« 苦節5年、この渓でやっと釣れた\(^O^)/(140726釣行記) | トップページ | 久々に渓へ行ってみた・・・(140928釣行記) »

2014年8月 4日 (月)

いつ来ても知床は楽園だ!!(2014知床釣行PART1:140802釣行記)

今回は、2年ぶりにシジミ君との釣行。シジミ君との釣りとなると、知床でのヤマメ釣り。
とりあえず、悪魔の館前で待ち合わせして合流し、プーさんの巣、知床河川へ突撃しました。
この日は2本の渓で釣りをしましたが、1本目は昔良かったけど、最近パッとしない渓。でも、知床ですから、しっかり歩けば悪い訳ないと思ってました。


知床半島S川
8月2(土)6:30-14:10
天候:快晴 気温:17-21℃ 水温:19℃ 状況:水量少ない濁りなし
ハッチ:ヒゲナガ少し、メイフライ少ない、カディス多い  ライズ:多い
釣果:ヤマメさん(19、20、24㎝)各1尾、ヤマメちゃん(10㎝前後)&オチョロコマちゃん(15㎝前後)たくさん
happy01

1408020001 1408020002
朝から雲一つない空で、知床としては気温も高かったこの日。渓の方は渇水気味のうえ、知床とは思えない水温19℃。ちょっと厳しい予感がしました。また、この渓は餌師に人気の渓ということもあり(渓にはいくつも「ミミズち
ゃん」の箱が落ちてました・・・。箱も持って帰れって・・・。)、入渓点すぐは、知床とは思えないくらい魚影が薄かったりします。

1408020003
まぁ、薄いといっても、#10サイズのフライではほとんど針掛りしないおチビちゃんはすごい数いるようですが。


1408020004
そして、プーさんに怯えながらガンガン上がっていくと・・・


1408020005
大オショロコマが居そうな倒木が複雑に入った小さな淵がありました。ここのY字形の倒木のあたりを何度かフライを流していると、ちょっと大きな魚影が反応するのが見えました。それでフライをあれこれ変えて(反応はするけど喰わない)キャストし続けると・・・


1408020006 1408020007
良い感じのヤマメさんが現れました。サイズを計るとちょうど8寸。道南や道央ではたいしたサイズではないかもしれませんが、ここ知床ではなかなか貴重なサイズです。それにしてもなかなか良い顔しています。
このヤマメさんに出会った後、さらに釣り上っていくと・・・


1408020008 1408020009
今度は、あまり他の渓では見ない色をしたツルツルの岩盤が続くポイントへ。なかなか面白い渓相でしたが、こういうポイントにはどういうわけか、お魚がほとんど居ませんでした。
この日、お魚、特にヤマメさんが多くいたのは・・・


1408020010
緩い瀬のポイント。こういった場所で・・・


1408020011 1408020012
私には20㎝前後のヤマメさん2尾、シジミ君には8寸のヤマメさんが顔を見せました。やはり、水温が高いので魚は瀬中心に居ました。それにしても知床のヤマメは、色合いが濃くていつ見ても綺麗です。

とりあえず、この日、S川を5キロ釣り上りましたが(知床河川では無謀な釣り上がりかも・・・)、その甲斐があって良いヤマメさんに出会えました。私が学生時代は、入渓点から良いサイズのヤマメとオショロコマが釣れたのですが・・・ここまで歩かなきゃならないとは・・・ちょっと残念ですね。

さて、S川のあと、まだ時間があるのでもう1ヶ所突撃しました。ここは、どちらかというとオショロコマの渓。ただ魚影はS川の10倍以上かもしれません。

知床半島第3本流
8月2(土)14:40-17:00
天候:晴れ 気温:19℃ 水温:12℃ 状況:水量やや多い濁りなし
ハッチ:ヒゲナガ少し、メイフライ少し  ライズ:少ない
釣果:オショロコマ君(24㎝)1尾、オチョロコマちゃん(10-15㎝)たくさん、ヤマメちゃん(10㎝)数尾
confident

1408020013
S川と違って、こちらは水量が豊富なうえ、水温も12℃とどちらかというと低水温。知床らしい状況です。


1408020014
ちょっと陽が傾き、プーさんの恐怖がさらに増すなか釣りをしていた時、私は川の中で転び左足を負傷。ちなみに、ブログを書いている今も、こけた時より痛みが増してます(ひざを曲げると痛いし、色が青く変わってる・・・ヒビでも入ったかな???)。


