« ホームと言いつつ今シーズン初入渓(111106釣行記) | トップページ | 来シーズン、道南の聖地で会いましょう(111112釣行記) »

2011年11月13日 (日)

今シーズンのラストチャンスで有終の美(111111釣行記)

水曜日に週末の天気予報を見ていると11日の金曜日から13日の日曜まで気温が高めに推移し、その後、一気に気温が低下する予報。この週末は今シーズンのラストチャンスと直感。
どうせなら・・・11日、仕事を休んでしまえ。この週末は義理で行かなきゃならない観楓会も予定されていましたが、元から日本シリーズに行く予定(結局、ハムが負けたから行けませんでしたが)で欠席することにしていたし、義理と大ニジ様どっちが大事?と言ったら、大ニジ様でしょうsign03
というわけで、金曜日、仕事をさぼって十勝へ行ってきました。
一発狙いということで、下流域を中心に・・・。


花時計の本流
11月11日(金)7:00-11:00
天候:晴れ 気温:-2-11℃ 水温:未計測 状況:平水濁り少し
ハッチ:ユスリカ、コカゲロウ、メイフライ ライズ:無し 釣果:ニジマス君(28-33㎝)5尾confident


まず、最初に行った渓はかつての私の十勝管内ホームで最近ご無沙汰だった「花時計の本流」。
いつもはこの渓の中流より上流に入渓するのですが、下流域で2ヶ所ほど前から気になっていたポイントがあったので、今回、突撃してみました。

1111110001
まずは1ヶ所目。入ったところからいきなり倒木付の水深のあるプールと流れ込み。
これは良いんじゃないか?と粘ってみましたが何の反応も無し。この少し上流にも良い感じのポイントがあり、それらを叩いてみたのですが、この日、ニジマスはお留守の模様。
というわけで次のポイントへ。

1111110002
2ヶ所目は気になっていたポイントは良い感じで蛇行はしていたのですが、水深が無く、あまり良いポイントではありませんでした。というわけで、少し下流へ歩いてみるとすごく良い感じのポイントが。
ここは岩盤の淵で水深もあり、流れも複雑で緩い流れと早い流れが複雑に交差しています。今年、十勝中心で釣り歩きましたが、こういう場所はきっちりフライを流すと何らかの反応があるもの。

1111110003 1111110004
やはり居ました。サイズは30㎝前後ですが、5尾集まっていたようでほぼ同じ場所から出てきました。この渓の魚らしい斑点の大きなニジ君も顔を出しました。

しかし、この後は全く反応が無く、ポイントもしばらくチャラ瀬が続きそうだったので脱渓しました。
そして、渓を変えることに。
やはりラストチャンスは大好きなあの渓で。時期的に玉砕の可能性は高いけど、一発にかけて・・・。


プーさんの本流
11月11日(金)12:30-16:00
天候:晴れ 気温:8-15℃ 水温:7℃ 状況:平水濁りなし ハッチ:ユスリカ、コカゲロウ、メイフライ
ライズ:無し 釣果:ニジマス様(51㎝)lovely


この渓のお気に入りの上流域や中流域は時期的にもうシーズンオフと考え、この日は、これまで本気で釣りをしたことが無かった下流域のポイントへ入りました。

1111110005 1111110006 1111110007 11111100081111110009
やはりこの渓は水が透き通っているし、川底の石も綺麗で最高ですsign03
そして、今回のポイント。今までちょこっとしか歩いたことが無かったのですが、本気で釣り歩いてみると1日中粘れそうな淵やプールなどのポイントがたくさんありました。ただ今回は時間的に粘れないのでプールのポイントは捨て、淵のポイントのみ攻めることにしました。
そして、とあるポイントの状況を観察していると、流れが複雑に絡み、そのうえ川底にやや大きめの石が2個ほど沈んでいるのが見えました。ここは怪しいと感じ、一旦、ティペットとフライを結び直し、その大きな石のやや上流からフライを流してやりました。すると、緩やかに不自然にインジケーターが沈んだので合わせてやると、生命反応が。ここからが、かなり楽しい時間でした。
掛った魚はなかなか姿を見せず、底へ底へ走ろうとし、それがダメだと思ったのか、今度は上流へ下流へ何度も走ります。時々、魚が付いていたと思われる大きな石の周りを回るような素振りも。
今年は、お陰様で何度か大ニジ様に出会えていたので、ここでも焦らず、心地よいリールの逆回転音とともに魚とのやり取りを楽しみながらネットインすることができました。

