« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の6件の記事

2013年8月26日 (月)

イワナ王国‘プチ’復活祭!!(130826釣行記)

土曜日は間一髪雷雨を逃れた私。日曜日も朝は晴れるようですが昼からは場所によっては微妙な状況。。。
というわけで、午前中だけ釣りをすることとしました。
とりあえず、1ヶ所目におはぎ地方の某渓に入渓しようと行ったのですが、前日の雨の影響で茶色い水が流れていました。これでは釣りになりません。かと言って、釣りになる渓を探し回っていると、雨が降ってきちゃいます。
少々の雨でも釣りにならないほど増水することは無く、真っ茶に濁る可能性が低い渓となると・・・
ちょっと走らなきゃならないけどアソコしかない・・・
というわけで、今週もちょっくら峠を超えました。

道南東地区大イワナの王国
8月26(日)8:00-11:30
天候:晴れ 気温:18-24℃ 水温:12-13℃ 状況:水量やや多い、やや笹濁り
ハッチ:無し ライズ:無し
釣果:イワナ君(20-31㎝)20-30尾くらい ※尺超え(30-31㎝)4尾
happy02

先週は道央、今週は道南東地区と言う訳で日高管内のお馴染みの渓へ突撃です。
この渓は、一昨年は40UPの大イワナ様も顔を出し、行けば確実に尺超えの出る渓だったのですが、ここ最近は不調でした。この日は・・・


1308250001 1308250002
やや増水していますが、釣りするにはちょうど良い感じで、おまけに若干の笹濁りが魚の警戒心を解いてくれそうです。条件は最高です。ここ最近、この渓は不調だと言っていましたが、良く考えると、他の渓で釣りにならないようなときや、雨降りの日に突撃していることが多かったかも。でも、今日は晴れています。


1308250003
晴れとなると、イワナ達もご機嫌のようで、20㎝チョットのイワナ達が入渓点から奪い合うようにフライに飛びついてきました。ただ、このおチビサイズは不調時でも数は出ていました。
そして・・・


1308250004
入渓点から50mほど釣り上がると・・・


1308250005
25-28㎝のイワナ達がポンポン現れ・・・


1308250006
尺超え君も久々にこの渓で顔を見せてくれました。
もう、居なくなったのかなと心配していましたが、しっかり尺サイズも居たようで一安心ですconfident


1308250007
そして、毎度登場するこの渓一番のポイントでは・・・


1308250008 1308250009 1308250010
尺超え君2尾に泣き尺君1尾が出てくれました。これ以外にもバラシたお魚も数尾いたので(中には大きそうなお魚も)、かなりのイワナがここに溜まっていたようです。増水であちらこちらに散らばっていたイワナ達が大場所に固まったようです。


1308250011 1308250012
その後も、この日は気温もそれほど上がらなかったようでアブも少なく、夏の緑が眩しい渓を気持ち良く、イワナ達の顔を飽きるくらい見ながら釣り上がって行きました。
この渓は、雨で若干増水したときの方が良いようですが、この狭い渓で渇水の時はどこにイワナ達が隠れているのかホント謎ですね。


1308250013 1308250014
ここ最近の釣りはニジマスよりもアメマス、イワナの釣りが多くなっていますが、夏の暑い時期は山奥の渓で涼みながらイワナ達の顔を見て癒されるのがベターですよねwink

それにしても、この渓の状況がかなり良くなっていたのは嬉しい誤算でした。次回は40UPの大イワナ様も顔を出して欲しいものです。

☆今回のDATA☆
Scott A2 803/4
HARDY Flyweight
DT3F(U4 Yamame DTT_PINK)
リーダー4X8ft(ブッシュマスター)
ティペット5X100cm

☆今回のヒットフライ☆
エルクヘアカディス#8-10

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年8月25日 (日)

1時間脱渓が遅れたら大変なことに(130824釣行記)

今週末は道東方面はとにかく天気が不安定な予報でした。
まず、土曜日。この日は午前中はなんとか天気が持ちそうなので釣りに行くことにしました。
ただ、金曜の晩、オホーツク方面にチョット届け物をすることになり、それから目的の渓に走ったので朝からフラフラの状態で釣ることになったのでした
shock

ふるさとの本流
8月24(土)5:30-9:00
天候:曇り 気温:18-22℃ 水温:14℃ 状況:やや増水若干の濁りあり
ハッチ:ほとんど無し ライズ:無し 釣果:ニジマス君(25-39㎝)15尾くらい
confident

