« マイホームってこんなに良かったっけ?(2012道南遠征PART1-6:120623釣行記) | トップページ | セミフライは食いが浅いのでご注意を(120630釣行記) »

2012年6月29日 (金)

久しぶりにお師匠様と茶君の沢へ(2012道南遠征PART1-7:120625釣行記)

あっという間に今回の遠征最終日。
次の日、朝から早出の仕事があるため、日が変わらないうちに極東へ戻るために15時までには高速に乗らなきゃなりません。
そんな最終日は、急な連絡にもかかわらず同行をOKしてくださったお師匠様との釣りでした。
前日までにイワナ君の釣りは満足していたので、この日は「茶君の住む小さな沢」に突撃しました。
ここは、渓の規模の割には驚くようなサイズの茶様が出ることもあるのですが、プーさんのお庭でいつも獣臭がしているちょっと怖い渓でもありますshock


道南茶君の住む小さな沢
6月24日(日)5:15-14:00
天候:晴れ 気温:13→21℃ 水温:12℃ 状況:少ない ハッチ:カディス、ユスリカ ライズ:無し
釣果:茶君(20-35㎝)15-20尾、ニジマス君(20㎝)1尾confident
※お師匠様が40UPの茶様とご対面


1206240001
お師匠様といつもの入渓点から釣り上って行きます。いつもならば、入渓点少し上からプーさん臭がしているのですが、この日は臭いは無し。プーさんはお留守のようです。
しかし、水量もただでさえ少ないのに、この日は渇水気味。
プーさんもお留守のようですが、茶君たちもお留守・・・。
という感じでしばらく何の反応も無いまま釣り上って行くと、チャラ瀬から待望のアタリが。

1206240002
あら?ニジマス君wink
道南のニジマスは十勝のニジマスとはちょっと体型が違ってて、お腹ポッチャリで黒斑点が多いのですが、まさしくその特徴を備えたニジマス君でした。
このあと、釣り上って行くも、またしばらく小さな茶ちゃんがポツポツ出て来るだけでなかなか厳しい状況が続きます。

1206240003 1206240004
そして、ちょっとした滝つぼに到着。ここの滝つぼでも無反応。過去にはこの滝つぼ近くのポイントで良いサイズの茶君や茶様が出て来たのですが、この日はダメです。。。
というわけで、まだまだガンガン釣り上って行きます。

1206240005 1206240006
そして、私がかつて釣り上ったことのないポイントまで来ると・・・

1206240007
やっと、顔を出してくれましたねwink
タランチュラをバックリ咥えてくれた茶君です。この一尾が出てからは、瀬尻や落ち込みなどから飽きない程度に茶君が顔を出してくれるようになりました。

1206240008
35㎝の茶君は体の黄色も鮮やかで本当にきれいでしたconfident
この沢の上流域は、この日が初めてでしたが、なかなか面白いポイントが多かったです。

1206240009 1206240010
巨岩がちょっとしたプールを作っていたり、苔生した石がゴロゴロしてたり。
こんな渓相だとイワナ君が出てきそうですが・・・

1206240011_2
イワナ君は全く出て来ず、顔を出すのは茶君ばかりでした。
でも、狙いの茶様にはなかなか会えません。。。

1206240012
そんな頃、お師匠様は、難しいポイントにも綺麗にフライを流されています。流石だなぁ~と思ってみていると、とあるポイントでお師匠様のフライに茶様が出ました。

1206240013
この渓の規模からは想像できない体高が立派な40UPの茶様です。お見事ですsign03
私はこの日、デカ茶様を狙いだからとデカドライ(タランチュラやスティミュレーター)オンリーで攻めていたのですが、お師匠様の使っていたフライは、この茶様を釣ったフライもですが#12くらいのビートル。
フライはデカけりゃ良いというものじゃないというのを教えられました。道南に居た頃は私も#12前後のフライを使っていましたが、十勝で釣りをするようになってから#10より小さいフライを使わなくなっていました。今回のことを思い出して、十勝でも小さなフライを使ってみようと思います。

