« 来年のニジマス様と再会の約束を(111001釣行記) | トップページ | 秋だもの食べたいよねぇ~(111008釣行記) »

2011年10月 3日 (月)

只今、イクラスイッチOFFモード(111002釣行記)

土曜日の釣りを終え、日曜の天気予報を見たところ全道的に気温がかなり低下するだけでなく、十勝方面は朝方雨が降るとの予報。こうなるとニジ様は厳しくなっちゃいます。ただ、予報によると『道東アメマス君の故郷』の方は、雨が降らないとのこと。
この時期、アメマス達はおそらく産卵最盛期に入っているので釣りは厳しいと思ったのですが、まぁ、釣れなくても盛期に向けてのポイント確認出来ればよいかな?と思い、産卵には比較的邪魔にならないであろう中下流域を探索することにしました。前回第2故郷の様子は見に行っているので、この日は第1故郷へ入渓です。


道東アメマス君の第1故郷
10月2日(日)4:50-12:00
天候:晴れのち曇り一時小雨 気温:-1→9℃ 水温:11℃ 状況:水量少ない濁りなし
ハッチ:メイフライ少し ライズ:無し
釣果:アメマス君(35-59㎝)14尾、イワナ君(15-20㎝)20尾くらい


1110020001
去年一番良かった(私にとって)流域に入渓しました。今回も日の出時間を1時間勘違いしてしまい、明るくなるのと同時に釣り上りましたが、11月中旬並の寒気が入っためちゃくちゃ寒かったこの日、ここまで気温が下がると思っていなかったので、防寒装備ではなく初秋の服装。とにかく寒く心が折れそうになりました。陽が上がると一気に気温が上がってくれたので助かりましたが。

1110020002
さて、この流域は入渓点すぐから魚の溜まる淵やら岩盤底の浅瀬があったのですが、台風の影響からか、昨年とは大きく流筋が変わっており、これらのポイントが消滅していました。とりあえず、瀬から小さなアメマス君が「おはよう」と顔を出してくれましたが、なかなかアメマスが多数溜まっている大場所が見つかりません。

1110020003
そして、昨年、大型の魚が溜まっていた淵のポイントに到着。上の写真の淵に魚が溜まる深みが昨年は3ヶ所あったのですが、今回見た限り、そのうち2ヶ所が埋まってしまっていました。

1110020004
それでも、なんとか残っていた深みから50㎝ちょっとのアメマス君が元気にイクラフライに飛びついてくれました。下顎が少し曲がっている凛々しいオスのアメマス君。産卵への参加はこれからでしょうか?

1110020005
ちなみにこの日は12キロ歩いてポイントの確認をしました。
昨年と比較すると、右岸を流れていたのが左岸になっていたり、良いアメマスマンションになっていた倒木が無くなっていたり、昨年まで埋まっていた淵が底砂が流されて良い感じのポイントになっていたりと、いろいろな発見がありました。この渓は大水が出るとポイントが大きく変わる渓とのことですが、それを痛感しました。でも、新しいポイント開拓の楽しみができてこれはこれで良いことかな?

1110020006
さて、アメマス君の方は40㎝前後の小型のものも少しは混じりましたが・・・

1110020007 1110020008 1110020009
50㎝台のまずまず合格点のアメマス君もチラホラ顔を出してくれました。この日は最大で59㎝とアメマス様には出会えなかったのは残念ですが、イクラスイッチがあまり入っていないこの時期としてはまずまずだったかなと思います。イクラフライへ朝一の時間帯は反応してくれるアメマスが居ましたが、9時以降になるとほとんど反応してくれなくなったので・・・think

1110020010
そして、この日は、将来のアメマス様候補の可愛らしいイワナちゃんも多く顔を出しました。無邪気なこの子達が多くいるのは嬉しいことですconfident

1110020011
この日、気温はかなり低下しましたが空の雲は、まだ秋という感じではありませんし、緑もまだまだ残っています。イクラフライでアメマス釣りは、私にはまだ早いです。緑が残っているうちは、もう少しニジマス様を追い求めたいと思います。
と言いつつ、気温が下がったり、雨が降ったりしたら時期尚早とわかりつつアメマス様にお相手を願うことになるのでしょうが・・・coldsweats01

