« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の7件の記事

2011年10月30日 (日)

この負けは・・・人災だぁぁぁぁ(-.-)

さて、この週末は釣りなどやっている場合ではないsign03
土曜日から始まったパリーグクライマックスシリーズ第1ステージbaseball
第1戦のチケットを確保することができたので、久々に時間ができたマコ君と一緒に参戦してきましたsmile
さて、私の今年のハム戦観戦時の勝敗は1勝4敗・・・crying
ただ、4敗はすべてバファローズ戦。唯一の1勝はライオンズ戦。
今回はライオンズ戦。そして、ファイターズの先発はダルビッシュ。負けられないし負けるわけがないsign03

1110300001 1110300002 1110300003 1110300004
というわけで、応援に行ってきました。
結果は・・・
ここで書くまでも無く、ご存じの通り・・・cryingcryingcryingcryingcrying

ダルビッシュはやや球数が多かった気もしましたが、途中までノーヒット。
7回終了まで1失点と良い感じ。さすがとしか言えない投球ですhappy01
打線の方は1回だけは、あの涌井を攻略して2点先制confident
おまけに今シーズン初の稲葉ジャンプ後の稲葉様のタイムリーbaseballhappy01

ここまでは良かったのですが・・・

8回表のライオンズの攻撃の際、ベンチからダルビッシュではなく無駄(ナシダ)監督が・・・。
ピッチャー交代???なんで???どうして???変える必要があるのよ???
大事な初戦。エースと心中でしょう。ダルビッシュが打たれて負けたら仕方ないでしょ。諦められるでしょ。
でも、結果は久が9回ツーアウトから打たれて追いつかれ、11回に榊原が打たれてTHE END・・・。
打たれたピッチャーは仕方ないと思います。長いシーズンを投げ抜き疲れもあるし、調子の悪い日もありますし。
打てない打線も仕方ない。
でもね・・・やっぱりダルビッシュを変えるのはおかしいでしょ?同点にされたのなら仕方ないけど・・・あと2回だけだったんだから。もう一度言うけど、エースが打たれたのなら諦めがつくでしょ???pout
今日も第2戦も謎な采配で負けてるし・・・。まぁ、来年から監督が変わるからこういう意味不明な采配は見なくて良くなると思うし、そうなると信じたいですね。来シーズンに期待します。

さて、当初の予定ではCS第1戦観戦後、すぐに札幌を発つ予定でしたが、札幌に1泊してマコ君と久々に飲むことにしましたbeer
本当は祝勝会の予定だったのですが、残念and愚痴会にcoldsweats01

まずは、札幌で私が良く行くお気に入りの居酒屋へ。ここは予約しないと厳しいのですが、たまたま先客の入れ替え時間と重なったようでなんとか座れました。

1110300005
ここへ来たら刺身舟盛り(1人前¥1,575)を頼むだけでお腹いっぱいになれます。これが量だけでなく、種類も多いんですよね。その日、入荷できたものが出されるので、行くたびに盛りの種類が変わります。
この日は、写真(2人前)のような感じ(半分くらい食べてしまっているので、本当はもっと盛られてます。)。
覚えているだけで、マグロ、ソイ、ブリ、ウニ、マス、サンマ、タコ、イカ、アカボヤ、エンガワ、生カキ、クジラ、甘エビ・・・あと色々あったけど忘れた。
刺身fishは美味かったし、サッポロクラシックの富良野ビンテージbeerも美味かったdelicious

1110300006
そして、2件目はマコ君おすすめのシンガポール居酒屋。
ここも点心やらトムヤムクン、辛い焼きそばなど美味かったぁ~delicious

1110300007
そして、今日は昼飯を食べてから札幌を発ったのですが、昼飯にはマジスパのスープカレーを久々に食べました。いつ食べても美味いdelicious

というわけで、今回のCSは残念な結果になりました。
負けてしまったのは無駄監督のクソ采配のせいか、負け運がみっちり付いていた私が応援に行ったせいか分かりませんが、本当に残念でした。
でも、夜の飲みは美味かったし、マジスパも食べられたし、帰りはできたばかりの道東道(夕張~占冠)も走ることができたし、マコ君としゃべり倒したし、野球以外は楽しい2日間でしたconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

