« 体型の割に動きが俊敏ですね^^;;;(140531釣行記) | トップページ | 3週連続とはならなかったけど・・・ドライで良い感じ(2014道北遠征PART1:140608釣行記) »

2014年6月 2日 (月)

上品なほっぺのニジマス様(140601釣行記)

この日はとりあえず、先週土曜日、不発に終わったヒヨコの本流へリベンジのため突撃しました。
もう6月というわけで夜明けも早いことから朝4時から釣りを開始したのですが、この時期としては異常な朝の暖かさ。ちょっと良いかも、と期待したのですが・・・


ひよこの本流
6月1(日)4:00-9:00
天候:快晴 気温:12-25℃ 水温:12℃ 状況:平水 ハッチ:メイフライ少し ライズ:ほとんど無し
釣果:ニジマス君(15-36㎝)10尾くらい
think

1406010001
とりあえず、この日は先週のフルコース釣行ではなく半分の行程を予定し釣り上がりました。
そして、この日は30㎝の「おはよう」ニジマス君が入渓点すぐのポイントで顔を出してくれ、とりあえずは先週の釣果を上回りリベンジ達成です。

1406010002 1406010003
そして、いかにもというポイントからは。。。

1406010004
チビニジ君が顔を出してくれます・・・が、なぜか1尾ずつです。もっと居ると思うのですがねぇ・・・。ちょっと、わかりません。今年初めてドライで釣れたニジ君も居たのですが・・・。
ただ、この日の目的は、先週バラしまくった大場所のニジ様を1尾でも良いからランディングすること。だから、気にせず、上がっていきます。

1406010005
そして、目的のポイントに到達。
そーっと覗くと、1尾だけですが50はあると思われるニジ様が中層を悠々と泳いでいるのが見えます。そして、観察していると、流下してきているものを一所懸命食べているようです。これは、確実にフライを食うなというわけで、ティペット、フライを結び直して万全の状態でフライを流すと、1発でヒット。そして、咥えた主は一気に下流へ走りました。良しヤッタと思い、追いかけて行くのですが、どうもおかしい。50UPにして走った後はすんなりネットの方へ寄ってくる・・・。

1406010006
ランディングしてみると40㎝もない36㎝のニジ君でした。サイズの割には元気でしたが・・・。。。まぁ、仕方ないと思い、改めてポイントの深みを見ると、先ほど泳いでいたニジ様は居なくなっていました。

ガッカリして、入渓点に戻ることにしました。
そして、前日、まずまずの釣りができていたので、このまま帰ろうかと思いましたが、ちょっと気になるあの渓の状況を見に立ち寄ることにしました。


おはぎホームの本流
6月1(日)10:30-12:00
天候:快晴 気温:24-29℃ 水温:11℃ 状況:やや多い ハッチ:ほとんど無し ライズ:無し
釣果:ニジマス様(52㎝)1尾
lovely

1406010007
今年初めてのホームの本流。やはり、私にとってのおはぎ地方は、この渓なんですよね。いろいろな渓で釣りをしていますが、やっぱりここが一番好きです。ただ、まだ6月の頭というわけで水量は多め。ちょっと厳しいかと思いましたが、気合で対岸へ渡り、少し釣り上ってみました。まぁ、この渓の今回のポイントは、盛期でもそう簡単に釣れるポイントではなく、お世辞にも魚影が濃いとは言えません。ただ、この時期はタイミングが合えば、一発があるので、気になっていました。
そして、ちょっとした大場所の淵に到達。ここで、ポイントを観察していると、怪しいプールがありました。ただ、この渓は透明度が高いので、安易に近づくと魚に気づかれます。しかし、この日は運が良いことに風が強く、水面にはさざ波が立っています。ここで、フライを投げ込むと、大きな魚影がフライに向かってくるのが見えました。しかし、ここでは掛らなかったので、すぐにキャストし直すとガツンという当たりが。
そして、そのまま一気に走ったかと思うと・・・

1406010008
上の写真に見える対岸にある倒木などに突っ込んで逃げようとします。ティペットを切られないように、それを何とかかわして、やっとランディングしたお相手は・・・

1406010009
ちょっと疲れた、と言っているように見えますが、良い顔してますねlovely

1406010010
尾びれは若干産卵の時の傷が残っていますが、だいぶん回復していますねlovely
というわけで・・・

1406010011
52㎝のシルバー系のニジマス様lovely

この渓で、このタイプのニジ様は3年ぶりです。いやぁ~ほんと綺麗なニジ様です。ほっぺの上品な薄ピンク、斑点の細かさ、銀色の魚体も良い感じですよね。まぁ、この渓のこの流域は空振りがほとんどなのですが、たま~~~に、こういうニジ様が顔を見せてくれるから通ってしまうんですよね。

この1尾に出会った後、あと少し釣り上ろうとしましたが、水量が多くて川を渡れなかったので、無理せず撤収しました。結局のところ、ホームの渓ではこのニジ様1尾しか会えませんでしたが、贅沢は言いません、もう十分です。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
SAGE4250
DT5F(RIO MainStream Lemon Green)
リーダー3X9ft
ティペット3X50cm

☆ヒットフライ☆
ソフトハックルウェット#10、エルクヘアカディス#10

|

« 体型の割に動きが俊敏ですね^^;;;(140531釣行記) | トップページ | 3週連続とはならなかったけど・・・ドライで良い感じ(2014道北遠征PART1:140608釣行記) »

コメント

アカガレイさん、先週に続き500mmう@pとは
凄い凄すぎ!
おはぎ川の魔術師と言わしていただきます。
夏日のおはぎ川でのIt's A Beautiful Day
いいですわ。(≧∇≦)

投稿: yamame | 2014年6月 2日 (月) 22時57分

こんばんは。
アカガレイさんの今シーズンは、
序盤から大物ヒットで飛ばしてますね。
61のブラウンから始まって54のアメマス、
53そして52のニジマスと次は何が出るのかな?

投稿: BOB | 2014年6月 3日 (火) 00時52分

アカガレイさん、こんにちは。
予想以上の綺麗な虹鱒ですね。
絶好調でこの調子で60up行きそうな勢いですね。

本当に羨ましいです。

投稿: tana | 2014年6月 3日 (火) 08時47分

>yamameさん
ほんと今回はタイミングがうまく合いました。ヒヨコの方はもう水量が少なくなっていたので、ホームの方も1週遅れてたら厳しかったかもしれないです。魔術は使ってなくて、運が良かっただけです^^;;;

投稿: アカガレイ | 2014年6月 3日 (火) 22時02分

>BOBさん
今シーズンはパチ三昧で釣り開始が遅れたのですが、ここまで調子が良いです。ただ、GWの道南での釣果が悲しすぎる状況だったりしたのですが…^^;;;
次は50くらいの桜を咲かせたいところです^^

投稿: アカガレイ | 2014年6月 3日 (火) 22時03分

>tanaさん
まだ60は釣ったことがないので、一度はお目にかかりたいのですが、おそらくその壁は高いんでしょうねぇ。。。あとは運に任せるだけです^^;;;

投稿: アカガレイ | 2014年6月 3日 (火) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/56387305

この記事へのトラックバック一覧です: 上品なほっぺのニジマス様(140601釣行記):

« 体型の割に動きが俊敏ですね^^;;;(140531釣行記) | トップページ | 3週連続とはならなかったけど・・・ドライで良い感じ(2014道北遠征PART1:140608釣行記) »