« アメマス君、神隠しに遭ったの???(111003釣行記) | トップページ | ホームと言いつつ今シーズン初入渓(111106釣行記) »

2011年11月 6日 (日)

ん?秋産卵魚?でも、なんか変・・・(111105釣行記)

3日のアメマス釣りで今年3本の指に入る惨敗を喫した私。今年はアメマスに嫌われているようです。
アメマスは・・・もう知らんpout

でも、ニジマス様には今年、そこそこ気に入られているような気がするので、この土日はニジマス達に遊んでもらうことにしました。ニジマス君たちは遊んでくれるよね???


ヒヨコの本流
11月5日(土)6:30-15:00
天候:曇り 気温:2-8℃ 水温:7℃ 状況:平水濁りなし ハッチ:メイフライ少ない ライズ:無し
釣果:ガリニジ君(41㎝、49㎝)各1尾、ニジマス君(20-37㎝)10尾くらいcatface


入渓したのは十勝屈指の難易度と私が勝手に思っている渓の一つ「ヒヨコの本流」。今年は同じように思っていた「プーさんの本流」はある程度攻略できたかな?と思っているので、来年は「ヒヨコの本流」の攻略を最大の目標に掲げています(とりあえず50UPを釣れば攻略と私では勝手に思ってます)。
この日は来シーズンに向けてのポイントの下見を兼ねての釣行です。

1111050001
まず、朝一で入渓したポイントは中上流域。あんまり好きなポイントでは無いのですが、この渓で手堅く釣るならここしかありません。この流域は所々に小さな淵があるものの、大半が上のような浅瀬。
とりあえずこの日は浅瀬を丁寧に攻めることにしました。特に所々に沈んでいる大きな石の周りを丹念に。

1111050002
その成果がすぐに表れたのか、入渓点からちょっとのところの浅瀬で41㎝のニジマス様が・・・
んん???このニジ様・・・激痩せじゃないですか・・・???
魚体のコンディションがちょっと・・・とりあえずニジマス様ではなくガリニジ君ですねcoldsweats01

1111050003
その後も似たようなポイントを丁寧に釣り上ります。

1111050004
37㎝のニジマス君。40㎝無いのですが、先ほどのガリニジ君よりも元気に走り回り力強い引きでした。
体もプックリしていますものねconfident

1111050005
そして、パーマークの残るおチビちゃんたちもポツポツ顔を見せてくれました。

1111050006
おチビちゃんたちは水深の浅いポイントから飛び出してきたのですが、上のようなちょっと水深のある場所。
気になりますよねcatface
私もちょっとここは臭いなと感じ、しつこくフライを流しました。
すると・・・小さな当たり、そしてゆったりとした動き。水中に見える魚影は良い感じのサイズに見えるのですが、手応えが???

1111050007
ランディングした魚を計測すると49㎝。泣き50㎝なのでニジマス様・・・と言いたいところですが、この魚は41㎝のガリニジ君以上に痩せています。でも立派な尾びれ。この魚がコンディション最高なら・・・悔やまれます。
この魚もガリニジ君です・・・coldsweats02

それにしてもどちらのガリニジ君もとにかく痩せてて砲弾アメマスのような体型をしています。ただ砲弾アメマスよりも引きません・・・。引きはともかく、なぜこんなに痩せているんですかね?秋産卵漁かなと思ったのですが、それにしては尾鰭がピンピンで尻鰭も綺麗なんですよね。産卵後のニジマスってもっと鰭がボロボロになっているのを春に多く見ているので、このガリニジたちが産卵後とは思えないんですよね・・・。
となると栄養不足???冬に向けて秋に食い溜めしているはずなんですが、今の時点で食い溜めが切れたとも思えないので、もとから餌が無いんですかね?でもここは十勝屈指のヒヨコの本流。なんだかよくわからないです。事情を知っている人、分かる人がいらっしゃいましたら教えてください。かなり気になります・・・。