晩秋の渓で落ち葉と戦う(111022釣行記)

10月も終盤に入り、今シーズンもあと数えるくらいしか釣行出来ない時期となりました(無理すれば行けるのでしょうが、快適に釣りするのは・・・)。だから、行ける限り渓に突撃したいのですが、それを阻むのが週末になるとどういう訳かrainになるという今年の天候・・・pout
この土日もrain予報・・・。本当は十勝方面か道東ホームの渓でキノコ探ししながらの釣りをしたかったのですがね。
行きたい方面は土曜の午前中から天気が崩れるとのことなので取りやめ。予報を見ていると、道東J川方面は土曜は天気が持ちそうなのであまり期待はできないのですがJ川へ行くことにしました。


道東J川
10月22日(土)6:30-13:00
天候:晴れのち曇り 気温:2→20℃ 水温:8℃ 状況:平水濁りなし ※落ち葉多い
ハッチ:カディス多いメイフライ少ない ※カメムシ大発生 ライズ:無し
釣果:ニジマス君(20-25㎝×3尾、30㎝×2尾)5尾weep


1110220001 1110220002
渓相はもうすっかり晩秋の様相となったJ川。所々に紅葉した葉が残っている木もありますが、枝が目立って寂しげな感じがします。ただ、この日は釣り始めの時の気温は2℃とかなり寒かったのですが、昼前には20℃近くまで上がり初秋のような暖かさでした。
この時期のこの川での釣りの基本は、まずサケを探すこと。サケを探して、その後ろでイクラのおこぼれに与かろうとしている大ニジ様を狙うのですが・・・。
この日は全くサケが居ません。私の住んでいる地域ならばサケが今年も少ないようなので居ないのも判るのですが、どういうことですかね???

1110220003
ちなみにこの川は至る所が上のような感じで護岸されてて、場所によっては直線化されてたりと環境破壊が進んでいるようなのでサケが見えないことも含めて、今後の行方(魚影の維持)が心配です。その割に諸事情により釣り人は右肩上がりに増加していますし・・・。
この日はサケが見つからなかったので、とりあえず瀬を中心にフライを流していたら・・・

1110220004
釣り開始後2時間たったころ、やっとニジマス君が現れました。
サケは居ないけどイクラフライで・・・coldsweats01

1110220005 1110220006
先ほどのニジ君は護岸されたポイントで釣れたので、ちょっと趣が無かったですが、この渓にも少ないですが人の手の加わっていない美しいポイントがあります。
ほんと良い感じのポイントです。
ただ、水深があまりなく、岩盤底のちょっとしたスリットに魚が付いているのですが、今回はスリットに居たのは大ニジ様ではなくニジマス君ばかりでした。

1110220007 1110220008
30㎝のニジマス君も最近買ったリールの径が大きいため小さく見えちゃいます・・・
それにしても大ニジ様はどこへ行ったのか?イクラを求めて下流域へサケを迎えに行っているんですかね?

1110220009
あと、この日は魚になかなか出会えないストレスだけでなく、この時期特有のものにも悩まされました。
上のような流れの緩い場所では特に・・・。

1110220010
それはひっきりなしに流れてくる落ち葉。そのうえちょっと風が吹くとこの量が一気に増加して、もう魚の当たりか落ち葉が引っ掛かったのかわからない状況でした。そのせいで、40㎝位の魚が掛っていたのに、落ち葉と間違え合わさなかったのでバラシてしまう始末。気づいた時には手遅れでしたが、でも毎回、魚かも?と思って合わせると釣りにならなかったような・・・何にしても大惨敗の1日でしたcrying

1110220011

結局、この日は大して釣れないまま予定より早く雲が流れて来たので昼過ぎに釣りを辞めました。片づけて車に乗った瞬間、ポツポツと・・・。なかなか良いタイミングでしたwink
それにしても空の方は完全に秋の様相。そろそろアメマス釣りに切り替えたほうが良いのでしょうが・・・。
今回は雨が降るから断念したけど、やっぱり十勝に行きたい・・・。

☆本日のおまけ☆

1110220012
岩肌を見ると、何やら小さなものがごちゃごちゅあ動いている模様。よ~く観察するとカメムシでした。
ん?カメムシがこれだけ居るということはクッシー湖へ行けば良かったのかな?と少し思いましたが、クッシー湖は実際に行ってみると、私の場合はいつもの通りウ様とヒメマスの猛攻に遇って終わったんでしょうねcoldsweats01

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Lamson Velocity Ⅱ
DT5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー3X12ft
ティペット3X100cm

☆ヒットフライ☆
イクラフライ(ピンク)#8

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

さぁ、日本一にむけて野球モード!!

