« ここのアメマスはドライ大好き(2014道央遠征PART1-1;140719釣行記) | トップページ | 3連休最終日もアメマス求めて・・・(140721釣行記) »

2014年7月22日 (火)

渓相もアメマスも美しく、おまけにニジマス様まで(2014道央遠征PART1-2;140720釣行記)

道央遠征2日目は、まずはニジマス様の迷(?)流に突撃したのですが、舐めてました。その渓は、水量が多く、私の腕、タックルでは到底手におえない代物で・・・。というわけで、昨年たまたま見つけたM川に移動し、前日同様にアメマス狙いで釣りをすることにしました。
この移動が、とても良い方に転び、まさかまさかの結果を迎えたのでした。


道央M川
7月20(日)7:00-14:00
天候:快晴 気温:16-22℃ 水温:14℃ 状況:やや少ない ハッチ:ほとんど無し(蚋は多い) ライズ:無し
釣果:ニジマス様(55㎝)1尾、ニジマス君(25㎝)1尾、アメマス君(20-39㎝;Ave 30㎝)20尾くらい
lovely

1407200001
ここは、水の透明度が高いし、渓相も美しく、釣ってて気持ち良い渓で、昨年たまたま見つけたのですが、今年も絶対に来ようと思っていました。

1407200002
そして、昨年はそれほど魚影が濃いという感じではなかったのですが、この日は入渓点から25㎝ちょっとの「おはようアメマス君」がすぐに反応して出てきました。渓が綺麗ならお魚の方も良い感じです。

1407200003
まず、この日に入った流域は、昨年も釣った流域なのですが、水量がそれほど多くはないのですが、ちょっとしたプールのようなものが多くあり、アメマスたちはそういうプールの白泡の下に潜んでいるようで・・・

1407200004
泡の際にフライを流すと必ずと言ってよいほど、アメマスの反応がありました。そして、1尾だけですがニジマス君の姿も。。。昨年もニジマスは40㎝のニジ様が1尾だけ顔を見せたので、ここはアメマス中心の渓ですが、ニジマスも若干居るようです。

さて、この日は昨年は入れなかった流域も釣り歩いてみました。

1407200005
そこは釣り人の足跡も少なく、あまり叩かれていないようです。これは期待できそうです。

1407200006
この流域は朝のポイントよりも若干水量が増え、中場所(淵)も所々に見えます。

1407200007
そして、相変わらず、アメマス君が元気に顔を見せます。ここも昨日の渓と同じで、ドライへの反応が抜群です。
さて、まだまだ釣り上ります。

1407200008 1407200009
この辺りまで来ると、昨年も歩いたポイントなのですが、道南の渓相に雰囲気が似ています。

1407200010
ただ、顔を見せるのはイワナ君ではなくアメマス君です。まぁ、イワナ≒アメマスですから、同じっちゃぁ同じかもしれませんが、違うといえば違うような・・・、まぁ、どっちでも良いですね。

1407200011 1407200012
アメマスたちと遊びながら釣り上ること約3時間。そろそろこの流域の終わりが近づいてきました。そして、昨年、尺ちょっとのアメマス君が顔を出した淵に到達。ここも透明度が高いので、そーっと近づき様子を探ると、アメマスらしきお魚がゆらゆらしています。慎重に近づき、そーっとフライをキャストすると・・・

1407200013
この日、アメマスでは最大となった泣き40のアメマス君が出てきました。このアメマスとやり取り中、後ろをくっついて走り回っている魚影が見えたので、そのお魚も釣ってやろうと、フライサイズを#12に落としてキャストしてみました。しばらく反応が無く、数回キャストした時でした、泡の中から何か黒いものがフライを吸い込むのが見えました。しっかり合わせると、ちょっとこれまでの重みとは違います。というか、全く上がってきません。なんじゃこれ???とロッドを立てて煽ると、フライを咥えた主が走りだし、岩陰や倒木の方に突っ込もうとしています。その時、その暴れているお魚を見ると、水玉模様はなく、うっすらとピンクの線が入っています。まさかニジマス様?というわけで、フライサイズも小さかったので慎重にやり取りし、何とかランディングに成功しました。

