« 私がオバサンになっても(121021釣行記) | トップページ | 寝ても、覚めても、アメマスワールド!!夢中にさせちゃうぞっ(121027釣行記) »

2012年10月24日 (水)

日本の北海道からアメリカのモンタナ州へ(BoronⅢX 復活への道のり①)

先日の釣行で見事に折れてしまった私の主力ロッドであったWinston BoronⅢX 9ft#5。
このロッドは並行輸入品であるので、修理するには自分でアメリカのWinston社へ送るしかありません。
とりあえず、オーナーカードもあるため修理費用はアメリカからこちらへ帰ってくる送料$50だけで済みそうなので、修理に出すことにしました。
一般的に国内の代理店を経由すると、バカ高い手数料を取られるは、修理完了までに何ヶ月も掛かったりする場合もあるようですが、修理期間もWinstonによると最大で6週間だそうです。まぁ、今シーズンには間に合いませんが、早いですよね。

というわけで、今後、私のことですから、またロッドを折って送ることになると思うので、その時に役立つように記録を残すためブログに顛末をUPすることにしました。

※この一連の記事については、あくまでも私が独学で行っていますので、間違えている場合もありますから、参考程度にしてください。

今回は、日本からアメリカへの送付まで。

まず、WinstonのHPからRepair Order Formをダウンロードし記入しました。

1210230001
記入内容は、ロッドの型番やシリアル番号、こちらの連絡先(住所、氏名、メールアドレスなど)、修理が必要な個所などなど、すべて英語で書かなきゃならないのですが、まぁ、何とかなりましたcoldsweats01

そして、ロッドをプチプチシートで梱包して、Repair Order Formを同封して段ボール箱へ。

1210230002 1210230003
このときに、当然ですが、折れていない部分もすべてケースごと送付します。

そして、アメリカへ送るのですが、運送会社はFedexやUPS等もありますが、田舎に住んでいる私は無難にEMS、国際スピード郵便を利用することにしました。

1210230004
EMSのHPで送付可能サイズ等を確認し、必要事項(郵送先やこちらの連絡先など)を登録すると、インボイス1通と税関告知書等が一体となった送り状1通が印字されて送付されてきます。送り状には住所などは印字されているので、送付する内容物などを記入します。
私の場合、内容物は、
「Fly Fishiing Rod(Repair)」と記入しました。(Repair)という部分が重要となります。そして個人利用ですので、Personal Use と書いておく必要もあります。
※税関告知書:CN22(300SDR未満;SDRは特別引出権でH24年1月現在では1SDR≒128円)とCN23(300SDR以上)がありますが、EMSの送り状には2種類とも添付されています。

ちなみに、税関告知書とインボイスについて、国によって必要な種類、枚数がことなるのでEMSのHPで確認する必要があります。ちなみに私が今回送るアメリカは、商用利用で無いのでインボイス1通とCN23の税関告知書が必要となるようです。

そして送り状以外にインボイスにも必要事項を書きます。インボイスは、簡単に言うと税関をスムーズに通過させるための内容物などを記載した書類だそうです。

1210230005
これにも、送り先と発送先の住所等と内容物について記入するのですが、今回、私が送付するロッドは修理品ですので、税関で関税がかからないようにしなければいけません。
というわけで、何点か書かなきゃいけないことがあります。
1つ目は、備考欄にNo Commercial Valueのその他にチェックして、その下に「修理品(Repair)」と書くこと。
2つ目は、内用品の記載欄に「Fly Fishiing Rod(Repair)」と書くこと。ここでもRepairを強調します。
そして、最後に目立つように商用利用ではありません、修理目的だけですよという意味で・・・
「No Commercial Value/Value for customs purpose only」と書きます。

これでアメリカへ送付する準備が整いました。

というわけで、本日、梱包したロッドと送り状、インボイスを郵便局へ持ち込み送付しました。
送料は結構取られるんだろうなぁと思っていたのですが・・・
何とビックリ2,220円で送れるようです。これは関西へ冷凍品を送るより安いcoldsweats01
便利な世の中になりましたね。

そんなこんなで、私のロッドはモンタナ州へ飛び立ちました。
EMSにも追跡サービスがあるので、ロッドが今どこにあるのかも分かるようなので、またそれは後日の記事で紹介します。

|

« 私がオバサンになっても(121021釣行記) | トップページ | 寝ても、覚めても、アメマスワールド!!夢中にさせちゃうぞっ(121027釣行記) »

コメント

あれ?語学的アドバイスを行ったマコガレイ氏への謝辞がありませんなあ(冗談

投稿: マコガレイ | 2012年10月26日 (金) 14時26分

>マコガレイさん
マコガレイさんにしてはちょっと気が早いような。
謝辞は論文等の最後では?
まだ今回の記事はイントロダクションなので…。
ロッドが返ってきて、考察記事を書いたらこれ以上ない最上級の謝辞を掲載します^^v

投稿: アカガレイ | 2012年10月28日 (日) 20時43分

いえいえ、そんなそんな、寿司くらいでOKっすよw

投稿: マコガレイ | 2012年10月29日 (月) 12時18分

>マコガレイさん
寿司って…小僧寿司か?
それとも、近〇の売店で売ってる柿の葉寿司かな^^

投稿: アカガレイ | 2012年10月29日 (月) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/47576975

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の北海道からアメリカのモンタナ州へ(BoronⅢX 復活への道のり①):

« 私がオバサンになっても(121021釣行記) | トップページ | 寝ても、覚めても、アメマスワールド!!夢中にさせちゃうぞっ(121027釣行記) »