先週の金曜日、鹿にぶつかり大破した愛車フォレスターが返ってきました。
ただ、今週末は道東方面は天気が安定しない模様。この時期、冷たい雨が降られると、魚の活性も釣り人の活性も落ちてしまいます。今回の雨程度なら釣りできないことはないのでしょうが、どうもイクラフライのアメマス釣りへのやる気がわかなくて・・・。かと言って天気がよくわからない状況で十勝まで行くのも・・・。
というわけで今週末は釣りを休みにしました。

まぁ、本音を言うと釣り意欲が急激に下がり、野球観戦欲が異常に上がってきたわけでthink

そんなこんなで、金曜日の晩、チケットを取り土曜のファイターズVSバファローズ戦に参戦してきました。

ただ、札幌ドームは根室からは異常に遠い・・・。強行日程での出撃です。その行程は・・・

10月15日(土)
根室(6:30)→阿寒→足寄~(道東道)~占冠→夕張→恵庭→札幌ドーム(到着時間は忘れた)rvcar
(試合開始18:00、終了21:00)baseball
→すすきので60分1本勝負lovely
→学生時代に通い倒した店で肉チャ・学ラー食すnoodle
→札幌南IC~(道央道)~千歳JC~(道東道)~夕張・占冠~(道東道)~浦幌→釧路(翌5:00)rvcar

10月16日(日)
釧路→根室rvcar

まぁ、ご覧のとおり行程は滅茶苦茶ですwobbly
現在、私、訳あって貯蓄していて金欠モードなので、今回は日帰りしようと思いました。ただ、浦幌ICを降りてからアメマスで有名な某川の横の国道を走り抜ける際、鹿だらけで・・・。数百メートルおきに鹿の群れ・・・。
返って来たばかりの車をまたぶつける訳にはいかないと思い、慎重に走っていると疲れてしまい、結局、釧路で力尽きてネカフェで仮眠することになっちゃいましたsleepy
朝一で根室出て、札幌まで走ってハムを応援したのち、すすきので1本勝負して、また根室まで走る・・・。
さすがに無理ですね。でも、すすきのに行かなければ、根室まで帰れましたね。

さて試合の方ですが・・・

1110160001 1110160002 1110160003
バファローズの先発は今シーズン1勝7敗防御率5点台の木佐貫。ハムは前日8得点もしており打線はそこそこ調子良さそうだったので勝てるかなと思ったのですが、木佐貫相手にまさかの2安打・・・。3回から8回までは3者凡退。。。これまで数えきれないくらい野球観戦してきましたが、これほど寒い試合はあまり記憶が無いくらい寒かったです。私の愛する二岡様は出てこないし・・・。
結果は悲しい0対4の完敗・・・crying
相手はクライマックスシリーズへの可能性が残っているので必死。ハムは消化試合モード。まぁ、結果はやる前からわかっていたのかもしれないですね・・・。

それにしても今年、札幌ドーム2回、大阪ドーム3回の計5回、ハムの応援に行きましたが私が突撃した試合の結果は1勝4敗と散々。私が行くと負けるような状態。。。ちなみに、現在4連敗中crying

こんな私ですが・・・

10月29日のクライマックスシリーズ第1戦のチケットを確保しましたhappy02
というわけで29日も応援に行くのですが・・・ひょっとして行かないほうが良いかもしれない???think

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

ヒヨコの本流でいつの日か・・・(111009釣行記)

10月の3連休2日目の日曜日。
前日の釣りであまり数に恵まれなかったので、大きくなくても良い。とりあえず、多くのニジ君に出会えればと思い、「ニジマスの楽園」へ突撃したのですが・・・


十勝ニジマスの楽園
10月9日(日)7:00-11:30
天候:晴れ 気温:3-16℃ 水温:6℃ 状況:平水濁りなし ハッチ:メイフライ少ない ライズ:無し
釣果:ニジマス君(20-37㎝)9尾