1408020015
まぁ、その甲斐あってか、無邪気な知床らしいオチョロコマ君には多く会えました。おはぎ地方のオショロコマとは異なり、お腹の橙色が濃く、斑点はピンク色のものも居たりします。そして体色はどちらかというとねずみ色。同じ魚とは思えないですね。


1408020016
そして、ここでも24㎝のまずまずのオショロコマ君も顔を見せてくれました。
知床は魚影が濃いうえに、夏が短く、餌を捕れる環境としてはあまり良くないのか、お魚はあまり大きくなれないようですが、絶対に尺超えのオショロ様も居ると思うんですよね。これからも、知床での尺超えオショロ様とヤマメ様を追い求めていきたいと思います。

ここ最近はニジマス釣りが多かったですが、ヤマメ釣りも面白いですね。

☆本日のおまけ☆


1408020017
この日、S川で1尾だけ銀化のオショロコマが釣れました。私自身、この手のオショロは初めて釣りました。
これから海に降るんでしょうね。海に降るとドリーバーデン・・・う~ん、一生のうちに一度で良いから、ドリーバーデンも釣ってみたいものです。知床近辺ならチャンスがあると思うのですが・・・。

☆今回のDATA☆
TIEMCO EUFLEX XFP792
HARDY FlyWeight
DT2F(ULTRA4 FRESHWATER)
リーダー4X8ft(ブッシュマスター)
ティペット5X100cm

☆ヒットフライ☆
エルクヘアカディス#10、CDCカディス#14、アントパラシュート#12、ビートル#12

|

« 苦節5年、この渓でやっと釣れた\(^O^)/(140726釣行記) | トップページ | 久々に渓へ行ってみた・・・(140928釣行記) »

コメント

アカガレイさん、こんにちは。
本当に良く釣られていますね。知床は行ったことがないですが、綺麗な魚で、周辺の環境も良さそうですね。

足の方は大丈夫でしょうか。
あまり無理をなさらずに、秋に向けて治した方が良いですね。

投稿: tana | 2014年8月 5日 (火) 10時01分

アカガレイさんこんばんは。
極東の山ちゃんは道央、道南、道北とも違い厳しい
越冬を超えた美しさがあります。
この地域で200mmUPは貴重ですが、知床の山ちゃんは
サイズじゃない魅力がありますね。
そしてオショロは川の宝石と言われているだけあって地方によって色が違い原色とシャドウ系の色合いが絶妙ですね。個人的には極東の山ちゃんとオショロはサイズじゃなくこのコントラストに魅力を感じる渓流魚です。
くそ!釣りてえええええ

投稿: yamame | 2014年8月 5日 (火) 21時06分

>tanaさん
知床は世界遺産というだけあって、ほんと渓相は綺麗ですよ^^ただ、一本目のヤマメの渓は釣り人も多く、道南のヤマメ河川のようにミミズちゃんの餌箱やハリスの袋などが多く捨てられててちょっと残念です…。
足の方は強になって、だいぶん痛みが引いてきたので、打ち身で済んだようです^^ご心配、ありがとうございます_(._.)_

投稿: アカガレイ | 2014年8月 6日 (水) 20時47分

>yamameさん
知床の魚はいつ見てもホント美しいです。ここのオショロを見るとまさしく宝石という言葉がピッタリだなといつも感じてます。ここの魚は、おそらくまともに餌を捕れるのは7~9月くらいでしょうから、厳しい条件下
もうちょっと近ければ、案内しますので、ぜひ来てくださいというところなんですが、さすがに遠過ぎますよね^^;;;

投稿: アカガレイ | 2014年8月 6日 (水) 21時12分

アカガレイさん、こんばんは。
世界遺産での釣りいいですねぇ。
でもプーさんの密度も世界遺産(?)ですのでお気をつけください(笑)。
それと渓でのケガは命にも関わりますので安全第一で。

投稿: BOB | 2014年8月 6日 (水) 21時26分

>BOBさん
世界遺産の地にはお魚も多いですが、確かにプーさんもいっぱい居ます^^;;;プーさんには注意しなければならないし、いつも以上に注意はしているのですが、観光でいらしたお客さんが、プーさんにお菓子などを与えているようで、困ったもんです…。。。話によると車から降りて、お菓子を与えている観光客もいるとか…。勇気があるというか、無知というか…。

投稿: アカガレイ | 2014年8月11日 (月) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/56990718

この記事へのトラックバック一覧です: いつ来ても知床は楽園だ!!(2014知床釣行PART1:140802釣行記):

« 苦節5年、この渓でやっと釣れた\(^O^)/(140726釣行記) | トップページ | 久々に渓へ行ってみた・・・(140928釣行記) »