« いつ来ても知床は楽園だ!!(2014知床釣行PART1:140802釣行記) | トップページ | ああ・・・、糸洗い・・・(141109釣行記) »

2014年9月28日 (日)

久々に渓へ行ってみた・・・(140928釣行記)

8月の最初の週に知床へ行って以来、この週まで釣りには行ってませんでした。
行かなかった理由はいろいろあって、私的なことで忙しかった日もありますが、一番の理由はお仕事が忙しすぎて、休み関係なく事務所に出て報告書を書いてたり(9月の連休はすべてお仕事・・・)、あと、釣り熱が結構、冷めちゃったこと。釣り熱が冷めたのは身近にいるサケ釣りにはまっている人間の、ガサツで下品なこと。ああ、釣り人ってなんて下品なんだ、自分も同じなんだろうなと思ってしまって・・・。

ただ釣りに行かないと、休みの日は仕事とパチ屋へ通うくらいしかやることが無く、不健康過ぎ。というわけで、仕事も少し落ち着いてきたので、今週末、久々に渓へ行ってみました。


1409270001
まず、土曜日はおはぎ地方の私が大好きだったホームの渓へ。この日は久々になので、大物が潜む大場所が続くポイントへ入りました。秋の様相が漂う渓は美しく、歩いているだけで気持ち良かったのです。ただ、このポイントは大物一発狙いのポイントなので、結局・・・


1409270002
おチビニジちゃんが数尾顔を見せただけでした。


1409270003
ただ、少しですがエノキを手に入れることができたので良かったですが。
というわけで、土曜は釣りというよりはどちらかというと途中からキノコ採りになりました。

そして、日曜日。
この日もおはぎ地方で釣りしようかと思いましたが、土曜日の朝、気温がかなり低かったので、急激な気温低下でお魚の活性も落ちたかも?と思い(実際、ホームの渓でも釣れなかったですし、大場所でも大物が泳いでいる様子が見えなかったので)、アメマス狙いに切り替えることにしました。


道東アメマス君の第2故郷
9月28(日)4:30-10:30
天候:曇りのち小雨 気温:14-16℃ 水温:12℃ 状況:平水 ハッチ:メイフライ少し ライズ:無し
釣果:アメマス君(35-59㎝)20尾くらい ※Average 40㎝
confident

1409280001
とにかくこの時期、釣り銀座になるこの渓。朝一のポイントの選択を誤ったら、その日、下手したらボになってしまいます。このことから、あれこれ悩んだ挙句、一級ポイントを外し、それなりに長い期間、お魚が溜まる流域に朝一で入りました。昨年、この流域は大場所はありませんが、それなりのポイントが点在していたのですが、今年は、台風の影響か、昨年以上に砂が流れてポイントが埋まっていました。昨年良い思いをしたポイントは、流れ筋が変わって、悲しいことに水がなくなっていました・・・。
そんな感じで、しばらく歩いていくと、小雨が降ってきました。本来なら、最悪なんですが、この時期のこの渓では、釣り人の数が減るので、これは恵みの雨です。
そういうわけで、いつもなら少し釣り歩くと、他の釣り人に出会ってしまうのですが、この日は全く出会わず、ポイントを探ることができました。


1409280002
そして、たどり着いたのが、淵のポイント。ここはそれほど水深は無いのですが、川底がスリットになってて、怪しい感じです。キャスティング前に少し観察していると、川底がギラッと光りました。これはアメマスが居る合図。早速フライを流すと。。。


1409280003
この小さなポイントに、こんなに居たのかというくらいアメマス君が顔を見せてくれました。ただ、サイズは小さく40㎝前後がほとんど。


1409280004
そして、時々・・・40㎝台後半サイズ。


1409280005
そして、そして1尾だけですが59㎝のアメマス君が出てきました。あと1㎝でとりあえず合格と思える60㎝だったのですが、惜しかったです。。。
ちなみに、この日はいつもより水玉がピンクのアメマス君が多かったですね。
そして、ちょっと時期が早い気がしますが、イクラスイッチも入っている魚も居るようです。まぁ、イクラフライというと人によっては馬鹿にしてる人もいるようですが、そういう人は使わなければ良いだけですから(こういう変なこだわりがある釣り人の考えを聞かされるのも、私の釣り熱が冷める理由の一つだったりします・・・)、私は普通に使います。この時期アメマスが食べているものというとイクラが多いでしょうから、理には適っていますしね。