1407200014 1407200015
55㎝ニジマス様lovely lovely lovely lovely lovely

シルバータイプの美しいメタボなニジマス様でした。この体型なら重いのも当然です。私がこれまでに釣ったニジマス様の中では、太さがちょっと違います。胴回りを計ると33㎝。おはぎ地方でも、少ないながら何尾かのニジマス様と対面していましたが、この太さはなかったです。ちょっと嬉しすぎて、山奥でプーさんも逃げ出すくらい、一人で叫びはしゃいでいましたcoldsweats01
まぁ、そこそこのニジマス様がこの渓に入ると思っていましたが、まさかです。


1407200016
何にしても、顔を見せてくれてありがとうですconfident


1407200017
そんな感じで、道央遠征2日目は大成功です。ニジ様に出会えるわ、元気なアメマス君に多く出会えるわ、その上、渓相も素晴らしいわ・・・。文句なしです。
この渓は、大事にしようと思いましたし、毎年、突撃しなきゃならない渓の一つになりました。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Abel TR2(プラチナカラー)
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット4X150cm

☆ヒットフライ☆
エルクヘアカディス#8、10、12 チェルノブイリアント#8

|

« ここのアメマスはドライ大好き(2014道央遠征PART1-1;140719釣行記) | トップページ | 3連休最終日もアメマス求めて・・・(140721釣行記) »

コメント

アカガレイさんこんばんは。
今回の連休の釣りは大成功ですね!
デカアメもさることながらデカ虹までとは
これは出来すぎwww
フライサイズを落としてレインボーをGETするなんざ
上級FFMですね。
この川はマイフェバリットリバーになるのは間違い
ないでしょう。

投稿: yamame | 2014年7月22日 (火) 22時34分

アカガレイさん おはようございます。
相変わらず豪快な釣りをされているようでお見事です。
このアメマスが海から遡上したものなりか、リザーバーなどから遡上したロックランドされたアメマスのが個人的に非常に興味があるところです(笑)。

石狩川水系の支流群だけに的を絞っても、探るのに数年は掛かりそうです。日高の渓も・・。

今年は例年に比べて、ヒグマ遭遇伝説のお話は少ないようですが、お気を付けくださいませ。

投稿: shinya@メインハウス | 2014年7月23日 (水) 05時53分

アカガレイさん、こんにちは。
この連休、凄い釣果ですね。
渓の素晴らしさもさることながら、アメマスの爆釣にニジマス様まで登場とは本当に素晴らしいです。

このニジマス、相当な重量がありそうで、さぞ楽しかったでしょうね~羨ましすぎます。

本当にお見事です。

投稿: tana | 2014年7月23日 (水) 08時45分

>yamameさん
今回の連休の釣りは、ほんと出来すぎでした。この渓はほんと奥が深そうなので、ちょっと家から遠いですがいろいろ探ってみようと思ってます。
フライサイズを落としたのは、本当のことを言うと、主力のエルクヘアカディスの#8、#10の残弾数が少なく、次の日の釣りに影響でたら困ると思い、余ってた#12を使っただけだったりします^^;;;

投稿: アカガレイ | 2014年7月23日 (水) 23時38分

>shinyaさん
連休で私が狙っていたアメマスたちは、ほぼすべて潮水は全く未経験な魚たちだと思います。潮水を経験していないアメマスはドライへの反応が良いので、私の釣りスタイルでは道東のアメマスよりも道央のアメマスの方が合っているのかもしれないです。ただ、道東ほど大きなアメマスはほとんど居ないですが^^;;;
可能なら石狩川水系も日高の渓もすべて釣り歩いてみたいですが…時間がいくらあっても足りないですよね^^

投稿: アカガレイ | 2014年7月23日 (水) 23時43分

>tanaさん
今回のニジ様は、流れが緩い小渓流だったのでランディングまで持ち込めたと思ってます。これが、おはぎ地方のそこそこの規模の渓だと流れに乗られて厳しかったかもしれないです。運が良かったです。でも、おはぎ方面の本流にはこういうお魚が多く居そうなので、早くおはぎ地方の水量が回復してくれればと思います。

投稿: アカガレイ | 2014年7月23日 (水) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/56866658

この記事へのトラックバック一覧です: 渓相もアメマスも美しく、おまけにニジマス様まで(2014道央遠征PART1-2;140720釣行記):

« ここのアメマスはドライ大好き(2014道央遠征PART1-1;140719釣行記) | トップページ | 3連休最終日もアメマス求めて・・・(140721釣行記) »