« スティミュレーター:カディス?バッタ?それとも??? | トップページ | りんごほっぺのニジマス君!!(110814釣行記) »

2011年8月14日 (日)

ロケットレインボーに会いたくて!!2011盛夏(110813釣行記)

十勝にはロケットレインボーと呼ばれるニジ様がいらっしゃる渓があります。
ロケットレインボーとはどんなニジ様なのか?一度で良いから出会いたいと思い3年前からこの渓に年に1回だけですが突撃しています(チョット遠くてそう簡単に行ける所じゃないので・・・)。
ただ、昨年、一昨年は9月半ばに釣行していたのですが、両年ともあまり良い釣果が得られなかったので、今年は1ヶ月ほど早い8月半ばのこの時期に突撃してみました。


ロケットの本流
8月13日(土)4:30-16:00
天候:快晴 気温:13-31℃ 水温:13℃ 状況:少ない濁りなし ハッチ:少ない
ライズ:午後から多い(午前中は全く見られず)
釣果:ニジマス君(15-34㎝)15-20尾、オショロコマ君(15-25㎝)4尾catface


1108130001
3年続けて同じポイントに入渓し、いつもと同じく夜明けと同時に釣り上りました。
入渓したポイントは入渓者が非常に多い人気の場所なのですが、人が多く入る=大ニジ様がいらっしゃる、と考え毎回ここに入渓していました。他のポイントを知らないですし・・・

1108130002
ただ、いつもと同じようにしばらく釣り上っても全く魚の反応が無く、上の大場所でやっと出て来たのが・・・

1108130003
綺麗なオショロコマ君とタランチュラを咥えていますがそのフライサイズに全く見合っていないおチビニジちゃん。

1108130004
おチビちゃんに出会った後、またしばらく釣れず、感じの良い瀬からも魚は出てきません。
そこで、この渓は入渓者が多いので、ひょっとしたら竿抜けのような変な場所に魚が居るんじゃないかと考え、いつもは流さないような小ポイントにフライを流すと・・・

1108130005 1108130006
立て続けに尺チョット超えのニジ君(32・34㎝)が2尾出てきました。
どちらもシルバーメタリックタイプのニジ君でしたが、34㎝のほうはメタボでなかなか良い魚でした。将来有望ですが、大きくなったらフライへの無邪気さを失うんでしょうねthink

11081300071108130008_2 
上のニジ君に出会った頃には、陽は完全に高く上がっており、雲一つない青空。暑すぎて少し雲が欲しいくらいです。この渓は河原が広いので日陰が無くて逃げ場が無いんですよね・・・coldsweats02
そんな暑さの中、可愛らしいオショロコマ君が顔を出してくれたのですが、このポイントはある程度釣り上るとあとはチャラ瀬しか無い流域なので、一旦、入渓点に戻って釣り下ってみることにしました。これまで釣り上りしかしていなかったので、入渓点から下流域のポイントは私にとっては初めてのポイントだったのですが・・・

1108130009_2 1108130010 1108130011
釣り下って行った流域は、ヨダレ物のポイントが多く、瀬・淵・プールといかにも大物が潜んでいそうなところが多くありました。しかし、どういう訳かドライを流そうがウェットやニンフを沈めても全く反応がありません。
暑すぎるせいなのか?それとも散々、叩かれたり、抜かれてしまっているのか?
6キロほど釣り下って全く反応が無かったので入渓点に戻ることに。

1108130012_2
しかし、入渓点まで炎天下の下、川を観察しながら河原を歩いていると、瀬尻付近でライズらしきものが・・・。
まさか?さっきは何の反応も無かったのに?とデカドライをぶち込むと・・・

1108130013 1108130014
さっきはなぜ出てこなかったの?ニジマス君?
といった感じでポツポツ姿が見え始めました。ニジ君ばかりでしたが、さすがロケットレインボーの渓。上のようなサイズでも元気いっぱいで楽しかったです。これらの魚の姿を見た後は、プールや淵などでもライズが見られるように。中には水面から50㎝以上の高さまで跳ねている魚もいましたhappy02

さて、入渓点まであと少しという所で、40前後のニジ様らしき魚をバラシてしまったのですが、その少し上の淵の底を見ると・・・

1108130015
うまく写真に写っていなかったですねcoldsweats01
上の写真をよ~く目を凝らすか、心眼で見てもらいたいのですが、確実に50UPというニジ様が2尾と40㎝台と思われるニジ様が2尾、そして30㎝以下のニジ君らしき魚が数尾、川底でゆらゆらしているのが見えます。
ここで、私にしては珍しくしばらくこの淵の魚の様子を見ることにしました(歩き疲れてたので休憩したかったのもありますが。。。)。
すると、50UPのニジ様が何を思ったのかドデカいライズをしました。慌てて、ライズのあったあたりにタランチュラをぶち込むと、その大ニジ様がフライに反応し・・・たのですが、見切られたのか針には掛らず・・・。その後は全くの無反応でした。

1108130016
この渓には、年1回しか来ていなかったのですが、こんな体験をしてしまうと、リベンジしたくなりますよね。
「芝ざくらの本流」のリベンジや道北方面の渓の開拓は、もう興味が無くなりました。そちらへ行こうとしてた分、この渓に突撃しようと思います。「プーさんの本流」で今年、念願の50UPニジ様に出会い、目標を失っていましたが、良い目標ができました。
次はロケットレインボーの50UP目指します(あっ、プーさんの本流での60UPも継続中です)
渓から見える、万年雪が残っている山が真っ白になるまで何回か突撃ですね。ただ、一人で突撃するにはプーさんがかなり怖いですが・・・まぁ、これも慣れでしょう。

今回の釣行では釣果には恵まれませんでしたが、多くのポイントを発見し、また入渓可能場所(ちょっと無理も必要ですが)も見つけたので、意義のある1日でした。
まぁ、そう簡単にはロケットレインボー50UPには出会えないでしょうが、「プーさんの本流」で念願を果たしたように、根気強く通えば何とかなるでしょう。根室から通う渓かと言われると、めちゃくちゃ遠いので通う場所ではないのでしょうが・・・coldsweats01

☆今回のDATA☆
Winston WT9ft#4
Abel TR2
DT4F(RIO MainStream Trout DT)
リーダー3X12ft
ティペット3X150cm

☆ヒットフライ☆
タークタランチュラ#6 エルクヘアカディス#8-10 スティミュレーター#8 
CDCライツロイヤル#12 ソフトハックル#10

|

« スティミュレーター:カディス?バッタ?それとも??? | トップページ | りんごほっぺのニジマス君!!(110814釣行記) »

コメント

アカガレイさん、こんばんは。
しかし行動範囲が広いですね、間違いで無ければここアカガレイさんの居住地から200Km以上有るんじゃ無いですか?
大きなお魚はホント見切りも早いですから、一発で仕留めないとやはり厳しいですね、そして、見えてる魚はやっぱり釣れないです。

投稿: BOB | 2011年8月15日 (月) 18時37分

>BOBさん
過去に山登りをされていたBOBさんならば、最後の写真の山の形からどこかわかりますよね。特徴的な形の山ですからし^^
間違えていないと思います。
行動範囲がばれてしまいお恥ずかしい限りです^^距離にすると片道350キロ近くとなっております。最近、感覚がマヒしておりまして…^^
大きなお魚は、長生き(大きく育つ)しているだけあって頭も良いですよね。ほんと大物も見えてる魚も難しいです。

投稿: アカガレイ | 2011年8月15日 (月) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/41211445

この記事へのトラックバック一覧です: ロケットレインボーに会いたくて!!2011盛夏(110813釣行記):

« スティミュレーター:カディス?バッタ?それとも??? | トップページ | りんごほっぺのニジマス君!!(110814釣行記) »