1111110010
51㎝のニジマス様lovely

やっぱりこの渓のニジマスが一番です。ほんとこの渓は剥製にしたいくらい綺麗な魚が多いです。
やはり渓相、川水が綺麗な川に住んでいるからなんですかね。

1111110011
顔をアップで見ると、この渓の大ニジ様特有の顎ラインが黒くなっています。
緑がかった頭、上品なオレンジほっぺも良い感じです。

1111110012
そして、尾びれを見ると、ピンとした中にも下の方が擦れています。これまた、流れの速いこの渓に住む証。

とにもかくにも、この日、この渓ではこの1尾しか釣れませんでしたが、十分です。
晩秋のラストチャンスの大ニジ様。なんて雑誌に踊らされここ数年、追い求めてきましたが念願が叶いました。
それも一番好きな渓のニジ様でlovely

1111110013
ほんと今年は十勝へニジ様を求めて通いました。そして、まだまだマグレで釣れている状態ですが50UPのニジ様にも出会え、良いシーズンでした。
そんななか、特に「プーさんの本流」へ通いましたが、前から好きだったこの渓が今年はもっと好きになった1年でした。これで、ここへの釣行は今シーズンは余程、状況が良い日が無い限り終了にしようと思ってます。何にしても、「プーさんの本流」に住むニジマスたちには感謝感謝の気持ちでいっぱいですconfident

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
ORVIS Battenkill BBS Ⅱ
DT5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー3X12ft
ティペット3X100cm

☆ヒットフライ☆
ソフトハックル#10

|

« ホームと言いつつ今シーズン初入渓(111106釣行記) | トップページ | 来シーズン、道南の聖地で会いましょう(111112釣行記) »

コメント

あらあら有終の美ですかぁ!羨ましいですぅ。
こんばんは、アカガレイさん。
美事なニジ様ですね私の釣ったニジ君とは大違いです。
しかしねぇ1のぞろ目に休んでしまうとは、お見事です(笑)。

投稿: BOB | 2011年11月13日 (日) 18時14分

アカガレイさん金曜日の電話で声がはずんでいたのでデカイのをGETしたなと思ったらやっぱり50upレインボーをGET!オメー(^◇^)ノ や~
ほんとうに有終の美を飾りましたね。
後はおはぎ川のデカアメですね!
こちらは日曜日に半沈してガックリきてます
。・゚・(ノД`)・゚・。

投稿: yamame | 2011年11月14日 (月) 20時57分

>BOBさん
このニジ様はほんとたまたま釣れたんだと思います。これ以外はチビニジ君も含めて全く反応がありませんでしたから…。
言われてみればこの日ぞろ目だったんですね^^;;;
釣れたのはぞろ目で確変状態に入ったからなのかも^^

投稿: アカガレイ | 2011年11月14日 (月) 22時58分

>yamameさん
ニジマスに関しては有終の美は飾れたので思い残すことはないのですが、今年はアメマスに関しては不調です。なんとか、これからの残り少ないシーズンにアメマスでも有終の美を飾りたいものです。
先日はせっかくご連絡いただいたのに、ご一緒できなくて申し訳ありませんでした。これに懲りずまた声をお掛けください。
鬼様で有終の美を飾られたyamameさんから再来週以降にご連絡があるのを楽しみにしています^^

投稿: アカガレイ | 2011年11月14日 (月) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/42993170

この記事へのトラックバック一覧です: 今シーズンのラストチャンスで有終の美(111111釣行記):

« ホームと言いつつ今シーズン初入渓(111106釣行記) | トップページ | 来シーズン、道南の聖地で会いましょう(111112釣行記) »