« イザ至近距離で出会うと堂々とはできません(>_<)(2012道南遠征PART2-1:120930釣行記) | トップページ | 最大のピンチは最大のチャンス!!(121002釣行記) »

2012年10月 4日 (木)

これくらいの雨なら影響無しと確信して(2012道南遠征PART2-2:121001釣行記)

さて道南遠征2日目。前日、BOBさんとの釣行でプーさんに遭遇したわけですが、だからと言ってプーさんの居るところに行かねば釣れません。というわけで、爆竹をバンバン鳴らしながら注意を払い、プーさん領域に突入することつぃました。
行った渓は、道南遠征時にはほぼ毎回立ち寄っている、かつてのホームグラウンドの茶鱒の渓です。


道南茶鱒の聖地の渓
10月1(月)7:00-14:00
天候:晴れ一時小雨 気温:15-20℃ 水温:15℃ 状況:平水 ハッチ:ほとんど無し ライズ:無し
釣果:茶君(37㎝、31㎝×2尾、20-29㎝×4尾)confident


昨夜台風が通過した後とあって水量などが気になりましたが、河川情報などで水位、降水量を確認すると、悪いどころか条件が良いと確信し、渓に突撃しました。
渓に降り立つと思った通り、ちょうど良い水量で期待して釣り上って行きました。
ちなみにこの日は、台風後の平日とあって各ポイントとも釣り人が入っておらず、有名河川であるこの渓を貸切状態でのんびり釣ることができました。

1210010001 1210010002
まず最初はお気に入りのいつもの流域へ。もうこの流域は魚が付いている場所が決まっているので、居そうなポイントを丹念に攻めていきました。
すると・・・

1210010003
ドライに元気に茶君が出てくれました。サイズは37㎝。
もう少しで茶様だったのですが、サイズの割には茶鱒らしい重い引きを楽しませてくれましたhappy01
ここで使ったフライは、十勝のニジたちには好まれないですが、この渓では反応抜群のチェルノブイリアント。
このようなおもちゃの様なデカフライに魚が出てくれるとやはり面白いですよねwink

1210010004
これに気を良くして、私好みの渓相を楽しみながら釣り上がって行きます。

1210010005
そして、サイズはそれほどではないですが30㎝前後の茶君がポツポツと姿を見せてくれました。
この渓は釣り人も多いので、まぁ、このサイズしか出なくても仕方ないのかもしれません。
そんなこんなで釣り上って行くと・・・

1210010006
この流域の最大のポイントである滝つぼへ。しかし、この日も何の音沙汰もありませんでした。
まぁ、ここは次回に期待ですね・・・って次回はいつになるのやらcoldsweats01

さて、チョット移動して次のポイントへ。

1210010007
ここは、かつてまずまずのニジマス君を釣ったことがある淵が点在するポイントなのですが、この日は全くお魚の反応なし。ニジ君はおろか茶君も出てきませんでした。
というわけで、またまた移動です。

1210010008 1210010009
この日、3つ目のポイントは実は道南に居た時に、釣りをしたことが無くず~っと気になっていたポイント。ここは淵はあまりなく瀬にちょっとした岩が点在する流れなのですが・・・

1210010010
1尾だけですが、25㎝ちょっとの茶君がフライに出てきました。やはりこのポイントにも茶鱒は居ましたか。
う~ん、いろいろな季節、状況の時にこのポイントを攻めたくなりました。なんだか私の直感ですが大物臭がプンプンするので・・・。

そして、この日最後のポイントへ。ここはこの渓に来たことがある人ならだれもが釣りをしたことがある、または入渓しようと考える超有名ポイント。昼過ぎからのんびり入れるなんて奇跡ですwink

1210010011
ただ、台風通過後にもかかわらず、水量が少なく、浅瀬がほとんどで大物が居そうなポイントはほとんどありませんでした。昔はこのポイントは淵に大物が見えたり、ちょっとした瀬には中くらいの茶君が付いていたりして、良い釣りできたのですが・・・。このポイントは流れが昔と変わりすぎてて、もう昔のような釣りは出来ないのかもしれないですね・・・weep

1210010012
この日も手のひらサイズのチビ茶が2尾だけで残念な結果となりました。

というわけで、遠征2日目にして最終日となったこの日の道南釣行でしたが、茶様には出会えませんでしたが、久々に茶の顔が見れて楽しかったです。
この渓は、そんなバカ釣れするわけではないのですが、モンスター茶に出会える可能性もあるので、やっぱりこれからの遠征でも外せないですね。
また、来るのが楽しみですconfident

☆今回のDATA☆
Winston WT9ft#4
Abel TR2
DT4F(SUPRA FLOATING LDL)
リーダー3X9ft
ティペット4X100cm

☆ヒットフライ☆
チェルノブイリアント#8、アントパラシュート#12

|

« イザ至近距離で出会うと堂々とはできません(>_<)(2012道南遠征PART2-1:120930釣行記) | トップページ | 最大のピンチは最大のチャンス!!(121002釣行記) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/47313431

この記事へのトラックバック一覧です: これくらいの雨なら影響無しと確信して(2012道南遠征PART2-2:121001釣行記):

« イザ至近距離で出会うと堂々とはできません(>_<)(2012道南遠征PART2-1:120930釣行記) | トップページ | 最大のピンチは最大のチャンス!!(121002釣行記) »