« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の8件の記事

2011年11月27日 (日)

これで正真正銘「おはぎの本流」デビューかな?(111126釣行記)

ブログをご覧の皆様なら分かる通り、私は基本的に「渓流&小物釣り師」です。
それが転勤により、道東に住むことになり、それに伴いダブハンロッドを衝動買いしました。
ただ、買ったは良いけど、こんな物欲し竿みたいな固いロッドで釣って楽しいのか?大体、本流や止水での釣りって退屈そうだし、釣れる気がしないし、釣りというよりは修行みたいで楽しそうに思えない。同じ場所でロッドを振り続けて何が楽しいんだ?と、ダブハンでの釣りや本流・止水での釣りに対してめちゃくちゃ否定的でした。
何度、ダブハンを売り払おうと思ったことか・・・。
だから、今年の春、2度ほど行きましたが、その後は行く行くと言いながら、なかなか「おはぎの本流」へ足が向きませんでした。土曜日も「おはぎの本流」へ突撃するか?「くーたろうの本流」で手堅く釣るか?悩みました。
が、意を決して「おはぎの本流」へ突撃したら・・・


おはぎの本流
11月26日(土)6:30-14:50
天候:晴れ 気温:-7-5℃ 水温:3℃
状況:東~南の風0~2m(AM)、北西の風2~4m(PM)
干満:満潮4:35(120㎝)&14:32(143㎝)、干潮9:02(88㎝)&22:02(-11㎝) 水位:1.99~2.10m
ハッチ:無し ライズ:無し ボイル:殆んど無し
釣果:アメマス様(55㎝、62㎝)各1尾happy02


行く気はしないと思っていた「おはぎの本流」ですが、ずっと気にはなってました。釣れれば楽しいんだろうと。
でも、広大過ぎてポイントがいまいち分かりません。おまけに、まだまだバックの無いポイントでのキャスティングに難のある私が釣りのできるポイントは限られてきます。
だから、この夏から秋にかけてニジマス釣りでおはぎ地方を訪れた時に、時間があれば、河畔路などを走ってポイントチェックをして、良さそうな場所をGPSやカーナビに位置を落としていました。
とりあえず、この日はそれらのポイントを順々に叩くこととしました。

1111260001
夜明けと同時に入ったポイントでは、1投毎にガイドが凍り、川からは湯気が立つくらい冷え込んでいたせいか、全く反応がありませんでした。ただ、ちょっとロッドを振ってみた感じ、流れが緩かったような気がするので、あまりパッとしないポイントなのかもしれません。
というわけで、早々に移動。2ヶ所目に入ったポイントはかなり有力なポイント。

1111260002_2 1111260003
ポイントに到着すると、右岸側には釣り人が見えるだけで10人以上います。ただ、このポイント、数を釣るなら右岸側、一発サイズを狙うなら左岸側と、とある人から聞いていたので、左岸側に入ることにしました。どうせ、右岸側に入っても私は釣れないだろうという自虐的な思いから・・・。
とりあえず、川に2歩ほど足を踏み入れ自己流スカジットキャストでフライを流し、下流に流れきったところでリトリーブを1回すると、コツンと何かが当たった気が・・・。木でもかかったかなとロッドを立てると、ダブハンではほとんど味わったことが無い、ゴンゴンという激しい生命反応が。
久々にあの歌ですhappy02
会いたかった~heart01 会いたかった~heart01 会いたかった~heart01 YESsign03 君に・・・heart01

1111260004_2 
サイズ55㎝の白っぽい綺麗なアメマス様でしたconfident
色合いからして産卵で下って来たというよりは、海から上がって来たって感じでしょうか?
このサイズなら一般的には喜ばれないのでしょうが、私はもうこのサイズでも十分です。
私自身、本流下流域で初めて釣れた魚で、おまけにそれが「おはぎの本流」だったのですから言う事無しです。

釣れたというのもありますが、ボイルも少ないながら見られるし、対岸(右岸側)でもルアーの一団が結構釣れている様子なので、しばらくこのポイントで粘ることにしました。
今回入ったポイント、岸際は水深がありましたが、沖に向かって少しずつ歩いていくと次第に水深が浅くなり、また深くなるといった感じでした。というわけで、なるべくキャスティング時のバックスペースを確保するため、行けるだけ川の中央部まで行き立ち込んで釣ることにしました。
数時間、ロッドを振り続けた時、またまた小さな当たりの後、ラインが引き出されました。これは大物が来た、と慎重にやり取りしていると、あと少しという所で外れてしまいました・・・。物干し竿のようなダブハンロッドがかなり曲がっていたので、逃した獲物はかなりだったような気が・・・。悔やまれますが、その一尾をバラシた数投後、また当たりがあり、これにもラインを少し引き出されました。しかし、今度は無事にランディング成功。

