« まさかの工事・プーさん・夏枯れでアウト!!(130811釣行記) | トップページ | この日曜日は朝一だけ渓を歩いて・・・ »

2013年8月19日 (月)

無邪気な君たちに救われたよ(2013道央遠征PART2;130817釣行記)

世間では概ね先週1週間はお盆休み。
うちの職場も多くの人が盆休みを取っていましたが、私は暦通り出勤(私の夏休みは後日)。
そんな1週間のお勤めを終え、金曜の晩、いつものようにおはぎ地方へ車を走らせていると、これまで見たことのないポイントにパトカーが居り、18キロオーバーで(1点、12,000円)捕獲されてしまう始末・・・。この日はガスがかかってて、パトカー発見も遅れた。ガスの日に取締りなんかやるなよな。寝込みを襲うような汚い手使いやがって
angry
っていうか、取り締まりのための取り締まりやらないのでは???あんな鹿しかいない直線、80キロ弱で走ってて何が危ないの???まぁ、カス下っ端警官の出世のための肥やしになってやりますわ。ちなみに、ここで取り締まり毎回やられてたら。私は毎回、同じくらいのスピードで捕まり、1ヶ月半かけて6点を失い免停になると思います。

頭に来たので、場所も詳しく書いておきます。
場所は国道38号線、釧路市音別町尺別原野付近。帯広方面への車線の登り坂の頂上のちょっとした凹みにパトカーが居ました。ちなみにこの場所は、4年間走っててみたことない場所です。アホ警察が新たに開拓したポイントかもしれませんのでご注意を。

さて、怒りを抑えて話は釣りの話。
土曜日、まず最初におはぎ地方のいつもの渓へ行ったのですが、夜半にチョット強めの雨も影響したのか、先週以上に濁っていました。ここで、パトカーに捕獲されていなければ、ボ覚悟で釣りしたのですが、捕まった挙句、ボだとやってられないということで、この渓から早々に抜け、別渓へ移動することにしました。ただ盆休みの終盤、おはぎ地方はどこへ行ってもダメだろうと思い、ヤケクソになって、高速に乗り道央の渓へ突撃することにしました。行った道央の渓は、7月の3連休に50㎝の金アメ様に出会い、良い思いしたあの渓。ここだと、それほど人はいないと思われたので・・・。


道央K川
8月17(土)9:00-12:30
天候:曇り時々小雨 気温:22-26℃ 水温:13℃ 状況:水量やや多い濁り無し
ハッチ:ほとんど無し ライズ:少ない
釣果:アメマス君(40㎝)2尾、アメマス君(ひょっとしたらイワナ様?)(35、37㎝)各2尾
チビアメ(orイワナ)君(20-30㎝)20-30尾くらい、オショロコマ君(20、23㎝)各1尾
happy01

渓に到着すると、前回入れなかったポイントに先行者が居ないようだったので、これはラッキーとそこから釣り上ることにしました。

1308170001
この渓は、川幅の広い渓なのですがこの入渓点付近はちょっと川幅が狭くなっており、藪川っぽくなっています。


1308170002_2
そんなポイントに一ヶ所、いかにもと思われる淵がありました。バンク際スレスレにフライを流してやると・・・


1308170003_2
この日1ッ発目のお魚が顔を出したのですが、そのお魚が元気に暴れた40㎝のアメマス君。
水玉模様の一部が黄色く染まっていました。もう産卵が近いんですかね???ちなみに道東平野河川の遡上アメマスは産卵が近づくと水玉がピンク色に染まっていますが、黄色は見たことないかも・・・。

そしてこの淵のポイントを抜けると・・・、


1308170004_2 1308170005_2
渓相は一気に開け、釣り易くなりました。


1308170006_2
そして、気持ち良くキャスティングができるだけでなく、ここぞというポイントからは元気なチビアメ君やイワナ君(アメマスもイワナも同じですが)が次々と顔を出し、これまた気持ち良い気分にさせてくれます。なかには40、いや50はあったと思われるアメマス様も3尾ほどかけたのですが、タランチュラが針掛かりが悪かったようでことごとくバラシてしまいました・・・。これは反省しなきゃならないですね。


1308170007_2
あと、アメマス、イワナ以外にも2尾だけでしたが体高のあるオショロコマ君も現れました。この渓も尺オショロ様の可能性を秘めている渓だと感じました。今後、ここで釣りをする楽しみが一つ増えました。

そして、この日は40UP(といっても40丁度)の顔を2尾見たのですが、もう一尾が居たのは・・・


1308170008_2
上のような感じのポイント。ここの白泡の中に居たようです。


1308170009_2
40㎝のアメマス君?う~ん、斑点が目よりも小さいから・・・イワナ様???40UPのアメマス君なら普通、イワナ様なら大騒ぎです。いったいどっち???


1308170010_2
顔を見た感じだとアメマス君かな?
ただ、アメマスならこのお魚は金アメ様と言う訳なので、これはこれで良いかも。

この後も・・・


1308170011_2
良い感じのポイントが次々と現れ・・・


1308170012_2
チビアメ君交じりで、35㎝のアメマス君(イワナ様?なら良いなぁ)が数尾出てきました。左側はおそらくアメマスでしょうが右側は???

まぁ、何にしても元気なお魚が多く釣れたので大満足でした。この夏枯れ時期に、これだけ水量が豊富で、水温も13℃というのがお魚が元気な理由かもしれません。前回、この渓に初めて来たときはここは楽しめるかも?と思っていたのですが、この日の釣行でそれは確信に変わりました。ここのアメマス君は道東のものほど大きくはありませんが、ドライでバンバン釣れるし、釣り人が少ないのでのんびり釣りが出来るのが良いです。
チョット遠いけど今後もこの渓には何度も訪れそうです。訳分からないと思いますが道東から・・・。


1308170013_2
林道を歩いているとクワガタも歩いてましたから。クワガタ獲りも出来そうですし

さて、この日はまだ時間があったので、K川の支流も覗いてみました。
なぜ覗いたかということ、この支流もそれなりに水量が豊富なので、K川並にお魚が居る気がしたもので・・・

道央O川
8月17(土)13:30-15:30
天候:曇りのち小雨 気温:25-26℃ 水温:14℃ 状況:水量やや多い濁り無し
ハッチ:ほとんど無し ライズ:少ない
釣果:アメマス君(ひょっとしたらイワナ様?)(35㎝)1尾、チビアメ(orイワナ)君(15-25㎝)5-10尾
confident

1308170014 1308170015_2
この渓は支流なので、K川と比べると川幅はありませんが、水量はそれほど変わらない感じでした。
そして、岩盤メインの川底で、淵と瀬が交互に現れ、一言で言うとポイントだらけ。
そんなポイントにはチビイワナ達が多くいる様で、針掛かりしないサイズが多いようですが、なかには・・・


1308170016_2
35㎝の良いサイズのイワナ様?も。
このお魚はイワナにしては珍しくジャンプしました。ジャンプするからニジマスが釣れたのかと勘違いしました。

こんな感じのお魚が居たのでもっと釣り上がりたかったのですが、運悪いことに比較的強い雨が降って来たので、あまり釣り上がらず、辞めちゃいましたbearing
ここもなんだかよい釣りが出来る気がするので、次回はしっかり釣りして確認したいと思いました。

いやぁ~、道東在住の私の釣り場がおはぎ地方でも遠かったのに、とうとうおはぎ地方を超えちゃいました。
そろそろ歯止めをかけないと、いつの間にか普段の週末の釣り場が道南に行きついてるかもしれないです。
流石にそれは無いでしょうが・・・coldsweats01

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
SAGE4250
DT5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー3X9ft
ティペット3X50cm

☆ヒットフライ☆
スティミュレーター#8、タークタランチュラ#6、エルクヘアカディス#8

|

« まさかの工事・プーさん・夏枯れでアウト!!(130811釣行記) | トップページ | この日曜日は朝一だけ渓を歩いて・・・ »

コメント

アカガレイさん、こんにちは。
取り締まりは本当に腹立たしいですね。意味のある場所で堂々とやればいいのに、こそこそ隠れて通常運転している人を取り締まるなんて何の意味があるんですかね。
今年は、例年とは違う場所で結構やっているので、本当に注意しなければ、あっという間に免停ですよね。

それにしても、十勝を通り越して道央圏までとは、凄い行動力ですね。その行動力を持ってしての素晴らしい釣果、本当にお見事です。

投稿: tana | 2013年8月19日 (月) 16時24分

アカガレイさんこんばんは。
市外地以外の田舎道で取り締まりなんてやる必要にないのに点数稼ぎなのかノルマなのか知りませんがせこい所で捕まえるのが問題になってますがまだそんな愚行がまかりとおっているのですね。
まったく公僕は木偶の坊ですわ。
まあ、気をとりなおして道央の岩魚河川で充分楽しめたのは救いですね。
このロケどっかで見たような・・・・( ^ω^)ん?

投稿: yamame | 2013年8月19日 (月) 22時25分

>tanaさん
今回は藪+ガスに隠れるという警察の汚さに頭が来た一日でした。ほんともっと取り締まりやるところあるやろって思います。。。
十勝の渓は流石に盆休みは人が多すぎる様で、朝一を逃すと入れるポイントが無いと思い、仕方なく道央圏まで走りました。

投稿: アカガレイ | 2013年8月21日 (水) 21時29分

>yamameさん
捕まった時間を考えると、そろそろ警察も撤収時間が近かったと思うので、ノルマが足りなかったのかもしれません。80キロ弱くらいなら、皆、それくらいのスピードで走っていると思うのですがね。。。
道央のこの渓、おそらくご存じだと思いますよ。知っている人は知っている渓ですから。まぁ、何かの機会に情報交換できればと思います^^

投稿: アカガレイ | 2013年8月21日 (水) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/52933976

この記事へのトラックバック一覧です: 無邪気な君たちに救われたよ(2013道央遠征PART2;130817釣行記):

« まさかの工事・プーさん・夏枯れでアウト!!(130811釣行記) | トップページ | この日曜日は朝一だけ渓を歩いて・・・ »