« 私自身は惨敗でも、ガイドとしては優秀でしょ?(120908釣行記) | トップページ | う~ん・・・イマイチ・・・、思惑が外れた(120916釣行記) »

2012年9月18日 (火)

この渓はあれだけ雨が降っても渇水で・・・(泣)(120915、120917釣行記)

さて、9月の3連休。私のrvcarが鹿に破壊された1周年にあたるのですが、本来なら休みを取って道南へ・・・の予定だったのですが、仕事が立て込んでいて休みが取れませんでしたcrying
というわけで、いつものとおり十勝のあの渓を中心にしました。
15日(土):十勝プーさんの本流
16日(日):道南東地区ニジマスパラダイス、道南東地区大イワナの王国、十勝覆面パトカーの本流
17日(月):十勝プーさんの本流

では、今回は15日(土)、17日(月)の釣行記を。。。


十勝プーさんの本流
9月15(土)5:30-16:30
天候:晴れ 気温:15-28℃ 水温:15℃ 状況:少ない ハッチ:小型のメイフライ多い、カディス少し
ライズ:無し
釣果:ニジマス君(32㎝)1尾、オショロコマ君(20㎝)1尾、ニジマスちゃん(15-24㎝)20尾くらいweep


1209150001
車から渓を見た感じ、まだまだ平水に遠い感じの少ない水量だったので、そんな状況でも勝負になる流域へ朝一で入渓しました。この流域はちょっと水量が無い方が釣りやすいのですが・・・

1209150002
ちょっとした瀬や大場所の流れ込みから出て来るお魚は多くのチビニジちゃんとチビオショロ君。
大ニジ様はおろかニジマス君の気配もありませんweep

1209150003 1209150004
その後、この流域の期待のポイントを叩くもチビニジちゃんも含めて全く釣れません。大場所では1尾大ニジ様がゆらゆら漂っているのは見えるのですが、フライには完全無視を決め込んでいるようで・・・。
というわけで、いつものお気に入りの流域に移動しました。

1209150005
前回来た時よりは若干水量は増えていましたが、この流域で良い釣りができた時の水量と比べると全然足りません。仕方なく釣り上がるも・・・

1209150006
相変わらずのチビニジちゃんばかりで。元気で無邪気なのは可愛いのですが・・・。
でも何とか・・・

1209150007
32㎝のニジマス君が顔を見せてくれました。ただ、この流域で釣りをしていても厳しいと感じ、いろいろ考えた結果、この水量ならあの大物流域もまだ釣りできると思い、突撃することにしました

1209150008
そして、その流域の来れば大抵何らかの大物からの反応のある淵へ。
ここで、何度悔いても取り返しのつかないミスをしてしまいました・・・。上のポイントの左側の岩が突き出ているいかにもというポイントにタランチュラを流すと大物がガボッと大ニジ様が出ました。推定55㎝はあるであろう大ニジ様。ここでしっかり合わせを入れた時でした。私は写真左側の木の下に立っていたのですが、合わせを入れロッドを立てたら気にロッドとラインが絡まってしまいましたcrying
そして、アタフタしているうちに大ニジ様はフライから外れてしまいました・・・crying
ほんとポンコツ過ぎます・・・でも、フライから魚が外れず、走られたらロッドが折れていたかもしれないので、まぁ、結果オーライなのかもしれませんが、もったいな過ぎました。

このショックにめげず、次に、入ったことの無い流域に河畔林と笹薮をGPSを頼りに数100mかき分けて突撃してみました。

1209150009
そこには、いかにも大物が潜んでいそうな大淵が点在していて凄い期待を抱かされたのですが、その期待とは裏腹に生命反応がありませんでした。この日、人が入っている気配が無かったのですが、良く分からないです。この流域にまた来たい・・・と言いたいところですが、この河畔林が曲者で、私、今回脱渓時にこの河畔林で1時間ちょっと遭難していました。というのもGPSは完ぺきではなく2~3mの誤差があったのですが、この誤差で入渓時に歩いたコースが分からなくなりました。その挙句、GPSが電池切れに・・・。ほんと
大袈裟かもしれませんが、死ぬかと思いました。
教訓・・・


GPSを過信するなかれ!!

というわけで、次は17日の釣行記。

十勝プーさんの本流
9月17(月)5:30-11:30
天候:曇り時々小雨 気温:17-18℃ 水温:15℃ 状況:渇水  ハッチ:小型のメイフライ少し ライズ:無し
釣果:ホウライマス君(27㎝)、ニジマスちゃん(15-20㎝)10尾くらいcrying


1209170010
この日は、一発大物を狙ってまずは最下流域へ。まぁ、3連休最終日にこの流域は厳しいのは分かっていたので、これから秋にむけてのポイント確認の意味で歩いてみました。昨年良い思いをしたポイントも健在で、秋が楽しみになりましたhappy02ただ、この日はこの流域では全く釣れませんでしたが・・・coldsweats02

1209170011
というわけで、15日にも入ったいつもの流域へ。

1209170012
入渓してみると2日前より明らかに減水していて大渇水状態に。こうなるとチビニジ君さえシブくなっています。

1209170013
それにも負けず釣り上がりましたが、32㎝のニジマス君が顔を出したポイントもおチビちゃんだけ。
こうなると自棄になって、15日に大ニジ様をバラシた流域へ。

1209170014
渇水が進んでいたので、遡行が非常に楽でした。

1209170015
そして、写真のちょっとした淵に。何の変哲もない淵なのですが、不思議なことに、ここで釣れるお魚はどういう訳かいつも・・・

1209170016
ホウライマス君confident
この渓では他の流域も含めて、ホウライマスはまず釣れないのですがねぇ。ほんと不思議です。

1209170017
そして、リベンジをしに来た大ニジ様が住む淵へ。ここではかなり粘ってフライを流したのですが、全く反応がありませんでした。移動してしまったのか?2日前にフライに掛ったことで怯えて隠れているのか?どちらかわかりませんが、また近いうちにリベンジですね。この渓での秋の釣りのことを考えると20㎝以上増水して欲しいのですが・・・。でもリベンジのためには渇水が必須条件だし・・・悩ましいところです。

※17日の釣行記の写真は、これまでのものより綺麗になっていると思いますが、2日目(16日)の釣行でカメラをぶっ壊してしまい、急遽、新しいのを購入しました。これからは、綺麗な写真でブログをお楽しみいただけると思います。

☆今回(15、17日共通)のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
SMITH MARRYAT CMR56
DT5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー3X9ft
ティペット3X100cm

☆ヒットフライ☆

ソフトハックル#8、ヘアズイヤーニンフ#14、エルクヘアカディス#6-8、タークタランチュラ#6
アントパラシュート#12-14

|

« 私自身は惨敗でも、ガイドとしては優秀でしょ?(120908釣行記) | トップページ | う~ん・・・イマイチ・・・、思惑が外れた(120916釣行記) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/47123875

この記事へのトラックバック一覧です: この渓はあれだけ雨が降っても渇水で・・・(泣)(120915、120917釣行記):

« 私自身は惨敗でも、ガイドとしては優秀でしょ?(120908釣行記) | トップページ | う~ん・・・イマイチ・・・、思惑が外れた(120916釣行記) »