1111260005
62㎝のアメマス様でした。こちらも色白で海を行き来していると思わされる一尾でした。
やっとダブハンロッドに見合った魚に出会えましたね。写真でも、ロッドのコルク部分以外も一緒に写っていますし、リールの大きさがそれほど感じられないのでcoldsweats01

さて、このポイントでまだまだ釣りをしていたかったのですが、水量が増えて来たようで、沖へ立ち込むことが不可能になりました。というか、沖で立ち込んで釣りをしていて、岸に戻ろうとすると危うく戻れなくなるところだったのですが、何とか戻れて良かったです。これからは水位を確認しながら、釣りしなきゃならないですねthink
というわけで、またまた移動。

1111260006 1111260007_2
このポイントはかなり有望なようで到着時には多くの人が居ました。ただ、釣れている様子はありません。
とりあえず、私もロッドを振ってみましたが、風が強くなってきたのと気温が低下してきたせいか、周りの釣り人が一人二人と帰っていきます。
というわけで、私も粘らず15時ちょっと前に撤収することにしました。

1111260008

何だかんだでこの日はたった2尾しか釣れませんでした。
いろいろなブログを読んでいると、結構、チビアメ君も含めて数釣れるとの話なのですが、数は本当にサッパリでした。そして、サイズも「おはぎの本流」で60㎝台というのは小さくはないけど大きくないって感じなんでしょうが、これまで全く釣れなかった私にとっては、大きな進歩ですし、本流での釣りの楽しさがチョット分かった1日でした。
ほんと楽しかったです。ダブハンロッド、手放さなくて良かったです。
これに味を占めて、今シーズン、条件が良さそうなときは何度か行こうと思います。
それに合わせて新しいシューティングラインも買ったことですし・・・coldsweats01

☆本日のDATA☆
LOOP EVOTEC 8136-4MF
LOOP EVOTEC CLW 8twelve
LOOP OPTI RUNNNING LINE OARL32
RIO Skagit Short Head 20ft 575gr
RIO Skagit MOW Tips HEAVY 10ft Full Sinking(T14)Tip
ナイロンリーダー0X15ft
ティペット無し

☆本日のヒットフライ☆
マラブーリーチ(オリーブ)#8、マラブーミノー(ゴールデンイエロー)#8

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

哀愁の‘まりも湖’(111120釣行記)

今日で11月も残り10日ということで、私にとても厳しいあの止水の禁漁日が近づいてきました。
あの止水とは、昨年禁漁直前に突撃して1日ロッドを振り続け、チビサクラさん1尾という惨敗に終わった「まりもの止水」。
ただ、今日は前日、雨が降ってはいましたが、この時期にしては異常に気温が高くなる予報。
これは、ひょっとするんじゃないの???と言う訳で、昨年、懲りたにもかかわらず、キャスティング練習がてら突撃しました。
ちなみに、私は「まりもの止水」とは相性が悪く、今年のモンカゲ時期にも突撃しているのですが、その時は30㎝ちょっとのチビアメちゃん1尾に終わってます・・・


まりも湖
11月20日(日)8:00-13:00
天候:曇り時々晴れ 気温:5-7℃ 水温:7℃ 状況:凪 ハッチ:無し ライズ:無し ボイル:無し
釣果:アメマス君(43、40cm)2尾catface 


「まりも湖」は盛期(特にモンカゲ時期)であれば釣り人が多いので、いつも前日入りするのですが、この時期ですから前日から入る必要も無いだろうということで、根室を朝5時に発ち、「まりも湖温泉街」には8時前に到着しました。そして、いつもの通りローソンで入漁券と食料を調達し、お気に入りのボッケのポイントへ行きました。
狙いは桟橋右側・・・。

しかし、のんびりし過ぎたためか入りたいポイントには1名の先行者が・・・weep
仕方なく、桟橋左側の小島前のいつものポイントに入ることにしました。

1111200001 1111200002
ただ、このポイントも実績のある好ポイント。
とりあえず、目印を目標に沖に歩いて行きます・・・あれ、目印は???
「まりも湖」も冬の準備に入ったのか、目印のブイがありません・・・。仕方なく、勘を頼りに沖に立ち込み、ロッドを振り続ますが、全く反応がありません。おまけに、いつもと立ち位置が違うのか、根掛かりが激しく、フライがバンバン無くなります(新作フライも1投目で無くなったり・・・。)。これは困った・・・と、ふと桟橋右側を見ると釣り人が居なくなってます。
これはラッキーと、桟橋右側へ移動しました。

1111200003 1111200004
ここは今年のモンカゲ時期にロッドを振ったボッケの中でも1級ポイント。
私はここで良い思いをしたことが無いですが、いつでも釣り人が居るということは魚も居るということ。この日も、ボッケ前ではここだけ先行者が居たということは・・・。
ちょっと期待して沖に立ち込みキャストを始めました。するとビックリしたことに2投目で・・・。