いつもなら林道や入渓点で睡眠をとる私ですが、山上にあるこのような渓では時期が時期だけに夜明けと同時に入渓しても寒すぎて釣りにならないと考え、前日は十勝川温泉で疲れを落とした後、ゆっくりと某道の駅で車中泊しました。
ちなみに、この道の駅の側にある居酒屋が良い店で・・・。寝る前に居酒屋で一人飲み食いbeer
こういうのも良いものですね。ほんと美味かった~happy02

1110090001 1110090002
前置きはさておき、日の出から約2時間たった7時でも気温は一桁と非常に冷え込んでいたこの日。
ほんの1ヶ月前は、入渓点からフライを浮かべればニジマス君がポンポンと飛び出て来たのですが、この日はなかなかニジ様はおろかニジ君の反応もありません。
そして、入渓してから2時間釣り歩いた時、下のような感じの流れに到達。

1110090003
案外、こういう寒い日は、陽当たりが良くて流れの緩い場所に溜まっているのかな?なんて思いながらフライを流すと、やっと顔を見せてくれました。

1110090004
30㎝のニジマス君。とりあえず、ボにならなくて良かったと一安心です。楽園でボなんて悲しすぎますからね。
そして、この一尾のあとは・・・

1110090005
20㎝台のチビニジ君がポツポツ顔を出してくれました。ただ、ここに来ると毎回、大ニジ様の姿を見ていたのですが、大ニジ様の気配が全くありません。
あまり釣れないので、この流れのすぐ上の脱渓点から出ても良かったのですが、見たい渓相があったのでそのまま釣り上ります。
見たかった渓相というのが・・・

1110090006
道南のイワナの渓と言っても分からなさそうな、紅葉に彩られた淵。この渓にはこんな感じのポイントが多く、今年は1回しか出来なかった道南遠征の鬱憤を少し晴らしました。こんな感じのポイントでイワナ君の顔を見たかったなぁ・・・。
でも、上のポイントから・・・

1110090007
この日最大のニジマス君(37㎝)が気の毒に思って出て来てくれたので良しとしますconfident
ただ、写真がブレてしまってるのが・・・bearing

1110090008
さて、まだまだ釣り上りたかったのですが、毎度書いてますが、この渓は単独では怖すぎですcoldsweats02

1110090009
そのうえ、入渓点まで私が最も嫌いなタイプの上のような林道(両脇が低い笹薮)を歩かなければなりません。
2キロちょっと歩いた林道ではこの日・・・

1110090010
プーさんの落とし物を4個発見。今年の北海道はドングリが不作とのことですが、ここのプーさんはドングリにありつけてるようですね。

とりあえず、ここの開拓は、ある人が釧路へ転勤でもしてくれたら、拉致って開拓しようと思ってますcatface

さて、「ニジマスの楽園」からプーさんに会うことなく無事に脱渓した私、十勝では「プーさんの本流」と並んでというよりは、それ以上かもしれない十勝最難関(と私が勝手に思っているだけで、巧い人はここでも関係なくビシバシ釣っているようです)の本流、「ヒヨコの本流」で一発大ニジ様を狙うことにしました。


ヒヨコの本流
10月9日(日)12:40-16:30
天候:晴れ 気温:12-16℃ 水温:12℃ 状況:平水笹濁り ハッチ:メイフライ少ない ライズ:無し
釣果:ニジマス君(20-35㎝)10-15尾


1110090011 1110090012
十勝に数ある渓の中でも私が憧れている本流の一つ。私はこれまで、度々入渓していたのですが、選んだポイントが悪かったのか?私がポンコツ過ぎるからなのか?理由は分かりませんが、ここでは新子サイズのチビニジちゃんしか釣ったことがありませんでした。おまけに中流域より下はポイント間が離れているし、来るたびに流れが変わっているし、釣り人は多いし・・・。
でも、ここの中下流域でニジマス様を釣ってこそ、一人前だと私は思っています。
ただ、この日はこれまでよりも私自身ちょっと進歩したようで、早瀬やボサ際にフライを流すと・・・

1110090013
20-30㎝ちょっとのニジマス君に出会うことができました。これまで10㎝ちょっとのチビニジちゃんしか釣ったことが無かったことを考えると大きな進歩です。

1110090014
上のポイントでは・・・

1110090015
この渓では最大の35㎝のニジマス君と出会うことができました。まぁ、出会えたといっても、このヒヨコの本流には70㎝クラスも居る訳ですから、これで満足してはいけないのですが、一歩一歩着実に前進していければと思います。

1110090016
今回、ここで釣りしてみて次回はウェットやストリーマー系のフライも試してみたいと思いました。ここの中下流域なら11月でもポカポカ陽気なら釣りになりそうなので、いろいろなフライを用意して今シーズン中にもう一度チャレンジしようと思ってます。とりあえず40㎝台のニジ様を目標に。
そして、最終的には70㎝の主ニジ様に出会えれば良いですが・・・、それは5年後くらいかなcoldsweats01

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Lamson Velocity Ⅱ
DT5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー3X12ft
ティペット3X100cm

☆ヒットフライ☆
エルクヘアカディス#8-12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

秋だもの食べたいよねぇ~(111008釣行記)

10月の3連休初日の土曜日。秋のニジマス様一発を狙って十勝へ今週も行きました。
当初、新規開拓も兼ねた渓へ行こうと出発したのですが、走っているうちに、いつもの渓のことが気になり始め、気づいたらその渓へ車を走らせていました。
またまた「プーさんの本流」での釣りです。今年、いったいここへ何回来ているのやら・・・。
自分でも呆れていますが・・・、この渓の渓相が特に好きなんですsign03


プーさんの本流
10月8日(土)5:30-15:30
天候:晴れ 気温:3-16℃ 水温:6→11℃ 状況:平水濁りなし
ハッチ:メイフライ多い  ※テントウムシ多い ライズ:少ない
釣果:ニジマス様(47㎝)1尾、ニジマス君(25-33㎝)6尾confident


1110080001
先週よりもグッと紅葉が進んだ「プーさんの本流」。
夜明けと同時に釣り上り始めましたが、晩秋ともいえるこの時期。寒すぎるし水も冷たすぎです。
夏場なら、夜明けと同時にチビニジ君がフライに出てきますが、さすがにこの日は出て来てくれませんでした。

1110080002
それでも陽が上がりきると、「おはよう」と瀬尻から30㎝のニジマス君が。シルバータイプで2年後くらいには美しいニジマス様になりそうなニジ君でした。
ドライでは厳しいだろうとウェットで朝から釣っていたのですが、この魚が出て来た頃から気温が一気に上がり、少しですがメイフライがハッチし始めているのと同時に、テントウムシが大発生し始めました。
こうなると、ドライでも釣れるんじゃないか?と考え、沈めての釣りはこれからもアメマス君相手に出来るので、今シーズンあと何回出来るかわからないドライの釣りを楽しむことにしました。

1110080003
と言いながら、この流域の大場所で沈めて釣ろうとしてしまったのですが、そこで一尾の大ニジ様(推定50㎝)がインジケータを眺めに底から上がって来て帰っていった姿を目撃・・・。その後は、全く反応がありません。これは大失敗でした。ドライで押し通せば・・・coldsweats02
というわけで、この後は、本当にドライオンリーで釣ることにするとともに、1尾しか出会えなかった朝一の流域からいったん脱渓し、いつもの流域へ・・・。

1110080004 1110080005
この渓へ来たら毎回、入渓しています。自分でも飽きないな~と思いますが、まだ飽きてませんcoldsweats01
岩肌の紅葉なんてこの時期しか見れないですからね。さて、いつもの流域なので、大体、魚の付き場が分かっているので、いつもニジ君が居る小ポイントを丹念に攻めていくと、ドライに元気に飛び出てきてくれました。

1110080006
30㎝前後の可愛いサイズですが、元気なニジ君。再来年にはニジマス様でしょうか???

