« ん?秋産卵魚?でも、なんか変・・・(111105釣行記) | トップページ | 今シーズンのラストチャンスで有終の美(111111釣行記) »

2011年11月 7日 (月)

ホームと言いつつ今シーズン初入渓(111106釣行記)

この日も十勝で釣りをしたかったのですが、前日、十勝の広大な渓を歩き疲れた私。
流石に2日続けて、一発狙いで下流域を歩き回る元気はありません。かといって今時期、十勝の上流域に行ってもシーズンオフと思われ、微妙な気が。。。think
こういう時は、原点に返ってホームグラウンド。
というわけで、昨シーズン以来、久々に道東ホームの渓①に入渓することにしました。


道東ホームの渓①
11月6日(日)6:00-12:00
天候:曇り 気温:2-8℃ 水温:8℃ 状況:平水濁り少しあり ハッチ:ユスリカ少し ライズ:無し
釣果:ニジマス様(43㎝)1尾、ニジマス君(15-38㎝)20尾くらいconfident


1111060001
この流域に入渓するのはいつもこの時期で、盛期の感じが分からないのでアレですが、このホームの渓①はまずまず楽しめる渓の一つです。
この日も一投目から・・・

1111060002
イクラフライに元気に飛びつくニジマス君が「おはようsign03」と出て来てくれました。
まだ薄暗い中だったのでイクラフライが輝いています

1111060003
さて、この流域の序盤はパッと見た感じ、淵も大場所も無い岩盤底の何の変哲もない区間が続きますが、よ~く見ると・・・

1111060004
所々、底が見えない位水深のあるスリットが走っています。
このスリットが侮れなくて、ここまでやるか?って言う位丁寧にフライを流してやると、大概、1尾は良いニジマス様が何らかの反応を示してくれます。この日も・・・

1111060005
43㎝のニジマス様がスリットの中から出て来てくれましたlovely
岩盤の奥底に居たせいか、やや黒ずんでいますがお休み中だったのでしょうか?coldsweats01

1111060006
さて、岩盤ゾーンを抜けると次第に流れにも変化が見られ転石なども見られるようになってきます。
この辺りに来ると、ここぞという所から・・・

1111060007
まずまずのニジマス君や・・・

1111060008
将来のニジマス様候補の可愛らしいニジ君たちが出て来てくれます。

1111060009 1111060010
そして、脱渓点近くの大淵と小淵の大場所。特に大淵の方は昨年、一昨年とニジマス様が顔を出してくれたポイントなので油断できません。この日も大淵の方では45㎝前後と推定されるニジ様をかけたのですが私のポンコツ振りがここで発揮されバラシてしまいましたweep
でも・・・、

1111060011
うっすらピンクの側線の入った綺麗な銀ニジ君の顔は見れたので十分満足しましたconfident


さて、ニジマスたちは飽きない程度に出て来てくれたのですが、この状況・・・この渓ではおかしいのですshock

それは、ニジマスたちが出てくることではなく、アメマス達が全く出てこない状況が・・・
というわけで、去年の同じ時期にここに入渓した釣行記を読み返すと、去年はかなりアメマスが釣れている模様。というか、ニジマスよりもアメマスの方が多かったようです。
ん?記事をよ~く読むと、私、アメマスのことを『外道』って言ったり、『ニジマスじゃないのか・・・がっかり』なんて言ってるじゃないですかsign02
今年、私がアメマスに嫌われている理由が分かりました。アホマスとは言ってませんが、去年、こんな暴言を吐いていたんですね・・・weep
反省しますから、アメマス様・・・許してくださいcrying

冗談はさておき、アメマスの姿がチビアメちゃんも含めて全く見えませんでした。3日に行った渓もアメマスの姿がほとんど見えなかったのですが、ここも同じような状況。今年はほんとアメマスの遡上量がかなり少ないのは確かですね。ちょっと気になりますね。来年もこんな状況だと困ったもんです・・・。

まぁ、アメマスには会えませんでしたが多くのニジたちに出会え、ホームの渓の安定感にホッと一安心した一日でしたconfident

1111060012
ただし、この渓は入渓点まで廃道となると思われる林道を歩いて帰るのがここの難点で・・・。今はまだこの程度ですが、場所によっては道の真ん中に低木なども見え始めているので、数年後にはかなり荒れてそうで、そこを歩かなきゃならないことを考えるとshock

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
ORVIS Battenkill BBS Ⅱ
T5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー3X12ft
ティペット3X100cm

☆ヒットフライ☆
イクラフライ#8、10

|

« ん?秋産卵魚?でも、なんか変・・・(111105釣行記) | トップページ | 今シーズンのラストチャンスで有終の美(111111釣行記) »

コメント

  うらやましいです。先日は苦行でした。
 そういえば、イクラって、サケが居ないところでも
 ニジマスさんには人気ですね。
  林道は、コワィ・

投稿: かます草 | 2011年11月 8日 (火) 22時29分

>かます草さん
この渓も昔はサケが豊富だったのですが最近は全く見なくなりました…。それでもニジたちはイクラフライに反応抜群だったのは、よほど好きなんでしょうね^^;;;

投稿: アカガレイ | 2011年11月 9日 (水) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/42916856

この記事へのトラックバック一覧です: ホームと言いつつ今シーズン初入渓(111106釣行記):

« ん?秋産卵魚?でも、なんか変・・・(111105釣行記) | トップページ | 今シーズンのラストチャンスで有終の美(111111釣行記) »