« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月の6件の記事

2014年6月30日 (月)

オショロコマ祭り・・・(困惑)(140628釣行記)

先週の釣りでは大惨敗した私。
今週は起死回生と行きたかったのですが、まず、釣りの前にポカミスを犯していました。
釣り場に到着すると、ニジマス用のランディングネットがありません。家に置いてきてしまいました。
まぁ、ネット無しでも良いか、どうせ釣れないし・・・とネガティブ満載で釣りを開始したところ・・・


おはぎホームの本流
6月28(土)5:30-14:30
天候:小雨のち晴れ 気温:15-21℃ 水温:11℃ 状況:平水 ハッチ:ミッジ少し ライズ:ほとんど無し
釣果:ニジマス君(15-31㎝)10尾くらい、オショロコマ君(20-27㎝)20尾くらい
think

1406280001
とりあえず、朝一はこの渓で一番の大場所のあるポイントへ。
そして、入渓点の大場所は・・・ただでさえ難しかったのに、木が倒れてて難易度がさらにアップしてました。
そこで顔を出した、この日のおはよう君は・・・

1406280002
小さな小さなニジマスちゃん。まぁ、このサイズが居るということは産卵が行われている証拠なので悪くはないのですが、もうちょっとサイズが欲しいですね。

1406280003
なんて言っていると、31㎝のニジマス君。とりあえず、おチビちゃんよりは良いかも。この一尾が起爆剤になってくれれば良いななんて思いながら、釣り上がって行ったのですが・・・

1406280004 1406280005 1406280006
保護区と呼んでいる大場所を含め好ポイントを叩いて行ったのですが・・・
顔を出すのはどういうわけか

1406280007 1406280008
なかなか型が良いオショロコマ君ばかり。。。このオショロ君たち、この渓では釣れないときは全く釣れないのですが、釣れるときはこればかりということが、時々あります。どうも、この日はオショロ祭りの日だったようです。
ただ、大場所でフライをジーッと観察しに来たニジマス様のワンチャンスがあったのですが、私のミスで散らしてしまいました。まぁ、このミスがこの日は致命傷になったわけで・・・

1406280009 1406280010
その後、ポイントを替え、いつものお気に入りの流域に突撃するも・・・

1406280011
チビニジ君とオショロ君のみ。
もう、これでは駄目だということで、山から下りて平野部へ行ったのですが・・・

1406280012
私のフライは全く異常なしというわけで、何の反応もありません。
想像以上に水量が無く、これじゃあ厳しいですわ。結果論ですが、ネットは家においてきて正解でした。使いもし
ないネットを背中に背負ってると重いだけですからね・・・(なんて書いてて虚しすぎる)crying

というわけで、この日も惨敗。これがニジ狙いでなく、オショロ君狙いで#2ロッドなんかで釣りをしていたら、大勝利で、とても楽しめたのでしょうが・・・。
そういうわけで、土曜はおはぎ地方でこういう結果になったので、日曜はヤケクソになって、あのお魚に癒されるため峠を越えるのでした。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
SAGE4250
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット4X100cm(3X100㎝)

☆ヒットフライ☆
エルクヘアカディス#8、10

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

土曜に引き続きおチビちゃんのみで惨敗(号泣)(140622釣行記)

前日、歩きまくって大惨敗した影響がこの日も残っており、足は激しい筋肉痛での釣り。
この日も、えなり様との釣りです。
行先はいろいろ悩んだ挙句、えなり様が気になっているという「エイコーンの本流」に行くことにしました。
久々に私はこの渓に行くことになったのですが・・・


エイコーンの本流
6月22(日)6:30-10:00
天候:曇りのち晴れ 気温:11-19℃ 水温:11℃ 状況:やや多い? ハッチ:メイフライ少し
ライズ:無し
釣果:ニジマス君(20-25㎝)3尾
crying

1406220001
入りたいポイントには先行者が居り、しばらく彷徨った挙句、とりあえず、写真のポイントにも先行者が居ましたが入ることとしました。
ちなみに、このちょっと上のポイントで数年前に良い思いをしたことがあるのですが、その頃とは渓の様相は変わっており、ポイントらしいポイントがない状態になっています。
そんな感じですから・・・

1406220002
顔を出すお魚もおチビ君のみ・・・
仕方なくポイントを移動したのですが・・・

1406220003 1406220004
こちらもおチビ君だけで異常なし。
怪しい倒木のポイントやら、ちょっと水深のある淵や瀬などニジマス様が居てもおかしくないポイントが点在していたのですが、さっぱりの状況でした。
う~ん、こんなはずでは・・・。
えなり様を案内した私としては申し訳ない気持ちでいっぱいでした。。。
というわけで、ここでえなり様と別れました。このまま帰ろうかと思いましたが、若干時間もあったので、あの計の様子を見に行きました。


おはぎホームの本流
6月22(日)11:30-13:30
天候:晴れ 気温:20℃ 水温:9℃ 状況:やや多い ハッチ:ミッジ多い ライズ:少ない
釣果:オショロコマ君(25㎝)1尾
crying

1406220005 1406220006
とりあえず、今後のために、お気に入りのポイントだけちょこっと様子を見ることに。水量はやや多いですが釣りには問題ない状況でした。う~ん、えなり様をこちらに案内した方が良かったなと、ちょっと後悔しました。
ただ、お魚の方はかなり渋く、盛期までもう一息かなといった感じでした。ただ、一尾、それほど大きくはないですが、まずまずのお魚が掛ったのを取っていれば・・・。悔いが残ります
bearing
そんな感じで、ホームで出会えたのは・・・

1406220007
オショロコマ君1尾だけ。

まぁ、来週、頑張りますrock
来週はどこに行くか・・・おはぎ地方の山奥に行くか、日高の山奥に行くか、それとも道央の山奥に行くか。。。
まぁ、ニジ様に飢えてるからおはぎかな?

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
SAGE4250
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット4X100cm(3X100㎝)

☆ヒットフライ☆
エルクヘアカディス#10、ソフトハックル#10

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

19.5キロ歩いて、おチビ君3尾(号泣)(140621釣行記)

この日は久々にえなり様との釣り。
ホントは先週、行ければ行ったのですが、最近の蝦夷梅雨のため、今週、同行することとなりました。
行先は相談の末、私が何年も前から言ってみたいと思っていた一人で突撃するのはちょっと勇気が必要なあの渓にしました。
その憧れの渓は、めちゃくちゃ渋かったですが、やっぱり想像していた通りの素晴らしい渓でした。
※とりあえず、渓のある地方は伏せておきます。まぁ、分かる人にはどこか分かるでしょうが。


ラピュタの渓
6月21(土)5:00-17:30
天候:曇りのち晴れ 気温:12-19℃ 水温:8℃ 状況:平水?やや多い?
ハッチ:カディス・メイフライ少し、ミッジ多い ライズ:ポツポツ
釣果:ニジマス君(20-25㎝)3尾
weep
※えなり様はニジマス様(52㎝)1尾とニジマス君少し


1406210001
駐車場から入渓点までとりあえず1キロちょっとテクテク歩き、渓に降り立つと山奥とは思えない規模の流れ。
プーさんの気配とニジマス様の大物感がプンプンと漂っています。
さて、山奥は夏の様相ということでドライを結んだ私。入渓点のポイントを叩くも全く反応がありません。ここで、同行者のえなり様は、フライを沈めています。
すると・・・

1406210002
52㎝のニジマス様と対面しています。サイズも素晴らしいですが、完璧な銀ピカ魚体。素晴らしいニジマス様です。そして、釣り上げたえなり様も素晴らしいです。
いきなりこのサイズが出たので、この日は爆釣かもと期待したのですが・・・
その後は・・・

1406210003 1406210004 1406210005 1406210006 1406210007
ヨダレものの大場所が連発し、絶対に大物が居る様なポイントも何ヶ所かあったのですが、他の釣り人に先にポイントを叩かれる不運などもありましたが、全くお魚が出てきません。
そして・・・

1406210008
歩きに歩いて11キロちょっと釣り上ったところで、時間も時間ですし、水量も減り魚っ毛がなくなったので引き返すことにしました。おそらく、引き返したところは諸事情により上みたいな感じになっていますが、ちょっと釣り上るとまた魚が居てもおかしくないようなポイントが現れる気もします。ただ、ニジマス領域というよりはオショロ領域になるんですかね?気にはなりますが、次回はここまでは来なくても良いような気がしました。まぁ、初めての渓なので、ガンガン歩いて状況を確認するのも大事ですしね。

さて、ここまでお魚の写真が出ていませんが、11キロちょっと釣り上って、私が出会ったお魚は・・・


1406210009
こんな感じのニジマス君3尾だけ。。。
参りました、途中、何度かライズがあったり、大きな大きな50以上は優にあるニジマス様がクルージングしているようなポイントもありましたが、へっぽこ釣り師の私の腕では無理でした。。。
あと、ここ最近の蝦夷梅雨の影響も少なからずあったのかも・・・。

そんな感じでこの日は結局、19.5キロちょっと歩き、釣りをしていた時間は12時間半。ほんと久々に足がおかしくなりました。それで、この釣果。それでも私は十分満足でした。そして、近々、単独でも良いのでリベンジしようと思いました。まぁ、一人は怖いですが、これで終われないですからね。

ちなみに、帰りの林道では・・・


1406210010
この時期にもかかわらずところどころに雪が・・・。いやぁ、ほんと奥まで来たってことですね。
道東に来てから、探検要素の強い釣りはあまりしていませんでしたが、こういう釣りはたまらないですねwink

えなり様、この日はお疲れ様でした。盛夏に2人でリベンジしましょう。それまでに、一度、単独で様子を見に行ければ行こうと思います。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
SAGE4250
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット4X100cm(3X100㎝)

☆ヒットフライ☆
エルクヘアカディス#10、ソフトハックル#10

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

3週連続とはならなかったけど・・・ドライで良い感じ(2014道北遠征PART1:140608釣行記)

今週、土曜はルアーでサクラ狙いに道東の浜へ行ったのですが、濁りのせいか魚っ気はまるで無くボ。先週は状況が良かったらしいのですが・・・心折れました。。。
そういうわけで、渓流へは日曜だけの釣行となったのですが、日曜の天気予報を見るとおはぎ界隈を含め道東地方は雨模様・・・。そこで、雨を逃れて思い切って1日だけの強行軍で、今年1発目の道北遠征を決行しました。
この渓は普段は水量が少ないので、ちょっと増水しているときに入渓するのが良いのですが・・・


道北F川
6月8(日)5:30-10:30
天候:曇り時々小雨 気温:11-17℃ 水温:11℃ 状況:平水
ハッチ:カディスかなり多い、メイフライ・ガガンボ少し ライズ:多い
釣果:ニジマス様(47㎝)1尾、ニジマス君(15-35㎝)20尾前後
happy02

この渓は比較的実績のある渓で、良いポイントが上流域と中流域に点在しています。とりあえず、この日は上流域へ入りました。まぁ、中流域も魚影は濃いのですが上流域の方が渓相が良いんで。


1406080001
入渓してみると水量は予想以上に少ないのですが(平水)、カディスがかなりハッチしています。サイズにして#10くらいのものが上流へ向かって飛んでいます。これを見て、この日も沈めて釣るつもりだったのですが、フライをエルクヘアカディスに結び直しました。

1406080002
結果はすぐに表れ、ニジマス君たちのフライへの反応がすこぶる良く、次から次からチビニジ君が顔を見せます。天気もあまり良くなく、ここ最近にしては気温が下がっていたので、ドライで大丈夫か?と不安だったのですがね。

1406080003 1406080004 1406080005
そんな感じで初夏の様相の道北の小渓流を釣り上がります。ここは、高低差があまり無い渓なのですが、流れと川底は変化に富んでいて、意外と魚影は濃いです。ただ、濃いと言ってもおチビ君が中心ですが。。。

1406080006 1406080007
期待のポイントまでの釣果は、数は多いけどおチビ君中心で1尾だけ35㎝のニジ君、という感じ。
う~ん、やっぱり大物はまだドライに興味を示していないのか、それとも大物が居ないのか・・・。

1406080008
そして、期待の岩盤交じりの荒瀬のポイントに到着。ここは40UPの実績が3釣行で2回という1級ポイント。フライを流すとおチビ君が5尾ほど顔を出しました。う~ん、これだけおチビ君を釣ったら場が荒れちゃったかも、と諦めようかと思いましたが、ここには・・・

1406080009
小さな淵があります。そして、あえてどこかは書きませんが、2回顔を出した40UPは、上の流れの同じ場所から出ています。今回も、散々場を荒らした後ですが、その流れにフライを乗せました。すると、すっとフライを吸い込むお魚が。その後、そこに張り付いて動かず、動いたと思ったら一気に下流へ走り出したので、これはニジマス様の可能性が高いと思い、慌てず走らせ下流へ私も走って付いて行きました。そして、一時瀬にも入られ大変なことになりましたが、どうにかランディングできました。

1406080010

50㎝にちょっと足りない47㎝のニジマス様happy02

う~ん、ネットに入れる直前、3週連続の50UPを達成したかもと思ったのですが、ちょっと足りなかったです。そうは、うまくいかないですよね・・・。そして、贅沢ですよね・・・think
でも、この渓では最大記録更新になったので良しとしてます。それにしても、この小渓流でよくここまで育ったもんです。

そんな感じで、今週末は天気の影響で道北へ走りましたが、今年は昨年よりも道北釣行を増やそうと思ってます。気になるところが何ヶ所かありますし、昨年は行けなかったあそこにも久々に行きたいですしね。

☆本日のおまけ☆

1406080011 1406080012
この日はカディスのハッチが多かったせいか、ライズしているお魚も多くみられました。何尾かはライズを取る釣りもでき、いよいよ盛期に入ってきたなと感じてます。さて、ライズしていた1尾のおチビ君のお腹の中を失礼ながら見せてもらいました。お腹の中を見ると納得ですね。まだ、陸生昆虫は無いようなので、渓は夏というよりは春といった感じなのかもしれないですね。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
SAGE4250
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット4X100cm

☆ヒットフライ☆
エルクヘアカディス#10-12

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

上品なほっぺのニジマス様(140601釣行記)

この日はとりあえず、先週土曜日、不発に終わったヒヨコの本流へリベンジのため突撃しました。
もう6月というわけで夜明けも早いことから朝4時から釣りを開始したのですが、この時期としては異常な朝の暖かさ。ちょっと良いかも、と期待したのですが・・・


ひよこの本流
6月1(日)4:00-9:00
天候:快晴 気温:12-25℃ 水温:12℃ 状況:平水 ハッチ:メイフライ少し ライズ:ほとんど無し
釣果:ニジマス君(15-36㎝)10尾くらい
think

1406010001
とりあえず、この日は先週のフルコース釣行ではなく半分の行程を予定し釣り上がりました。
そして、この日は30㎝の「おはよう」ニジマス君が入渓点すぐのポイントで顔を出してくれ、とりあえずは先週の釣果を上回りリベンジ達成です。

1406010002 1406010003
そして、いかにもというポイントからは。。。

1406010004
チビニジ君が顔を出してくれます・・・が、なぜか1尾ずつです。もっと居ると思うのですがねぇ・・・。ちょっと、わかりません。今年初めてドライで釣れたニジ君も居たのですが・・・。
ただ、この日の目的は、先週バラしまくった大場所のニジ様を1尾でも良いからランディングすること。だから、気にせず、上がっていきます。

1406010005
そして、目的のポイントに到達。
そーっと覗くと、1尾だけですが50はあると思われるニジ様が中層を悠々と泳いでいるのが見えます。そして、観察していると、流下してきているものを一所懸命食べているようです。これは、確実にフライを食うなというわけで、ティペット、フライを結び直して万全の状態でフライを流すと、1発でヒット。そして、咥えた主は一気に下流へ走りました。良しヤッタと思い、追いかけて行くのですが、どうもおかしい。50UPにして走った後はすんなりネットの方へ寄ってくる・・・。

1406010006
ランディングしてみると40㎝もない36㎝のニジ君でした。サイズの割には元気でしたが・・・。。。まぁ、仕方ないと思い、改めてポイントの深みを見ると、先ほど泳いでいたニジ様は居なくなっていました。

ガッカリして、入渓点に戻ることにしました。
そして、前日、まずまずの釣りができていたので、このまま帰ろうかと思いましたが、ちょっと気になるあの渓の状況を見に立ち寄ることにしました。


おはぎホームの本流
6月1(日)10:30-12:00
天候:快晴 気温:24-29℃ 水温:11℃ 状況:やや多い ハッチ:ほとんど無し ライズ:無し
釣果:ニジマス様(52㎝)1尾
lovely

1406010007
今年初めてのホームの本流。やはり、私にとってのおはぎ地方は、この渓なんですよね。いろいろな渓で釣りをしていますが、やっぱりここが一番好きです。ただ、まだ6月の頭というわけで水量は多め。ちょっと厳しいかと思いましたが、気合で対岸へ渡り、少し釣り上ってみました。まぁ、この渓の今回のポイントは、盛期でもそう簡単に釣れるポイントではなく、お世辞にも魚影が濃いとは言えません。ただ、この時期はタイミングが合えば、一発があるので、気になっていました。
そして、ちょっとした大場所の淵に到達。ここで、ポイントを観察していると、怪しいプールがありました。ただ、この渓は透明度が高いので、安易に近づくと魚に気づかれます。しかし、この日は運が良いことに風が強く、水面にはさざ波が立っています。ここで、フライを投げ込むと、大きな魚影がフライに向かってくるのが見えました。しかし、ここでは掛らなかったので、すぐにキャストし直すとガツンという当たりが。
そして、そのまま一気に走ったかと思うと・・・

