« 自分の直感を信じた結果・・・(2013道央遠征PART1;130714釣行記) | トップページ | 土日2日とも大撃沈(号泣×10)(130720、130721釣行記) »

2013年7月17日 (水)

この日の奇跡は期待とはちょっと違う(130715釣行記)

3連休の最終日。この日は、2日間の疲れもあったので、朝一でサクッと釣って納竿にしようと前日決めました。
そして行先は、連休中もほとんど人が入っていないと思われる、某地域にある奇跡の渓。
まぁ、この名称の由来はこのブログを読んでいる方なら分かるでしょうが、2年前に経験したことない釣りを出来たもので・・・。

今回はちょっと時期が早い気がするので、まだ、奇跡と思えるような釣果は得られないでしょうが、お魚の顔は確実に見ることが出来るだろうと思い、入渓しました。良い思いをするのは、次回の釣行時までお預けで。


奇跡の渓
7月15日(月)4:00-8:30
天候:晴れ 気温:13-21℃ 水温:13℃ 状況:やや渇水濁り無し
ハッチ:ほとんど無し(ミッジ少し) ライズ:ほとんど無し
釣果:ニジマス君(20-37㎝)15尾くらい、アメマス君(25-43㎝)10尾くらい
confident

1307150001_2
一昨年は良い思い出来ましたが、昨年は大渇水とまさかの先行者で良い釣りできなかった奇跡の渓。
この日の水量はやや少ない気がしましたが、これだけあれば何とかなりそうで一安心です。
入渓点からちょっと釣り上がったところにある木陰のポイント。このポイントは流れが非常に緩いポイントだったので、顔を見せるお魚はウ様かなと思ったのですが意外にも・・・

1307150002
40㎝には足りなかったですが、なかなか良い感じのニジマス君が居ました。この川の魚らしいピンクが綺麗なニジ君でした。


1307150003 1307150004
その後も良い感じのポイントからはチビニジ君が顔を見せてくれ、それ以外にもこの日、狙っていた・・・


1307150005
アメマス君も顔を出しました。
この渓のアメマス君もドライフライへ積極的に出てくれるので、それほど大きなサイズではありませんが、なかなか楽しめます。


1307150006
一尾目のアメマス君が顔を見せたポイント以降は、上のような良い感じの流れ込みでも・・・


13071500081307150007
ニジ君ではなくアメマス君が。


1307150009_2
この流域でいつも期待できる岩盤底のポイントでも・・・


1307150010
アメマス君が出てきました。ちなみに、この日最大となったのはこのアメマス君で43㎝。

ただ、この渓は盛期になると、もっと大きな、そして太ったアメマス様や尺超えヤマメ様なども顔を見せてくれるので、この日の釣果だと全然奇跡でもなんでもないのですが、ただ別の奇跡はあったのかもしれません。
この日、釣りをしている途中、とてもキツイ獣臭を感じたのですが、釣り上って行ったところの河原に・・・


1307150011
いかにも出来たてホヤホヤのプーさんの落とし物が・・・
shock
ここは、私が釣りをする渓の中でも5本の指に入るプーさんの巣窟。昨年は、3つ子連れのプーさん親子(ということはプーさん4頭)が出没中だったのですが、今回もプーさん出没中でした。
さすがに河原にホヤホヤの落とし物があったので、釣りを辞めることとし林道に出たのですが、林道にも・・・


1307150012
ホヤホヤの落とし物。そして、7月11日にプーさんが出没したとの看板
shock
釣りをしているとき、確実にプーさんは近くに居ましたね。
まぁ、プーさんに出会うことなく無事釣りを終えることができたのがこの日の奇跡だったのかもしれませんね。

ほんとこの渓に単独突撃してて良いのか?と毎度、悩むのですが、釣れるから行ってしまうんですよね・・・。
単独は自重したいけど・・・。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
SAGE4250
DT5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー3X9ft
ティペット3X100cm

☆ヒットフライ☆
エルクヘアカディス#8

|

« 自分の直感を信じた結果・・・(2013道央遠征PART1;130714釣行記) | トップページ | 土日2日とも大撃沈(号泣×10)(130720、130721釣行記) »

コメント

アカガレイさん、こんにちは。
本当に素晴らしい3連休ですね。私もあやかりたいです。
ニジマス・アメマスのプロポーションは抜群でかなりのアクションだったのではないでしょうか。
今年のおはぎ地方は本当に人が多く、私のエリアは人だらけです。それでも釣れる人は釣っているということは、私の修行不足ですね。
次回も楽しいブログ期待しております。

投稿: tana | 2013年7月18日 (木) 08時43分

こんばんは!アカガレイさん。
3連休の彷徨の釣り・・お疲れ様でした。
全く情報が無く、勘を頼りに初めて入った渓で結果を残しているのはさすがですね。真新しいヒグマの痕跡との接近遭遇はまずいですなあ・・。私も40年前から山岳渓流を闊歩している一人ではありますが、アカガレイさんの頻度は尋常ではありません。むしろ、頻繁にエントリーに登場することから、BLOGを見ている方もだんだん麻痺してきているのが実態であります。そのことが、恐ろしいような気がするのですが・・。

道央の渓なら、同行者がいない場合、タイミングが合えばご一緒いたしますので是非ご連絡ください(笑)。

投稿: shinya@セカンドハウス | 2013年7月18日 (木) 22時29分

>tanaさん
この時期ですし山岳渓流のアメマスなので、道東平野河川のものには負けますが、なかなかの引きをみせてくれました。確かにおはぎ地方では、私の行く渓でももっと良い釣りをしている人もいるようですが、運やタイミングもかなり関係しているような気がします。私の3連休もタイミングが合っただけのような気もします。
この奇跡の渓ももっとタイミングが合えば良い釣りできますし、昨年みたいに渇水時に入渓するとかなりの貧果に終わります。。。
渇水期は厳しいので入渓のタイミングが難しいのですが、プーさんを気にせず、アメマスでもOKでしたら一度、奇跡の渓はどうでしょうか?灯台下暗しかもしれないですよ。

投稿: アカガレイ | 2013年7月19日 (金) 00時25分

>shinyaさん
入渓点にプーさんの看板があればさすがに自重したのですが、脱渓点に看板があったもので…。この日は朝4時から釣りしてたので、流石にホヤホヤのプーさんの落とし物には焦りました。ここ数年、釣りしている渓はあまり変わっていないので、プーさんが増えているような気がするのですが、実際どうなんでしょうね?私自身、いったい、道内にプーさんが何頭居るのか知りたいのが本音です。1万頭以下ならそれほど会わない気もしますが、100万頭居るなんてなったら、会う確率がかなり高い気がしますし…。
道央の渓も奇跡の渓も、頻繁にアメマスを求めて道東方面に走られているshinyaさんならついでに立ち寄れるところかもしれません。タイミングが合うようでしたら、一度、ご一緒するのも良いですよ^^

投稿: アカガレイ | 2013年7月19日 (金) 00時33分

再びこんばんは! アカガレイさん。

先刻携帯メールを送ったのですが、戻ってきました。メアド変えられたんでしたっけ?。タイミングが合えば是非参戦させてくださいという旨のメールの内容でした。

BOB氏の所からも射程圏であれば、彼には室蘭まで来てもらってそこから、拉致してフィールドに向かいます(笑)。タイミングが合いましたらよろしくお願いします。

投稿: shinya@自宅 | 2013年7月19日 (金) 21時41分

アカガレイさん、こんばんは。
奇跡の溪魅力的ですね。タイミングが合いましたらぜひご一緒させてください。

連絡先をお伝えしたいので、とりあえずメールのアドレスを送っておきます。

投稿: tana | 2013年7月19日 (金) 22時23分

>shinyaさん
携帯のメアド変わってるかもしれません。shinyaさんのメアドは変わってないでしょうか?今日は遅いので、近々携帯にメールします。
ちなみにBOBさんのところからはちょっと射程が外れているかもしれないです。。。ただ、極東方面にまで良く走られているshinyaさんなら、全然射程距離です。極東までの距離の半分も無いです^^

投稿: アカガレイ | 2013年7月22日 (月) 23時15分

>tanaさん
メアド了解しました。今日は遅いので近々、こちらの連絡先メールしますね^^v

投稿: アカガレイ | 2013年7月22日 (月) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/52495064

この記事へのトラックバック一覧です: この日の奇跡は期待とはちょっと違う(130715釣行記):

« 自分の直感を信じた結果・・・(2013道央遠征PART1;130714釣行記) | トップページ | 土日2日とも大撃沈(号泣×10)(130720、130721釣行記) »