« 2014年11月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月の4件の記事

2015年5月26日 (火)

2時起きで朝練に行ったら・・・サクラサク(150525釣行記)

日曜日、多くのシーレイン君に弄ばれ、悔しい思いをしたとある海へ仕事前に突撃しました。
2時起きだったため、前夜8時半に就寝して・・・我ながらアホです。。。

道東の海
5月26(火)3:30-5:40
天候:くもり 気温:3-5℃ 水温:不明 風向・風速:南1m 波:0~1.0m ボイル:少ない
釣果:シーチェリー(46.2㎝、1,427g、♀)1尾
lovely

1505260001
この時期、3時と言っても明るく、この陽の長さを生かさないのはもったいないかもしれません。
さて、海の方は若干濁りが入っているものの問題ない感じです。そして、日曜日よりも風は弱いけどべた凪ではないという好条件。現地には、日曜日にも偶然会ったシュガー君が先に来ていたので情報を聞いて、キャストを開始しました。
しかし、この日は日曜のように元気なアメマス君が居ってくる姿が見えません。。。
今日は無理だなと半分諦めていたとき、シュガー君がナチュラルカラーのミノーが良いと話したので、それを信じてイワシ色のタイドミノーをキャストすると、まさかのワンキャスト目でガツンと当たり。そこからガンガン引かれたので、大きなアメマスが掛ったと思っていたのですが、「サクラだ」と言われ、よく見るとアメマスではない。もうそこからはバレないかとハラハラしましたが、無事、シュガー君にネットを入れてもらい対面することができました。

1505260002
シーチェリー様 ♀、46.2㎝、1,427g

おそらく道南に居た時以来ですから8年ぶりだと思います。丸々太ってて良い感じのチェリーさんでした。
もう満足です。

と言ってますが、今日も夜8時過ぎに寝て、明朝また突撃しようと思います。2匹目のどじょうを狙って。。。

☆日曜日のデータ☆
SHIMANO GAME AR-C 1006
SHIMANO RARENIUM Cl4+ 4000XG
VARIVAS ソルトウォーター VA-G 14lb
フロロカーボンリーダー20lb  50㎝

☆ヒットルアー☆
Tide Minnow Slim 140 (北海道限定ブルー)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年5月24日 (日)

2日間、20時間、フライにルアーにキャストした結果は・・・(150523、150524釣行記)

先週は札幌へハムの応援に行っていたので、1週休んでの釣り再開です。
まず、土曜日はえなり君とまりも湖へ。これまで、私はまりも湖lというと頑なに渡船をせず釣ってました。その裏にあるのは、渡船なんかしたら誰でも釣れるんでしょ、渡船代をかけてまで釣る必要ない、渡船したら負け、と、まぁ、荒んだ考えを持っていました。ただ、ここ数年、まりも湖で良い思いをしていない私は背に腹は代えられないというわけで、えなり君の案内で初めて渡船を使ったのでした。その結果は・・・

まりも湖
5月23(土)5:00-15:00
天候:晴れ 気温:10-22℃ 水温:9℃
風向・風速:南西のち西北西3~6m 波:0~1.0m ハッチ:ユスリカ少し ライズ(ボイル):散発
釣果:ボ ※ちなみにえなり君アメマス2尾
crying

1505230001
期待に胸を振らませ、意気揚々と出港した・・・

1505230002
ここが有名なヤイタイ島かと感動した・・・

1505230003
ポイントはえなり君にお任せ。ヤイタイの曲がり角というところに降り立った・・・

1505230004
キャストし続けるも当たりがない・・・、そしてお魚の反応が少ない・・・

1505230005
時々、突風が吹いてくるも釣りにはなるので、東側へ少しずつ歩いてポイントを変えながらキャストを続ける・・・

1505230006
ここまで見えたアメマスの顔は、えなり君が釣った2尾だけ・・・

そして、最後のポイント砂浜へ到着。すると、風は止み無風状態の時間も・・・。ここで、モーターボートが2隻、沖を通過した後、魚がバシャバシャ跳ね始め、フライをキャストすると、フライが通過している付近で魚がジャンプ。しかし、針には何もかからなかった・・・。

1505230007
帰りの船は行きとは違い何だか悲しかった・・・、そして、海でもないのに風がしょっぱく感じられた・・・

1505230008 1505230009
ワカサギはいたるところに浮いていたし、小さな流れ込みには多くのワカサギが遡上していたのに・・・
こういうワカサギが浮かんでいたら、鱒がこれに飛びついてバシャバシャ食べていると思っていたのですが・・・
浮かんでお亡くなりになっているワカサギの瞳も食べられなくてさびしがっているように感じた・・・

渡船したら釣れると思い込んでいた私の考えは、甘く、ふざけた考えだと認識させられ、反省しました。
とにかく・・・厳しかったし、自分の未熟さも痛感しましたが、もう少し、鱒たちがワカサギに興味を示していてくれればとも思いました。ただ、歩いたことのないポイントで景色が新鮮だったので楽しめました。
何にしても、モンカゲがパッとしていないようだったら来シーズンになるかもしれませんが、もう一回、渡船リベンジしたいと思います。

☆土曜日のDATA☆
LOOP EVOTEC 8136-4MF
LOOP EVOTEC LW627
RIO Powerflex Core Shooting Line 0.030"-25lb Floating
RIO Skagit Fright Head 25ft 500gr
AIRFLO PolyLeader TROUT 10ft Fast Sinking
ティペット2X50㎝

☆本日のヒットフライ☆
無し

そして、日曜日。
土曜日とはうって変わって、フィールドは海、手にはルアーロッド、というわけで、シーチェリーを釣ることを目標に、とある場所にある海へ行きました(場所はあまり知られていない場所なので、風景写真は載せていません)。そして、この日は近くの事務所に転勤してこられたお師匠様に久々に同行させていただきました。
さて、ポイントへ到着すると、ここの主、シュガー君が居たので状況を聞くとシーレインは釣れているとのこと。そして、サケ稚魚が追われているのも見えます。これは期待できるとキャストを開始します。すると先に釣りをしていた人がシーチェリーを釣りあげました。ますます期待に胸が膨らみました。
そんななか、途中、フライが良いんじゃないかとフライロッドも少し使ってみましたが、コツコツとあたりがあったり、着水したフライにボイルらしきものが起きたりもしましたが、手返しが悪く、遠投できないので、すぐにフライを諦め、ルアーで勝負することにしました。


1505240001
するとルアーに戻して数回キャストしたところで、シーレインが顔を見せてくれました。計っていませんがそんなに大きくは無く30㎝ちょっとだと思いますが、まずまず太っていて綺麗な魚でした。その後も、何度もジグを追って来たり、ミノーにアタックしてくるお魚の姿は見えたのですが、結局、針には掛りませんでした。
そんな感じで、目標のシーチェリーを釣ることはできませんでした。ただ、この日の釣りでなんとなく手ごたえが感じられたので、ちょっと今年は海ルアーの方も少し力を入れて(本気で)やろうと思い・・・


1505240002
早速、トンデンを大量に仕入れました。
これ以外にも、本気でやるためルアーバックやリリースネットなんかも・・・。

とりあえず、来週も土日のどちらかは海へ行くことにします。今年こそシーチェリーの顔を見るために・・・。

☆日曜日のデータ☆
SHIMANO GAME AR-C 1006
SHIMANO RARENIUM Cl4+ 4000XG
VARIVAS ソルトウォーター VA-G 14lb
フロロカーボンリーダー20lb  50㎝

☆ヒットルアー☆
トンデン(40gシェルピンク)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年5月 9日 (土)

先週に引き続き突撃したら・・・(150509釣行記)

まず最初に、この時期だけ良い思いができる某渓へ突撃したのですが、まだ増水がひどくて釣りになる状況にありませんでした。どうしようかと、途方に暮れ、しばらく考えた結果、ちょっと走って先週釣りになった渓へ2週連続で突撃しました。

おはぎコマの渓
5月9(日)8:30-10:30
天候:晴れ時々くもり 気温:9-12℃ 水温:7℃ 状況:増水雪代濁りあり(先週より若干減水)
ハッチ:無し ライズ:無し 釣果:ニジマス様(47㎝)1尾、オショロコマ君(15㎝)1尾
happy02

1505090001
こちらの渓も雪代が入って増水していましたが、釣りは可能な状況でした。水量の方も先週よりも若干減っており、この日は川を横断できる場所もいくらかみられました。
さて、前回来たときはコマの渓なのにオショロコマの姿は全く見れませんでしたが、この日は入渓点の緩い流れから・・・

1505090002
15㎝ほどのオショロ君が顔を見せました。小さかったですが、今シーズン初オショロコマということで記念撮影を行いました。ただ、結局、これ以外にオショロ君は出てきませんでした。このお魚がちょっと気の早い奴だったのかもしれませんね。

そして、この日も先週と同じ展開。入渓点からこの渓一番のポイントの大淵までは全く反応なし。

1505090003
この日の大淵の様子は、先週よりも水量が減っていることから底が比較的見えます。よーく観察すると、大きな石が2個並んでいるところがあったので、その間にフライが流れるようにキャストすると1投目でガツンと当たりがありました。この時点では先週と同じ30㎝台半ばのニジ君が掛ったと思い合わせると、そのお魚は下流へ勢いよく走り始めました。この感触はほんと久々でした。しばらく寄せては走らせを繰り返し、慎重に浅場へ誘導すると・・・

