« 2013年11月 | トップページ | 2014年4月 »

2013年12月の1件の記事

2013年12月 1日 (日)

渓は、またまた増水で・・・(131130釣行記)

もう11月30日と言う訳で、今年も残ることあと1ヶ月。渓の方が、そろそろ凍ってくる季節になりました。
とりあえず、越冬前のアメマスさんのたまり場を狙い撃ちしようと、第2故郷の中流域に位置する越冬場へ行ったのですが・・・

1311300001
予想以上の水量で、おまけに想定外の濁り・・・。水量については、水位計からある程度、増水しているとは思ったのですが、ここまでとは・・・。とりあえず、魚の付き場や川底の岩の位置などは何となくわかるので、フライを流してみましたが全く反応なし・・・。11月の終わりでもここまで増水するとは。
今年は、ほんと増水に泣かされた釣りシーズンでしたが、最後の最後まで今年を象徴する増水でした。

さて、もう諦めて帰ろうかとも思いましたが、ダメ元で第1故郷の方へ行ってみました。

道東アメマス君の第1故郷
11月30(土)9:00-12:00
天候:快晴 気温:0-3℃ 水温:4℃ 状況:増水濁りきつい ハッチ:無し ライズ(ボイル):無し
釣果:アメマス君(30-43㎝)7尾
gawk

1311300002
第1故郷に関しては、最下流域の越冬場は分かるのですが、中流~下流の越冬場は年によって変わるので、狙い撃ちしにくいのが難点です。とりあえず下流域の某入渓点から釣り上ることにしました。
しかし、こちらの渓もかなりの増水。所々、川を渡るのがおっかない場所もあり、流されないように注意しながらの遡行になりました。

1311300003
ただ、増水で瀬のポイントは完全につぶれているので、倒木のある淵などを狙いますが反応がありません。
居ない訳ないと思うのですが、水が多いのでアメマス達は倒木の下でジッとしているんでしょうかね。

1311300004
まぁ、こんな濁りですからフライも見えていないのかもしれません。。。
この濁りの中、お魚からのアプローチが全く無いなか、むなしく渓を歩き続けました。

1311300005
そして、歩き続けていくと、大きな開きのポイントにたどり着きました。水深があまりない個所は、川底が見えてますが、そういう場所にはお魚の姿も見えません。とりあえず、比較的水流が強くない流れ込みを狙ってフライを流してみました。
すると・・・

1311300006 1311300007 1311300008 1311300009
やっと、顔を出してくれました。最大でも43㎝で40㎝に届かないアメマスがほとんどだったのですが、なにも釣れないよりは全然良いですし、それなりに元気にフライを咥えて走ってくれたので楽しめました。
まだ、開きに居るということは越冬体制には入っていないんでしょうが、これだけ増水していると魚たちもなかなか落ち着かないでしょうね。

私もですが、アメマス達も今年の増水の多さには参っていることでしょう。
う~ん、年々、大雨やゲリラ豪雨の日が増えているのはやはり地球がおかしくなっているんですかね???
来年はもうちょっと、お天気が落ち着いてほしいもんです。
この時期にこれだけの増水って記憶にないですものthink

☆今回のDATA☆
SAGE LAUNCH609
Lamson Verocity Ⅱ
WF6F(Pro Series)
リーダー2X9ft
ティペット2X50cm

☆ヒットフライ☆
イクラフライ#8

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年4月 »