さて、釣行に戻って、朝一のポイントでガリニジを見てちょっとテンションが下がってしまったので、栄養が豊富そうな下流域へ行くことにしました。

1111050008 1111050009
広大な下流のポイント。この流れには50UPのニジ様がゴロゴロ居り、中には70UPっていう魚も居るらしいです。
この川自体規模も大きいし、おはぎ川にも繋がっているので大物が居てもおかしくないですよね。
下流域ではこの時期でもメイフライが比較的多くハッチしていました。これだけハッチしていれば餌不足はないだろうと、釣り上って行ったのですが、良さそうな瀬や淵ともにフライを流しても何の生命反応もありません。
結局、5時間くらいこの流域を彷徨いましたが、何にも釣れませんでした・・・。

1111050010
居ない訳ないと思うんですよね。どこかに大物が居ると思うんですよ。というか、居ると思わないとこの広大な流れで釣りなんてやってられないですから・・・。まだまだ、私自身修行不足なんでしょう。
来シーズンは「ヒヨコの本流」のこういうポイントでも釣りしようと思います。一発目指して。。。
数年前の私ならこんなポイントでは釣りしようと思わなかったのですが・・・。
でも、夢があるじゃないですか。夢を見るのも悪くないですよねcoldsweats01

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
ORVIS Battenkill BBS Ⅱ
T5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー3X12ft
ティペット3X100cm

☆ヒットフライ☆
ソフトハックル#10、ヘアズイヤー#12

|

« アメマス君、神隠しに遭ったの???(111003釣行記) | トップページ | ホームと言いつつ今シーズン初入渓(111106釣行記) »

コメント

アカガレイさんこんばんは。
ひよこ川のレインボーは産卵明けの岩魚と同じで痩せて
いるのでしょうかね?
謎ですが、身長は泣き50もあるのですから記録としては大満足ですよ。(私の最近の貧果に比べると贅沢に見えますよ(^o^;)
本流は自分も何回か行きましたけど広すぎて撃沈ばかりです。でもデカ虹のロマンがあるからたまに行くのも
夢があっていいです。(鬼様釣りに似てるw)

投稿: yamame | 2011年11月 6日 (日) 22時05分

アカガレイさん、こんばんは。
痩せているからと言って格下げは、折角釣られてくれたお魚さんがかわいそうですよ。
痩せていた理由はわかりませんがお腹の辺りが急激に細くなった様な体型ですね、産卵期はこれからだと思いますが、おそらく食べ過ぎてメタボになったお腹をダイエットでもしたのでしょう(笑)

投稿: BOB | 2011年11月 7日 (月) 18時12分

>yamameさん
ほんとこのガリガリに痩せているニジマスの謎は解明したいです。鰭さえボロボロであれば、産卵だと断定できたのですが…。ほんと鰭はピンピンなんですよね。それが謎を深めていて…。
ここの下流域はすごい広いですね。そして何度も増水ごとに流れが変わっているようで、なんだか次に来たらポイントが変わっていそうで…。確かにここの下流域での釣りは鬼様釣りに似ているような気がします。釣れなくても仕方ない、釣れたら感激って感じで^^

投稿: アカガレイ | 2011年11月 7日 (月) 21時51分

>BOBさん
確かに私がプックリしているからって、痩せているニジ様を格下げするのはひどいですよね(>_<)
このニジ様はダイエットしたんですかぁ~。私もこのニジ様を見習ってダイエットしようと思います。お腹の凹み具合は羨まし過ぎですから…^^;;;

投稿: アカガレイ | 2011年11月 7日 (月) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/42895112

この記事へのトラックバック一覧です: ん?秋産卵魚?でも、なんか変・・・(111105釣行記):

« アメマス君、神隠しに遭ったの???(111003釣行記) | トップページ | ホームと言いつつ今シーズン初入渓(111106釣行記) »