« 手のひらしか会えない2日間・・・(110820、110821釣行記) | トップページ | ひょっとしたら楽園かも???(110828釣行記) »

2011年8月28日 (日)

言葉にならない美しさ!!(110827釣行記)

先週の土日はまともな釣りをしておらず1週間、フラストレーションが貯まりまくっていました。
この貯まったものを、金曜日到着予定であったNEW漁具で爆発させようと思っていたのですが、漁具が税関の2次審査に回されたようで到着が遅れることに・・・weep
仕方なく、いつもの#4ロッドを手に十勝へ突撃することにしました。入渓する渓は今月3回目になるおなじみの「プーさんの本流」です。


プーさんの本流
8月27日(土)4:30-16:00

天候:快晴 気温:13-27℃ 水温:13℃ 状況:水量やや多い濁りなし
ハッチ:少ない(中型メイフライ少し) ライズ:多い
釣果:ニジマス様(54㎝、46㎝)、ニジマス君(20-33㎝)約20尾、オショロコマ君(20-29㎝)約10尾happy02


初めに入ったポイントは、私がこの渓で一番魚影が濃いと思っているポイント。
いつも大ニジ様がいらっしゃる淵が1か所、大きなプールが2ヶ所、大きなトロ瀬が1か所と大場所だらけのポイントです。それだけに入渓者も多く、ニジマス様たちはスレまくっているようで、ポンコツ釣り師の私にはなかなか厳しいものがあります。

1108270001
まずは入渓場所にある淵。よ~く底を見ると50前後と思われるニジ様が1尾ゆらゆらとしています。
ただ、このお方の鼻っ面にウェットやニンフを流しても無視。もちろんドライも無視されます・・・weep

1108270002
そんな私を気の毒に思ってか、30㎝前後のニジ君が数尾ドライに出て「おはよう」と言いに来てくれました。
いつもなら、この淵ではこのようなサイズも出て来てくれないのに今日は・・・。ひょっとして良いのでは?
と期待して釣り上っていきました。

1108270003 1108270004 1108270005
それぞれの大場所であれこれフライを流すのですが、大ニジ様は出て来てくれません。大きなプールでは2ヶ所とも大ニジ様の姿が見えるにもかかわらず・・・。底の方に張り付いている60UP?と思われる大ニジ様が2尾並んでいるのには興奮しましたが、まぁ、張り付いている奴はなかなか難しいでしょう。ただ、瀬の中に入ってて表層から50㎝位のところに居た大ニジ様はフライに出ても良かったのですが。これは釣り人の腕ですかね?

1108270006
今日はどういう訳か、オショロコマ君の姿がいつもより多く見えました。昨年までは、ここではそれほどオショロ君に出会わなかったのですがね。

というわけで、この流域では大ニジ様の姿を何尾か見ただけで終わってしまいました。ただ、いつもよりニジマス君達の反応が良いのには驚きました。ということは、いつもの流域に行けば・・・

1108270007
またまた来ちゃいました。2週連続です。
来ちゃったなんて書いてますが・・・先週の時点で、絶対に今週良いだろうから、参考地点の水量が5㎝落ちたら来ようと思っていました。それが見事に5㎝以上落ちたので、2週連続で来たのは必然だったりします。
いつもの流域に降り立って川を見て、先週は流せなかった入渓点のポイントにドライを流したところ・・・

1108270008
ニジマス君とオショロ君が立て続けに顔を出しました。これで確信です。今日の条件は悪くないと。

1108270009
そして、その確信は間違いではありませんでした。実績のある木陰ポイントから・・・

1108270010
46㎝のニジマス様が出て来てくれましたlovely
このニジマス様は下流へ50mほど走ってくれたのですが、走ったポイントが大きな石がゴロゴロしている荒瀬だったので、2度ほど転んでビショビショに・・・。でも、ゴマ模様の細かいニジ様に会えるのであればビショビショになろうが左ひざに青アザができようが関係ありません。
ここで、いつもなら「会いたかった~」って浮かれるのですが、この日は違いました。もっと会いたかったお魚に出会えたのです。

1108270011
そのお魚に出会ったのが上の、「モンシロチョウの瀬」と私が勝手に名付けているポイント。ここには、昨年、水面すれすれを飛ぶモンシロチョウをライズ一発で捕食したデカニジ様が居らっしゃいました。ちなみにそのデカニジ様は直後に投げたデカカディスを咥えたのですがラインブレイク。そして今年も8月初めに来たときにデカニジ様をかけたのですがラインブレイクと、このポイントと私はあまり相性は良くないようです。

この日、そのポイントの様子を観察していると3尾ほど熱心にライズしています。一尾はバシャバシャやっているのでおチビちゃん確定。あとの2尾は口だけ出しているような感じ。この2尾に狙いを定めスティミュレーターをキャストしました。すると、ライズの主のうちの1尾がスッとフライを咥えました。合わせてやると、凄い手応え。
ラインをじわじわ引き出しながら潜っていくので必死でこらえます。かなりの手応えなので、いつも通りのラインブレイクだろうと思いながら必死で魚を浅瀬に寄せます。そして、これまでに経験したことないくらいの時間をかけ、奇跡的にラインブレイクすることなくランディングに成功しました。
そのお魚は・・・

