« 哀愁の‘まりも湖’(111120釣行記) | トップページ | そんな・・・アホな!!!!(111203釣行記) »

2011年11月27日 (日)

これで正真正銘「おはぎの本流」デビューかな?(111126釣行記)

ブログをご覧の皆様なら分かる通り、私は基本的に「渓流&小物釣り師」です。
それが転勤により、道東に住むことになり、それに伴いダブハンロッドを衝動買いしました。
ただ、買ったは良いけど、こんな物欲し竿みたいな固いロッドで釣って楽しいのか?大体、本流や止水での釣りって退屈そうだし、釣れる気がしないし、釣りというよりは修行みたいで楽しそうに思えない。同じ場所でロッドを振り続けて何が楽しいんだ?と、ダブハンでの釣りや本流・止水での釣りに対してめちゃくちゃ否定的でした。
何度、ダブハンを売り払おうと思ったことか・・・。
だから、今年の春、2度ほど行きましたが、その後は行く行くと言いながら、なかなか「おはぎの本流」へ足が向きませんでした。土曜日も「おはぎの本流」へ突撃するか?「くーたろうの本流」で手堅く釣るか?悩みました。
が、意を決して「おはぎの本流」へ突撃したら・・・


おはぎの本流
11月26日(土)6:30-14:50
天候:晴れ 気温:-7-5℃ 水温:3℃
状況:東~南の風0~2m(AM)、北西の風2~4m(PM)
干満:満潮4:35(120㎝)&14:32(143㎝)、干潮9:02(88㎝)&22:02(-11㎝) 水位:1.99~2.10m
ハッチ:無し ライズ:無し ボイル:殆んど無し
釣果:アメマス様(55㎝、62㎝)各1尾happy02


行く気はしないと思っていた「おはぎの本流」ですが、ずっと気にはなってました。釣れれば楽しいんだろうと。
でも、広大過ぎてポイントがいまいち分かりません。おまけに、まだまだバックの無いポイントでのキャスティングに難のある私が釣りのできるポイントは限られてきます。
だから、この夏から秋にかけてニジマス釣りでおはぎ地方を訪れた時に、時間があれば、河畔路などを走ってポイントチェックをして、良さそうな場所をGPSやカーナビに位置を落としていました。
とりあえず、この日はそれらのポイントを順々に叩くこととしました。

1111260001
夜明けと同時に入ったポイントでは、1投毎にガイドが凍り、川からは湯気が立つくらい冷え込んでいたせいか、全く反応がありませんでした。ただ、ちょっとロッドを振ってみた感じ、流れが緩かったような気がするので、あまりパッとしないポイントなのかもしれません。
というわけで、早々に移動。2ヶ所目に入ったポイントはかなり有力なポイント。

1111260002_2 1111260003
ポイントに到着すると、右岸側には釣り人が見えるだけで10人以上います。ただ、このポイント、数を釣るなら右岸側、一発サイズを狙うなら左岸側と、とある人から聞いていたので、左岸側に入ることにしました。どうせ、右岸側に入っても私は釣れないだろうという自虐的な思いから・・・。
とりあえず、川に2歩ほど足を踏み入れ自己流スカジットキャストでフライを流し、下流に流れきったところでリトリーブを1回すると、コツンと何かが当たった気が・・・。木でもかかったかなとロッドを立てると、ダブハンではほとんど味わったことが無い、ゴンゴンという激しい生命反応が。
久々にあの歌ですhappy02
会いたかった~heart01 会いたかった~heart01 会いたかった~heart01 YESsign03 君に・・・heart01

1111260004_2 
サイズ55㎝の白っぽい綺麗なアメマス様でしたconfident
色合いからして産卵で下って来たというよりは、海から上がって来たって感じでしょうか?
このサイズなら一般的には喜ばれないのでしょうが、私はもうこのサイズでも十分です。
私自身、本流下流域で初めて釣れた魚で、おまけにそれが「おはぎの本流」だったのですから言う事無しです。

釣れたというのもありますが、ボイルも少ないながら見られるし、対岸(右岸側)でもルアーの一団が結構釣れている様子なので、しばらくこのポイントで粘ることにしました。
今回入ったポイント、岸際は水深がありましたが、沖に向かって少しずつ歩いていくと次第に水深が浅くなり、また深くなるといった感じでした。というわけで、なるべくキャスティング時のバックスペースを確保するため、行けるだけ川の中央部まで行き立ち込んで釣ることにしました。
数時間、ロッドを振り続けた時、またまた小さな当たりの後、ラインが引き出されました。これは大物が来た、と慎重にやり取りしていると、あと少しという所で外れてしまいました・・・。物干し竿のようなダブハンロッドがかなり曲がっていたので、逃した獲物はかなりだったような気が・・・。悔やまれますが、その一尾をバラシた数投後、また当たりがあり、これにもラインを少し引き出されました。しかし、今度は無事にランディング成功。

