« この日も開花せず、そして憎いアイツがまた・・・(130622釣行記) | トップページ | 3度目の正直は・・・無かった(号泣)(130629釣行記) »

2013年6月25日 (火)

今シーズン初のドライでの釣りと金色の輝き(130623釣行記)

鹿とぶつかった愛車でしたが、その後、走行には問題なく無事にマコ君との待ち合わせ場所に到達しました。
そして、仮眠ののち、この日の目的の渓へ行きました。しかし、その渓は増水で真っ茶色・・・。
これは予想外でした。前日、雨が降ったんですかね?何にしても移動しなきゃなりません。
何ヶ所かの候補の中から選んだ渓は、私自身久々の渓。
ただ、こういう時こそ釣りになり、意外と釣果のでる穴場的な渓だったりします。


おはぎちょっとピンクの渓
6月23(日)5:00-13:00
天候:晴れ 気温:12-21℃ 水温:11℃ 状況:若干増水濁り無し
ハッチ:カディスまずまず、メイフライ少し ライズ:少ない
釣果:ニジマス君(20-39㎝)15-20尾くらい
happy01

1306230001
増水や濁りが心配されましたが、水量は平水より若干多いのですが、濁りは全く無く釣りになりそうです。
この日は朝5時からの釣りでしたが、夏至直後と言う訳でお日様も出ており、気温が上がってくるとドライでも釣りになるかもと、ちょっと期待しなが釣り上って行きました。

1306230002
そして、この日は久々にマコ君との釣りです。ん?お茶目に手にしているタマネギ袋の中身は何???
coldsweats01
この中身は後ほどで。

1306230003
この渓は、規模の小さい渓で水深の浅いポイントが多いのですが、所々にちょっとした深みがあり、こういう場所を丁寧に探ってやると・・・

1306230004
ニジマス君が顔を出します。このニジ君は、30㎝チョットですが綺麗なミカンほっぺですよね。
この魚以外にもこのポイントでは・・・

1306230005
38㎝のニジ君も顔を見せてくれました。このニジ君は銀色タイプで、薄ピンクのほっぺですね
wink
これらのお魚はいつものようにソフトハックルのウェットで釣りました。

1306230006
この渓は入渓してしばらくは、木が覆いかぶさったちょっと暗い感じのポイントが多いのですが、

1306230007
釣り上って行くと開けた感じの渓相に変わります。
そして水深もそれほどなく、この日はセミがうるさく鳴き、初夏の様相。
となると、ライズはほとんど見えませんが魚たちは水面も気にしていると思われます。というわけで、ここからは今シーズン初のドライで釣り上がっていくことにしました。
そして、上の写真のポイントの右岸のボサ付近。これはいかにも怪しいですよね。このボサすれすれにエルクヘアカディスを流してやると・・・

1306230008
派手にフライに出てくれました。39㎝のニジマス君です。40㎝に1㎝足りなかったですが、コンディションの良い元気なニジ君でした。

1306230009
おっ、マコ君もドライでお魚をかけています。
やっぱりドライで釣れると楽しいですよね。

1306230010
そして、こんなポイントからも・・・

1306230011
サイズは35㎝ですが口の尖った将来有望なニジ君が出てきました。
この渓は、規模は小さいですが、コンディションの良い綺麗な魚が多かったです。

1306230012 1306230013
そんな感じで久々のドライの釣りは楽しかったです。前日、鹿にぶつかったけど強行して釣りに来たかいがありました。欲を言えば、もう少しサイズの大きなニジ様と1~2尾くらい会えれば良かったのですが・・・。

ただ、この日はニジ様に会えたのと同じくらい価値のあるものをGETできました。
それは・・・

1306230014
立派なタモギタケ
lovely
大きなタモギタケは虫がたくさん入っていることが多いのですが、このタモギは虫がほとんど入っていない綺麗な状態でした。実際、家に持ち帰り、虫抜きをしましたがほとんど虫は出てきませんでした。
それにしても、最初見つけた時は一瞬、何かわかりませんでした。これほど大きな立派なタモギはあまりお目にかかったことなかったので・・・(私が見つける大きなやつは大概腐ってる)。
このキノコは体に良いので1週間後の健康診断まで食べまくろうと思います。
ほんとこの収穫物は嬉しかったです。


☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
SAGE4250
DT5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー3X9ft
ティペット3X100cm

☆ヒットフライ☆
ソフトハックル#10、エルクヘアカディス#10

|

« この日も開花せず、そして憎いアイツがまた・・・(130622釣行記) | トップページ | 3度目の正直は・・・無かった(号泣)(130629釣行記) »

コメント

アカガレイさん、おはようございます。
ドライで楽しんだようですね。川の規模からですと、良いサイズですね。まだイマイチ釣果が出ていないので羨ましい限りです。
ドライ開幕に乗り遅れないように、今週こそは出撃します。

投稿: tana | 2013年6月25日 (火) 08時42分

>tanaさん
この川は普段ならもっと水が無いのですが、これくらいの水量になれば、どこから湧いてくるのかわかりませんが7ニジマス君が釣れるようになします^^
もういい加減来週は7月ですものね。ドライでビシバシの季節じゃないと困りますよね^^

投稿: アカガレイ | 2013年6月27日 (木) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/52166962

この記事へのトラックバック一覧です: 今シーズン初のドライでの釣りと金色の輝き(130623釣行記):

« この日も開花せず、そして憎いアイツがまた・・・(130622釣行記) | トップページ | 3度目の正直は・・・無かった(号泣)(130629釣行記) »