« この日曜日は朝一だけ渓を歩いて・・・ | トップページ | イワナ王国‘プチ’復活祭!!(130826釣行記) »

2013年8月25日 (日)

1時間脱渓が遅れたら大変なことに(130824釣行記)

今週末は道東方面はとにかく天気が不安定な予報でした。
まず、土曜日。この日は午前中はなんとか天気が持ちそうなので釣りに行くことにしました。
ただ、金曜の晩、オホーツク方面にチョット届け物をすることになり、それから目的の渓に走ったので朝からフラフラの状態で釣ることになったのでした
shock

ふるさとの本流
8月24(土)5:30-9:00
天候:曇り 気温:18-22℃ 水温:14℃ 状況:やや増水若干の濁りあり
ハッチ:ほとんど無し ライズ:無し 釣果:ニジマス君(25-39㎝)15尾くらい
confident

この日、選んだ渓は久々の突撃となるふるさとの本流。ただ、ここ最近、おはぎ方面は強い雨が降ったりしている地域もあるみたいで、このふるさとの本流の位置する場所も例外ではありません。こんな状況ですから、最悪、釣りできない可能性も考えられました。
ドキドキしながら藪漕ぎしてポイントへ降り立つと・・・


1308240001
若干増水しており、濁りもありますが、入ったポイントは何とか釣りになりそうです。


1308240002_2
ただ、よーく見ると、やはり普段よりは濁っているというか、ちょっと濁りがきついような気も・・・。
写真の流れは、大概、良い感じのニジマス様が顔を出すのですが、この日はフライ(エルクヘアカディス)を流すもなかなか出てきません。ここで、濁りで見えていないのかも?なんて思い、カディス#8よりふた回りほど大きい、タランチュラ#6を流してやると・・・


1308240003_2
一発で出てきました。ただ、デカドライへ反応するお魚は大概派手に出るのですが、このお魚はちょこっと口を出しただけ。でも、巧く針が掛かってくれたようでランディングに成功しました。
フライを咥えて走り回っている感じから、40UPは確実かなと思ったのですが、計ってみると惜しいことに泣き40のニジマス君でした。ほんと元気だったので、これがニジ様になるとかなりランディングに苦労するお魚になりそうです。

さて、この1尾が出たので案外今日は悪くないかもと思ったのですが、その後は20㎝ちょっとのチビニジ君がポツポツとドライに反応するのですが、厳しい状況でした。


1308240004_2
実績のあるポイントも・・・


1308240005_2
沈めてなんとか20~30㎝ちょっとのニジ君が出て来る感じ。
水量は良い感じだったのでやはり濁りが影響していたのかもしれません。
さて、このポイントの後、ちょっと下流に位置する別ポイントを覗くと、途中の支流の影響を受けているのか分かりませんが、ひどい濁りでした。

というわけで、別渓へ移動することにしました。

おはぎちょっとピンクな渓
8月24(土)10:00-11:40
天候:曇り 気温:21-22℃ 水温:13℃ 状況:やや増水、うっすら笹濁り
ハッチ:ほとんど無し ライズ:無し 釣果:ニジマス君(20-32㎝)10尾くらい
confident

移動したのは増水時でもあまり濁らないピンクの渓。この渓で釣りする前に携帯で雨雲の様子を確認したところ、この渓付近に雨雲が到達するのは昼12時過ぎ。このことから、フルコースではなく1時間の釣り上がりコースのみ釣ることにしました。

1308240006_2
渓の方はやや水量が多く笹濁りも入っていますが、ふるさとの本流よりは状況は良さそうです。
こちらの渓は、タイミングが合えば、稀に50近いニジ様も顔をみせますが、普段は30㎝台のニジ君中心の渓。


1308240007_2
この日はちょっと流れが緩くなっているポイントにフライを流すと・・・


1308240008_2
元気なニジマス君が顔をみせました。


1308240009_2
そして、最大サイズは32㎝。まぁ、こんなもんでしょう。もうちょっと釣り上がれば、ひょっとしたら?があったかもしれませんが、上流の方の空を見ると黒い雲が見えていたので、無理せず脱渓しました。

まぁ、無理しなかったのは大正解でした。車に戻り、後片付けし、近くのコンビニへ到達したとき、ありえないくらいの強い雨rainが降り、いきなり雷thunderが落ちてコンビニを含め近辺一帯が停電になりました(信号も消えた)。もうちょっと、釣りしていたらびしょ濡れになり、最悪、ロッドに雷が落ちてたかもしれません。
私にしては珍しく、無理せず良い判断をしたなと思いましたcoldsweats02

というわけで、土曜日は大物には出会えませんでしたが、雨が降る前の午前中を有効に使って釣りできたので良しとします。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
SAGE4250
DT5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー3X9ft
ティペット3X50cm

☆ヒットフライ☆
タークタランチュラ#6、エルクヘアカディス#8、ソフトハックル#10

|

« この日曜日は朝一だけ渓を歩いて・・・ | トップページ | イワナ王国‘プチ’復活祭!!(130826釣行記) »

コメント

アカガレイさん、こんばんは。
最近のピンポイント的ゲリラ豪雨には、ほとほと困りましたね、晴れていたかと思うと急激なスコール、全く北海道の気候では無くなりましたね、無理は禁物ですよね。

不謹慎ではありますがタイトルを見て少し期待しました、増水に巻き込まれなかったのですね、最近伝説が少なくなってますよ(笑)。

投稿: BOB | 2013年8月26日 (月) 19時22分

>BOBさん
今年は異常なくらいゲリラ豪雨が多いですよね。北海道の気候ではないと言うと、こちら道東も本州の梅雨のように湿度が高く、ジメジメした日が続いていました。北海道の夏というとカラッと空気が乾燥しているイメージだったのですがねぇ…。
最近も伝説は実は起きているんですよ。あまりにも恥ずかしいことも多く書いていませんでしたが、先週、警察に捕まったことを書いていましたが、実は、あれ、5週連続の伝説だったんですよ^^;;;
鹿激突→貰い事故→パンク→リアフォグ破壊→警察に捕まるって感じで。詳しいことは、またお会いしたときにでも^^;;;

投稿: アカガレイ | 2013年8月26日 (月) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/53031452

この記事へのトラックバック一覧です: 1時間脱渓が遅れたら大変なことに(130824釣行記):

« この日曜日は朝一だけ渓を歩いて・・・ | トップページ | イワナ王国‘プチ’復活祭!!(130826釣行記) »