« アメマス様、私に笑顔をください!!(110920釣行記) | トップページ | 秋に使いたいフライPART1 »

2011年9月25日 (日)

チャンスの順番はまだだった・・・(泣)(110925釣行記)

鹿に車を破壊されて始まった私の9連休もいよいよ最終日。
その間、家で塞ぎ込んでいたのもありますが、大雨やら台風やらで道東河川は酷い濁りを伴った大増水状態となっており、まともに釣り出来る日が少なかったのも事実で、先日のアメマス様と遊んだ日以外は釣りに行けてませんでした。
台風襲来以降、水位表を見ていましたが普段、私が突撃している渓は全く釣りにならない状況が続いていました。そして、土曜の晩も水位を見た限り厳しい感じでしたが、案外、普段水の少ない流域は増水していて良いのではないか?これはひょっとしたらチャンスが来たのでは?と思って、20㎝以上増水しているようでしたが、ムキタケの時期まで行かない予定だった「道東ホームの渓」へ行ってみました。
そこにチャンスはあったのか・・・


道東ホームの渓
9月25日(日)7:15-11:15
天候:曇り 気温:9-16℃ 水温:10℃ 状況:増水笹濁りきつい ハッチ:無し ライズ:無し
釣果:ニジマス君(39㎝)1尾、ニジマスちゃん(10-20㎝)20尾前後 ※殆んど15㎝サイズcrying


1109250001
上流域へは林道を長距離走る必要があるのですが、私は現在代車の身分。林道をガンガン走れるような代車ではないので慎重に慎重に進みます。ちなみに林道の方は、あちらこちら水が流れた跡がありガタガタ状態。ここ最近の大雨や台風の影響はかなりのようです。
さて、渓に降り立つと、この流域では雪代期でしか見たことのない大増水状態。入渓点すぐのポイントの河原が完全消滅しているのには驚きました。そして濁りは雪代期以上の濁り。おまけに曇天で水温10℃、気温は9℃。全くチャンスは無さそうです・・・。良い釣りは諦め、キノコを探しながら久々の渓歩きを楽しむことに・・・。

1109250002
ただ、ウェットを流してやると小さな小さなニジマスちゃんがフライを咥えてくれます。せめて25㎝くらいあれば楽しめるのですが15㎝前後では・・・

1109250003 1109250004 1109250005
それにしても、上のようないかにもというポイントからもおチビちゃんしか出て来てくれませんでした。倒木の転がっているポイントは、大物は出ないのですが、とりあえず30㎝台のニジマス君の顔はいつも見れたのですがね。ただ、このポイントはお魚よりも今日はキノコ目当てだったのですが、まだお目当てのキノコは早いようで、小さな小さな出たてのものがポツポツと見えただけでした。ただ、これらの倒木が増水で流されていなかったのには安心です。

ところで、おチビニジちゃんの中に腹が以上にパンパンの奴が居たので、お腹の中を覗いてみることにしました。その結果・・・

1109250006
大きな大きなミミズが1個と蜂らしき大きな昆虫が1個。
大雨のあとはミミズが川に流れるという話を聞いたことがありましたが、それを裏付ける良いデータが得られました。あと、蜂の方は水面で食べたのか?水中を死んで流されていたものを食べたのか?興味深いところです。水面で食べたというのならドライフライの釣りもまだ楽しめそうですが・・・。

1109250007 1109250008
さて、増水して河原が無くなってしまった流域を引き続き釣り続けていくと、かつて40UPのニジ様が出て来た小さな小さな淵に到達しました。
やはりこのポイントにはこういう悪条件でもニジマス君は付いていました。数尾のおチビちゃんをここから引き出した後、この日最大の引き。

1109250009
顔を見せてくれたのは39㎝と泣き40のニジマス君。
ただ、去年までならこの1尾でも喜べたのですが、十勝のニジマス様と比べると・・・。。。
このニジマス君、銀ピカで綺麗な魚ではあるのですがちょっとやせ気味で・・・。どうも今年のこの渓のニジマスのコンディションが良くないです。昨年まではもうちょっとコンディションが良かったんですがねshock
でも、おチビちゃんだけで1日が終わらなかっただけでも良しとします。

1109250010
それにしても、この日は厳しい釣りとなりました。まぁ、河原の蕗の倒れ方を見ると、かなり増水していたんでしょう。これだけ増水したのなら、平水に戻り濁りが取れても、しばらく底荒れの影響が残って厳しい状況が続くかもしれませんね。

さて、キノコの方はお目当てのキノコは見つけられず・・・

1109250011
良い感じのヌメリスギタケモドキがありましたが、この写真のものしか見つからなかったので、これっぽち持って帰ってもというわけでスルー・・・

1109250012
あと、転がっていた倒木にはタモギタケが。でも、ちょっと旬を過ぎていたのでスルー。。。

というわけで収穫はありませんでした。道南の方では知人の方のブログを見る限りボリボリやら様々なキノコが出ていたようですが・・・。私の探し方がまだまだアマチュアなのかもしれませんね。
ただ、エノキの小さな奴などがぽつぽつ見えていたので、10月に入ってから再度突撃しようと思っています。まぁ、その時も釣りの方は厳しそうですが・・・。

☆今回のDATA☆
Winston BoronⅢx 9.0ft#5
Lamson Velocity Ⅱ
DT5F(RIO Selective TroutⅡ)
リーダー3X9ft
ティペット3X50cm

☆ヒットフライ☆
ソフトハックル#10 イクラフライ#10

|

« アメマス様、私に笑顔をください!!(110920釣行記) | トップページ | 秋に使いたいフライPART1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/42015728

この記事へのトラックバック一覧です: チャンスの順番はまだだった・・・(泣)(110925釣行記):

« アメマス様、私に笑顔をください!!(110920釣行記) | トップページ | 秋に使いたいフライPART1 »