1111260005
62㎝のアメマス様でした。こちらも色白で海を行き来していると思わされる一尾でした。
やっとダブハンロッドに見合った魚に出会えましたね。写真でも、ロッドのコルク部分以外も一緒に写っていますし、リールの大きさがそれほど感じられないのでcoldsweats01

さて、このポイントでまだまだ釣りをしていたかったのですが、水量が増えて来たようで、沖へ立ち込むことが不可能になりました。というか、沖で立ち込んで釣りをしていて、岸に戻ろうとすると危うく戻れなくなるところだったのですが、何とか戻れて良かったです。これからは水位を確認しながら、釣りしなきゃならないですねthink
というわけで、またまた移動。

1111260006 1111260007_2
このポイントはかなり有望なようで到着時には多くの人が居ました。ただ、釣れている様子はありません。
とりあえず、私もロッドを振ってみましたが、風が強くなってきたのと気温が低下してきたせいか、周りの釣り人が一人二人と帰っていきます。
というわけで、私も粘らず15時ちょっと前に撤収することにしました。

1111260008

何だかんだでこの日はたった2尾しか釣れませんでした。
いろいろなブログを読んでいると、結構、チビアメ君も含めて数釣れるとの話なのですが、数は本当にサッパリでした。そして、サイズも「おはぎの本流」で60㎝台というのは小さくはないけど大きくないって感じなんでしょうが、これまで全く釣れなかった私にとっては、大きな進歩ですし、本流での釣りの楽しさがチョット分かった1日でした。
ほんと楽しかったです。ダブハンロッド、手放さなくて良かったです。
これに味を占めて、今シーズン、条件が良さそうなときは何度か行こうと思います。
それに合わせて新しいシューティングラインも買ったことですし・・・coldsweats01

☆本日のDATA☆
LOOP EVOTEC 8136-4MF
LOOP EVOTEC CLW 8twelve
LOOP OPTI RUNNNING LINE OARL32
RIO Skagit Short Head 20ft 575gr
RIO Skagit MOW Tips HEAVY 10ft Full Sinking(T14)Tip
ナイロンリーダー0X15ft
ティペット無し

☆本日のヒットフライ☆
マラブーリーチ(オリーブ)#8、マラブーミノー(ゴールデンイエロー)#8

|

« 哀愁の‘まりも湖’(111120釣行記) | トップページ | そんな・・・アホな!!!!(111203釣行記) »

コメント

こんばんわ。
シュガー改め、DAIVERです。
久しぶりに、コメントします。
ズバリ!ナイスです!
よかったですね!いよいよ、ダブハンの力を発揮ですね。サイズも全然問題ないと思います。サイズより入魂です!まだまだ、デカイのが釣れますよ!機会があれば一緒に行きたいですね。

投稿: DAIVER | 2011年11月27日 (日) 21時57分

こんばんは。
本流デビューで60UPヒットおめでとう御座います。
11月こちらではなかなか良いお魚に出逢えないので羨ましいですよ、次は数釣りとサイズUPが目標ですね。

投稿: BOB | 2011年11月28日 (月) 00時56分

おはようございます。
KETです。
おはぎの本流でGETおめでとうございます。
きれいなアメマス様ですね~
フライたくさん巻いて準備しますので、
一緒に行きましょう!!

投稿: KET | 2011年11月28日 (月) 09時42分

>DAIVERさん
まだまだキャスティングが巧くいっていないので、ダブハンの力を発揮したようなしていないような微妙ですが、やっとダブハンロッドで釣れたので感無量でした。
サイズに関しては、夢は1mですが、まぁ、欲張らずのんびりやっていこうと思います^^

投稿: アカガレイ | 2011年11月28日 (月) 18時34分

>BOBさん
道南に居た頃はこんな本流で釣りをするとは思ってもみなかったのですが、デビューしちゃいました。この日、ルアーの人たちは数釣りしていたようなので、フライで届かない所には多くのお魚が溜まっていたのかもしれないです。
確かに今時期は道南は休憩の時期かもしれないですね。茶のダムに行けば釣れるかもしれませんが、今年はプーさんが多いようなのでちょっと怖そうですし。でも、あと少しすれば淡水ではないかもしれませんが、そちらも日本海が開幕ですから、今年も一発当てちゃってください^^

投稿: アカガレイ | 2011年11月28日 (月) 18時39分

>KETさん
今回、ばっちりいくつかポイントを見てきましたので、近いうちにぜひ行きましょう!!私、完全にこの釣りにはまってしまいました^^;;;
ちなみに、今回釣ったポイントは、KETさんもご存じの場所と思いますが、春に行った場所よりも流れが緩く、私の今回のシステムで十分底をとれていました。T11でも十分底が取れるかもしれないです。フライに関してはそれほど紛失しないポイントでしたが、会ったときにでも訳は話しますが、頑丈なフックを使ったほうが良さそうです。

投稿: アカガレイ | 2011年11月28日 (月) 18時42分

アカガレイさん、おはぎ川デビューで60upは
お見事でございます。
今年はおはぎで玉砕続きのアタシからみると裏山。
おはぎ川は,やはり朝方はガイドが凍るくらいじゃないと
良くならないようですねw
これから結氷するまではいいと思いますよ。
頑張ってください。アタシはいい時期にはいけそうもないので
近場で我慢します|A`)

ところでエヴォテック#8 13.6ftのラインシステムはRIOスカジットショートとMOWの組み合わせなんですね。
575grのスカジットとT14 10ftのキャストフィールはいかがでしょうか?
私はSAGE Z-AXIS #8 13.4ftを持っているのですがラインシステムがイマイチ合わなくてここ一年は使ってません(^_^;)
同じ#8なので参考になるかもしれませんので感想をお聞かせ下さい。
今考えているのはSA社のスカジットインターミディエット500grまたはRIOスカジットフライトの500~550gr。

ティップは15ftティップだとピックアップで抜きずらいのと沈下速度がレベルラインのほうが良い理由でMOW・T11からT14またはCAPSのデイープダイバーのミドルからヘビーの10ft
 揃えたら来春におはぎ川でZ-AXISを再デビューさせ ますw

投稿: yamame | 2011年11月28日 (月) 20時42分

こんばんは!アカガレイさん。
ありゃ・・先を越されちゃいましたね・・って、今年は微妙に忙しくて十勝川には行けそうにありません。私の代わりにアメマスを釣り上げていただきありがとうございます(笑)。

アカガレイさんも基本的には山岳渓流派ですから、ポイントは狙って釣りたいですよね。十勝川は広大過ぎて、どこに魚が居ついているのか良く分からないです。数打ちゃ当たる方式では味気ないので、狙って釣りましょう。どう狙うのかと言うと、十勝川はまだまだ未開拓のポイントがたくさんあると思います。というより、今年のように台風2連発なんてことがあると、全てがリセットですから・・。昨年までのデータなんて全く当てにできません。やっぱり通って足で稼ぐしかないですよね。

そして、良いところが見つかったら、こっそり教えてくださいませ(笑)。

投稿: shinya@セカンドハウス | 2011年11月28日 (月) 21時46分

>yamameさん
この日の朝はかなり冷え込んでいたようで、ガイドは凍るは、リールは凍って回らなくなるわでどうなることかと思いました。昼前からポカポカしてきて助かりましたが…^^;;;結氷するまで行ける限り行こうと思いますが、体がもつかどうか…。アメマス達のご機嫌さえ良ければ寒くても大丈夫なのですが^^
さて、575grのスカジットとT14 10ftのキャストフィールについてですが、一言で言うと「厳しい」です。「厳しい」というのは、ピックアップで抜けない、と言うかスカジットショートヘッドが水面からスムーズに剥がれてくれません。このシステムを使うには私のロッドではパワー不足のような気がします。最近、なんとなくキャスティングが分かってきて、全くラインがロッドに合っていないのに気づきました。それで私もシステムを変えてみようということで、RIOのスカジットフライトの525grにT14 10ftのMOWTIPを試してみようかと考えています。ちなみに575grのショートヘッドでもMOWTIPが7.5ftフローティング+2.5ftシンキング(前週に阿寒湖で使っていたもの)ならば、まだ、何とかなりました。ただ、それでも厳しい感じです…。ちなみにMOWTIP T11 10ftはおはぎ川では沈みが遅く底を取るのが厳しいように感じました。ほんとは私のロッドだとT11のMOWTIPが推奨のようですが…。
おそらく私のロッドだと当初使用していたLOOPのアンダーハンド用のシステムが一番合っているのでしょうが、アンダーハンドキャスティングがさっぱり分からなくて…。。。
私もしっくりくるシステムを早く見つけたいというのが本音です。

投稿: アカガレイ | 2011年11月28日 (月) 23時57分

>shinyaさん
すみません。shinyaさんがいらっしゃらない隙に釣ってしまいました^^;;;
まさしく、私も狙ったポイントで釣りたいというのが本音です。今年はこの本流だけでなく、比較的大きめの十勝管内のニジマスの渓で瀬の釣りをしていたせいか、なんとなく流れがちょっと変わっている場所など分かるようになってきたので、そういう場所を狙うようにはしてます…が、やはりこれだけ大きい「おはぎの本流」はニジマスの渓とは違い、流れだけで魚の付き場を探し当てるのは難しいです…(>_<)
やっぱり、何度も通っていろいろあポイントを見ていかなきゃならないですね。これだけ大きな本流ですから未開拓のポイントが多くありそうです。渓を見ていると釣り人の居る場所って何ヵ所かに集中していますが、これらのポイントにしか魚が居ない訳ないですものね。良いところが見つかればこっそりお教えします^^;;;

投稿: アカガレイ | 2011年11月29日 (火) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/43161215

この記事へのトラックバック一覧です: これで正真正銘「おはぎの本流」デビューかな?(111126釣行記):

« 哀愁の‘まりも湖’(111120釣行記) | トップページ | そんな・・・アホな!!!!(111203釣行記) »