« これくらいの雨なら影響無しと確信して(2012道南遠征PART2-2:121001釣行記) | トップページ | 先手必勝!!3連休は初日が勝負!!(121006釣行記) »

2012年10月 5日 (金)

最大のピンチは最大のチャンス!!(121002釣行記)

さて、遅~い夏休みの最終日は、十勝でニジマス様を求めて渓を歩こうと考えていました。
というわけで、前日、道南からrvcarを走らせ十勝某所で仮眠した私は、この日釣りをしようと思っていたヒヨコの本流へ行ったのですが、大増水の真っ茶色・・・。これはダメだと、いつものプーさんの本流へ行くとこちらも下流域はヒヨコの本流と同じ状況。上流域はそれほど下流ほど濁ってはいなかったのですが、かなり水は多い感じでした。どうも、十勝~釧路~根室界隈は台風の影響でかなりのrainが降ったようです。
この日はもう釣りを諦めるしかないな・・・と思ったのですが、ふと思いついたのでした。

このピンチはひょっとしたらチャンスでは?
大渇水となっていた遡上アメマスの道東の渓は、ひょっとしたらと思い、十勝から急いでrvcarを走らせ、アメマスの故郷の渓へ行ってみたのでした。


道東アメマス君の第2故郷
10月2(火)11:00-14:00
天候:曇りのち晴れ 気温:18-19℃ 水温:15℃ 状況:増水、大濁り ハッチ:無し ライズ:無し
釣果:アメマス様(51㎝)、アメマス君(40-49㎝)7尾
アメマスちゃん(15-30㎝)3尾、ウ様(20-30㎝)5尾happy01


1210020001 1210020002
渓に到着するとお気に入りのポイントには釣り人のrvcarが無かったので突撃してみました。
しかし、想像以上に水量が多く、濁りもひどい状態。ただ、フライをナチュラルに流せないほどの増水ではなかったので、しばらく釣り歩いてみたのですが全く魚の反応はありません。
ここで、ふと閃いたのでしたflair
あのポイントならば・・・

1210020003
というわけで、昨年目をつけていた某ポイントへ。
とりあえず、そのポイントで釣り始めると・・・

1210020004
ミニミニイワナちゃんとウ様がcoldsweats01
でも、最初に入ったポイントでは生命反応が全くなかったので、これらのお魚が釣れたということは可能性があると、しばらく釣り続けることとしました。
1210020005 1210020006

平水時ならやる気のあるアメマスが居る流れの速い場所はこの日は全くダメ。というわけで、平水時には狙わない流れの緩い場所にフライを流してやりました。
すると・・・

1210020007
やっと顔を見せてくれましたねwink

1210020008
この日、最初にフライを咥えてくれたのは46㎝のアメマス君でした。道東の遡上アメマスとしては平均サイズですが、魚影の確認もできないこの状況下で大きいアメマスを狙って釣るのが無理なため仕方なかったです。ただ、このサイズでもかなり増水で元気になっていたのか、なかなか良い感じでした。
そして、この1尾が顔を出してからは・・・

1210020009
45㎝前後のアメマス君が飽きない程度に顔を見せてくれました。
こんな感じで釣れると私も気分良く渓を歩けます。そんななか、ちょっと水深のあるトロ瀬のポイントに到達しました。ここで、濁った水の中が時々銀色に光っています。なんだろう?とよ~く目を凝らしてみると、アメマス達が遡上していました。なかには80㎝はあるのでは?といった大物も。。。

1210020010
ここで、フライをスイングさせていると・・・

1210020011
ちょっと凛々しい顔かな?

1210020012
この日最大となったギリギリ50㎝を超えたアメマス様(51㎝)が顔を見せてくれました。50㎝を超えると若干立派な感じになりますねconfident
これ以外にも、この時期特有の・・・

1210020013_2
赤斑点のアメマス君もwink

1210020014
アメマス君、またイクラを食べすぎたのかなcoldsweats01
※ちなみに赤斑点は婚姻色と分かってますので悪しからず

というわけで、十勝の渓を見た時はこの日の釣りはどうなる事かと思いましたが、結果的には良い釣りが出来ました。今年は遡上アメマス釣りは渓は渇水だし、釣り人も多すぎるということでやらないつもりだったのですがねぇ。
ピンチはチャンス・・・発想の転換、ポジティブシンキングは大事ですねwink

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
SMITH MARRYAT CMR56
DT5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー3X9ft
ティペット2X100cm

☆ヒットフライ☆
イクラフライ#8

|

« これくらいの雨なら影響無しと確信して(2012道南遠征PART2-2:121001釣行記) | トップページ | 先手必勝!!3連休は初日が勝負!!(121006釣行記) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/47314538

この記事へのトラックバック一覧です: 最大のピンチは最大のチャンス!!(121002釣行記):

« これくらいの雨なら影響無しと確信して(2012道南遠征PART2-2:121001釣行記) | トップページ | 先手必勝!!3連休は初日が勝負!!(121006釣行記) »