« 今シーズン初のドライでの釣りと金色の輝き(130623釣行記) | トップページ | 哀愁漂うニジ様とこれからのニジ様(130630釣行記) »

2013年6月30日 (日)

3度目の正直は・・・無かった(号泣)(130629釣行記)

この日で土曜は3週連続、シーチェリーを求めてルアーで海へ・・・。
毎週毎週、夜中1時過ぎから場所取りのため暗闇の中、夜明けまで2時間ほど何もせず、砂浜に立ち、夜明けと同時に何かに取りつかれたかのようにルアーを黙々とキャストし続ける。
こんだけ頑張っているんですからそろそろ3度目の正直があっても・・・

道東ラッシュアワーの海岸
6月29日(土)3:00-10:00
天候:曇りのち晴れ 気温:8-14℃ 水温:不明
状況:波1.5m・ウネリ小・濁り少し→キツイ 
潮位:満潮6:29(119㎝)、20:11(127㎝) 干潮1:18(77㎝)、13:15(36㎝)
ボイル・跳ね:非常に少ない
釣果:ボ
crying

1306290001 1306290002
この日はルアーのお師匠様と突撃しました。こういう感じの釣りは同行者が居ないと厳しいですよね。私一人でなら行く前に心が折れちゃうと思います。
夜が明け、周りを見ると先週と同じくらい人が居ます。また3ケタは居るでしょうかね?
一斉にみなルアーを投げまくっていますが、先週とは異なり、開始1時間くらいはシーレインの反応も無いようです。
しかし、しばらく経った頃、私たちの両隣の人がシーチェリーを釣っています。この日のシーチェリーは丸々太っていて美味しそうです。
私たちも何とか釣ろうと頑張ったのですが、お師匠様はアタリがありましたが残念ながらバラシ、私はアタリは無く、追い1回のみ。挙句の果てに10時頃、急激に海が濁ると同時に真正面から風が吹いて来て、キャストが厳しくなり諦め撤収することとなりました。
この日、全体ではあまりシーチェリーは揚がっていませんでしたが、私らの周りはまずまず釣れていたので、入っていた場所は悪くなかったはず。
もう無念さしかないです。。。流石に心が折れてきました・・・。チェリーは釣れなくても、レインがポツポツ顔を見せてくれれば、まだ救われるのですが、レインも3日で1尾のみ・・・。
やはり、なんちゃってルアーマンには釣り神様は微笑まないのかもしれないですね。日曜のフライでの釣りで私は、昔はルアーをやっていましたが、今はもう完全なフライ師になっちゃったのかもと感じました。
来週以降、シーチェリーを求める釣りはどうしようかなぁ・・・。あちこちの渓流も空いてきたし、ヤマメも解禁になるし・・・。


☆今回のデータ☆
SHIMANO GAME AR-C 1006
SHIMANO RARENIUM Cl4+ 4000XG
VARIVAS ソルトウォーター VA-G 14lb
フロロカーボンリーダー20lb  50㎝

☆ヒットルアー☆
無し

|

« 今シーズン初のドライでの釣りと金色の輝き(130623釣行記) | トップページ | 哀愁漂うニジ様とこれからのニジ様(130630釣行記) »

コメント

アカガレイさん、こんにちは。
シーチェリー残念でしたね。私の知り合いもようやく1匹挙げたようですが、今年はかなり厳しいようですね。
やはりここはフライに専念で大物をドンドン挙げちゃって下さい。

投稿: tana | 2013年7月 1日 (月) 08時49分

アカガレイさん こんばんわ!
相変わらず 凄い混雑ぶりですね
深夜1時過ぎから場所取りしないとポイント確保出来ないとは 凄すぎです

両隣がヒットして 自分だけ釣れないは
オーシャントラウト狙いの鉄板アルアルです(*^-^)
私は いつもですがね(笑)
次こそ!と通い続けて報われた時は 嬉しいんですけど・・・


投稿: KEN | 2013年7月 1日 (月) 19時26分

>tanaさん
tanaさんのお知り合いはシーチェリを上げられたのですか!!うらやましい限りです。。。
サッサと一尾釣ってフライに専念したいのですが、釣りたいのと同時に食べたいのもあって…^^;;;
あと一回だけ行こうかと思っていますが、そろそろシーズンも終わりですから玉砕の可能性大と思いますが。

投稿: アカガレイ | 2013年7月 1日 (月) 23時25分

>KENさん
サケ釣りを超えているんじゃないかと思う混雑っぷりで、若干引いています…。夜中2時ごろに行くと車を止める場所も無いくらいです。ただ、強者は砂浜にまで車で入ってきて走り回っていますが…。とにかく人は多いわ、車は多いわ、マナーも悪くなってきてるわで大変です。
両隣がヒットして自分が釣れないのってほんと悲し過ぎますよね。。。自分が釣れて周りが釣れていなければ、鼻高々で気分は最高なのですがね^^;;;

投稿: アカガレイ | 2013年7月 1日 (月) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/52251966

この記事へのトラックバック一覧です: 3度目の正直は・・・無かった(号泣)(130629釣行記):

« 今シーズン初のドライでの釣りと金色の輝き(130623釣行記) | トップページ | 哀愁漂うニジ様とこれからのニジ様(130630釣行記) »