1110080007
そして、この流域で私が最もお気に入りの「モンシロチョウの瀬」。流れをじっくり観察していると、流れ込みのところで一尾のチビニジ君がライズをして何やら食べているようです。そこでキャストしようとしたとき、ライズの少し下流に異変が・・・。何かなと思い観察すると、魚の背中が水面から時々出てくるのが見えます。その背中の大きさからニジマス様サイズを確信。どうも、お食事に狂っているニジマス様が居るようです。しかし、ここでうまくフライをキャストしないと、上流側のニジ君が掛ってしまう恐れが。。。
じっくり時間をかけて、チビニジ君が落ち着き、ニジマス様の捕食のタイミングに合わせてキャストすると、スッとフライが沈んだので合わせをいれると見事にヒットした模様。掛ったニジ様は元気に走り回るのですが、ジャンプを全くしません。上がって来たニジマス様を見て、ジャンプしなかったことに納得しました。

1110080008
47㎝のニジマス様lovely
私自身、ちょっと親近感を覚える、メタボ体型でハタハタのような体型をしたニジマス様。
この体つきじゃ、ジャンプは無理ですよねcoldsweats01
この渓のニジマス様らしくない不格好な姿ですが、秋の荒食い時期だから越冬にむけて必死で食い溜めしている最中なんでしょうね。

1110080009
このニジ様に出会った後は、この流域の好ポイントでも反応はありませんでした。
さて、陽も傾いてきたことからイブニングは最下流域で一発狙おうかなと思いましたが、一発狙える淵のポイントに入渓者が居ない感じだったのでイブニングはその淵とその上の瀬でやることにしました。

1110080010
先週は朝一で入った大物が住む淵。ただ、メイフライがポツポツハッチしている割にはチビニジ君のライズも見えません。しばらくキャストせずに待ってみたのですが、全くライズが起きないので痺れを切らしキャストすると・・・

1110080011
チビニジ君が1尾・・・。結局、この日もこの淵の大ニジ様に挨拶することが来できませんでしたweep
この淵のニジマス様はかなり恥ずかしがり屋のようです。どうすれば出て来てくれるんですかね???

1110080012
10月にもなると陽は短くなり、夕方4時になるともう上のような感じで一気に気温も下がってきます。
ここでの釣りはそろそろシーズンオフかな?と寂しい感じもしますが・・・、まだまだ諦めきれないので天気と相談しつつ、もう少し悪あがきしようと思います。
何とか一発、大ニジ様に会うために・・・。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Lamson Velocity Ⅱ
DT5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー2X9ft
ティペット3X100cm

☆ヒットフライ☆
ソフトハックル#10 エルクヘアカディス#10-12

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

只今、イクラスイッチOFFモード(111002釣行記)

土曜日の釣りを終え、日曜の天気予報を見たところ全道的に気温がかなり低下するだけでなく、十勝方面は朝方雨が降るとの予報。こうなるとニジ様は厳しくなっちゃいます。ただ、予報によると『道東アメマス君の故郷』の方は、雨が降らないとのこと。
この時期、アメマス達はおそらく産卵最盛期に入っているので釣りは厳しいと思ったのですが、まぁ、釣れなくても盛期に向けてのポイント確認出来ればよいかな?と思い、産卵には比較的邪魔にならないであろう中下流域を探索することにしました。前回第2故郷の様子は見に行っているので、この日は第1故郷へ入渓です。


道東アメマス君の第1故郷
10月2日(日)4:50-12:00
天候:晴れのち曇り一時小雨 気温:-1→9℃ 水温:11℃ 状況:水量少ない濁りなし
ハッチ:メイフライ少し ライズ:無し
釣果:アメマス君(35-59㎝)14尾、イワナ君(15-20㎝)20尾くらい


1110020001
去年一番良かった(私にとって)流域に入渓しました。今回も日の出時間を1時間勘違いしてしまい、明るくなるのと同時に釣り上りましたが、11月中旬並の寒気が入っためちゃくちゃ寒かったこの日、ここまで気温が下がると思っていなかったので、防寒装備ではなく初秋の服装。とにかく寒く心が折れそうになりました。陽が上がると一気に気温が上がってくれたので助かりましたが。

1110020002
さて、この流域は入渓点すぐから魚の溜まる淵やら岩盤底の浅瀬があったのですが、台風の影響からか、昨年とは大きく流筋が変わっており、これらのポイントが消滅していました。とりあえず、瀬から小さなアメマス君が「おはよう」と顔を出してくれましたが、なかなかアメマスが多数溜まっている大場所が見つかりません。

1110020003
そして、昨年、大型の魚が溜まっていた淵のポイントに到着。上の写真の淵に魚が溜まる深みが昨年は3ヶ所あったのですが、今回見た限り、そのうち2ヶ所が埋まってしまっていました。

1110020004
それでも、なんとか残っていた深みから50㎝ちょっとのアメマス君が元気にイクラフライに飛びついてくれました。下顎が少し曲がっている凛々しいオスのアメマス君。産卵への参加はこれからでしょうか?

1110020005
ちなみにこの日は12キロ歩いてポイントの確認をしました。
昨年と比較すると、右岸を流れていたのが左岸になっていたり、良いアメマスマンションになっていた倒木が無くなっていたり、昨年まで埋まっていた淵が底砂が流されて良い感じのポイントになっていたりと、いろいろな発見がありました。この渓は大水が出るとポイントが大きく変わる渓とのことですが、それを痛感しました。でも、新しいポイント開拓の楽しみができてこれはこれで良いことかな?

1110020006
さて、アメマス君の方は40㎝前後の小型のものも少しは混じりましたが・・・

1110020007 1110020008 1110020009
50㎝台のまずまず合格点のアメマス君もチラホラ顔を出してくれました。この日は最大で59㎝とアメマス様には出会えなかったのは残念ですが、イクラスイッチがあまり入っていないこの時期としてはまずまずだったかなと思います。イクラフライへ朝一の時間帯は反応してくれるアメマスが居ましたが、9時以降になるとほとんど反応してくれなくなったので・・・think

1110020010
そして、この日は、将来のアメマス様候補の可愛らしいイワナちゃんも多く顔を出しました。無邪気なこの子達が多くいるのは嬉しいことですconfident

1110020011
この日、気温はかなり低下しましたが空の雲は、まだ秋という感じではありませんし、緑もまだまだ残っています。イクラフライでアメマス釣りは、私にはまだ早いです。緑が残っているうちは、もう少しニジマス様を追い求めたいと思います。
と言いつつ、気温が下がったり、雨が降ったりしたら時期尚早とわかりつつアメマス様にお相手を願うことになるのでしょうが・・・coldsweats01

☆本日の野生動物☆

1110020012_2
まずは産卵中のシロザケ。近年、サケの漁獲量が大きく減っていますが、確かに、この日確認できたシロザケはこのペアだけでした。死にガラも転がっていないし・・・。年々、渓で見なくなっていますがほんとこのままで大丈夫なんでしょうかね???think

1110020013
お次はしつこく付きまとってきた妙に人慣れしているキタキツネ。釣り人が餌でも与えているのか人を恐れていない感じでした。あまりにもウザいので、爆竹を一発食らわせると一目散に逃げて行きましたcatface

1110020014
最後はもちろん姿は写真にないですが、プーさんの足跡。新しくはない感じですが、この渓も多いですからね。これからの時期、要注意ですね。今年はドングリも不作でプーさん出没警報が●能機関から出されているようですから・・・。注意してくださいと警報を出すだけならサルでも出来るっちゅうねんgawk

☆本日のキノコ☆

1110020015
エノキタケを発見sign03
でも、1個じゃ・・・。ただ、エノキの時期はこれからですからね。
来週以降、プーさんとともにこちらにも要注意ですねconfident

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Lamson Velocity Ⅱ
DT5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー2X9ft
ティペット2X50cm

☆ヒットフライ☆
イクラフライ#8

※今週はアメマス釣りをする予定でなかったので#6ロッドを持ち込んでいませんでしたが、案外、#5ロッドでも釣りになりますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

来年のニジマス様と再会の約束を(111001釣行記)

今年1番通った、そして1番良い釣りができた「プーさんの本流」。
ここ最近は台風やらトラブルでご無沙汰となっていましたが(9月は全く来れなかった・・・)、久々に入渓することができました。2世代目のメイフライのハッチが始まっているこの時期、スーパーハッチに遭遇し、素晴らしい釣りが出来れば言うことないのですが・・・。


プーさんの本流
10月1日(土)6:00-14:00
天候:晴れのち小雨 気温:8-14℃ 水温:9℃ 状況:水量やや多い濁りなし
ハッチ:アカマダラカゲロウ他メイフライ数種 ライズ:少ない
釣果:ニジマス君(20-37㎝)20尾くらい


1110010001 1110010002
この日も前回来た時と同じコースで、まず朝一に大物の多い区間から釣り始めました。
この時期、入渓点の淵の底では、ゆらゆらしている大ニジ様が見えるのですが(見えるだけで私には釣れませんが・・・)、この日はお留守でした。ただ、ウェットを沈めてやると・・・

1110010003
30㎝ちょっとのニジ君が顔を出してくれました。このポイントはほぼ毎日のように釣り人が入っているので、普段はこのサイズも厳しいのですが、台風などの増水でリセットされたのかもしれないですね。

1110010004 1110010005 1110010006
そして、さらに釣り上っていくと、上のような大物感が漂う場所が数ヶ所あります。じっくり攻めれば立派なニジマス様に出会えるのかもしれませんが、気の短い私はちょこっとフライを流すと見切りをつけちゃってます。そのせいか、この日も出会えたお魚はニジマス君ばかり。でも、この渓なら25㎝超えてれば、そこそこロッドを曲げてくれるので私的には満足です。
ただし、来シーズンの盛期には一度、これらのポイントでじっくり粘ってみようかなと思っています。大きなプールの底には50㎝あるかないかと思われるニジ様が数尾群れている場所もあったので・・・。ちなみにこの日は、その魚の目の前にニンフやウェットを流してやったのですが、流し方が悪いのか全く反応してくれませんでしたcrying
こういうお魚は、イブニングの時には表面まで浮かんでくるんですかね???
というか、今シーズンはまだ終わっていないので、もう1回くらいこのポイントの様子を見に行くのも悪くないかも。

さて、あと少しで脱渓点という所で餌師が釣り下って来たので、いつもの流域に移動しました。

1110010007
朝一の流域もですが、ここも台風の影響はほとんどなく、流れも底砂の状況も以前来た時とほとんど変わっていませんでした。
ただし、魚の付き場は若干変わったようで、何度か40UPが出て来たポイントやいつもニジマス君がついている瀬での反応は薄かったものの、小さな落ち込みからこの日最大のニジマス君が顔を出しました。

1110010008
サイズは37㎝とニジマス君サイズでしたが、お腹パンパンでしっかり食べているようなので来年の夏には40㎝ですね。再開が楽しみな1尾ですねconfident

1110010009
いつもの流域の最大のポイントである「モンシロチョウの瀬」。前回50UPを釣ったときは、ここで多くのライズを目撃しましたが、今日は1尾しかライズしていない模様。とりあえず、そのライズの主(29㎝)を釣り、お腹の中をちょっと失礼して覗かせてもらいました。

1110010010
ヒラタカゲロウのニンフなんかも見えますが、ハエや蜂らしきものに混じってメイフライのイマージャーが。確かにこの日、ぽつぽつメイフライのハッチが見えてましたから納得です。ただ、スーパーハッチが起きるのは、これからなんでしょうね。ちなみに、この日は、夕方前から急に雨が降り出し、雨とともにポツポツ起きていたハッチが残念ながら止まってしまいましたweep

1110010011
渓の周りを見渡しても、まだまだ緑が目立っていますが、所々、紅葉していました。この日の最高気温も20℃まで届かず、短い秋の季節が到来したようです。
今年こそ秋の大物一発をこの渓で当てたいですね。ここでは今年2回まぐれ当たりで大ニジ様に出会えているので、2度あることは3度あるで・・・smile

☆この日のキノコ☆

1110010012
ムキタケが大量発生している倒木を発見sign03
喜んだのもつかの間、すべてと言って良いほど、どのムキタケも虫食いだらけ・・・crying
この日、ボリボリが群生している場所を3ヶ所も見つけたのですが、すべて腐っている始末・・・。
やはり、先週の時点で道東近辺もこれらのキノコが出ていたようです。先週、もっときっちり探せば良かったと思うと同時に、ここへ来ていれば・・・無念です。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Lamson Velocity Ⅱ
DT5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー3X9ft
ティペット3X100cm

☆ヒットフライ☆
ソフトハックル#10 エルクヘアカディス#8-10 アダムスパラシュート#12

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »