« 3週連続とはならなかったけど・・・ドライで良い感じ(2014道北遠征PART1:140608釣行記) | トップページ | 土曜に引き続きおチビちゃんのみで惨敗(号泣)(140622釣行記) »

2014年6月23日 (月)

19.5キロ歩いて、おチビ君3尾(号泣)(140621釣行記)

この日は久々にえなり様との釣り。
ホントは先週、行ければ行ったのですが、最近の蝦夷梅雨のため、今週、同行することとなりました。
行先は相談の末、私が何年も前から言ってみたいと思っていた一人で突撃するのはちょっと勇気が必要なあの渓にしました。
その憧れの渓は、めちゃくちゃ渋かったですが、やっぱり想像していた通りの素晴らしい渓でした。
※とりあえず、渓のある地方は伏せておきます。まぁ、分かる人にはどこか分かるでしょうが。


ラピュタの渓
6月21(土)5:00-17:30
天候:曇りのち晴れ 気温:12-19℃ 水温:8℃ 状況:平水?やや多い?
ハッチ:カディス・メイフライ少し、ミッジ多い ライズ:ポツポツ
釣果:ニジマス君(20-25㎝)3尾
weep
※えなり様はニジマス様(52㎝)1尾とニジマス君少し


1406210001
駐車場から入渓点までとりあえず1キロちょっとテクテク歩き、渓に降り立つと山奥とは思えない規模の流れ。
プーさんの気配とニジマス様の大物感がプンプンと漂っています。
さて、山奥は夏の様相ということでドライを結んだ私。入渓点のポイントを叩くも全く反応がありません。ここで、同行者のえなり様は、フライを沈めています。
すると・・・

1406210002
52㎝のニジマス様と対面しています。サイズも素晴らしいですが、完璧な銀ピカ魚体。素晴らしいニジマス様です。そして、釣り上げたえなり様も素晴らしいです。
いきなりこのサイズが出たので、この日は爆釣かもと期待したのですが・・・
その後は・・・

1406210003 1406210004 1406210005 1406210006 1406210007
ヨダレものの大場所が連発し、絶対に大物が居る様なポイントも何ヶ所かあったのですが、他の釣り人に先にポイントを叩かれる不運などもありましたが、全くお魚が出てきません。
そして・・・

1406210008
歩きに歩いて11キロちょっと釣り上ったところで、時間も時間ですし、水量も減り魚っ毛がなくなったので引き返すことにしました。おそらく、引き返したところは諸事情により上みたいな感じになっていますが、ちょっと釣り上るとまた魚が居てもおかしくないようなポイントが現れる気もします。ただ、ニジマス領域というよりはオショロ領域になるんですかね?気にはなりますが、次回はここまでは来なくても良いような気がしました。まぁ、初めての渓なので、ガンガン歩いて状況を確認するのも大事ですしね。

さて、ここまでお魚の写真が出ていませんが、11キロちょっと釣り上って、私が出会ったお魚は・・・


1406210009
こんな感じのニジマス君3尾だけ。。。
参りました、途中、何度かライズがあったり、大きな大きな50以上は優にあるニジマス様がクルージングしているようなポイントもありましたが、へっぽこ釣り師の私の腕では無理でした。。。
あと、ここ最近の蝦夷梅雨の影響も少なからずあったのかも・・・。

そんな感じでこの日は結局、19.5キロちょっと歩き、釣りをしていた時間は12時間半。ほんと久々に足がおかしくなりました。それで、この釣果。それでも私は十分満足でした。そして、近々、単独でも良いのでリベンジしようと思いました。まぁ、一人は怖いですが、これで終われないですからね。

ちなみに、帰りの林道では・・・


1406210010
この時期にもかかわらずところどころに雪が・・・。いやぁ、ほんと奥まで来たってことですね。
道東に来てから、探検要素の強い釣りはあまりしていませんでしたが、こういう釣りはたまらないですねwink

えなり様、この日はお疲れ様でした。盛夏に2人でリベンジしましょう。それまでに、一度、単独で様子を見に行ければ行こうと思います。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
SAGE4250
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット4X100cm(3X100㎝)

☆ヒットフライ☆
エルクヘアカディス#10、ソフトハックル#10

|

« 3週連続とはならなかったけど・・・ドライで良い感じ(2014道北遠征PART1:140608釣行記) | トップページ | 土曜に引き続きおチビちゃんのみで惨敗(号泣)(140622釣行記) »

コメント

アカガレイさん、こんにちは。
この渓は、もしやの渓ですか。私も突入計画を立てている渓と同じでは。

アカガレイさんの腕を持ってしても、難しい渓なのですね。

今度行くときは、お声をお掛け下さい。秘密道具ありますので、お役にたてると思います。

投稿: tana | 2014年6月24日 (火) 08時35分

アカガレイさんこんばんは。
あと500mm歩くと2Okmですねw
そして12時間半とは鬼様釣り以上にストイックな
釣りですよw
それにしても素晴らしいロケーションですね。
山ちゃんはいませんでしたか?
いたら自分が思っているあの川かな?

投稿: yamame | 2014年6月24日 (火) 22時37分

>tanaさん
おそらく想像どおりの渓だと思います。
所々に大物の姿が見えましたが、魚影が濃さはそれほど感じませんでした。蝦夷梅雨の影響もあるのでしょうが、まぁ、私がまだ未熟なのかもしれないです…(+_+)
突入を計画されているとのことですので、ぜひ、私の惨敗の仇を取ってきてください_(._.)_

投稿: アカガレイ | 2014年6月24日 (火) 22時49分

>yamameさん
たまにはこういうストイックな釣りも良いもんですね^^;;;
ロケーションはほんと良かったです。いかにも大物が居そうな雰囲気で、実際に、姿が見えたポイントもありましたから。ただ、水の透明度が高いため、アプローチが難しかったです。
今回は山ちゃんの姿は全くなかったのですが、ここに居るんですか???おそらく、ここは有名な渓なのでyamameさんが思ってる渓で正しいと思うのですが…。なんかの機会に情報交換できればと思います。

投稿: アカガレイ | 2014年6月24日 (火) 22時55分

お疲れ。1人じゃ行けなかったわ。ありがとう!本当に好きな感じの川だったなぁ。こういうギャンブル性の高い川も良かったよ。絶対にリベンジに行かなきゃな!ホームの渓にするくらい通ってみるか?それにしてもよく歩いたもんだ。翌日の2時起きが一日ズレなかったら、ヤバかったわ・・・

投稿: えなり | 2014年6月25日 (水) 07時04分

>えなりさん
この日はほんとお疲れ様。なんとか1尾釣ってくれて良かったよ。また、ここへ近いうちにリベンジに行きましょう。その時には魚の活性が上がってることを祈って。
あと、日曜日はスカに終わり申し訳ないです。。。あの後、ホームの方を見に行ったのですが、水量的には問題なく釣りできましたが、微妙な感じでした。どっちにしてもこの日は厳しかったのかも。。。

投稿: アカガレイ | 2014年6月29日 (日) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/56582070

この記事へのトラックバック一覧です: 19.5キロ歩いて、おチビ君3尾(号泣)(140621釣行記):

« 3週連続とはならなかったけど・・・ドライで良い感じ(2014道北遠征PART1:140608釣行記) | トップページ | 土曜に引き続きおチビちゃんのみで惨敗(号泣)(140622釣行記) »