« 先週に引き続き突撃したら・・・(150509釣行記) | トップページ | 2時起きで朝練に行ったら・・・サクラサク(150525釣行記) »

2015年5月24日 (日)

2日間、20時間、フライにルアーにキャストした結果は・・・(150523、150524釣行記)

先週は札幌へハムの応援に行っていたので、1週休んでの釣り再開です。
まず、土曜日はえなり君とまりも湖へ。これまで、私はまりも湖lというと頑なに渡船をせず釣ってました。その裏にあるのは、渡船なんかしたら誰でも釣れるんでしょ、渡船代をかけてまで釣る必要ない、渡船したら負け、と、まぁ、荒んだ考えを持っていました。ただ、ここ数年、まりも湖で良い思いをしていない私は背に腹は代えられないというわけで、えなり君の案内で初めて渡船を使ったのでした。その結果は・・・

まりも湖
5月23(土)5:00-15:00
天候:晴れ 気温:10-22℃ 水温:9℃
風向・風速:南西のち西北西3~6m 波:0~1.0m ハッチ:ユスリカ少し ライズ(ボイル):散発
釣果:ボ ※ちなみにえなり君アメマス2尾
crying

1505230001
期待に胸を振らませ、意気揚々と出港した・・・

1505230002
ここが有名なヤイタイ島かと感動した・・・

1505230003
ポイントはえなり君にお任せ。ヤイタイの曲がり角というところに降り立った・・・

1505230004
キャストし続けるも当たりがない・・・、そしてお魚の反応が少ない・・・

1505230005
時々、突風が吹いてくるも釣りにはなるので、東側へ少しずつ歩いてポイントを変えながらキャストを続ける・・・

1505230006
ここまで見えたアメマスの顔は、えなり君が釣った2尾だけ・・・

そして、最後のポイント砂浜へ到着。すると、風は止み無風状態の時間も・・・。ここで、モーターボートが2隻、沖を通過した後、魚がバシャバシャ跳ね始め、フライをキャストすると、フライが通過している付近で魚がジャンプ。しかし、針には何もかからなかった・・・。

1505230007
帰りの船は行きとは違い何だか悲しかった・・・、そして、海でもないのに風がしょっぱく感じられた・・・

1505230008 1505230009
ワカサギはいたるところに浮いていたし、小さな流れ込みには多くのワカサギが遡上していたのに・・・
こういうワカサギが浮かんでいたら、鱒がこれに飛びついてバシャバシャ食べていると思っていたのですが・・・
浮かんでお亡くなりになっているワカサギの瞳も食べられなくてさびしがっているように感じた・・・

渡船したら釣れると思い込んでいた私の考えは、甘く、ふざけた考えだと認識させられ、反省しました。
とにかく・・・厳しかったし、自分の未熟さも痛感しましたが、もう少し、鱒たちがワカサギに興味を示していてくれればとも思いました。ただ、歩いたことのないポイントで景色が新鮮だったので楽しめました。
何にしても、モンカゲがパッとしていないようだったら来シーズンになるかもしれませんが、もう一回、渡船リベンジしたいと思います。

☆土曜日のDATA☆
LOOP EVOTEC 8136-4MF
LOOP EVOTEC LW627
RIO Powerflex Core Shooting Line 0.030"-25lb Floating
RIO Skagit Fright Head 25ft 500gr
AIRFLO PolyLeader TROUT 10ft Fast Sinking
ティペット2X50㎝

☆本日のヒットフライ☆
無し

そして、日曜日。
土曜日とはうって変わって、フィールドは海、手にはルアーロッド、というわけで、シーチェリーを釣ることを目標に、とある場所にある海へ行きました(場所はあまり知られていない場所なので、風景写真は載せていません)。そして、この日は近くの事務所に転勤してこられたお師匠様に久々に同行させていただきました。
さて、ポイントへ到着すると、ここの主、シュガー君が居たので状況を聞くとシーレインは釣れているとのこと。そして、サケ稚魚が追われているのも見えます。これは期待できるとキャストを開始します。すると先に釣りをしていた人がシーチェリーを釣りあげました。ますます期待に胸が膨らみました。
そんななか、途中、フライが良いんじゃないかとフライロッドも少し使ってみましたが、コツコツとあたりがあったり、着水したフライにボイルらしきものが起きたりもしましたが、手返しが悪く、遠投できないので、すぐにフライを諦め、ルアーで勝負することにしました。


1505240001
するとルアーに戻して数回キャストしたところで、シーレインが顔を見せてくれました。計っていませんがそんなに大きくは無く30㎝ちょっとだと思いますが、まずまず太っていて綺麗な魚でした。その後も、何度もジグを追って来たり、ミノーにアタックしてくるお魚の姿は見えたのですが、結局、針には掛りませんでした。
そんな感じで、目標のシーチェリーを釣ることはできませんでした。ただ、この日の釣りでなんとなく手ごたえが感じられたので、ちょっと今年は海ルアーの方も少し力を入れて(本気で)やろうと思い・・・


1505240002
早速、トンデンを大量に仕入れました。
これ以外にも、本気でやるためルアーバックやリリースネットなんかも・・・。

とりあえず、来週も土日のどちらかは海へ行くことにします。今年こそシーチェリーの顔を見るために・・・。

☆日曜日のデータ☆
SHIMANO GAME AR-C 1006
SHIMANO RARENIUM Cl4+ 4000XG
VARIVAS ソルトウォーター VA-G 14lb
フロロカーボンリーダー20lb  50㎝

☆ヒットルアー☆
トンデン(40gシェルピンク)

|

« 先週に引き続き突撃したら・・・(150509釣行記) | トップページ | 2時起きで朝練に行ったら・・・サクラサク(150525釣行記) »

コメント

アカガレイさんこんばんは。阿寒は昔よく行ってましたが
釣れたり釣れなかったりでした。魚のスイッチがどうやって入るのか解明できたら釣果があがるのかな?
水温、気温、気圧、ハッチ等が複雑に絡み合ってスイッチが入るのでしょうね。モンカゲ時期にリベンジして下さい。
海サクラ狙いは距離とリーリングの速さはフライでは
難しいですよね。
自分も海サクラやるなら迷わずルアーにしますw

投稿: yamame | 2015年5月24日 (日) 21時40分

アカガレイさん、こんばんは。
精力的に動き回っていますね。
今年は、湖も海ルアーも余りやったことがありませんが、中々手ごわいのですね。
こちらはドライが始まりましたよ。そろそろ蝉も聞こえてきそうです。ただ、週末になると爆風が吹くのでフライマンにとっては厳しいです。

投稿: tana | 2015年5月25日 (月) 19時40分

アカガレイさん こんばんわ!
アカガレイさんに ボを食らわすとは 
まりも湖 恐るべしです
モンカゲ スーパーハッチの時期にリベンジし 
BIGな金アメのUP期待してます。
早いもので 一週間後 6/1 いよいよ道南ヤマメ解禁です。


投稿: KEN | 2015年5月25日 (月) 22時57分

>yamameさん
ほんと阿寒のアメマスは気まぐれすぎますね。モンカゲへのスイッチが難しいのはこれまでの苦い経験から認識していましたが、ワカサギまでとは…。参りました…。

投稿: アカガレイ | 2015年5月26日 (火) 19時38分

>tanaさん
おはぎ地方の方はもう、セミが鳴いているんですか!?
こちらに居るとなかなか想像つかないです^^;;;海サクラの方が落ち着いたら、おはぎ地方へ突撃開始しようと思います。

投稿: アカガレイ | 2015年5月26日 (火) 19時39分

>KENさん
まりも湖に関しては、私はおそらく3回行くと2回はボを食らわされてるかもしれません。かなり相性が悪いのですが、不思議と言ってしまってます^^;;;
6月1日といえば道南ではヤマメ解禁でしたね^^あの解禁のお祭りが懐かしい今日この頃です。

投稿: アカガレイ | 2015年5月26日 (火) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/60121037

この記事へのトラックバック一覧です: 2日間、20時間、フライにルアーにキャストした結果は・・・(150523、150524釣行記):

« 先週に引き続き突撃したら・・・(150509釣行記) | トップページ | 2時起きで朝練に行ったら・・・サクラサク(150525釣行記) »