« そんな・・・アホな!!!!(111203釣行記) | トップページ | クソ寒い中・・・小さいけれどマグレの1尾(111218釣行記) »

2011年12月11日 (日)

この寒さの中でも元気ですねぇ^^(111210釣行記)

先週、おはぎの本流でリールがぶっ壊れたため不完全燃焼に終わった私weep
今週はその時のリベンジと新たに手に入れたEVOTECリールへの入魂を果たそうと意気込んでいたのですが・・・

1112100001
現地、おはぎ川に到着すると河畔も含めてこの時期としては比較的多めの雪snow
朝9時の段階で車外気温は-15℃。ダイヤモンドダストのようなもの見えています。
この極寒の中で立ち込むのか・・・とおはぎ川を橋の上から見ると、川も一面に大~小さまざまなサイズの大量の氷が流れています・・・。釣りできる状況じゃなくわざわざ朝5時に根室を発ってきたにもかかわらず引き返すことに・・・残念なようなthinkホッとしたような・・・coldsweats01
寒すぎて車から出て氷の流れる様子を撮影する気にもなれませんでしたので。

でも、このまま釣りせずに帰るのも虚しすぎるので、帰り道、道東のアメマスの渓へ立ち寄ることにしました。
行った渓は「アメマス君の第1故郷」。ここは11月上旬に来たのですが、その時アメマスの姿がほとんど見られませんでした。でも、この渓で越冬するアメマス君が居ない訳ないと思い、寝込みを襲いに行くことにしましたbleah


道東アメマス君の第1故郷
12月10日(土)10:00-13:00
天候:晴れ 気温:-6-0℃ 水温:未計測 状況:水量少ない濁りなし ハッチ:ユスリカ ライズ:無し
釣果:アメマス君(47、37、35㎝)3尾confident  ※バラシ7尾


盛期なら朝10時ごろに到着すると入渓する場所が無い渓ですが、さすがにこの時期ともなると釣り人が減っており、人気ポイントに入渓することができましたwink

1112100002 1112100003
比較的雪の少ないこの地域ですが、河原には雪が積もっていました。渓は初冬というよりは真冬の様相で、陽は照っていましたが、寒さはかなりのものでした。それでも昼前くらいには気温が上がり(と言っても0℃ですが)、釣り歩いている分には問題はありませんでした。
さて、水量の方はこの時期と言うことで、渇水に近い状態でした。こうなると瀬にはほとんど魚は居ないので、越冬場所を探す必要があります。

1112100004
越冬場所は、誰でも分かる上のようないかにもという場所。
倒木あり、木が被さり、水深がある淵。これに流れ込みがあれば言う事無しです。
結構歩きましたが、こういう場所をこの日は3ヶ所ほど見つけることができました。そして、これらの場所には11月では確認できなかったアメマス達の大きな群れが越冬しているのを発見することができました。ただ、70~80㎝級の大アメ様の姿は見えませんでしたが・・・。
そして、越冬していたアメマス君の中にはフライに反応してくれるものが少なかったですが10尾ほど居り、そのうちの3尾が記念撮影に応じてくれましたhappy02

1112100005 1112100006 1112100007
皆、産卵に参加していた形跡がありますが、大分魚体が回復していました。さび色も大分落ちて来ていましたし。そして、何よりフライを咥えてからの引きが強く、10~11月頃の産卵盛期よりも元気で良い感じでした。
3枚目の写真の50㎝には届かなかったですが47㎝のアメマス君はなかなかやり取りが楽しかったです。

1112100008
落葉に美しい結晶が付くような寒さの厳しい日でしたが、アメマス達は非常に元気でした。
おはぎの本流のアメマスには出会えませんでしたが、地元道東のアメマスに出会えたので良かったです。
この日、ここで釣りをする予定が無かったのでミッジラーバのフライなどを持っていなかったのですが、こういうフライがあればもう少し釣果が変わったような気が・・・。でも、イクラフライでも釣れたから良いかcoldsweats01

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
ORVIS Battenkill BBS Ⅱ
DT5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー3X12ft
ティペット2X100cm

☆ヒットフライ☆
イクラフライ#8

|

« そんな・・・アホな!!!!(111203釣行記) | トップページ | クソ寒い中・・・小さいけれどマグレの1尾(111218釣行記) »

コメント

こんばんは。
-15度は流石に立ち込んでの釣り何もかもシバレついてどうにもならないでしょう、だいたい釣り気分にならないでしょうね(笑)
越冬アメマス3本なかなかコンディションは良さそうですね。

投稿: BOB | 2011年12月11日 (日) 17時10分

>BOBさん
ほんと-15℃のなか立ち込んだらどうなっていたんでしょうね?おそらくBOBさんが言われるようにどうにもならなかったでしょうが、どんなことになったのかちょっと興味があります^^おそらく1投でリール、ガイドともガチガチに凍り、釣人の気力も一瞬で凍りついたと思われますが^^;;
アメマス達は意外とコンディションが良く、元気なのには驚きました。まぁ、道南のアメマス達が、海で元気に泳ぎ回っているのですから、こちらのアメマスも川の中で元気に泳いでいてもおかしくないですよね^^

投稿: アカガレイ | 2011年12月11日 (日) 22時16分

アカガレイさんこんばんは。
おはぎが駄目なら帰り道でやれるところがあるというのはいいですね。
釣果もあって裏山ですよ。
おはぎ川は氷が流れてくるようになると終焉も近いですね。
特に今週は最低気温が二桁の氷点下で日中も氷点下。
(ウェザーニュースの予報)
数日間二桁が続くと川は結氷するでしょう。
数年前におはぎ川でー15度で立ちこまないでロッドを振ったことがありますが
水についたラインがシャーベット状になりガイドは一投ごとに凍りつき釣りになりませんでしたw その時は川の3分の2が結氷していて諦めましたよ。

投稿: yamame | 2011年12月12日 (月) 21時20分

>yamameさん
おはぎ川へは今年中にもう1、2回は行きたかったのですが、厳しいですかねぇ。。。今週は日中も氷点下で、放射冷却もひどいようですものね。暖気が入ってきてほしいものです。
ガイドは凍ることは私も経験していますが、ラインがシャーベット状ってまだ経験ないです。凄い状況だったんでしょうね(*_*)

投稿: アカガレイ | 2011年12月13日 (火) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/43338127

この記事へのトラックバック一覧です: この寒さの中でも元気ですねぇ^^(111210釣行記):

« そんな・・・アホな!!!!(111203釣行記) | トップページ | クソ寒い中・・・小さいけれどマグレの1尾(111218釣行記) »