)1尾
釣果(稲荷の渓):ニジマス君(15-30㎝)10尾くらい
crying

まずはじめに、ヒヨコの本流へ・・・

1506200001 1506200002 1506200003
ここはちょっと歩かなきゃならないけど、頑張って歩いたところにある大場所では、この日まで2回に1回以上の確率で40UPのニジ様に会えています。だからこの日も会えると思っていたのですが、30㎝台もお留守の結果に・・・。30台に会えなかったのはこれまで無かったのですが・・・。参りました。というわけで移動・・・。

次に移動したのは、昨年、良い思いをしたラッシュの本流へ。ここは渓相も良いし、昨年、大物は少なかったのですが、とにかく魚影が濃く、30㎝台の綺麗なニジ君がうじゃうじゃ居たので、楽しめると思ったのですが・・・

1506200004 1506200005
渓相は綺麗でしたが、全くお魚が居ません。ここは入渓点の大場所で10尾くらいのチビニジの顔が見れたのですがね・・・。ちょっと歩いていくつかのポイントを叩きましたが、結局釣れたのは2人で15㎝のチビニジ1尾だけ。最悪です。。。これでは話にならないと移動。

移動先はホームの渓も考えましたが、この時期は当たりハズレも激しいし、ラッシュやヒヨコの状態を見ているとホームも同じような感じだと思い、大物の確率は大きく下がりますが、魚影は確実に期待できる稲荷の渓へ行きました。

1506200006 1506200007 1506200008
ここでは、20㎝台がほとんどでしたが、ドライでそれなりにチビニジ君が顔を見せてくれて、遊ぶことができました。でも、30㎝台は1尾だけ。。。先々週は40台も居たしもうちょっと30台も見えたのですが。。。
う~ん。。。参りました。

というわけで、寂しい寂しい結果に終わっちゃいました。せっかくマコ君が道央方面からわざわざこっちへ来てくれたのに、申し訳なかったです。自分は釣れなくても良いので、釣れて欲しかったです。
今シーズンは好調だったのですが、肝心な時に私の絶不調が出てしまいました。それにしても、ラッシュの本流はあれだけ昨年魚が居たのにどこへ行ったんですかね。時期なのか、本当に居なくなったのか、居たけど釣れなかったのか・・・何にしてもわかりません。
釣りは難しいですわ。。。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Abel TR2(プラチナカラー)
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット3X50㎝

☆ヒットフライ☆
ソフトハックルウェット#8、エルクヘアカディス#8-10

|

« 今シーズン初ドライはちょっと山奥で(150607釣行記) | トップページ | 気温低すぎ、そして釣果も寒い(2015道北遠征PART1:150627釣行記) »

コメント

はじめましてこんばんは

素晴らしい景観ですね
こんな美しい渓谷で釣りが出来たら
と思いました映像を拝見するだけで
昔を思い出し癒されました
孫とタマに奥多摩川で釣りを楽しんで
います どうぞよろしくお願い致します

投稿: いま | 2015年6月22日 (月) 21時26分

アカガレイさんこんばんは。
よく行く道央の川でもそうですが水温が上がってくると虹君は何処か涼しい避暑地に逃げ込んでしまい絶好のポイントなのにいないことがありますが、この場合15度なら活性が最高にいいはずなんですがね。
なにが原因でお留守にしていたのでしょうか?
それがわかれば苦労はしませんね^^;

投稿: yamame | 2015年6月22日 (月) 23時37分

アカガレイさん、こんにちは。
残念な結果でしたね。この頃水温も上昇し、人のプレッシャーも半端ないので、魚が逃避してしまったのでしょうかね。
私もこの頃絶不調なので、そろそろ本腰入れて山奥探索に行こうかと思っています。
アカガレイさんのホームの渓を下から探索しようか迷っています。何せプーさんが怖いので。
十勝ももう少し人が少なくなればいいのですがね。
次回の釣行も頑張ってください。タイミングが合いましたら是非ご一緒しましょう。

投稿: tana | 2015年6月23日 (火) 08時48分

こんにちは、アカガレイさん。
当てが外れることは釣りをしているとよく有ることです。
良い時も悪い時も自然相手の事です、マコガレイさんも承知の事でしょう、次回挽回しましょう。

投稿: BOB | 2015年6月23日 (火) 18時21分

>いまさん
初めまして。コメント有難うございます_(._.)_
これからもブログご愛読のほどよろしくお願いします^^

投稿: アカガレイ | 2015年6月24日 (水) 00時17分

>yamameさん
ラッシュの渓に関しては昨年、良い思いをしたのが7月下旬以降だったので、早いのかな?とも思ったのですが、水温を考えると???です。
ほんとニジマスたちの気まぐれお留守の理由がサッパリわかりません。魚と話ができれば、一度、話し合いたいくらいです。

投稿: アカガレイ | 2015年6月24日 (水) 00時19分

>tanaさん
今回入った渓でヒヨコの本流はひょっとしたらプレッシャーもあるのかもしれませんが、ラッシュの本流は最近、人が入った形跡が無かったので、釣れない理由はよくわかりません(;_:)
おはぎ地方はほんと人が多いですから…と言っても、私も余所者なので、減らなきゃいけない方の立場なのかもしれませんね^^;;;

投稿: アカガレイ | 2015年6月24日 (水) 00時24分

>BOBさん
今回は下見までしたのですが、なかなか巧くいかないもんですね。マコガレイ君自身もそれなりに楽しんでくれたようなのが救いです。

投稿: アカガレイ | 2015年6月24日 (水) 00時27分

アカガレイさん、こんにちは。
余所者を減らすというのはちょっとニュアンスが違いますよ。人が増えるのはやむを得ないのですが、マナーの悪い人は減ってほしいと思います。
限りある週末に気持ち良く釣りをしたいのに、横入りやたばこのポイ捨てなど、あり得ない行動をする人が本当に増えました。そういった人たちは、本当に居なくなってほしいです。
愚痴ばかりですみません。今週末は楽しく釣りをしたいものですね。

投稿: tana | 2015年6月24日 (水) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/60476695

この記事へのトラックバック一覧です: 自分は良いとして、同行者には釣れて欲しかった・・・(150620釣行記):

« 今シーズン初ドライはちょっと山奥で(150607釣行記) | トップページ | 気温低すぎ、そして釣果も寒い(2015道北遠征PART1:150627釣行記) »