« まだまだヨロシク、極東のアメマス君!!(130413釣行記) | トップページ | 2013年GW前半戦は恒例の・・・ »

2013年4月21日 (日)

数より質だったもので・・・と言い訳を^^;;;(130421釣行記)

この週末、土曜の昼からと日曜の朝一は、「ザンたれの本流」へ突撃しました。日曜は4時起きで5時過ぎから釣りしたのですが・・・。両日とも全くお魚からの反応は無く、私の入ったポイント付近では、周りも釣れていない様子。

1304210001
日曜の朝一は干潮の潮止まりの時間帯だったので釣れないのも分かりますが、土曜はなぜ釣れなかったのか良く分かりませんでした。風が強く、普段よりやや濁りがあったせいかな?何にしても「ザンたれの本流」では2日とも釣れませんでした。

さて、日曜は土曜も良くなかったことから、すぐに「ザンたれの本流」に見切りをつけ、「道東塩水交じりの水溜り②」に移動しました。この移動が良い方に転んだようで・・・

道東塩水交じりの水溜り②
4月21(日)8:00-11:50
天候:曇り 気温:4-5℃ 水温:6℃ 状況:南東の風1-3m、濁りキツイ(透明度1)
潮汐:満潮0:15(102㎝)、11:10(93㎝) 干潮6:11(78㎝)、17:59(46㎝) ※中潮
ハッチ:無し ライズ(ボイル):散発
釣果:アメマス様(63㎝、55㎝)各1尾
confident

1304210003 1304210002
この日の潮周りは、午後からの方が期待できるのですが、天気予報では昼から風雪が強まるとのことだったので、昼前までに決着をつけなければなりません。
ただ、釣り始めは全く反応がありません。周りを見ていると時々釣れているので、頑張ればチャンスはあるはずと、黙々とロッドを振り続けました。何と言っても、タイムリミットは昼まで。
色々ポイントを変えながら釣りをしていると、比較的、周囲も釣れているポイントに到達。空いているところに釣り座を構えてフライを流すと、魚からの反応があります。しかし、全く乗りません。バラシまくりで、数えていただけでも10尾バラシ・・・。
ここで、それまで、魚の食いが良いだろうと使っていたチョット小さめの#12のマラブーから一か八か大きめの#6マラブーにフライを変えてみました。
これが功を奏したようで、立て続けに2尾しっかりと針にかかりました。#12のフライを使っていた時はフライを咥えに来ていたお魚が小さかったようです。
さて、1尾目は・・・

1304210004

55㎝のメスのアメマス様。魚体は回復してきているようですが、あと一歩と言ったところでしょうか。
ただ、尾びれには銀の筋が入っていて、海にいつでも降れそうな感じでした。


そして、2尾目は・・・


1304210005
63㎝のオスのアメマス様lovely
このお魚はかなり引きました。ダブハンロッドの釣りを始めて、もう3年目くらいになりますが、このロッドでここまで手こずらされたアメマスは初めてでした。大概、このロッドだと楽にランディング出来たのですが、これだけ魚体が回復していればそれも納得です。海アメと言っても良さそうな魚体ですからねwink

この2尾を釣って、さぁ、これからと言ったところで、フライラインの流れていく方向が変わり始めました。どうも、潮が止まってしまったようです。潮が止まってからは、時々、魚のボイルはあるものの、全くフライへの反応が無くなってしまいました。
というわけで、時間を見るとちょうど昼前。周りも釣れていないし、空の色も暗くなってきたので、天気が崩れる前に撤収することにしました。

バラシまくったせいで、この日、顔を見れたお魚は2尾だけでしたが・・・、まぁ、質は私にしては上出来な内容だったので良しとします。
数より質ということでcoldsweats01

☆日曜日のDATA☆
LOOP EVOTEC 8136-4MF
LOOP EVOTEC LW627
RIO Powerflex Core Shooting Line 0.030"-25lb Floating
Ken Cube Line Power Heads4 4m T2
AIRFLO PolyLeader TROUT 10ft Fast Sinking
ティペット1X50㎝

☆日曜日のヒットフライ☆
マラブー(チャート)#6

|

« まだまだヨロシク、極東のアメマス君!!(130413釣行記) | トップページ | 2013年GW前半戦は恒例の・・・ »

コメント

アカガレイさんこんばんは。
ザンたれ本流の景色は懐かしく眺めさせてもらいました。
条件は良いのに何故釣れないのか?
これが解析できたら間違いなくノーベル賞をとるくらい
難しい議題ですw
釣り人は苦しみながら悦楽を求めるbyやナントカ
塩水まじりの水溜りは知らないですが良い感じですねぇ。
そこで釣果をだしているのはさすがです。
もし満足していないのなら異常ですからyamameクリニックで診療を受けてください(#~Θ~)

投稿: yamame | 2013年4月21日 (日) 21時43分

>yamameさん
条件が良いのになぜ釣れないのか?というのを解明してノーベル賞を取りたいと思います^^;;;手っ取り早いのは、魚に直接聞くのが一番なのですが、どうすれば魚と話せるかですね。これも解明したらノーベル賞でしょうから、私は近々、2つもノーベル賞を取るかもしれないです。ニュースを注目して見ておいてください^^v
yamameクリニックは、まだ私はそこまで重症ではないので丁重に遠慮させていただきます_(._.)_

投稿: アカガレイ | 2013年4月21日 (日) 22時25分

アカガレイさん、こんにちは。
立派なアメマスですね。羨ましいです。
こんな質の良い魚であれば、十分すぎますね。
2つのノーベル賞期待しています。

投稿: tana | 2013年4月22日 (月) 08時58分

>tanaさん
この時期になるとアメマスの方もだいぶ魚体が回復してくるようで、良い感じになっていました。
ノーベル賞期待してもらうのは有難いのですが、何年先になるかわからないので、期待せず、気長にお待ちください^^;;;

投稿: アカガレイ | 2013年4月22日 (月) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/51321073

この記事へのトラックバック一覧です: 数より質だったもので・・・と言い訳を^^;;;(130421釣行記):

« まだまだヨロシク、極東のアメマス君!!(130413釣行記) | トップページ | 2013年GW前半戦は恒例の・・・ »