« まだ、早かった・・・そして鉄砲水。。。(130621釣行記) | トップページ | 今シーズン初のドライでの釣りと金色の輝き(130623釣行記) »

2013年6月24日 (月)

この日も開花せず、そして憎いアイツがまた・・・(130622釣行記)

土曜日は再びおはぎ地方から道東へ戻り、先週に引き続き、職場のお師匠様とシーチェリーを求めてルアーを投げにラッシュアワーの海岸へ行きました。
とにかくこの日は釣りも最悪でしたが、日曜日の釣り場へ移動中に、またまたあの憎いやつに突撃されてしまったのでした・・・。


道東ラッシュアワーの海岸
6月22(土)3:00-12:00
天候:曇りのち晴れ 気温:10-15℃ 水温:不明
状況:波普通・ウネリ中・濁り少し 
潮位:満潮0:30(136㎝)、15:42(121㎝) 干潮8:12(7㎝)、19:59(98㎝)
ボイル・跳ね:非常に少ない
釣果:アメマス(40㎝)1尾
weep

先週、突撃した後、この日まで、シーチェリーがポツポツ寄ってきたとの情報があったラッシュアワーの海岸。
シーチェリーが近づいてきているということは、私にもチャンスがありますが、他の釣人もチャンスがあるということ。

ということで、この日は大量に釣り人が来ると考え、先週よりもやや早めに現地に入り、暗闇の中、砂浜に立って夜明けを待ちました。
そして、夜が明けてルアーをキャストし始めるとともに、周りの様子を確認すると・・・

1306220001 1306220002
凄い数の人です。おそらく100人は超えているでしょう。
そして、周りでポツポツ釣れています。シーレインだけでなくシーチェリも上がっている模様。何とか私もここでGETしたいと40gのジグをフルキャストしてガンガン巻きます。
すると私にもガツンと反応が・・・

1306220003
40㎝の小さなアメマス君でした。
アメマスは嫌いではないですが、できればチェリーの方が良かったのですがね。。。
すると、しばらくしてまたアタリがあり、波に乗せながら魚を寄せてくると、ギラッと光っています。これはシーチェリーだと興奮しながら巻いていると、大きな波が来て、引き波が去ったと同時に、手応えが無くなり、ルアーの先に居たシーチェリーは居なくなっていました。
前日のニジマス様をバラシたのと同じくらいショックでした
その後は何の反応もありませんでした。

1306220004
波の状況は悪くなく、周りもポツポツ釣れていたのに・・・。

1306220005
というわけで、昼前まで粘りましたが、この日もシーチェリーを咲かすことは出来ませんでした。
昼前になるとあれだけ居た釣り人もだいぶ減っていました。やはり、朝の勝負時間帯を逃すと厳しいのでしょうね。もう一回くらい行こうと考えています。

☆今回のデータ☆
SHIMANO GAME AR-C 1006
SHIMANO RARENIUM Cl4+ 4000XG
VARIVAS ソルトウォーター VA-G 14lb
フロロカーボンリーダー20lb  50㎝

☆ヒットルアー☆
撃投ジグ(40g、ピンク黄色)

さて、この日は私の愛車に悲劇が起きました。
というのも、日曜の釣りに同行する予定のマコ君との待ち合わせ場所へまりも国道で車を走らせているときでした。釧路市内から数キロ、釧路空港への分岐点のちょっと手前のカーブを走っていると、いきなり、硬い茶色い物体が出て来てガツンと私のに当たって飛んでいきました。
2年前私の愛車だったフォレスターを破壊したアイツです・・・。
フォレスターの時は左ライトが粉砕され、ボンネットがひん曲がり、ラジエーターがぶっ壊れ走行不能になりましたが、今回はボンネットは曲がらず、ライトも割れていない模様。とりあえず、ぶつかったけどそのまま走らせ、駐車帯で確認したところ・・・

1306220006 1306220007
グリルとフロントバンパーが右半分少し割れ、ナンバープレートが波打ってグチャッとなっているだけで、ラジエターを含めエンジン部分は見たところ無傷のようです。とりあえず液漏れとかもありません。まぁ、バンパーには鹿の毛が大量に付着していますが・・・。
というわけで、保険屋に電話をしたところ、修理の手続きは月曜とのことですし、走行に問題ないのでそのまま日曜の釣りを決行することにしました。
ほんと鹿ムカつきます・・・。カーブでスピードが出ていなかったのと、今回の鹿は小鹿だったのが車の被害が小さくて済んだ要因かもしれませんが、被害が少ないと言っても、自動車保険の等級は落ちるし、気分は悪いし・・・。
ああ、思い出すだけで腹立たしい
angry
ほんと、禁止されているカンガルーバンパーの装着を道東の車には認めて欲しいものです。
というわけで、皆さんも鹿には気を付けてください。。。

とりあえず、鹿への怒りは日曜(23日)の釣りで少し発散できたのは良かったですが・・・。

|

« まだ、早かった・・・そして鉄砲水。。。(130621釣行記) | トップページ | 今シーズン初のドライでの釣りと金色の輝き(130623釣行記) »

コメント

アカガレイさん、おはようございます。
鹿の追突は、ダメージが少なくて良かったですね。
十勝川は、相当濁りが入ってましたので、上流で相当の雨が降ったようです。札内もダム放流があるので暫くは増水傾向になりそうです。

シーチェリーは一度狙ってみたいのですが、このような混雑状況だと、ちょっと足が遠のいてしまいます。
次回は、素晴らしい釣果報告期待しています。

投稿: tana | 2013年6月24日 (月) 08時43分

アカガレイさんこんばんは。
この混雑は鮭釣り並と先日コメントしましたが、カラフト釣りを連想してしまいました。
海サクラ人気は道南だけじゃなく道東にも飛び火した感じですね。
道東名物鹿の飛び出しの被害にまた遭遇してしまいましたか!(ノ∀`)アチャー
物は考えようで全損、怪我が無かったのは不幸中の幸いと考えましょう。
自分も経験ありますがカーブで鹿が飛び出してきたら
防ぎようがない場面もありますのでくれぐれもスピード
ダウンを心がけましょう。

投稿: yamame | 2013年6月24日 (月) 20時40分

アカガレイさん こんばんわ!
先ずは お身体に怪我が無かった様で何よりでした
破損の程度も 白いお車の時より軽度で済んで良かったですね
でも 腹立ちますよね(`Д´)
言葉が通じるなら 正座させて二、三時間 説教してやりたいです

シーチェリー おしかったですね~

次こそは 華麗な二刀流で 満開を期待しております。

三度目の 四本足の当て逃げ犯との接触が無いようくれぐれもご注意下さい。
大ダヌキとの接近にも

投稿: KEN | 2013年6月24日 (月) 20時50分

>tanaさん
今回の鹿との衝突は前回と比べるとかすり傷みたいなものかもしれません。ただ、痛いことは痛いですが(>_<)
シーチェリーはおはぎ地方でもあちらこちらで多くの釣り人が刺さっているようですが、どこもかしこも人多過ぎのようです。私が今、通っている海岸も昨年まではこれほど人は居なかったようですが、今年は異常のようです。流石に私もちょっと参っています。真水が刺さっているところであれば案外、釣れるような気がするので、余裕があったらそういうポイントでも開拓しようかな?と考えてます。ただ、ドライフライのシーズンになったのでそれどころでないかも…^^;;;

投稿: アカガレイ | 2013年6月25日 (火) 00時30分

>yamameさん
もうシーチェリー釣りは、カラフト、サケ釣りとなんら変わらない様な気がしています。
数年前までは十勝界隈で騒ぎになっていましたが、今年は道東、オホーツクも騒ぎになっているようで、飛び火というか大火事の様相となっています。
鹿被害は前回に比べると大したことないのですが、鹿はチョット増えすぎですよね。数年前までは夏になるとほとんど見かけなかったのですが、最近は、年中、町に近いところでも見かけるようになりました。

投稿: アカガレイ | 2013年6月25日 (火) 00時35分

>KENさん
ほんと今回私の車を破壊した鹿を説教したいですし、道東中の鹿を集めて、「道路に飛び出すな」と講習会を開きたい気分です。
シーチェリーは最後の最後で引き波にさらわれました。ほんと口が弱いみたいですね。次回はタモ網を持って行って、波打ち際まで寄せたらすくってしまおうかなと考えています。

投稿: アカガレイ | 2013年6月25日 (火) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/52154718

この記事へのトラックバック一覧です: この日も開花せず、そして憎いアイツがまた・・・(130622釣行記):

« まだ、早かった・・・そして鉄砲水。。。(130621釣行記) | トップページ | 今シーズン初のドライでの釣りと金色の輝き(130623釣行記) »