« う~ん・・・イマイチ・・・、思惑が外れた(120916釣行記) | トップページ | 遅~い夏休み(2012道南遠征PART2-プロローグ) »

2012年9月25日 (火)

私はガイド専属の方が良いのかな???(120923釣行記)

先週は土日、マコ君と十勝へニジマス様を求めて釣りに行きました。マコ君にとっては「ふるさとの本流」以外では初めてとなる十勝での釣り。良い釣りをしてもらいたいのと同時に彼が錘釣りでどのように十勝で釣りをするのか興味がありました。
さて、土曜日はそのマコ君が内地から北海道に戻ってくるので空港へ拾いに行きました。空港へ行く前に少し時間があったので、私は近くの渓で釣りをしたのですが・・・

1209220001
チビニジ君とチビアメちゃんしか相手にしてくれませんでしたcoldsweats01
そして、マコ君を拾って十勝へ。

1209220002
この日は時間が無いので、花時計の本流でちょこっと釣りをしましたが、たいした釣果も得られませんでした。
まぁ、本番は日曜ですから、これは想定内と言う訳で・・・
というわけで、日曜日の釣行記です。


十勝プーさんの本流
9月23(日)5:30-13:00
天候:晴れ 気温:17-18℃ 水温:14℃ 状況:渇水  ハッチ:小型のメイフライ、ミッジ少し ライズ:無し
釣果:ニジマスちゃん(15-20㎝)20尾くらいbearing ※マコ君が51㎝ニジマス様と出会うconfident


マコ君を案内したのは私が今年毎週のように突撃している「プーさんの本流」。
この渓では私は、ドライフライを中心に釣りをしていますが錘釣りをするとひょっとしたら釣れるのでは?と思っていました。ただ、私は錘釣りはあまり巧くないので(といってもドライも下手くそですが)、私がやっても真相は分からないので、ここは錘釣りの得意なマコ君にぜひやってもらいたいと常々思っていました。それがこの日、巧くタイミングが合い叶ったのでした。

12092300011209230002_2 1209230003_2 1209230004 

まず、入った流域は大物は見えるけど釣れない流域。
ここでは私のアンパラ中心のドライ釣りに分があったようで、数は私の方が多かった・・・けれども型はマコ君の方が大きいという結果に。私が釣ったニジマスがカタクチイワシからアジサイズであるのに対し、マコ君が釣ったニジマスはサバサイズと言った感じcoldsweats01

というわけで、ポイントを移動し、次はもう毎週突撃しているお気に入りのポイント。

1209230005
しかし、水量が先週よりもひどい渇水状態になっており、これは厳しいなと思ったのですが・・・
マコ君は流石でした。
私ならドライでは釣り難いと無視するポイントで錘釣りをやって・・・

1209230006
51㎝のニジマス様とご対面sign03
ほんとお見事ですhappy02凄すぎですsign03
これは今後の私のここでの釣りにほんと参考になりました。

そして、この日の締めとして・・・

1209230007 1209230008 1209230009
渇水時しか行けないポイントへ。
ここで、私は大ミスを。この流域に来ると、確実に1度は50UPのチャンスが訪れるのですが、この日は水深のある深い淵のポイントで私にチャンスが訪れました。しかし、そのチャンスは私が浮かべたデカドライに50UPはあると思われるニジ様が大きな口を開けて咥えようとしてくれたこと(岩の上から見ていたマコ君曰く、流れるフライを数秒観察しながらニジ様がフライに着いて来ていたとのこと)。しかし、この日、おチビちゃん以外はほとんど釣果の無い私は、大きな口を見たとたん焦って、フライが咥えられていないのに大きく合わせてしまいました。もちろん、フライは魚に掛らず、その後もフライを咥える魚は現れず・・・。大失敗ですbearingポンコツ過ぎですcrying

まぁ、そんなこんなで私が釣ったお魚は・・・

1209230010
上のようなおチビちゃんだけでしたcrying
でも、勉強になった1日だったし、ガイドとしては成功だったのでまぁ良いのかな。
私は残念ながら、自分で釣りをするよりもガイドの方が合っているのかも・・・crying
もう自棄になって・・・

1209230011
上のキノコを食べてやろうかと思いましたが・・・そんな勇気はないですcoldsweats01
(上のキノコは毒キノコのテングタケなので良い子は食べないように)

また、いつもの決まり文句で今週末の釣りから頑張ります・・・weep

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
SMITH MARRYAT CMR56
DT5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー3X9ft
ティペット3X100cm

☆ヒットフライ☆
ソフトハックル#8、エルクヘアカディス#8、アントパラシュート#12

|

« う~ん・・・イマイチ・・・、思惑が外れた(120916釣行記) | トップページ | 遅~い夏休み(2012道南遠征PART2-プロローグ) »

コメント

ご案内ありがとうございました。
錘釣りでの釣果を期待され、プレッシャーを感じてたけど、プレッシャー下でも成果が出せて一安心です(笑)

この川は、錘釣りは厳しいですね。スレてるから近づけないし、淵が深すぎて話になりません。でも、数ある淵の中でも対応可能な淵が幾つかあるので、そこではシステムチェンジが面倒でもアウトリガーする必要ありと感じました。

また、行きましょう。今度は私がランディングしますw

投稿: マコガレイ | 2012年9月25日 (火) 08時55分

アカガレイさんこんばんは。
ようやく涼しくなってきて本流も水温が下がり秋の大物
レインボーの季節を迎えますね。
アウトリガーはこちらも修行中でしてなんとかメソッドを習得しつつあります。
問題は大河でのウェットになりますがこれはまだまだ
修行をつまないとなりません。
十勝本流でのスペイも面白そうな季節になりましたね。

投稿: | 2012年9月25日 (火) 21時35分

すいません。上のコメントは私です(;´▽`A``

投稿: yamame | 2012年9月25日 (火) 21時36分

>マコガレイさん
この日はお疲れ様でした。そして、私からのプレッシャーのなか見事な釣りでした^^
次回の錘釣り改め「提灯一直線」の課題探しに私の方は今週末から励みますので、また、難題をクリアしてください^^
また、釣りに行けるときがあったら気軽に連絡ください。

投稿: アカガレイ | 2012年9月26日 (水) 00時51分

>yamameさん
秋は春先と同じくらい大ニジチャンスの季節ですから、行ける限り頑張りたいですね。ただ、私が突撃している地域はまだ水量が少ないので、今週の雨に期待しているところです^^
十勝本流の方も、ニジの渓に行くときに橋を渡る際には川の状況を観察するなどしていて、そろそろ気にかけ始めています。
ほんと秋はニジにアメに忙しい季節ですね^^

投稿: アカガレイ | 2012年9月26日 (水) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/47200679

この記事へのトラックバック一覧です: 私はガイド専属の方が良いのかな???(120923釣行記):

« う~ん・・・イマイチ・・・、思惑が外れた(120916釣行記) | トップページ | 遅~い夏休み(2012道南遠征PART2-プロローグ) »