さて、運良く産卵を終えた摂餌にやる気のある群れにあたったおかげで、それなりの数のアメマス達の顔を見ることができました。というわけで、この流域を離れ、別のポイントへ。


1409280006 1409280007 1409280008
3流域ポイントほどガンガン歩いてみたのですが、今年は非常にお魚の数が少ない気がしました。数年前はちょっとした淵には数えきれないくらいアメマスが居たのですがねぇ。そして、凄い大きなアメマスもその群れには混じっていて・・・。それと比べると、この日の状況は天と地の差と言っても良いくらいでした。
まぁ、時期が早いのもあって、アメマスの本隊はまだ中~下流域に居るのかもしれませんが、本体が到着してもゆっくり休めるポイントが少ないのが気がかりです・・・。


1409280009
それでも、小さなポイントを丁寧に攻めると、40㎝ちょっとのアメマス君は居るようでした。

ちなみに、アメマスは例年よりも今のところ少ない気がしましたが・・・


1409280010
サクラやシロザケの遡上は例年よりも多いようです(青マスの姿は全く見えないけど、サクラの死骸の数はすごかった)。まだ、産卵中のサクラやシロザケがこの日も多くいましたし、浅瀬や岸際には産卵床も多く見えました。これから多く訪れる釣り人にこういった産卵床が踏み荒らさなければよいなと思います。

といった感じで、久々に釣りに行きました。まぁ、釣り熱が冷めたといっても、根本的には釣り自体は好きですから、楽しかったですし、久々に渓を歩いて気持ち良かったです。
仕事が落ち着いていたら、来週も釣りに行こうかなと思います。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Abel TR2(プラチナカラー)
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット3X50㎝

☆ヒットフライ☆
イクラフライ#8

|

« いつ来ても知床は楽園だ!!(2014知床釣行PART1:140802釣行記) | トップページ | ああ・・・、糸洗い・・・(141109釣行記) »

コメント

アカガレイさん、こんにちは。
お仕事ご苦労様です。
釣り熱については、色々な考えがありますが、十勝はこれからが熱い時期なので、再燃されることを願ってます。

しかし、ブランク復帰からしっかりと魚を見られているなんて流石ですね。
私も、今週から現場復帰しますが、とりあえずキャストができるかですね。

また、楽しいブログ期待しております。

投稿: tana | 2014年9月29日 (月) 08時52分

アカガレイさん久しぶりのアップですね。
人にはバイオリズムがあり釣りから少し遠ざかる
充電期間だったのでしょうか?
仕事が忙しそうですがたまには息抜きで釣りも
しましょう。
秋のアメでは好スタートをきりましたね。
あとはデカ虹が口を開けて待ってますよw

投稿: yamame | 2014年9月29日 (月) 21時23分

>tanaさん
お久しぶりです。秋は確かにハイシーズンでニジ様を一発狙える季節ですよね^^
ブランク明けでお魚の顔は見てますが、ニジ様は無理でした。その点、この時期のアメマス君たちはスイッチさえ入っていれば無邪気なので良い感じです。とはいえ、スイッチの切れているアメマス君たちはどうにもならないのですが…^^;;;

投稿: アカガレイ | 2014年10月 1日 (水) 23時28分

>yamameさん
お久しぶりです。
ちょっと仕事が忙しすぎるのと嫌なこともあってバイオリズムがめちゃくちゃになってました。パチ屋にこもって充電している日も数日ありました^^;;;
秋のアメマス君は少なかった昨年よりも遡上が少ない感じですが、何とか良いスタートを切れました。ニジ様も何とか秋シーズンに1尾出会えればと思うのですが、おはぎ地方は厳しい感じです。

投稿: アカガレイ | 2014年10月 1日 (水) 23時31分

私もイクラ好きですよ。
ウェイテッドのニンフとタンデムにしやす。
秋シーズンは、これでばっちりなのですが・・。
もう釣りに行く時間がアリマセン。orz。

投稿: かます草 | 2014年10月11日 (土) 00時32分

>かます草さん
返事めちゃくちゃ遅くて済みません_(._.)_
私もこの秋は、なかなか釣りに行く時間が無くて悲しいシーズンとなってます。。。
イクラフライはなんだかんだ言って鉄板ですよね^^v

投稿: アカガレイ | 2014年11月 9日 (日) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/57518400

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に渓へ行ってみた・・・(140928釣行記):

« いつ来ても知床は楽園だ!!(2014知床釣行PART1:140802釣行記) | トップページ | ああ・・・、糸洗い・・・(141109釣行記) »