1111200005
アメマス君・・・お久しぶり。
でも、産卵後ということもあってガリガリですね・・・。あとサビの方も・・・。
いわゆる・・・ガリアメ君ですねcoldsweats01
でも、この1尾でこの日のボは無くなったのでホッとしましたconfident

ただ、この1尾が釣れたあとはさっぱり生命反応がありません。
おまけに周りに釣り人はおろか観光客もほとんど居らず(ボートや遊覧船もほとんど来ない・・・)、人っ子一人いないボッケでポツンと沖に立ち込んでロッドを振っていると次第に心細くなってきました。
そんな感じですから、1尾目を釣ってから4時間ほど経って心が折れそうになってきた時・・・

1111200006
気の毒に思ってか2尾目のガリアメ君が・・・。
ほんと、産卵後でお疲れのところなのに申し訳ないですねweep

1111200007
とりあえず、2尾のガリアメ君には、これからゆっくり越冬してワカサギなどを飽食してもらって、来年6月のモンカゲ時期にもう一度顔を見せに来てほしいものですね。金アメの面影があるので、コンディションが回復したらこの2尾は素晴らしい魚体なんでしょう。

1111200008
という感じで今日は奇跡的にボは回避しました。

ただ、キャスティングの方は・・・完全に忘れてしまっていますbearing
おはぎ川に行く前にあと1、2度、「雑海藻駆除の沼」か「クッシー湖」あたりで練習しますdespair
あと新作フライも、今回は根掛かりで大半が無くなり、出来が良いのか悪いのかさっぱりわからなかったので(結局釣れたのはいつものオリーブマラブーだし・・・)、継続して試さなきゃならないです。
とりあえず、今年の「まりも湖」釣行はこれで終了とします。

☆本日のDATA☆
LOOP EVOTEC 8136-4MF
LOOP EVOTEC CLW 8twelve
LOOP OPTI RUNNNING LINE OARL32
RIO Skagit Short Head 20ft 575gr
RIO Skagit MOW Tips MEDIUM 7.5ft Floating + 2.5ft Sinking(T11)Tip
ナイロンリーダー1X15ft
ティペット無し

☆本日のヒットフライ☆
マラブーリーチ(オリーブ)#8、10

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

引っ張るフライPART1

今日は土曜日というわけで、天気が良ければ釣りに行くところですが、残念ながらrain
盛期なら無理して釣りに行きますが、今時期の条件の悪い時に行っても釣果は望めないでしょうし、第一、私の活性が落ちちゃいますから・・・coldsweats01
というわけで、今日は家でのんびりタイイングをしていました。
タイイングしたのは引っ張り系のフライ・・・所謂ストリーマー。私自身、あまり引っ張りの釣りに力を入れていないし、それほど好きでないので、フライパターンはオリーブマラブー系とウーリーバガーくらいしか持っていなかったのですが、もうちょっといろいろなパターンを持っておいた方が良いかな?と思い、手持ちのマテリアルを寄せ集めて3パターンほど巻いてみました。

こういった系統のフライを巻く人って、セミプロみたいな人や釣りの巧い人が多いと思うので、そういった人達には腹を抱えて笑われそうなくらい、下手くそなタイイングですが・・・。

ポリウイング ワカサギストリーマー#4

1111190001
HOOK:TMC700#4
THREAD:ブラック6/0
BODY:クリスタルダブ ダークヘアズイヤー、パールティンセル
TAIL:カーフテイル(イエロー)
WING:クリスタルフラッシュ、ワカサギフラッシュ、フラッシャブーグリーン

ワカサギフラッシュ以外はありあわせのマテリアルで巻いてみました。
それっぽ巻けているような気がするのですが。果たして???
「まりも湖」のスレ鱒たちが咥えてくれれば有難いのですが・・・。

ミッキーフィン#4

1111190002
HOOK:TMC700#4
THREAD:ブラック6/0
BODY:パールマイラーチューブ
WING:クリスタルフラッシュ、カーフテイル(イエロー・レッド)

アトラクターフライの有名パターンですね。
止水で使うのは厳しいのかもしれませんが、タイイングが簡単なので「おはぎ川」で使ってみようかと思い巻いてみました。

ラビットミノー#4

1111190003
HOOK:TMC700#4
THREAD:ブラック6/0
BODY:クリスタルダブ ダークヘアズイヤー、オーバルティンセル
WING:ラビットゾンカー オリーブ

これも有名なパターン。アメマスなんかはこのフライを好きそうな気がするのですが・・・。

とりあえず、これからの時期は天気が良さそう時にキャスティング練習とこれらフライの泳ぎなどを確認しにどこか止水へ行こうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

来シーズン、道南の聖地で会いましょう(111112釣行記)

前日の金曜日、仕事をさぼり3連休とした私。3日間、大ニジ様を追い求めてヤラレまくる予定だったのですが、幸運なことに1日目にマグレで大ニジ様に出会えました。
出会えた達成感で満足した私。土曜はもうガツガツニジ様を追わなくて良いと思い、来シーズンに向けた新規開拓と十勝の茶様捜索を行うことにしました。
この時期の新規開拓は魚の活性も落ちているので難しいですが、釣れなかったら仕方ないやって感じで。


チーズの本流
11月12日(土)6:00-9:20
天候:晴れ 気温:-1-8℃ 水温:未計測 状況:平水濁り少し
ハッチ:ユスリカ ライズ:無し 釣果:ボweep


1111120001 1111120002
まず最初に行った渓は、上流域では度々釣りをしている「チーズの本流」。ここの中下流域では釣りをしたことが全くないので、とりあえず入渓前に車で上から下まで2往復して入渓できそうな場所や川の状況を見て、数ヶ所のポイントを叩いてみました。しかし、全くお魚の反応がありません・・・。この渓には茶様が住んでいらっしゃるとの噂なのですが・・・。噂だけなんですかね?来シーズン、もっと状況の良い時に再調査しようと思います。
ただ、昨年、一昨年とお魚の顔が見れた上流域も無反応だったのが気になりますが・・・。

「チーズの本流」の次は「花時計の本流」へ・・・


花時計の本流
11月12日(土)10:30-11:00
天候:晴れ 気温:11-12℃ 水温:未計測 状況:平水濁り少し
ハッチ:ユスリカ、小型メイフライ ライズ:無し 釣果:ボweep


1111120003
前日に入った下流域ではなく、昨年までよく入渓していた上流域の様子を見てみました。
しかし、いつもよりも濁りがやや強かったことが影響したのか、いつもなら入渓点から小ニジ君が遊んでくれるのですが、この日はこちらも全く反応なし・・・。う~ん。。。って感じです。

というわけで、またまた移動。
今度は入渓すればここ最近、確実にボを食らう「ソフトクリームの本流」へ。
ボを食らうのに何故かって?ここでは、数年前に一度だけ良い思いをしたのでその時の思い出が忘れられないもので・・・。


ソフトクリームの本流
11月12日(土)12:00-13:30
天候:晴れ 気温:13-14℃ 水温:7℃ 状況:平水濁り無し ハッチ:無し ライズ:無し
釣果:ニジマス君(33㎝、25㎝)各1尾catface


1111120004
この渓は相変わらず中流域でも水量が少なく魚が付くようなポイントはほとんどありません。とりあえず、歩いて歩いて歩きまくって魚の居そうなポイントを探すしかありません。ただ、川石も小さく平渓なので歩きやすいのでそれほど苦にはなりません。
さて、歩きまくろうと思った入渓点から珍しいことに・・・

1111120005
25㎝のニジマス君が顔を見せてくれました。この渓で1年以上ぶりのお魚の顔。
もうここの魚は全滅してしまったのでは?と思っていたのでチョット安心しましたconfident
これに気を良くしてガンガン釣り上ってみました。

1111120006 1111120007
相変わらず平坦な渓相。そして、この日、一発目のニジ君の顔を見た後はなかなかお魚が顔を見せてくれません。そろそろ諦めて脱渓しようとしたときに、なんとかもう一尾のニジ君が現れました。

1111120008
この渓ではまずまず合格サイズの33cmのニジマス君。ジャンプ、ジャンプを繰り返し元気なニジ君でしたhappy02

さて、この日のもう一つの目的、茶様捜索ですが、まだ達成できていません。
ただ、今年は茶という魚種に全く会っていないので(道南遠征が鹿に打ち消されたため)、茶様は無理でも茶君で良いので会いたい・・・というわけで、この日最後の渓として、チビ茶が住む「幸楽ラーメンの小川」に久々に行ってみました。


幸楽ラーメンの小川
11月12日(土)14:00-15:00
天候:晴れ 気温:12-14℃ 水温:未計測 状況:平水濁り無し ハッチ:ユスリカ、メイフライ少し
ライズ:無し 釣果:茶君(15-29㎝)5尾confident


1111120009 1111120010
十勝に来てこんな小さな川へ入るのも・・・たまには悪くないでしょうcoldsweats01
ほんと前日の「プーさんの本流」等の規模と比べるとえらい違いです。こんな小さな川でも魚が住んでいる十勝は、素晴らしいところですね。う~ん、十勝に簡単に突撃できるところに住みたい・・・。
さて、この小さな小川は所々に水深のある淵があるのですが、そこにフライを放り込むと・・・

1111120011
おっ、そのお顔久々ですね。というか、今年初ですね。
「明けましておめでとうございます。そして、来シーズンまでご無沙汰するということで、良いお年をsign03

1111120012
とりあえず、泣き尺の茶君です。まぁ、茶としては可愛いサイズですが、久々だったので嬉しかったです。

1111120013
これ以外にもチビ茶君も少々出て来てくれました。
結局、小さな茶にしか会えませんでした。まぁ、茶様には来シーズン、道南の聖地で会うこととします。

この日は十勝で釣りをしているにも関わらず、大物には出会えませんでしたが、のんびりと今シーズン最後の十勝の渓流(おはぎの本流へは行く予定です)を楽しめました。
というわけで、日曜日も釣りはできる状態だったのですが、タイヤ交換もしなきゃならないということで、土曜で釣りを切り上げました。これなら金曜日さぼらなくても良かったのでは?と思われそうですが・・・coldsweats01

☆本日のおまけ☆

1111120014
「ソフトクリームの本流」に来たからには、帰りにやっぱりこのソフトクリームを食べないとhappy01
このソフトがほんと美味いんですよねぇ~delicious
いつもはストロベリーのミックスを食べるのですが、この日はシンプルにバニラのみを食べました。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
ORVIS Battenkill BBS Ⅱ
DT5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー3X12ft
ティペット3X100cm

☆ヒットフライ☆
ソフトハックル#10 イクラフライ#8-10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

今シーズンのラストチャンスで有終の美(111111釣行記)

水曜日に週末の天気予報を見ていると11日の金曜日から13日の日曜まで気温が高めに推移し、その後、一気に気温が低下する予報。この週末は今シーズンのラストチャンスと直感。
どうせなら・・・11日、仕事を休んでしまえ。この週末は義理で行かなきゃならない観楓会も予定されていましたが、元から日本シリーズに行く予定(結局、ハムが負けたから行けませんでしたが)で欠席することにしていたし、義理と大ニジ様どっちが大事?と言ったら、大ニジ様でしょうsign03
というわけで、金曜日、仕事をさぼって十勝へ行ってきました。
一発狙いということで、下流域を中心に・・・。


花時計の本流
11月11日(金)7:00-11:00
天候:晴れ 気温:-2-11℃ 水温:未計測 状況:平水濁り少し
ハッチ:ユスリカ、コカゲロウ、メイフライ ライズ:無し 釣果:ニジマス君(28-33㎝)5尾confident


まず、最初に行った渓はかつての私の十勝管内ホームで最近ご無沙汰だった「花時計の本流」。
いつもはこの渓の中流より上流に入渓するのですが、下流域で2ヶ所ほど前から気になっていたポイントがあったので、今回、突撃してみました。

1111110001
まずは1ヶ所目。入ったところからいきなり倒木付の水深のあるプールと流れ込み。
これは良いんじゃないか?と粘ってみましたが何の反応も無し。この少し上流にも良い感じのポイントがあり、それらを叩いてみたのですが、この日、ニジマスはお留守の模様。
というわけで次のポイントへ。

1111110002
2ヶ所目は気になっていたポイントは良い感じで蛇行はしていたのですが、水深が無く、あまり良いポイントではありませんでした。というわけで、少し下流へ歩いてみるとすごく良い感じのポイントが。
ここは岩盤の淵で水深もあり、流れも複雑で緩い流れと早い流れが複雑に交差しています。今年、十勝中心で釣り歩きましたが、こういう場所はきっちりフライを流すと何らかの反応があるもの。

1111110003 1111110004
やはり居ました。サイズは30㎝前後ですが、5尾集まっていたようでほぼ同じ場所から出てきました。この渓の魚らしい斑点の大きなニジ君も顔を出しました。

しかし、この後は全く反応が無く、ポイントもしばらくチャラ瀬が続きそうだったので脱渓しました。
そして、渓を変えることに。
やはりラストチャンスは大好きなあの渓で。時期的に玉砕の可能性は高いけど、一発にかけて・・・。


プーさんの本流
11月11日(金)12:30-16:00
天候:晴れ 気温:8-15℃ 水温:7℃ 状況:平水濁りなし ハッチ:ユスリカ、コカゲロウ、メイフライ
ライズ:無し 釣果:ニジマス様(51㎝)lovely


この渓のお気に入りの上流域や中流域は時期的にもうシーズンオフと考え、この日は、これまで本気で釣りをしたことが無かった下流域のポイントへ入りました。

1111110005 1111110006 1111110007 11111100081111110009
やはりこの渓は水が透き通っているし、川底の石も綺麗で最高ですsign03
そして、今回のポイント。今までちょこっとしか歩いたことが無かったのですが、本気で釣り歩いてみると1日中粘れそうな淵やプールなどのポイントがたくさんありました。ただ今回は時間的に粘れないのでプールのポイントは捨て、淵のポイントのみ攻めることにしました。
そして、とあるポイントの状況を観察していると、流れが複雑に絡み、そのうえ川底にやや大きめの石が2個ほど沈んでいるのが見えました。ここは怪しいと感じ、一旦、ティペットとフライを結び直し、その大きな石のやや上流からフライを流してやりました。すると、緩やかに不自然にインジケーターが沈んだので合わせてやると、生命反応が。ここからが、かなり楽しい時間でした。
掛った魚はなかなか姿を見せず、底へ底へ走ろうとし、それがダメだと思ったのか、今度は上流へ下流へ何度も走ります。時々、魚が付いていたと思われる大きな石の周りを回るような素振りも。
今年は、お陰様で何度か大ニジ様に出会えていたので、ここでも焦らず、心地よいリールの逆回転音とともに魚とのやり取りを楽しみながらネットインすることができました。