1406010008
上の写真に見える対岸にある倒木などに突っ込んで逃げようとします。ティペットを切られないように、それを何とかかわして、やっとランディングしたお相手は・・・

1406010009
ちょっと疲れた、と言っているように見えますが、良い顔してますねlovely

1406010010
尾びれは若干産卵の時の傷が残っていますが、だいぶん回復していますねlovely
というわけで・・・

1406010011
52㎝のシルバー系のニジマス様lovely

この渓で、このタイプのニジ様は3年ぶりです。いやぁ~ほんと綺麗なニジ様です。ほっぺの上品な薄ピンク、斑点の細かさ、銀色の魚体も良い感じですよね。まぁ、この渓のこの流域は空振りがほとんどなのですが、たま~~~に、こういうニジ様が顔を見せてくれるから通ってしまうんですよね。

この1尾に出会った後、あと少し釣り上ろうとしましたが、水量が多くて川を渡れなかったので、無理せず撤収しました。結局のところ、ホームの渓ではこのニジ様1尾しか会えませんでしたが、贅沢は言いません、もう十分です。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
SAGE4250
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット3X50cm

☆ヒットフライ☆
ソフトハックルウェット#10、エルクヘアカディス#10

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

体型の割に動きが俊敏ですね^^;;;(140531釣行記)

この週末、おはぎ地方は30℃近くまで気温が上がり真夏の様相。この時期でもストーブが手放せない極東に住む私には、なかなか厳しい暑さでした。こんな天気だったので私の方はヘバリ気味でしたがお魚の方は、とっても元気で。。。

メタボリックシンドロームの本流
5月31(土)5:50-15:00
天候:快晴 気温:15-29℃ 水温:11℃ 状況:やや多い
ハッチ:メイフライ・ミッジまずまず、ガガンボ多い ライズ:無し
釣果:ニジマス様(42㎝)1尾、ニジマス君(20-35㎝)15尾くらい
happy02

この日、予定していた渓に先行者が居り、悩んだ挙句、予定にはなかったこの渓へ。

1405310001
若干、水量が多かったのですが、この渓の中下流域はこれくらい水量がないと釣りになりません。というか、このやや多めの水量は大チャンスかも・・・。
期待して釣り始めると、早速、コロコロに太ったおチビ君が「おはよう」と出てきました。渇水時はこのサイズにもなかなか会えないのでこれで確信です。
そして、確信はすぐに現実に・・・

1405310002
怪しい怪しいちょっと水深のある流れ込み。ここにフライを送り込んでやると、一発で顔を見せてくれました。

1405310003 1405310004
まんまる体型の42㎝のニジマス様でした
happy02
とにかく、この日のニジマスたちは元気で30㎝を超えるサイズのニジたちは走り回っていたのですが、このニジ様は30mほど下流へ一気に走るわ、対岸のブッシュに突っ込もうとするわ、手こずらされました。それはそうと、こんな体型ということは、産卵のためにおはぎの本流から上がってきたお魚かもしれないですね。本流へ帰る途中だったのかも・・・邪魔してすみませんって感じですね

1405310005
その後も炎天下の中を釣り上がり・・・、この時期のお魚が付く流れからは・・・

1405310006
メタボなおチビ君たちが飛び出します。

1405310007
そして、大物感が漂うポイントから・・・

1405310008
まず、35㎝のニジマス君。このニジマス君はあとちょっとでネットインという時に、一気に対岸に走る元気なファイターでした。

1405310009
このポイントにはもう一尾のお魚が居たようで、とりあえずヒット、見た感じは40~45くらいのまずまずのお魚。時間をかけてやり取りしたので、ちょっと余裕かまして、ネットイン前にお遊びで上の写真を撮ったら、その直後にバレてしまいました・・・。まぁ、こんなこともありますよね
coldsweats01

1405310010
というかんじで、炎天下のなか、この日も結局10キロ以上歩いたので、暑くてやや脱水症状にもなりましたが(軽い頭痛が・・・)、緑もまぶしくなった初夏の様相の渓で、元気なニジ君たちと遊べたので楽しい1日になりました。それにしても、この渓のニジたちはみなコロコロに太っていたのですが、体型の割に元気で、私も見習わなきゃなと思いましたsmile

さて、この日、出会った42㎝のニジ様はこの土日のナンバーワンのお魚になると思ったのですが、日曜日に・・・


1406010000
まさかまさか、それを超えるあなたに出会うとは・・・ to be continued

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
SAGE4250
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット3X50cm

☆ヒットフライ☆
ソフトハックルウェット#10

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »