« 秋だもの食べたいよねぇ~(111008釣行記) | トップページ | さぁ、日本一にむけて野球モード!! »

2011年10月11日 (火)

ヒヨコの本流でいつの日か・・・(111009釣行記)

10月の3連休2日目の日曜日。
前日の釣りであまり数に恵まれなかったので、大きくなくても良い。とりあえず、多くのニジ君に出会えればと思い、「ニジマスの楽園」へ突撃したのですが・・・


十勝ニジマスの楽園
10月9日(日)7:00-11:30
天候:晴れ 気温:3-16℃ 水温:6℃ 状況:平水濁りなし ハッチ:メイフライ少ない ライズ:無し
釣果:ニジマス君(20-37㎝)9尾


いつもなら林道や入渓点で睡眠をとる私ですが、山上にあるこのような渓では時期が時期だけに夜明けと同時に入渓しても寒すぎて釣りにならないと考え、前日は十勝川温泉で疲れを落とした後、ゆっくりと某道の駅で車中泊しました。
ちなみに、この道の駅の側にある居酒屋が良い店で・・・。寝る前に居酒屋で一人飲み食いbeer
こういうのも良いものですね。ほんと美味かった~happy02

1110090001 1110090002
前置きはさておき、日の出から約2時間たった7時でも気温は一桁と非常に冷え込んでいたこの日。
ほんの1ヶ月前は、入渓点からフライを浮かべればニジマス君がポンポンと飛び出て来たのですが、この日はなかなかニジ様はおろかニジ君の反応もありません。
そして、入渓してから2時間釣り歩いた時、下のような感じの流れに到達。

1110090003
案外、こういう寒い日は、陽当たりが良くて流れの緩い場所に溜まっているのかな?なんて思いながらフライを流すと、やっと顔を見せてくれました。

1110090004
30㎝のニジマス君。とりあえず、ボにならなくて良かったと一安心です。楽園でボなんて悲しすぎますからね。
そして、この一尾のあとは・・・

1110090005
20㎝台のチビニジ君がポツポツ顔を出してくれました。ただ、ここに来ると毎回、大ニジ様の姿を見ていたのですが、大ニジ様の気配が全くありません。
あまり釣れないので、この流れのすぐ上の脱渓点から出ても良かったのですが、見たい渓相があったのでそのまま釣り上ります。
見たかった渓相というのが・・・

1110090006
道南のイワナの渓と言っても分からなさそうな、紅葉に彩られた淵。この渓にはこんな感じのポイントが多く、今年は1回しか出来なかった道南遠征の鬱憤を少し晴らしました。こんな感じのポイントでイワナ君の顔を見たかったなぁ・・・。
でも、上のポイントから・・・

1110090007
この日最大のニジマス君(37㎝)が気の毒に思って出て来てくれたので良しとしますconfident
ただ、写真がブレてしまってるのが・・・bearing

1110090008
さて、まだまだ釣り上りたかったのですが、毎度書いてますが、この渓は単独では怖すぎですcoldsweats02

1110090009
そのうえ、入渓点まで私が最も嫌いなタイプの上のような林道(両脇が低い笹薮)を歩かなければなりません。
2キロちょっと歩いた林道ではこの日・・・

1110090010
プーさんの落とし物を4個発見。今年の北海道はドングリが不作とのことですが、ここのプーさんはドングリにありつけてるようですね。

とりあえず、ここの開拓は、ある人が釧路へ転勤でもしてくれたら、拉致って開拓しようと思ってますcatface

さて、「ニジマスの楽園」からプーさんに会うことなく無事に脱渓した私、十勝では「プーさんの本流」と並んでというよりは、それ以上かもしれない十勝最難関(と私が勝手に思っているだけで、巧い人はここでも関係なくビシバシ釣っているようです)の本流、「ヒヨコの本流」で一発大ニジ様を狙うことにしました。


ヒヨコの本流
10月9日(日)12:40-16:30
天候:晴れ 気温:12-16℃ 水温:12℃ 状況:平水笹濁り ハッチ:メイフライ少ない ライズ:無し
釣果:ニジマス君(20-35㎝)10-15尾


1110090011 1110090012
十勝に数ある渓の中でも私が憧れている本流の一つ。私はこれまで、度々入渓していたのですが、選んだポイントが悪かったのか?私がポンコツ過ぎるからなのか?理由は分かりませんが、ここでは新子サイズのチビニジちゃんしか釣ったことがありませんでした。おまけに中流域より下はポイント間が離れているし、来るたびに流れが変わっているし、釣り人は多いし・・・。
でも、ここの中下流域でニジマス様を釣ってこそ、一人前だと私は思っています。
ただ、この日はこれまでよりも私自身ちょっと進歩したようで、早瀬やボサ際にフライを流すと・・・

1110090013
20-30㎝ちょっとのニジマス君に出会うことができました。これまで10㎝ちょっとのチビニジちゃんしか釣ったことが無かったことを考えると大きな進歩です。

1110090014
上のポイントでは・・・

1110090015
この渓では最大の35㎝のニジマス君と出会うことができました。まぁ、出会えたといっても、このヒヨコの本流には70㎝クラスも居る訳ですから、これで満足してはいけないのですが、一歩一歩着実に前進していければと思います。

1110090016
今回、ここで釣りしてみて次回はウェットやストリーマー系のフライも試してみたいと思いました。ここの中下流域なら11月でもポカポカ陽気なら釣りになりそうなので、いろいろなフライを用意して今シーズン中にもう一度チャレンジしようと思ってます。とりあえず40㎝台のニジ様を目標に。
そして、最終的には70㎝の主ニジ様に出会えれば良いですが・・・、それは5年後くらいかなcoldsweats01

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Lamson Velocity Ⅱ
DT5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー3X12ft
ティペット3X100cm

☆ヒットフライ☆
エルクヘアカディス#8-12

|

« 秋だもの食べたいよねぇ~(111008釣行記) | トップページ | さぁ、日本一にむけて野球モード!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/42447132

この記事へのトラックバック一覧です: ヒヨコの本流でいつの日か・・・(111009釣行記):

« 秋だもの食べたいよねぇ~(111008釣行記) | トップページ | さぁ、日本一にむけて野球モード!! »