1111110010
51㎝のニジマス様lovely

やっぱりこの渓のニジマスが一番です。ほんとこの渓は剥製にしたいくらい綺麗な魚が多いです。
やはり渓相、川水が綺麗な川に住んでいるからなんですかね。

1111110011
顔をアップで見ると、この渓の大ニジ様特有の顎ラインが黒くなっています。
緑がかった頭、上品なオレンジほっぺも良い感じです。

1111110012
そして、尾びれを見ると、ピンとした中にも下の方が擦れています。これまた、流れの速いこの渓に住む証。

とにもかくにも、この日、この渓ではこの1尾しか釣れませんでしたが、十分です。
晩秋のラストチャンスの大ニジ様。なんて雑誌に踊らされここ数年、追い求めてきましたが念願が叶いました。
それも一番好きな渓のニジ様でlovely

1111110013
ほんと今年は十勝へニジ様を求めて通いました。そして、まだまだマグレで釣れている状態ですが50UPのニジ様にも出会え、良いシーズンでした。
そんななか、特に「プーさんの本流」へ通いましたが、前から好きだったこの渓が今年はもっと好きになった1年でした。これで、ここへの釣行は今シーズンは余程、状況が良い日が無い限り終了にしようと思ってます。何にしても、「プーさんの本流」に住むニジマスたちには感謝感謝の気持ちでいっぱいですconfident

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
ORVIS Battenkill BBS Ⅱ
DT5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー3X12ft
ティペット3X100cm

☆ヒットフライ☆
ソフトハックル#10

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

ホームと言いつつ今シーズン初入渓(111106釣行記)

この日も十勝で釣りをしたかったのですが、前日、十勝の広大な渓を歩き疲れた私。
流石に2日続けて、一発狙いで下流域を歩き回る元気はありません。かといって今時期、十勝の上流域に行ってもシーズンオフと思われ、微妙な気が。。。think
こういう時は、原点に返ってホームグラウンド。
というわけで、昨シーズン以来、久々に道東ホームの渓①に入渓することにしました。


道東ホームの渓①
11月6日(日)6:00-12:00
天候:曇り 気温:2-8℃ 水温:8℃ 状況:平水濁り少しあり ハッチ:ユスリカ少し ライズ:無し
釣果:ニジマス様(43㎝)1尾、ニジマス君(15-38㎝)20尾くらいconfident


1111060001
この流域に入渓するのはいつもこの時期で、盛期の感じが分からないのでアレですが、このホームの渓①はまずまず楽しめる渓の一つです。
この日も一投目から・・・

1111060002
イクラフライに元気に飛びつくニジマス君が「おはようsign03」と出て来てくれました。
まだ薄暗い中だったのでイクラフライが輝いています

1111060003
さて、この流域の序盤はパッと見た感じ、淵も大場所も無い岩盤底の何の変哲もない区間が続きますが、よ~く見ると・・・

1111060004
所々、底が見えない位水深のあるスリットが走っています。
このスリットが侮れなくて、ここまでやるか?って言う位丁寧にフライを流してやると、大概、1尾は良いニジマス様が何らかの反応を示してくれます。この日も・・・

1111060005
43㎝のニジマス様がスリットの中から出て来てくれましたlovely
岩盤の奥底に居たせいか、やや黒ずんでいますがお休み中だったのでしょうか?coldsweats01

1111060006
さて、岩盤ゾーンを抜けると次第に流れにも変化が見られ転石なども見られるようになってきます。
この辺りに来ると、ここぞという所から・・・

1111060007
まずまずのニジマス君や・・・

1111060008
将来のニジマス様候補の可愛らしいニジ君たちが出て来てくれます。

1111060009 1111060010
そして、脱渓点近くの大淵と小淵の大場所。特に大淵の方は昨年、一昨年とニジマス様が顔を出してくれたポイントなので油断できません。この日も大淵の方では45㎝前後と推定されるニジ様をかけたのですが私のポンコツ振りがここで発揮されバラシてしまいましたweep
でも・・・、

1111060011
うっすらピンクの側線の入った綺麗な銀ニジ君の顔は見れたので十分満足しましたconfident


さて、ニジマスたちは飽きない程度に出て来てくれたのですが、この状況・・・この渓ではおかしいのですshock

それは、ニジマスたちが出てくることではなく、アメマス達が全く出てこない状況が・・・
というわけで、去年の同じ時期にここに入渓した釣行記を読み返すと、去年はかなりアメマスが釣れている模様。というか、ニジマスよりもアメマスの方が多かったようです。
ん?記事をよ~く読むと、私、アメマスのことを『外道』って言ったり、『ニジマスじゃないのか・・・がっかり』なんて言ってるじゃないですかsign02
今年、私がアメマスに嫌われている理由が分かりました。アホマスとは言ってませんが、去年、こんな暴言を吐いていたんですね・・・weep
反省しますから、アメマス様・・・許してくださいcrying

冗談はさておき、アメマスの姿がチビアメちゃんも含めて全く見えませんでした。3日に行った渓もアメマスの姿がほとんど見えなかったのですが、ここも同じような状況。今年はほんとアメマスの遡上量がかなり少ないのは確かですね。ちょっと気になりますね。来年もこんな状況だと困ったもんです・・・。

まぁ、アメマスには会えませんでしたが多くのニジたちに出会え、ホームの渓の安定感にホッと一安心した一日でしたconfident

1111060012
ただし、この渓は入渓点まで廃道となると思われる林道を歩いて帰るのがここの難点で・・・。今はまだこの程度ですが、場所によっては道の真ん中に低木なども見え始めているので、数年後にはかなり荒れてそうで、そこを歩かなきゃならないことを考えるとshock

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
ORVIS Battenkill BBS Ⅱ
T5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー3X12ft
ティペット3X100cm

☆ヒットフライ☆
イクラフライ#8、10

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

ん?秋産卵魚?でも、なんか変・・・(111105釣行記)

3日のアメマス釣りで今年3本の指に入る惨敗を喫した私。今年はアメマスに嫌われているようです。
アメマスは・・・もう知らんpout

でも、ニジマス様には今年、そこそこ気に入られているような気がするので、この土日はニジマス達に遊んでもらうことにしました。ニジマス君たちは遊んでくれるよね???


ヒヨコの本流
11月5日(土)6:30-15:00
天候:曇り 気温:2-8℃ 水温:7℃ 状況:平水濁りなし ハッチ:メイフライ少ない ライズ:無し
釣果:ガリニジ君(41㎝、49㎝)各1尾、ニジマス君(20-37㎝)10尾くらいcatface


入渓したのは十勝屈指の難易度と私が勝手に思っている渓の一つ「ヒヨコの本流」。今年は同じように思っていた「プーさんの本流」はある程度攻略できたかな?と思っているので、来年は「ヒヨコの本流」の攻略を最大の目標に掲げています(とりあえず50UPを釣れば攻略と私では勝手に思ってます)。
この日は来シーズンに向けてのポイントの下見を兼ねての釣行です。

1111050001
まず、朝一で入渓したポイントは中上流域。あんまり好きなポイントでは無いのですが、この渓で手堅く釣るならここしかありません。この流域は所々に小さな淵があるものの、大半が上のような浅瀬。
とりあえずこの日は浅瀬を丁寧に攻めることにしました。特に所々に沈んでいる大きな石の周りを丹念に。

1111050002
その成果がすぐに表れたのか、入渓点からちょっとのところの浅瀬で41㎝のニジマス様が・・・
んん???このニジ様・・・激痩せじゃないですか・・・???
魚体のコンディションがちょっと・・・とりあえずニジマス様ではなくガリニジ君ですねcoldsweats01

1111050003
その後も似たようなポイントを丁寧に釣り上ります。

1111050004
37㎝のニジマス君。40㎝無いのですが、先ほどのガリニジ君よりも元気に走り回り力強い引きでした。
体もプックリしていますものねconfident

1111050005
そして、パーマークの残るおチビちゃんたちもポツポツ顔を見せてくれました。

1111050006
おチビちゃんたちは水深の浅いポイントから飛び出してきたのですが、上のようなちょっと水深のある場所。
気になりますよねcatface
私もちょっとここは臭いなと感じ、しつこくフライを流しました。
すると・・・小さな当たり、そしてゆったりとした動き。水中に見える魚影は良い感じのサイズに見えるのですが、手応えが???