この日、選んだ渓は久々の突撃となるふるさとの本流。ただ、ここ最近、おはぎ方面は強い雨が降ったりしている地域もあるみたいで、このふるさとの本流の位置する場所も例外ではありません。こんな状況ですから、最悪、釣りできない可能性も考えられました。
ドキドキしながら藪漕ぎしてポイントへ降り立つと・・・


1308240001
若干増水しており、濁りもありますが、入ったポイントは何とか釣りになりそうです。


1308240002_2
ただ、よーく見ると、やはり普段よりは濁っているというか、ちょっと濁りがきついような気も・・・。
写真の流れは、大概、良い感じのニジマス様が顔を出すのですが、この日はフライ(エルクヘアカディス)を流すもなかなか出てきません。ここで、濁りで見えていないのかも?なんて思い、カディス#8よりふた回りほど大きい、タランチュラ#6を流してやると・・・


1308240003_2
一発で出てきました。ただ、デカドライへ反応するお魚は大概派手に出るのですが、このお魚はちょこっと口を出しただけ。でも、巧く針が掛かってくれたようでランディングに成功しました。
フライを咥えて走り回っている感じから、40UPは確実かなと思ったのですが、計ってみると惜しいことに泣き40のニジマス君でした。ほんと元気だったので、これがニジ様になるとかなりランディングに苦労するお魚になりそうです。

さて、この1尾が出たので案外今日は悪くないかもと思ったのですが、その後は20㎝ちょっとのチビニジ君がポツポツとドライに反応するのですが、厳しい状況でした。


1308240004_2
実績のあるポイントも・・・


1308240005_2
沈めてなんとか20~30㎝ちょっとのニジ君が出て来る感じ。
水量は良い感じだったのでやはり濁りが影響していたのかもしれません。
さて、このポイントの後、ちょっと下流に位置する別ポイントを覗くと、途中の支流の影響を受けているのか分かりませんが、ひどい濁りでした。

というわけで、別渓へ移動することにしました。

おはぎちょっとピンクな渓
8月24(土)10:00-11:40
天候:曇り 気温:21-22℃ 水温:13℃ 状況:やや増水、うっすら笹濁り
ハッチ:ほとんど無し ライズ:無し 釣果:ニジマス君(20-32㎝)10尾くらい
confident

移動したのは増水時でもあまり濁らないピンクの渓。この渓で釣りする前に携帯で雨雲の様子を確認したところ、この渓付近に雨雲が到達するのは昼12時過ぎ。このことから、フルコースではなく1時間の釣り上がりコースのみ釣ることにしました。

1308240006_2
渓の方はやや水量が多く笹濁りも入っていますが、ふるさとの本流よりは状況は良さそうです。
こちらの渓は、タイミングが合えば、稀に50近いニジ様も顔をみせますが、普段は30㎝台のニジ君中心の渓。


1308240007_2
この日はちょっと流れが緩くなっているポイントにフライを流すと・・・


1308240008_2
元気なニジマス君が顔をみせました。


1308240009_2
そして、最大サイズは32㎝。まぁ、こんなもんでしょう。もうちょっと釣り上がれば、ひょっとしたら?があったかもしれませんが、上流の方の空を見ると黒い雲が見えていたので、無理せず脱渓しました。

まぁ、無理しなかったのは大正解でした。車に戻り、後片付けし、近くのコンビニへ到達したとき、ありえないくらいの強い雨rainが降り、いきなり雷thunderが落ちてコンビニを含め近辺一帯が停電になりました(信号も消えた)。もうちょっと、釣りしていたらびしょ濡れになり、最悪、ロッドに雷が落ちてたかもしれません。
私にしては珍しく、無理せず良い判断をしたなと思いましたcoldsweats02

というわけで、土曜日は大物には出会えませんでしたが、雨が降る前の午前中を有効に使って釣りできたので良しとします。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
SAGE4250
DT5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー3X9ft
ティペット3X50cm

☆ヒットフライ☆
タークタランチュラ#6、エルクヘアカディス#8、ソフトハックル#10

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

この日曜日は朝一だけ渓を歩いて・・・

先週の日曜日は予報では雨模様。
というわけで、朝一早くだけ釣りというよりは渓の状況を確認に行きました。
ホント早い時間ということで朝4時半から6時までの渓歩きです。

1308180001
行ったのは、道東アメマス君の第2故郷の渓。
まぁ、運が良かったらアメマス達が遡上していて釣れるかなって感じで入渓しました。結果はアメマスの遡上は、今回確認したポイントまでは到達していないようでした。ただ、気になったのは昨年の同じ時期に確認に来たときは、多くのサクラが居たのですが、淵にはサクラの姿もありません。う~ん、来年以降のサクラ資源が心配です。
1時間半釣り歩き車に戻ると、ちょうど雨が降り始めました。良いタイミングで脱渓できたようです。アメマスの群れが到達していたらびしょ濡れになるところでした。まぁ、魚に出会えなかったのを良い方に考えましょう。

さて、この日はどちらにしても釣りは昼前で上がる予定でした。
それは、私の住む隣町でとあるイベントがあったから。
そのイベントには・・・

1308180002
藤原組長が笑わしてくれたり・・・

1308180003
獣神サンダーライガーがマスク剥ぎのピンチに陥ったり・・・

1308180004_2
初代タイガーマスクが飛んだり・・・(写真はピンボケですが)

1308180005
そして、メインイベントで藤波辰巳と長州力が激突するプロレス大会。
生のプロレスは久しぶりでしたが楽しかったです。ましてや、ほんと田舎の町での大会だったので、リングとの距離が近くて最高でした。このプロレスはレジェンドプロレスというものだったのですが、懐かしいプロレスに詳しくない私でも知っているレスラーが多く出たのも良かったです。

そんな感じでこの日曜は釣り以外のことで満喫した一日でした
wink

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

無邪気な君たちに救われたよ(2013道央遠征PART2;130817釣行記)

世間では概ね先週1週間はお盆休み。
うちの職場も多くの人が盆休みを取っていましたが、私は暦通り出勤(私の夏休みは後日)。
そんな1週間のお勤めを終え、金曜の晩、いつものようにおはぎ地方へ車を走らせていると、これまで見たことのないポイントにパトカーが居り、18キロオーバーで(1点、12,000円)捕獲されてしまう始末・・・。この日はガスがかかってて、パトカー発見も遅れた。ガスの日に取締りなんかやるなよな。寝込みを襲うような汚い手使いやがって
angry
っていうか、取り締まりのための取り締まりやらないのでは???あんな鹿しかいない直線、80キロ弱で走ってて何が危ないの???まぁ、カス下っ端警官の出世のための肥やしになってやりますわ。ちなみに、ここで取り締まり毎回やられてたら。私は毎回、同じくらいのスピードで捕まり、1ヶ月半かけて6点を失い免停になると思います。

頭に来たので、場所も詳しく書いておきます。
場所は国道38号線、釧路市音別町尺別原野付近。帯広方面への車線の登り坂の頂上のちょっとした凹みにパトカーが居ました。ちなみにこの場所は、4年間走っててみたことない場所です。アホ警察が新たに開拓したポイントかもしれませんのでご注意を。

さて、怒りを抑えて話は釣りの話。
土曜日、まず最初におはぎ地方のいつもの渓へ行ったのですが、夜半にチョット強めの雨も影響したのか、先週以上に濁っていました。ここで、パトカーに捕獲されていなければ、ボ覚悟で釣りしたのですが、捕まった挙句、ボだとやってられないということで、この渓から早々に抜け、別渓へ移動することにしました。ただ盆休みの終盤、おはぎ地方はどこへ行ってもダメだろうと思い、ヤケクソになって、高速に乗り道央の渓へ突撃することにしました。行った道央の渓は、7月の3連休に50㎝の金アメ様に出会い、良い思いしたあの渓。ここだと、それほど人はいないと思われたので・・・。


道央K川
8月17(土)9:00-12:30
天候:曇り時々小雨 気温:22-26℃ 水温:13℃ 状況:水量やや多い濁り無し
ハッチ:ほとんど無し ライズ:少ない
釣果:アメマス君(40㎝)2尾、アメマス君(ひょっとしたらイワナ様?)(35、37㎝)各2尾
チビアメ(orイワナ)君(20-30㎝)20-30尾くらい、オショロコマ君(20、23㎝)各1尾
happy01

渓に到着すると、前回入れなかったポイントに先行者が居ないようだったので、これはラッキーとそこから釣り上ることにしました。

1308170001
この渓は、川幅の広い渓なのですがこの入渓点付近はちょっと川幅が狭くなっており、藪川っぽくなっています。


1308170002_2
そんなポイントに一ヶ所、いかにもと思われる淵がありました。バンク際スレスレにフライを流してやると・・・


1308170003_2
この日1ッ発目のお魚が顔を出したのですが、そのお魚が元気に暴れた40㎝のアメマス君。
水玉模様の一部が黄色く染まっていました。もう産卵が近いんですかね???ちなみに道東平野河川の遡上アメマスは産卵が近づくと水玉がピンク色に染まっていますが、黄色は見たことないかも・・・。

そしてこの淵のポイントを抜けると・・・、


1308170004_2 1308170005_2
渓相は一気に開け、釣り易くなりました。


1308170006_2
そして、気持ち良くキャスティングができるだけでなく、ここぞというポイントからは元気なチビアメ君やイワナ君(アメマスもイワナも同じですが)が次々と顔を出し、これまた気持ち良い気分にさせてくれます。なかには40、いや50はあったと思われるアメマス様も3尾ほどかけたのですが、タランチュラが針掛かりが悪かったようでことごとくバラシてしまいました・・・。これは反省しなきゃならないですね。


1308170007_2
あと、アメマス、イワナ以外にも2尾だけでしたが体高のあるオショロコマ君も現れました。この渓も尺オショロ様の可能性を秘めている渓だと感じました。今後、ここで釣りをする楽しみが一つ増えました。

そして、この日は40UP(といっても40丁度)の顔を2尾見たのですが、もう一尾が居たのは・・・


1308170008_2
上のような感じのポイント。ここの白泡の中に居たようです。


1308170009_2
40㎝のアメマス君?う~ん、斑点が目よりも小さいから・・・イワナ様???40UPのアメマス君なら普通、イワナ様なら大騒ぎです。いったいどっち???


1308170010_2
顔を見た感じだとアメマス君かな?
ただ、アメマスならこのお魚は金アメ様と言う訳なので、これはこれで良いかも。

この後も・・・


1308170011_2
良い感じのポイントが次々と現れ・・・


1308170012_2
チビアメ君交じりで、35㎝のアメマス君(イワナ様?なら良いなぁ)が数尾出てきました。左側はおそらくアメマスでしょうが右側は???

まぁ、何にしても元気なお魚が多く釣れたので大満足でした。この夏枯れ時期に、これだけ水量が豊富で、水温も13℃というのがお魚が元気な理由かもしれません。前回、この渓に初めて来たときはここは楽しめるかも?と思っていたのですが、この日の釣行でそれは確信に変わりました。ここのアメマス君は道東のものほど大きくはありませんが、ドライでバンバン釣れるし、釣り人が少ないのでのんびり釣りが出来るのが良いです。
チョット遠いけど今後もこの渓には何度も訪れそうです。訳分からないと思いますが道東から・・・。


1308170013_2
林道を歩いているとクワガタも歩いてましたから。クワガタ獲りも出来そうですし

さて、この日はまだ時間があったので、K川の支流も覗いてみました。
なぜ覗いたかということ、この支流もそれなりに水量が豊富なので、K川並にお魚が居る気がしたもので・・・

道央O川
8月17(土)13:30-15:30
天候:曇りのち小雨 気温:25-26℃ 水温:14℃ 状況:水量やや多い濁り無し
ハッチ:ほとんど無し ライズ:少ない
釣果:アメマス君(ひょっとしたらイワナ様?)(35㎝)1尾、チビアメ(orイワナ)君(15-25㎝)5-10尾
confident

1308170014 1308170015_2
この渓は支流なので、K川と比べると川幅はありませんが、水量はそれほど変わらない感じでした。
そして、岩盤メインの川底で、淵と瀬が交互に現れ、一言で言うとポイントだらけ。
そんなポイントにはチビイワナ達が多くいる様で、針掛かりしないサイズが多いようですが、なかには・・・


1308170016_2
35㎝の良いサイズのイワナ様?も。
このお魚はイワナにしては珍しくジャンプしました。ジャンプするからニジマスが釣れたのかと勘違いしました。

こんな感じのお魚が居たのでもっと釣り上がりたかったのですが、運悪いことに比較的強い雨が降って来たので、あまり釣り上がらず、辞めちゃいましたbearing
ここもなんだかよい釣りが出来る気がするので、次回はしっかり釣りして確認したいと思いました。

いやぁ~、道東在住の私の釣り場がおはぎ地方でも遠かったのに、とうとうおはぎ地方を超えちゃいました。
そろそろ歯止めをかけないと、いつの間にか普段の週末の釣り場が道南に行きついてるかもしれないです。
流石にそれは無いでしょうが・・・coldsweats01

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
SAGE4250
DT5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー3X9ft
ティペット3X50cm

☆ヒットフライ☆
スティミュレーター#8、タークタランチュラ#6、エルクヘアカディス#8

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年8月12日 (月)

まさかの工事・プーさん・夏枯れでアウト!!(130811釣行記)

土曜に道北の地でまずまずの釣りを楽しんだ私。
さて、日曜の釣りですが、ここ2週ほどご無沙汰にしていたおはぎ地方の状況が気になりました。
というわけで、ちょっと車をかっ飛ばし、道北からおはぎ地方へ移動しました。
おはぎ地方が気になるというよりは、ホームの本流が気になっていたもので・・・
wink

おはぎホームの本流
8月11(日)4:45-7:50
天候:晴れ 気温:15-20℃ 水温:14℃ 状況:少ない濁りきつい
ハッチ:ミッジ少し ライズ:無し
釣果:ニジマス君(20㎝前後)3尾、オショロコマ君(20-25㎝)2尾
crying

1308110001 1308110002
ここに来たらやっぱりこのポイントは外せないと言う訳で、もうこれまでに何回入っているかわからないお気に入りのポイントへ。ただ、今年はここ数年で一番状況が良くありません。とにかく魚影が薄い・・・。相変わらず釣り人はそれほど入っていないようなので、抜かれていると言う訳ではなさそうですが・・・。
そして、この日もポイントの状況はあまりよくありません。いつもより、なんだか浅いところに泥が溜まっているところが多いのと、水にいつもの透明感がありません。初めは前日の雨の影響かとも思ったのですが、どうもそういう感じではなさそうです。というのも上流へ工事車両がどんどん上がって行きます。何やら上流でやっているようです。大型クレーン車まで上がって行きましたから・・・。盆に近い日曜日に工事するなんて何があったんだろうと、車を走らせて見に行きましたが、ゲートの上流でなんやらやっているようで真相は分かりませんでした。

1308110003 1308110004
とにかく、何とかチビニジ君とオショロ君の顔は見えましたが、ニジ様はおろか30㎝クラスのニジ君も見えないので、この渓としては異常事態です。夏枯れもあると思いますが、どうも工事の影響が良くないほうに出ているようで今後が心配です。
そんな感じですから・・・

1308110005_2
大物一発のポイントもサッパリ無反応。いつもの透明感が無いですからこれだと大ニジ様が居ても大淵の底に張り付いている可能性が高く釣るのは厳しいかもしれませんね。
ちょっと時間をおいて落ち着いた頃に来たほうが良いのかもしれませんgawk

というわけで、ホームの本流をスパッと諦め移動することにしたのですが、この時間だと行けるところは限られると言う訳でリスクを冒して大ダヌキの渓へと行くことにしました。

おはぎ大ダヌキの渓
8月11(日)9:30-10:00
天候:晴れ 気温:24℃ 水温:14℃ 状況:少ない濁り無し
ハッチ:無し ライズ:無し 釣果:ニジマス君(20㎝)1尾
shock

1308110006 1308110007_2
こちらの渓は濁りも無く、水量も渇水という感じではなく良い感じです。
ただ、ここは今年も一度遭遇していますが、とにかくプーさんとの遭遇率が高すぎる渓。
この日も林道を車で走っているときに、プーさんの落とし物が無いか注意して見ていたのですが、ここ最近では珍しいことに落とし物が確認できませんでした。
おっ、プーさんは居なくなったのかな?とちょっと安心して渓に突撃したのですが、入渓点の河原には多くの鹿の足あとの中に明らかにサイズの違う足あとが・・・。
う~ん、プーさんかな?違うかな?と半信半疑で釣りを開始しました。


1308110008
とりあえず、一昨年、10尾以上のニジマスが溜まっていた瀬からたった1尾ですが、チビニジ君が顔を出してくれたので写真を撮っていると・・・


1308110009
その傍らにそれほど新しくは無いですがプーさんの落とし物が・・・。
他の渓ならここで爆竹を鳴らして釣り続行するのですが、この渓はプーさん遭遇率が高すぎるので、怖くなって脱渓しました。もう脱渓時に背丈くらいある藪を100mちょっと漕いだのですが、もう心臓バクバクもんでした。
とりあえず、このブログを書いているということは無事だったということですwobbly
この渓、もっともっと上流に魚が居るのは分かっているのですが、やはり単独では・・・。林道も復旧していたので行けたら行きたいですがね。この葛藤が・・・。。。

というわけで、これでこの日の釣りを終えるのも悲しすぎます。
もうこうなったら、これまで気になっていたけど行ったことのない渓の様子を見に行くことにしました。ちょっと遠いので行きたいけどなかなか行けなかったのですが・・・

おはぎ???の渓(仮)
8月11(日)11:30-13:00
天候:曇り 気温:20℃ 水温:17℃ 状況:少ない濁り無し
ハッチ:無し ライズ:無し 釣果:イワナ君(20㎝)1尾
catface

この渓は噂で色々聞いていたので、一度、釣りをしてみたいと思っていました。なんだかイワナ君とヤマメさんがメインの渓らしいのですが、良いサイズのヤマメさんも居るとのこと。そして、水量が豊富な渓と聞いていました。
水量が豊富ということはこの夏枯れ時期にはうってつけの渓だと思ったのですが・・・

1308110010 1308110011
入渓してみると水量はそれほど多くありません。入った流域が中下流域であることを考えると、この流域ですいりょうがこれだと、ちょっと期待が持てません。ただ渓相は素晴らしいので、ちょこっと釣りをしてみることにしました。初めての渓ということもあり、入りやすいところから入渓したのであまり期待はしていませんでしたが、まぁ、その通りの釣果となりました。


1308110012
フライにお魚は結構出るのですが、小さいのかなかなか針にかかりません。
何とか針にかかったお魚は20㎝のイワナ君(チビアメ君???)。でも、プックリ太っていてなかなか良い感じでした。ただ、後にも先にもこの一尾だけ・・・。
まぁ、今回は入りやすいポイントですし、日曜の昼からの釣りですから先行者も居たのかもしれません。
ここもちょっとプーさんの気配の濃い渓ですが、近々、開拓釣行を決行しようと思います。なんとなく渓の規模と雰囲気がつかめたので・・・。

こんな感じで土曜とはうって変わり、日曜の釣りは工事やらプーさんの濃厚な気配、渇水と様々な理由で散々な釣りとなりました。とにかく共通しているのは、あれだけ雪代が落ちるのが遅かったのに、今年もおはぎ地方は夏枯れがひどい・・・wobbly

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
SAGE4250
DT5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー3X9ft
ティペット3X100cm

Winston WT9ft#4
Abel TR2
DT4F(SUPRA FLOATING LDL)
リーダー3X9ft
ティペット4X50cm

☆ヒットフライ☆
エルクヘアカディス#8、スティミュレイター#8

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年8月11日 (日)

2人ともニジ様に出会うのは珍しい(2013道北遠征PART1:130810釣行記)

ここ2週ほど、札幌パチンコツアー&ススキノで夜の帝王となっていたため、あまり釣りをしていませんでした(先週は完全釣り無し。)
ちなみに先週は土日2日間で給料1ヶ月分以上を使うという独身貴族バンザイっていう感じのアホなことをしていましたが、楽しかったので良いです。若干後悔もありますが・・・
think
しばらくは夜の帝王になるのを我慢しようと思ってます
weep

さて、釣りの話と言う訳で、2週間ぶりの本格的な釣り。土曜日は久々にマコ君と同行することとなりました。
行先は何ヶ所かの候補の中から、いろいろ考えた結果、1年前のほぼ同じ頃、夏枯れにもかかわらず、ニジ様に出会えた道北F川にしました。ただ、待ち合わせ場所で仮眠しているとき、凄い勢いで雨が降っていました。ちょっとヤバいかなと思ったのですが・・・

道北F川
8月10日(土)5:30-13:00
天候:曇り 気温:19-25℃ 水温:14℃ 状況:雨の影響でやや増水、若干白濁
ハッチ:ガガンボ、カディス少し ライズ:無し
釣果:ニジマス様(44㎝)1尾、ニジマス君(20-37㎝)20尾弱、チビアメ君(20㎝)1尾
lovely
※同行者のマコ君も45㎝ニジ様に出会う


1308100001 1308100002
渓のほうは若干増水気味で濁りもありますが、釣りにはなりそうです。というわけで釣りを決行しました。
この渓は、春先の雪代が若干落ち着いた頃が水量もあって釣り易く、この時期は水量が少ないので厳しいのですが、雨のおかげで良い感じの水量となっていました。
そのせいか、ここというポイントからは25㎝前後のニジマス君が顔を見せてくれ、なかなか楽しめます。

1308100003_2
なかにはもうちょっとでニジマス様と言ったサイズのお魚も・・・。
この日は、このお魚が最大になると思ったのですが・・・。

1308100004_2
さて、この渓は入渓してすぐは人工物などもあったのですが、しばらく釣り上がると、上のような雰囲気の良い場所が現れました。これまで、この渓でいくつかのポイントで釣りをしていましたが、これは意外でした。
そして、もう一つ意外だったのが、あまりドライで釣りをせず、沈めて釣ることの多いマコ君が・・・

1308100005_2
ドライで釣りをしています。おまけに、デカドライを使って・・・。これは私が知る限り初めてかも

1308100006_2
おまけに45㎝のニジマス様とご対面しています。なかなか面構えの良いオスニジ様でかなり羨ましかったです。ちなみにお魚が出たのは、あまり水深の無いポイントとのこと。
というわけで、そういうポイントを逃さないようにここから釣り上って行ったのですが・・・

1308100007
ニジ君以外にチビアメ君も顔を見せてくれましたが、ニジマス様は出てきません。

1308100008_2
昨年、42㎝のニジ様が出て来た岩盤のポイントも、チビニジ君が溜まっていただけ。。。
というわけで、とりあえず予定していた区間を釣り終え、ポイントを変えることに。

1308100009_2
あれこれ悩んで入ったポイントは、昨年、入渓したけど、その時は気温・水温が高く、水量も少なかったので厳しい状況だったポイント。
このポイントは、点在する岩盤のスリットに魚が付いているチャラ瀬メインのポイントなのですが、この日はなかなかドライに出て来るお魚が居
ません。何尾かチビニジ君は顔を見せてくれましたが、朝一のポイント比べると、状況はかなり良くありません。

1308100010_4
そして、ちょっとした深瀬のポイントに到達。ここでも、ドライを流すも全くお魚が顔を出しません。そこでマコ君が沈めて釣ってみると、チビニジ君が顔を出しました。どうも、この区間のお魚は水面に興味が無いようです。
もう、私は半ばやけくそでドライで釣り続けることを決め、この深瀬の一番上側の泡立っているところへスティミュレイターを投げ込みました。
すると、フライがスッと消え、手元にしっかりとした手ごたえが来ました。思わず「デカい!!」と叫びました。ただ、同行者のマコ君はそれを聞いて大袈裟だと思ったようですが、フライを咥えた主が垂直にジャンプ(このジャンプも50㎝以上の高いもので)を見て、そこそこの大きさだと分かってくれたようで、ランディングしてくれました。ほんと、このポイントは足場が悪く、1人だとランディング出来なかったと思うのでほんと助かりました。

1308100011_4
顔は女の子なので優しい感じですね。というか幼い感じかな。

1308100012_2
サイズはめちゃめちゃ大きいという訳では無いですが、44㎝のニジマス様でしたlovely
久々の40UPの感触はやっぱり良いもんですねhappy02

この渓にはニジ様はあまり居ないし、居てもそれほど引かないだろうと思って#4ロッドで釣りをしていたのですが、今度、ここで釣りをするときは#5ロッドを使おうと思いました。ニジ様が意外と居るみたいですし、30㎝前後のニジ君でもかなり元気ですからね。

何にしても、マコ君と釣りに行くとどちらかしか良い釣りできないのですが、この日は2人ともニジ様に出会え、良い釣りとなりました。たまにはこういう日があっても良いですよねwink

☆今回のDATA☆
Winston WT9ft#4
Abel TR2
DT4F(SUPRA FLOATING LDL)
リーダー3X12ft
ティペット3X50cm

☆ヒットフライ☆
エルクヘアカディス#8、スティミュレーター#8、タークタランチュラ#6

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »