« アメマス求めて東へ西へ(土曜は東編)(131116釣行記) | トップページ | たった1週間で・・・どこへ行ったんや(131124釣行記) »

2013年11月19日 (火)

アメマス求めて東へ西へ(日曜は西編)(131117釣行記)

日曜は久々のおはぎ地方への遠征。
おはぎ地方というと大体ニジマス様狙いなのですが、この日は違ってアメマス君狙い。
おはぎ地方に行くまでに、道東のアメマス君の故郷やらを通っているのですがあえておはぎ地方へ・・・。


くーたろうの本流
11月17(日)5:30-10:00
天候:晴れ 気温:3-6℃ 水温:6℃ 状況:やや増水濁り無し ハッチ:無し ライズ(ボイル):無し
釣果:アメマス様(35-49㎝)20尾くらいhappy02

1311170001
この渓にアメマス釣りに来るのは数年ぶり。過去に2度ほど釣りに来て1回は良い思い、もう1回はボと対照的な結果に終わってます。そんな渓なので、過去はそれほど釣り人も居なかったのですが、最近、釣り人が多く入っているという噂を聞いたので、夜明けと同時に入りました。

1311170002
十勝らしいこの渓は、ここ最近通っている道東のアメマス君の故郷とは異なり、河原の石は大きく、水色はクリアー。渓相を色で表すと、アメマス君の故郷が茶色とするとこの渓は白と言った感じでしょうか?
さて、釣り開始後、入渓点すぐのところに良い岩盤淵のポイントがあり、過去に多くのアメマスが溜まっていて良い思いをしたのですが、そのポイントはアメマスはもぬけの殻。その代わりに多くのサケが居ました。
その後もしばらく釣り下っても全く反応が無かったので、嫌な予感がしましたが・・・

1311170003
いかにもと言うポイントの底に魚影を確認。サケにしては小さすぎるのでひょっとしてと思うと・・・

1311170004
待望のアメマス君が顔を見せてくれました。
ただ、この良さそうなポイントでは一尾だけ。ここが道東の渓とは違う所で、1ヶ所に多くのアメマスが居るという感じではありません。おそらく絶対的な魚の数が違うんでしょうね。

1311170005
この日は、だだっ広い河原を疲れながら歩いては・・・

1311170006
アメマスの付き場となっていた緩い流れを見つけ・・・

1311170007
1~3尾ずつアメマス君と対面するを繰り返します。でも、釣りってこういうもんですよね。1ヶ所で釣り続けるのではなく、歩いて歩いてポイントを探して釣る釣りが私のスタイルに合ってるような気がします。
ただ、この渓でもアメマスが多く溜まっているポイントが1ヶ所だけありました。

1311170008
それはちょっとしたプールになっている瀬の流れだし。
この日、こういった大場所にお魚が居た唯一のポイントと言っても良いかもしれません。それほど多くはありませんが、アメマスはまとまって溜まっており・・・

1311170009 1311170010 1311170011
比較的魚体の回復したアメマスが多かったです。それにしてもこの渓のアメマス君は道東のアメマスよりも白っぽい魚体をしているのですが、渓の色が白っぽいのも関係しているんですかね?道東のアメマス君に聞かれたら怒られそうですが、私はこっちのアメマスの方が好きかも・・・
smile

さて、くーたろうの本流に今年のこの時期、アメマスが居ることが確認できたので、前から気になっていた渓を覗きに行くことにしました。過去に数回、覗いていますが毎度、お魚の顔を見ることが出来なかったのですが、なんだかこの日はアメマスが居るような気がしたので・・・


リリーの本流
11月17(日)10:30-13:00
天候:晴れ 気温:7-8℃ 水温:6℃ 状況:やや増水濁り無し ハッチ:無し ライズ(ボイル):無し
釣果:アメマス君(41㎝)1尾confident
※60くらいあるやつを陸にずり上げましたがティペットが擦り切れ逃げられる


1311170012 1311170013
1311170014

前から気になっていた、高低差のほとんどないこの渓。
チャラ瀬ばかりの渓であまりポイントが無いうえに、河原が十勝特有の大きな石がゴロゴロで歩くと疲れるので敬遠していたのですが、この渓にアメマスが居ない訳ないとずっと考えていました。というわけで、この日はアメマスを見つけるまで歩きまくってやると意気込んで入渓したのですが・・・

1311170015
入渓点でいきなり41㎝のアメマス君が出てきました。これまで、何年も魚に出会えなかった渓ですが、呆気なく会えたので拍子抜けしました。この一尾のあと、もう一尾60くらいあると思われるこの日であったアメマスの中では最大サイズのお魚を陸上げまで持っていたのですが、写真を撮ろうとしたときにティペットが擦り切れ逃走されました。ちょっと残念でしたが、これはこの渓も結構なアメマスが居ると思い期待して釣り下ったのですが、歩いても歩いても魚が居そうなポイントは少ししかないうえに、お魚が居そうなポイントにアメマスは全く居ませんでした。結局、入渓点から4キロ弱歩きましたが、全くアメマスには会えませんでした。。。
歩きまくって非常に疲れましたが、久々に釣り人にも会わず、他の釣り人に対してイライラしなくて済んだのですがすがしい気分でした。なんだかアメマスとの知恵比べ、という本来の釣りをしたような気がして(道東のアメマスの渓だと、他の釣り人に対して知恵を使うので疲れますから)、久々に釣りが楽しいと思えました。
この渓はまた機会があれば歩いてみようと思いました。

1311170016
それにしても今回出会ったアメマス君はこの時期にもかかわらず、体が白っぽい上に、背中はグリーンバックで綺麗ですね。道東のアメマスが一般人とすると、今回のアメマス達は品のある貴族と言った感じでしょうか?なんてことをいうと道東のアメマス君に怒られますねwink

☆今回のDATA☆
SAGE LAUNCH609
Lamson Verocity Ⅱ
WF6F(Pro Series)
リーダー2X7.5ft
ティペット2X50cm

☆ヒットフライ☆
イクラフライ#8

|

« アメマス求めて東へ西へ(土曜は東編)(131116釣行記) | トップページ | たった1週間で・・・どこへ行ったんや(131124釣行記) »

コメント

アカガレイさん、こんにちは。
本当に良く釣られておりますね。感服いたします。
土曜日は残念ですが、こちらでニジマス狙いに奔走したいと思います。

十勝地方のアメマス。私は殆ど釣ったことがないのですが、結構居るようですね。さすがの情報量と釣果です。

次回、タイミングが合いましたらご一緒しましょう。

投稿: tana | 2013年11月19日 (火) 09時42分

アカガレイさん こんばんわ!
相変わらず うらやましい釣果ですね~
河原の木々の 葉が無い感じは すっかり冬ですね
60UP撮影前 逃亡はアンラッキーでした(ノω・、)

一般人と貴族のたとえ 
以前の 〇ホマスの時の様に 
道東のアメマスに嫌われないか少し心配ですよ(笑)

これからの峠越えは 雪道走行になるでしょうから
くれぐれも安全運転で 野生生物の飛び出しにもご注意を!

投稿: KEN | 2013年11月19日 (火) 19時42分

>tanaさん
絶対的な数は少ないですが、おはぎ地方にも少しはアメマスも居るようです(おはぎの本流はかなりの数が居るでしょうが、今年は増水が…)。
土曜日は申し訳ないです。ただ気温もそこそこ上がるようなので、一発狙って頑張ってください^^

投稿: アカガレイ | 2013年11月20日 (水) 19時58分

>KENさん
言われてみると渓の木々に葉が無くなってましたね^^;;;
改めて今気づきました。もう渓の方は冬って感じで、水の冷たさもキンキンって感じです。
おそらく、道東のアメマス達は寒さに凍えて寝ているでしょうから、今回の一般人発言は聞こえていないと思います^^;;;

投稿: アカガレイ | 2013年11月20日 (水) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/53981018

この記事へのトラックバック一覧です: アメマス求めて東へ西へ(日曜は西編)(131117釣行記):

« アメマス求めて東へ西へ(土曜は東編)(131116釣行記) | トップページ | たった1週間で・・・どこへ行ったんや(131124釣行記) »