会いたかった~heart01 会いたかった~heart01 会いたかった~heart01 YESsign03

会いたかった~heart01 会いたかった~heart01 会いたかった~heart01 YESsign03 君に・・・heart01

会いたかった~heart01

嬉しすぎてフルバージョンですhappy02

54㎝(TL)ニジマス様lovely ※胴回り35㎝、体高16㎝

1108270012 1108270013 1108270014 1108270015
前回、この渓で初めて出会った50UPのニジマス様も54㎝でしたが、そのニジマス様はシルバーメタリックなポッチャリ女の子。今回は全くタイプの違うニジマス様で、私が大好きなゴマ模様の魚でおまけに男の子。
というか、言葉にならないくらい凄すぎですsign03
こんな魚に私が出会えるとは思っていませんでした。前回の50UPのニジ様や40㎝台のニジ様が貧相に見える立派な今回のニジ様。
何もかもが完璧です。ゴマ模様が細かく尾鰭の端まできっちり入っているのは言うまでもありませんが、脂鰭の大きさとその鰭に入っている模様なんかも凄すぎ。貫録の二重あごや尖った口、体高の高さ・・・、もう何もかもが満足。不満は何もないです。
というか、あと何年釣りするのかわかりませんが、今後、こんな魚に出会える気がしないです。
ほんと、写真撮っているときに、剥製にするために持って帰ろうかと思いました。
思っただけで、きっちりリリースしましたがcoldsweats01
この日釣った46㎝のニジ様とカップルになって美しいゴマ模様の子孫をたくさん残して欲しいですからねconfident

1108270016
とにもかくにもこんなの釣った記憶をはっきり残しておくと興奮して寝れなくなりそうなので、瀬のポイントに行ってチビニジちゃんたちと遊んでクールダウンしてこの日の釣りを終えました。

「プーさんの本流」は十勝屈指の難しい渓だと思っていたのですが、そうではなかったようですねcoldsweats01
ここは今年、私にほんと良い思いをさせてくれてます。昨年までの10年間はなんだったのかと思うくらい・・・。
私の好きな渓3本柱のうちの1本ですが、ますます好きになったとともに、今後も大事にしていきたいと思いました。

☆今回のDATA☆
Winston WT9ft#4
Abel TR2
DT4F(SUPRA FLOATING LDL)
リーダー3X12ft
ティペット3X100cm

☆ヒットフライ☆
スティミュレーター#8 タークタランチュラ#8 エルクヘアカディス#8 アントパラシュート#12
CDCライツロイヤル#12 ロイヤルウルフ#14 ソフトハックル#10

|

« 手のひらしか会えない2日間・・・(110820、110821釣行記) | トップページ | ひょっとしたら楽園かも???(110828釣行記) »

コメント

アカガレイさん、やりすぎ・(`▽´)・:
十勝の最高のロケで最高のレインボーをGETしましたね。
ゴマ模様の50UPレインボーや40後半と虹鱒様天国です。
これを4番ロッドでドライで仕留めるとは恐れ入り屋の鬼子母神!!!
(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ
極東の究極レインボーFFマンを名乗って下さい。
(俺が許す!( ´∀`)σ)∀`*)

投稿: yamame | 2011年8月28日 (日) 22時55分

>yamameさん
この日は色んな意味で最高の1日、1尾となりました。
ここ最近はWT#4ばかりで釣り歩いていますが、このロッドは#4とは思えないほどしっかりしていて、使い勝手も良いので今後も愛用していきたいと思っています。ただ、最近は十勝通いが多くて大物に出会う可能性(あくまで可能性です^^)が増えて来たので、これからの主力として#5を新たに買っちゃいました^^;;;
究極のレインボーFFマンのお墨付きを頂けたようですが、もう少しラインブレイクを減らしてからにしたいと思います。しばらく、「究極のレインボーFFマン(仮免許)」でお願いします^^

投稿: アカガレイ | 2011年8月28日 (日) 23時59分

こんばんは。
好天に恵まれ素晴らしいロケーションで、素晴らしいトラウトに会えて良かったですね。
精悍な顔つきのレインボーお見事であります。

投稿: BOB | 2011年8月30日 (火) 00時50分

おめでとうございます。 この魚の画像が来年の年賀状に載っていたら焼き捨てることにします(ウソ)  すっかり釣りの腕は大幅に先行された感じですな 

投稿: マコガレイ | 2011年8月30日 (火) 11時12分

>BOBさん
道南に居た頃から、「ニジマス様」「ニジマス様」と騒いでいた私ですが、この1尾でやっと念願を叶えました。ゴマ模様のこのサイズはほんとこれ以上なく嬉しかったです。

投稿: アカガレイ | 2011年8月30日 (火) 22時46分

>マコガレイさん
ありがとうございます_(._.)_
年賀状なんてケチなことは言わず、ポストカード20枚セットを作成して、マコガレイさんにお届けします^^;;;
心配しなくても釣りの腕は大したことないよ。毎週毎週同じ渓に行っているから釣れたようなもんで、暇人の成し得た結果です。

投稿: アカガレイ | 2011年8月30日 (火) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/41394303

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉にならない美しさ!!(110827釣行記):

« 手のひらしか会えない2日間・・・(110820、110821釣行記) | トップページ | ひょっとしたら楽園かも???(110828釣行記) »