1206240014
そんなこんなで、この日はかなり上まで釣り上りました。
ただ、脱渓点手前はもう一人で歩くのは怖すぎる渓相でshock
一人じゃなかったので気にせず釣りしていましたが。

1206240015
臭いはしなかったとは言っても、途中の河原には大きな足跡もありましたし、帰りの林道は新旧入り混じってプーさんの糞だらけ・・・shock
これだけの茶がいたのはこのプーさんに守られているからなのかもしれませんね。

というわけで、結局、この日もみっちり9時間釣りをし、楽しかった道南での3日間の釣りを終えました。
ほんと道南のイワナ君は無邪気でかわいいし、茶達はニジマスとは違ったパワフルさを持っていますし、山岳渓流の渓相は本当に美しいし・・・。道南の釣りは良いですねconfident

今の私は極東に住んでいるから、道東~十勝の渓を中心にニジ様やアメマス様を求めて釣りしていますが、やっぱり、道南の釣りの方が好きだなぁ~と改めて思いました。
今シーズンはまだまだ長いので、あと2回ほど遠征しようと思います。今回行けていないお気に入りの渓もありますしねwink

お師匠様、今回はありがとうございました。また、次回もお時間がありましたらよろしくお願いします。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
SMITH MARRYAT CMR56
DT5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー3X12ft
ティペット3X50cm(4X50㎝)

☆今回のヒットフライ☆
スティミュレーター#8、タークタランチュラ#6

|

« マイホームってこんなに良かったっけ?(2012道南遠征PART1-6:120623釣行記) | トップページ | セミフライは食いが浅いのでご注意を(120630釣行記) »

コメント

アカガレイさん こんばんは!
今頃は十勝からの帰路かな?。
道南にいらっしゃるという話は聞いておりましたが、平日の連続Up・・すっかり見逃しておりました。

道南の山岳渓流をイワナに茶マスに、素晴らしい釣果が得られて良かったですね。見覚えのある渓もたくさん出てきて、私自身しばらく入渓していない所も多く、その健在ぶりに驚きました。

ちよっと、右足首の調子が悪く本格的な山岳渓流派二の足を踏んでいましたが、是非行ってみたいと思いました。次回道南にお越しの際には、BOB亭での宴会と釣りにもタイミングが合いましたら是非ご一緒させてください。

投稿: shinya@セカンドハウス | 2012年6月30日 (土) 17時55分

 道南ハラショーですね。Part1-1は、chuel氏と3人で入ったところでしょうか?
 長期休みが取れたら行きたいっす・・・。

投稿: かます草 | 2012年6月30日 (土) 18時37分

>shinyaさん
まさしくshinyaさんがコメントされた頃は十勝に居ました。行動がバレバレですね^^;;;
今回は道南で多くの渓に行ったのでブログも長編になってしまい異例の平日連続UPとなっておりました。
久々の道南遠征はほんと良い釣りができました。特にshinyaさんもお馴染みのBOBさんに情報を頂いた渓の調子の良さに驚くとともに、魚影復活は嬉しかったです。
近々、また道南遠征を決行しようと考えておりますので、その時ご一緒できればと思います^^

投稿: アカガレイ | 2012年7月 2日 (月) 21時09分

>かます草さん
お久しぶりです。内地でいかがお過ごしでしょうか?
道南は相変わらず楽しいですね^^まさしく、PART1-1はかつて一緒に行ったあの渓です。最後の滝つぼはあの時と同じで熱いポイントでしたよ。

投稿: アカガレイ | 2012年7月 2日 (月) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/45981808

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにお師匠様と茶君の沢へ(2012道南遠征PART1-7:120625釣行記):

« マイホームってこんなに良かったっけ?(2012道南遠征PART1-6:120623釣行記) | トップページ | セミフライは食いが浅いのでご注意を(120630釣行記) »