☆本日の野生動物☆

1110020012_2
まずは産卵中のシロザケ。近年、サケの漁獲量が大きく減っていますが、確かに、この日確認できたシロザケはこのペアだけでした。死にガラも転がっていないし・・・。年々、渓で見なくなっていますがほんとこのままで大丈夫なんでしょうかね???think

1110020013
お次はしつこく付きまとってきた妙に人慣れしているキタキツネ。釣り人が餌でも与えているのか人を恐れていない感じでした。あまりにもウザいので、爆竹を一発食らわせると一目散に逃げて行きましたcatface

1110020014
最後はもちろん姿は写真にないですが、プーさんの足跡。新しくはない感じですが、この渓も多いですからね。これからの時期、要注意ですね。今年はドングリも不作でプーさん出没警報が●能機関から出されているようですから・・・。注意してくださいと警報を出すだけならサルでも出来るっちゅうねんgawk

☆本日のキノコ☆

1110020015
エノキタケを発見sign03
でも、1個じゃ・・・。ただ、エノキの時期はこれからですからね。
来週以降、プーさんとともにこちらにも要注意ですねconfident

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Lamson Velocity Ⅱ
DT5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー2X9ft
ティペット2X50cm

☆ヒットフライ☆
イクラフライ#8

※今週はアメマス釣りをする予定でなかったので#6ロッドを持ち込んでいませんでしたが、案外、#5ロッドでも釣りになりますね。

|

« 来年のニジマス様と再会の約束を(111001釣行記) | トップページ | 秋だもの食べたいよねぇ~(111008釣行記) »

コメント

アカガレイさんこんばんは。
12キロ歩きとは相変わらず精力的なFFですね。
あたしなら半分の6kが限界でしょうw
産卵に入って食い気がない状況の中での泣き60は
お見事です。
今回はアメマス様ラッシュの前の肩慣らしといったところでしょうか?
でも今年はプーさんがドングリがなく異常にうろついているらしいのでくれぐれもご用心ください。

投稿: yamame | 2011年10月 4日 (火) 22時22分

>yamameさん
12キロと言っても道南のような山岳渓流とは違って、河原も広く歩きやすい渓相なので、案外楽なものですよ^^
肩慣らしというほどのものではないですが、盛期に向けて良いポイント探しの釣りでした。
山に入った感じでは確かにドングリはあまり林道などに落ちていないような気がします。ただ山葡萄は結構豊作に感じるのですが…。まぁ、プーさんも山葡萄というデザートだけでは満足できないですもんね^^;;;

投稿: アカガレイ | 2011年10月 5日 (水) 19時58分

ども、お久しぶりです。
相変わらずスゴイのん釣ってますね。
こちらの9月の道南遠征は台風直撃で非常に
残念な結果に終わりました…。
あ、でもGPSは役立ちましたよ!
脱渓点が遠い峪はペース配分が出来て、予想時間どおり到着出来、安全に釣りが楽しめました。

アカガレイさんは最近ツイてないようですが、
行動不能にならない程度にガシガシ突撃して
下さい。
ではでは~

投稿: ガーミソ | 2011年10月 6日 (木) 14時30分

>ガーミソさん
9月の道南遠征で台風直撃ということは、私が行こうとしていた時と同じ時期だったのかもしれないですね。私は台風以前に鹿直撃でしたが^^;;;
GPSがあるとほんとペース配分ができるし、あと、脱渓点までの距離が分かるので、夕方の釣りで引き返すかどうかの的確な判断ができるのでほんと便利ですよね。初めての渓での脱渓点もわかりやすいし。ほんと持っていて損ないですね♪
残り少ない今シーズン、行動不能とプーさんに注意してもう少し渓へ突撃しようと思います^^

投稿: アカガレイ | 2011年10月 6日 (木) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/42242616

この記事へのトラックバック一覧です: 只今、イクラスイッチOFFモード(111002釣行記):

« 来年のニジマス様と再会の約束を(111001釣行記) | トップページ | 秋だもの食べたいよねぇ~(111008釣行記) »