« 苔生した石は風流ですなぁ~(2012道南遠征PART1-5:120623釣行記) | トップページ | 久しぶりにお師匠様と茶君の沢へ(2012道南遠征PART1-7:120625釣行記) »

2012年6月28日 (木)

マイホームってこんなに良かったっけ?(2012道南遠征PART1-6:120623釣行記)

遠征2日目の締めくくりは、私のホームグラウンドであったB川に突撃しました。
ここもS川と同じく、夏場は水量が少なくなるので春先が狙い目の渓なのですが、初心者でも遡行しやすい渓相で、のんびり釣りができるのであまり釣れなくても時々歩いていました。以下の写真を見てもらえれば分かりますが、渓は広葉樹に覆われており(ただしS川のように釣り難くはない)、陽があまり当たらないので夏場でもそれほど暑くないのも良いんですよね~confident

そんな感じで、この日ものんびりとした気持ちで入渓したのですが・・・


道南B川
6月23日(土)14:20-16:15
天候:晴れ 気温:16℃ 水温:13℃ 状況:平水 ハッチ:カディス多い ライズ:少ない(ポツポツ)
釣果:イワナ様(34㎝×2尾)、イワナ君(22-30㎝)20-30尾くらいlovely


1206230019
この日、3本目の渓ということもあり、もう時間は14時を過ぎています。というわけで、大物が居る魚止めの滝よりもかなり下のポイントへ入渓しました。
そして、入渓してみてビックリ。この時期にしては水量が十分にあります。今回の遠征でここまでに入ってきた渓はどこも水量が少ない~渇水気味だったのに・・・。これは良いんじゃないの?と思ったとおり・・・

1206230020
1投目でいきなり顔を出してくれたイワナ君は25㎝。
この渓では今時期、このサイズが出れば、まずまずですwink

1206230021 1206230022
というわけで、気分よく釣り上って行ったのですがなかなか遡行ペースが上がりません。というのも・・・

1206230023
次から次へとイワナ君が顔を見せてくれるし・・・


1206230024
おまけに34㎝の鰭ピンピンのプックリ体型のイワナ様もlovely
この渓の上流域ならこのサイズのイワナ様も顔を出してくれるのですが、今時期、この流域でこれほどコンディションの良いイワナ様に出会ったことが無かったのでこれまたビックリです。

1206230025
そして、またまた怪しいポイントが・・・。左側の流れ込みの下の沈み石の少し上にフライを落としてやると・・・

1206230026
再び34㎝のイワナ様。こちらも良い体型でコンディション抜群ですlovely
マイホームがしばらく来ないうちに凄いことになっていますが、これは喜ばしいことですhappy02

さて、この日入ったポイントは無邪気なイワナ君だけでなく・・・

1206230027 1206230028 1206230029 1206230030 1206230031 1206230032
美しい小さな滝が多くあります。そしてそれぞれの滝つぼには、数尾のイワナ君が溜まっていました。

こんなにイワナ君が溜まっているのなら、朝一からこの渓をしっかり攻めれば良かったです・・・。ちょっと悔いが残りました。
このように多くのイワナ君と美しい滝を手軽に楽しめるマイホーム。こんな渓が現在住んでいる極東にもあれば良いのですがねぇ・・・。

☆今回のデータ☆
TIEMCO EUFLEX XFP792
HARDY FlyWeight
DT2F(ULTRA4 FRESHWATER)
リーダー4X8ft(ブッシュマスター)
ティペット4X100cm

☆今回のヒットフライ☆
エルクヘアカディス#10-12、ビートル#12

|

« 苔生した石は風流ですなぁ~(2012道南遠征PART1-5:120623釣行記) | トップページ | 久しぶりにお師匠様と茶君の沢へ(2012道南遠征PART1-7:120625釣行記) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/45979314

この記事へのトラックバック一覧です: マイホームってこんなに良かったっけ?(2012道南遠征PART1-6:120623釣行記):

« 苔生した石は風流ですなぁ~(2012道南遠征PART1-5:120623釣行記) | トップページ | 久しぶりにお師匠様と茶君の沢へ(2012道南遠征PART1-7:120625釣行記) »