1505090004
47㎝のニジマス様lovely

ランディングネットを家に忘れて持参していなかったので、最後の最後まで冷や冷やしましたが、無事写真に収めることができました。だいぶ、魚体も回復しているようで綺麗なニジマス様ですね。
なんだかんだで、40UPのニジマスはほぼ1年ぶりだったので嬉しかったです。

結局、この渓では先週より1尾増えたものの2尾のお魚にしか会えませんでした。まぁ、渓の状態が雪代が多く入っている悪条件なので仕方ないのでしょうが、ニジマス様に会えたので十分満足できました。

その後は2渓ほど様子を見に行きました。
まず1本目は・・・

1505090005
ソフトクリームの渓。
ここは相変わらず渇水状態でフライに掛らない小さな新子サイズの魚影は確認できたのですが、何も釣れませんでした。この日は10年ほど前の同じ時期、良い思いをした流域を歩いたのですが、その時よりも水は減っているし、ポイントはつぶれてるし・・・もう本当にここはダメですね(昨年もダメだと言っていたのにまた来てしまった・・・。やはり良い思いをしたのが忘れられなくて・・・。)。

次に2本目は・・・

1505090006
奇跡が起こるかもしれない渓。
ここは昨年、開拓しようと思っていた渓だったのですが、結局、突撃せず終わってしまいました。というわけで、今年は何度か歩いてみようと思ってます。この日は、かなり雪代が入ってて、ポイントもつぶれててなかなか狙いが絞り切れずボに終わりましたが、嵌ればとんでもない奇跡が起きるかもしれないので、色々な流域を歩いてみようと思います。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Abel TR2(プラチナカラー)
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット3X50㎝

☆ヒットフライ☆
ソフトハックルウェット#8

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

2015年開幕釣行(150503釣行記)

ご無沙汰してます。昨年、晩夏からいろいろあって釣りに行く回数が激減していました。
今年も簡単な手術を受ける6月中旬と仕事関係の研修がある秋の約1ヶ月間は釣りができなくなります。
まぁ、ぼちぼち更新していきますので、またご贔屓のほどよろしくお願いします。

さて、今シーズンの開幕は4月のザンタレの本流での釣り大会があったのですが、こちらはボだったので、この日の釣行が実際のところ、開幕釣行になりました。
開幕に選んだ渓は、とある情報筋から渇水気味だと聞いていた渓なのですが・・・


おはぎコマの渓
5月3(日)8:30-13:00
天候:快晴 気温:10-18℃ 水温:7℃ 状況:増水雪代濁りあり
ハッチ:メイフライ、ストーンフライ少し ライズ:無し 釣果:ニジマス君(35㎝)1尾
think

1505030001
渇水と思っていたら、この渓でここまで水が多いのは初めて、というほどの増水。
ただ、ここはこれくらい水が多い方が良いかも。
しかし、入渓点の好ポイントではおチビ君を1尾バラシたのみで、全く反応なし。
というわけで、釣り下りこの渓のナンバーワンポイントへ。

1505030002
この大淵で反応なかったら、この日はボを覚悟するしかないと粘った結果・・・

1505030003
あまり大きくはないですが、今シーズン初のお魚の顔を見ることができました。
サイズは35㎝、しばらく釣りから離れていたので上出来かもしれません。
ちなみに、これ以外にここで2尾(すべてニジマス)かけたのをバラシたのは完全に勘が鈍ってました・・・。。。
あと、この大淵では夏場は流れ込みのところに魚がついているのですが、この日はプールでしか反応がありませんでした。まだ5月初めですからね・・・。

1505030004
ちなみに、この渓はニジマスよりもオショロコマの方が多いのですが、まだ時期が早いのか、まったくオショロ君の反応はありませんでした。
雪代時期には、どの渓でもオショロ君の顔を見たことがないのですが、この時期はどこにいるんですかね???

さて、山の上の渓はまだまだ雪代が多いので、前から気になっている里川に行ってみました。

1505030005
そこは雪代も入っておらず、メイフライもちらほら見えたのですが、釣れるお魚はウ様ばかりでした・・・。
この里川、気になって気になって仕方なく、これで3年連続の探索となっているのですが、相変わらずウ様しかつれません。絶対にウ様以外もいると思うのですが・・・。う~ん、諦めきれない。。。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Abel TR2(プラチナカラー)
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット3X50㎝

☆ヒットフライ☆
ソフトハックルウェット#10

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年6月 »