« 色んな意味でヤマメ狙いはちょっと早い?(130707釣行記) | トップページ | 自分の直感を信じた結果・・・(2013道央遠征PART1;130714釣行記) »

2013年7月15日 (月)

3連休の初日はいつもの渓で・・・(130713釣行記)

今年の7月の3連休は、精力的に釣りをしました。
1日目の土曜日は、いつものようにおはぎ地方のホームの本流で。
2日目の日曜日は、道央圏の行ったことも無ければ情報も無い渓で。
3日目の月曜日は、とある地域にある秘密の渓で。
結果から言いますと、3日ともそれなりの釣りは出来ました。
特に2日目は、全く知らない渓だったのですが、たまたま入渓したところが良かったのか、3日間で一番良い釣りとなりました。
それでは、まず1日目の釣行から・・・


おはぎホームの本流
7月13(土)4:30-15:30
天候:晴れ 気温:16-26℃ 水温:11→17℃ 状況:平水濁り無し
ハッチ:カディス、メイフライ少し、蚋多い ライズ:少ない
釣果:ニジマス様(40、41㎝)各1尾、ニジマス君(15-37㎝)20尾くらい、オショロコマ君(20-25㎝)7尾
catface

1307130001
先週は入渓しなかったので2週間ぶりのホームの渓。3連休で大勢の釣り人が来ることが予想されるので、初日に叩いておこうという魂胆です。
そんなこんなで、朝一はいつものポイントへ入渓しました。
水量の方は前回より若干減っていましたが、ちょうど良い感じで、これくらいの水量だとタイミングが合えば大ニジ様もライズしていてもおかしくないので、期待して釣り上って行きました。

1307130002
そんな感じだったので、お魚の活性は前回よりも高かったようで、チビニジ君はもちろん、この渓では今年初めてオショロ君もポツポツと顔を見せてくれました。

1307130003
そして、毎度おなじみモンシロチョウの瀬。
ただ、このポイントに来たときだけ曇ってしまい、その影響かどうかわかりませんが、全くライズが見えません。この時期、ここでライズが無いなんて・・・。とりあえず、いつも魚が付いている流れにフライを流してやると、やっぱり居ました。おチビ君やオショロ君に混じって・・・

1307130004 1307130005
40UP(と言ってもギリギリですが)のニジ様が2尾顔を出しました。
下のニジ様の方が40㎝で上のニジ様より小さいのですが、体高があるせいか大きく見えます。そして、このニジ様はほんと美しかったです。将来が楽しみで、50㎝を超えればすごい貫録のあるお魚になりそうですね。

さて、モンシロチョウの瀬にはいつもお魚が居るのですが、この日は・・・


1307130006 1307130007_2
普段はあまりお魚が顔を見せない荒い流れのポイントにも居ました。
緩い流れにはオショロ君、早い流れにはニジ君が。

ということは、ひょっとしたら大物一発のポイントで一発出るかも・・・と思って、時期的には1ヶ月ほど早いような気もするのですが、突撃しました。


1307130008_2
しかし、予想通り何の反応も無く・・・なら良かったのですが。。。
この日、このポイントでは魚影は、ほぼゼロに近かったのですが、一尾だけ私がキャストしたドラグのかかったフライを背びれを水面から出しておってくる大きな影がありました。そしてそのフライを咥え確かに手元に当たりを感じたのですが、針掛かりが悪かったのか、アワセが足りなかったのかバラシてしまいました。。。その後、ウェットやニンフ、他のドライを流すも全くの無反応。一度針にかかったお魚、それも大物なら二度と出てくれないですよね。相変わらず、ポンコツっぷりを発揮してしまいました・・・crying

これにめげず、ポイントを変えることに。


1307130009_2
この日、3ヶ所目のポイントは10年ほど前に入渓してプーさんと出会った流域。ただ、その時、ここではオショロ君数尾にしか出会えず、魚影の薄い流域だという認識だったですが、あえて突撃しました。10年も経てば色々変わっているかもしれないので、新たに開拓する気持ちで。しかし、今回はオショロ君にも出会えずこの流域ではボ。ただ、大きくは無いですが、一尾だけ魚影は見えたのですがねぇ。まぁ、お魚は少ないんでしょう。

そして、またまたポイントを変えます。


1307130010
4ヶ所目はザラ瀬のポイント。やや増水気味の時に一度だけ大物の姿を瀬の中で確認したのですが、基本、ここは小物エリア。ただ、ウェットの練習や瀬で釣る練習をするため良く釣りしていました。しかし、この日はフライに反応するお魚は居るのですが、小さすぎて針にかかりません。これでは練習にならないと言う訳で、またまたポイントを変えることに。


1307130011_2
最後に入ったポイントは最下流域の開けた流れ。
ここでは大物一発を狙って、ドライではなくウェットで探っていくことに。
すると、ガツンとアタリが・・・


1307130012_2
アタリは凄かったけど、小さなニジ君でした
coldsweats01
まぁ、こんなもんですね。

3ポイント目以降は仕方ないとして、朝一とその次に入ったポイントでしっかり釣れなかったのがこの日の敗因かもしれません。う~ん、今年はこの渓で50UPニジ様のお顔をまだ拝めていない・・・。
ティペットが太いのか・・・フライが合っていないのか・・・キャスティングやフライの流し方が悪いのか・・・think
何にしても何かが足りないんでしょうねbearing

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
SAGE4250
DT5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー3X9ft
ティペット3X100cm

☆ヒットフライ☆
改良型スティミュレーター#8、エルクヘアカディス#8-12、ソフトハックル#10

|

« 色んな意味でヤマメ狙いはちょっと早い?(130707釣行記) | トップページ | 自分の直感を信じた結果・・・(2013道央遠征PART1;130714釣行記) »

コメント

アカガレイさん、こんにちは。
素晴らしい天気の中、良い魚を掛けていますね。
こちらはこの3連休、どこもかしこも釣り人だらけで、全く釣果が上がりませんでしたが、アカガレイさんは流石ですね。
綺麗な渓で綺麗な魚に出会えるなんて、本当に良い3連休ですね。
2日目・3日目のUPも期待しております。

投稿: tana | 2013年7月16日 (火) 08時44分

>tanaさん
おはぎ地方は3連休は凄い人だったかと思います。
私(凄い人のうちの一人ですが^^;;;)はそれを嫌って初日だけホームで釣りをしました。時期的に他にも行きたい渓はあったのですが…。なんとか奇跡的に3連休は良い釣りになりましたが、2日目はマグレ、3日目はプーさんの脅威に晒されてました。

投稿: アカガレイ | 2013年7月17日 (水) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/52464536

この記事へのトラックバック一覧です: 3連休の初日はいつもの渓で・・・(130713釣行記):

« 色んな意味でヤマメ狙いはちょっと早い?(130707釣行記) | トップページ | 自分の直感を信じた結果・・・(2013道央遠征PART1;130714釣行記) »