1111050007
ランディングした魚を計測すると49㎝。泣き50㎝なのでニジマス様・・・と言いたいところですが、この魚は41㎝のガリニジ君以上に痩せています。でも立派な尾びれ。この魚がコンディション最高なら・・・悔やまれます。
この魚もガリニジ君です・・・coldsweats02

それにしてもどちらのガリニジ君もとにかく痩せてて砲弾アメマスのような体型をしています。ただ砲弾アメマスよりも引きません・・・。引きはともかく、なぜこんなに痩せているんですかね?秋産卵漁かなと思ったのですが、それにしては尾鰭がピンピンで尻鰭も綺麗なんですよね。産卵後のニジマスってもっと鰭がボロボロになっているのを春に多く見ているので、このガリニジたちが産卵後とは思えないんですよね・・・。
となると栄養不足???冬に向けて秋に食い溜めしているはずなんですが、今の時点で食い溜めが切れたとも思えないので、もとから餌が無いんですかね?でもここは十勝屈指のヒヨコの本流。なんだかよくわからないです。事情を知っている人、分かる人がいらっしゃいましたら教えてください。かなり気になります・・・。

さて、釣行に戻って、朝一のポイントでガリニジを見てちょっとテンションが下がってしまったので、栄養が豊富そうな下流域へ行くことにしました。

1111050008 1111050009
広大な下流のポイント。この流れには50UPのニジ様がゴロゴロ居り、中には70UPっていう魚も居るらしいです。
この川自体規模も大きいし、おはぎ川にも繋がっているので大物が居てもおかしくないですよね。
下流域ではこの時期でもメイフライが比較的多くハッチしていました。これだけハッチしていれば餌不足はないだろうと、釣り上って行ったのですが、良さそうな瀬や淵ともにフライを流しても何の生命反応もありません。
結局、5時間くらいこの流域を彷徨いましたが、何にも釣れませんでした・・・。

1111050010
居ない訳ないと思うんですよね。どこかに大物が居ると思うんですよ。というか、居ると思わないとこの広大な流れで釣りなんてやってられないですから・・・。まだまだ、私自身修行不足なんでしょう。
来シーズンは「ヒヨコの本流」のこういうポイントでも釣りしようと思います。一発目指して。。。
数年前の私ならこんなポイントでは釣りしようと思わなかったのですが・・・。
でも、夢があるじゃないですか。夢を見るのも悪くないですよねcoldsweats01

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
ORVIS Battenkill BBS Ⅱ
T5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー3X12ft
ティペット3X100cm

☆ヒットフライ☆
ソフトハックル#10、ヘアズイヤー#12

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アメマス君、神隠しに遭ったの???(111003釣行記)

3日の祝日は久々に釣りに行けることになったマコ君とその上司Bさんと出撃しました。
目的はこの時期旬の遡上アメマス。マコ君は3ヶ月ぶりの釣りですし、Bさんは遡上アメマスが溜まっている光景を見たことないとのことでしたので、良い釣りしてもらえればと思ったのですが・・・。
わざわざこちらに来て頂いてるんですから、道東のアメマス君、しっかりお二人をお持て成しするんだよ


道東アメマス君の第1故郷
11月3日(木)6:30-13:00
天候:晴れ 気温:2-15℃ 水温:9℃ 状況:水量少ない濁りなし ハッチ:無し ライズ:無し
釣果:ヤマメさん(20㎝)1尾、イワナ君(10-30㎝)10尾くらいcrying


1111030001
ここ2年、良い思いをしており、そして10月にまずまずの魚影を確認していた中流域に入渓しても・・・crying

1111030002
時期に関係なく、数尾はアメマス君の顔をいつも見ることができる上流域に入渓しても・・・crying

1111030003
魚が居ない訳ない下流域に入渓しても・・・crying
この日は全くダメでしたcrying
ほんと魚影を確認できたのは中流域で数ポイント、上流域では1ポイントだけ。。。

11110300041111030005

アメマス君は全く釣れず、アメマスちゃん(まだ海に降っていないと思われるのでイワナ君?)にサビの無いまずまずのヤマメさんだけ。
下流域ではよ~く瀬の中を見ると魚が居るのは確認できるのですが、全くフライへは反応せず。
というか、アメマスが溜まっているポイントでも数が少なすぎ・・・bearing
今年がおかしいのか?去年が良すぎたのか?時期が悪いのか?この渓だけがダメなのか?
私のポイント選びがポンコツなのか?
何にしても良くわかりません。ただ、このうち一つは違うことが日曜の釣りでわかりましたが・・・。

ほんと残念な結果になったのと申し訳ない気持ちでいっぱいの1日でした。釣れなかったのですが私自身は色々とトークが出来て楽しかったのですが、これでは駄目ですよね。

というか・・・道東のアメマス達、しっかりお持て成ししなさいよsign03angry
走りの時期(10月上旬)にはあれだけ居たのに、いったいどこへ行ったのでしょうかね???
今年の私、アメマスにどうも嫌われているようです。アホマスと呼んだ記憶は無いのですが・・・。

☆本日のDATA☆
SAGE LAUNCH609
SMITH MARYYAT CMR56
WF6F(Pro Series)
リーダー2X9ft
ティペット2X50cm

☆ヒットフライ☆
イクラフライ#8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »