« 2013年遅~い夏休みは道東・十勝・道南を股にかけて | トップページ | 昨年の悪夢を振り払え!!(2013道南遠征PART2-1:130922釣行記) »

2013年9月26日 (木)

良く見つけるねぇ~イクラフライを(130920釣行記)

5日連続釣行の初日は地元の平野河川でアメマス釣りをすることにしました。
台風の影響が無ければおはぎ地方へこの日から走ったのですが、さすが厳しい感じだったので・・・。
少々の増水、濁りでもなんとかなる平野河川ですが、この日はちょっと水が多過ぎ、そして、濁り過ぎ・・・。
厳しい感じもしましたが・・・


道東アメマス君の第2故郷
9月20(金)5:30-9:30
天候:曇り 気温:10-15℃ 水温:12℃ 状況:やや増水濁りきつい ハッチ:無し ライズ:無し
釣果:アメマス君(38-45㎝)10尾くらい、ニジマス君(28㎝)1尾
confident

1309200001
この日は中流域より下は濁りもひどかったですが、とにかく水量も多かったので釣りになりません。というわけで、まだちょっとこの辺りで釣りするのは早い様な気もしましたが、仕方なく中上流域へ入渓しました。
まぁ、水量は多いですが何とか釣りになりそうです。ただ濁りが・・・。笹濁りくらいならかえって良いのですが、ここまで濁ると厳しい気もします。
ただ、こういう時チョットしたところを狙うとアメマスが居るのは分かっています。
遡上アメマス釣りは群れを見つけて、サイトで釣りをするのが定石ですが、この日はブラインドの釣り。
というわけで、かなり、しつこく流すと・・・

1309200002
やはり顔を出しました。それにしてもよくこの濁りの中で、フライを見つけるもんですね。
というわけで、魚が居ることが分かったので、とりあえず釣り下って行くと・・・

1309200003 1309200004
こういう時に魚が出る場所からは、確実に反応がありました。
なかには・・・

1309200005
ん???ニジマス君???この川で?
なんてこともありましたが、この驚きはまだ序章に過ぎなかったのでした(月曜日の釣りでさらに驚くことに)。
さて、ちょっと濁りのある川での釣りは、釣ってて気持ちの良いものでないので、若干、濁りの少ない、当故郷の支流域を初めて覗いてみることに。

1309200006
普段はあまり水の無い支流域ですが、この日は本流並み、いやそれ以上に水量がありました。

1309200007
そのせいか、数は少ないですがアメマス君が少しだけ居ました。
おまけに・・・

1309200008
シロザケも。最近、遡上の少なかったサケですが、今年はやや多いようです。これは良い傾向ですね。
さて、第2故郷は濁りもきついことから別ポイントの釣りは無理と判断し、第1ふるさとの様子を見に行くこととしました。


道東アメマス君の第1故郷
9月20(金)10:30-14:00
天候:曇り 気温:16-17℃ 水温:13℃ 状況:平水笹濁り ハッチ:無し ライズ:無し
釣果:アメマス君(35-42㎝)6尾
think

1309200009
こちらは、第2故郷とは異なり、水量も少なく、笹濁りっていう感じでした。笹濁りは良いのですが、あの大雨の後でこの水量は、ちょっと・・・って感じです。この渓はほんと水量が少なくなりました。。。
ただ、アメマス君の方は・・・

1309200010 1309200011
第2故郷よりも海から上がって間もないような、銀色、頭の青っぽい魚が多いような気がしました。
とは言っても、魚影はかなり薄いですが・・・

1309200012 1309200013
今回入ったポイントには、良い感じの淵も多いのですが、そういう淵もあまり魚は居ませんでした。やはり水量が少ないことが影響しているのかもしれませんね。

1309200014 1309200015
それでもあまり多くはありませんが、良い感じのアメマス君は居ました。

この日は両故郷とも、釣れるのは40前後のアメマス君ばかりでした。この時点で、今年はあまり大きなアメマスが居ないなと思っていたのですが、まさか数日後、それが覆されることになるとは、この時は思っても居なかったです。。。smile

☆今回のDATA☆
SAGE LAUNCH609
Lamson Verocity Ⅱ
WF6F(Pro Series)
リーダー2X9ft
ティペット2X50cm

☆ヒットフライ☆
イクラフライ#8

|

« 2013年遅~い夏休みは道東・十勝・道南を股にかけて | トップページ | 昨年の悪夢を振り払え!!(2013道南遠征PART2-1:130922釣行記) »

コメント

アカガレイさん、こんにちは。
これが例のニジマスですね。でっぷり太っていてシルバー系ですか。ドナルドって線もありですかね。

それにしても、この水量の少なさはちょっと気になりますね。

投稿: tana | 2013年9月27日 (金) 08時38分

>tanaさん
これがあの時話していたチビニジですが、後日、もっと大きいやつが釣れました。それから考えると、おそらくドナルドではないと思います。
アメマスの第1故郷は数年経ったら水が無くなるんじゃないかと思ってます。流石にそれは無いでしょうが^^;;;

投稿: アカガレイ | 2013年9月29日 (日) 18時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/53398585

この記事へのトラックバック一覧です: 良く見つけるねぇ~イクラフライを(130920釣行記):

« 2013年遅~い夏休みは道東・十勝・道南を股にかけて | トップページ | 昨年の悪夢を振り払え!!(2013道南遠征PART2-1:130922釣行記) »