« 夢のような1日(110806釣行記) | トップページ | スティミュレーター:カディス?バッタ?それとも??? »

2011年8月 8日 (月)

ミカンほっぺのニジマス様!!(110807釣行記)

この日は前週、夏枯れで惨敗したお気に入りの渓、『プーさんの本流』へ2週連続で突撃しました。
ちなみに今年4回目の突撃になります。先週の時点ではしばらく行かないって言ってたのにcoldsweats01
というのも土曜日夕方から道東各地で局所的な大雨が降りました。大ピンチですshock
でも、ピンチはチャンスとの言葉がありますgawk
少々の大雨でもあの渇水具合なら大丈夫かも。。。一か八か・・・行ってみたのでした。


プーさんの本流
8月7日(日)4:30-1300
天候:快晴 気温:18-32℃ 水温:16→20℃ 状況:大渇水濁りなし
ハッチ:少ない(緑色のメイフライ、ヒゲナガ) ライズ:無し
釣果:ニジマス様(44㎝)1尾、ニジマス君(20-32㎝)10-20尾くらいlovely


1108070001
今シーズン、この渓に突撃したときはいつも同じポイントからその日の釣りを始めていました。しかし、たまには違ったポイントを、また、これまでに入ったことのないポイントを釣り歩いてみようということで、今回の流域を釣り上ることにしました。この日釣り始めたポイントは大人気で、いつ見ても釣り人が居るのですが。そんなに良いポイントがあるのか?と疑問に思っていました。しかし、今回歩いてみて、小ポイントから大場所まで良いポイントが点在していて釣り人に人気の理由が良くわかりました。

1108070002
いかにもというポイントからは小さいながらもチビニジ君が元気な姿を見せてくれました。ちなみに、この流域は人が多く入っていてニジたちがスレているせいかドライよりもウェットへの反応が抜群でした。

1108070003
そして、入渓点から離れるにつれややサイズアップし・・・

1108070004 1108070005
25-30㎝ちょっとのニジマス君も姿を見せてくれました。32㎝のニジマス君はプクプクに太っており一瞬ですが40UP?と錯覚するほど元気でした。一瞬ですけどねcoldsweats01
でも、サイズアップはしたのですが大ニジ様の姿は見えません。

1108070006
そして、さらに釣り上るといかにもという大場所に到達。ここは水深がかなりあるようで底は見えません。

1108070007
とりあえず、ドライでチビニジ君の顔を見ることができましたがこの大場所におチビちゃんだけとは思えません。
よし、ウェットを沈めよう。ただ、水深がこれだけあるのなら中途半端に沈めてはダメだということで、少し工夫してフライを流してみました。

1108070008
その流した場所というのが上の流れ込み。ここで何度かウェットを沈めて流しているとインジケーターが不自然に沈みました。軽く合わせると、凄い引きsign03とりあえずフライラインはバッキングまであと少しというところまで引き出されました。そしてジャンプした姿からまさしく50UP確実。心臓バクバクで慎重に取り込もうとすると、急にラインのテンションが無くなりました。見るとリーダーとティペットの結び目で切れています・・・。
もう初歩的ミスです・・・crying

1108070009
気を取り直して次のトロ瀬へ。ここで流心ど真ん中にデカドライをぶち込むと一発で出ました。フライに出た瞬間大物と確信。するとフライを咥えたニジ様はこともあろうか一目散に私のほうに向かって突進してきました。こうなるとラインにテンションは全くかかっておらず。見事にニジ様はフライを口から外し、川底へ姿を消しました・・・。またまたバラシですcrying

1108070010
落胆していると、今度はバカな釣り人が下流から現れ、何も言わずそそくさと私の上流へ(写真に小さく写っています)。そして上流のポイントを叩いています。そこそこ年配のアホです。普通声かけるでしょ?私自身、一応、ここまでを予定していたので声かけられれば、気分よく、上流域どうぞって言って終わったのに・・・。あまりに腹が立ち、美しい渓でやり合うのは愚と思い、とりあえずこいつの車と思われる場所で待ち伏せし、〆てやろうと待機していたのですが、しばらくしたのち時間が無駄?かなと思い〆るのはやめることに。ただ、車のナンバーとアホの顔はしっかり覚えたので今度であった時は、ちょっと言ってやろうと思ってますangry

ここで、昨日の疲れもあったのでこの流域の釣りで早々に切り上げる予定でしたが、大物2発バラシとアホに出会ったせいで、このまま帰ると後味が悪すぎると考え、渇水覚悟で先週も歩いたお気に入りのポイントへ行くことにしました。

1108070011
いつものポイントは上のように大渇水。6月に私が流されたポイントとは思えないくらい水がありません。そして、上の写真の中に私のお気に入りのポイントがあります。

1108070012
そのポイントの写真がこれになります。木が被さり緩やかなトロ瀬のポイント。ここは30㎝ちょっとのニジ君が大概、姿を見せてくれるポイントなのですが、この日もニジ君の顔を思い浮かべながらフライを流しました。
まず最初に流したタランチュラに何かが反応しました。ただ、1投目だけで2投目以降は反応しないので、フライチェンジ。ここで選択したのがスティミュレイター。すると、このフライに見事に反応してくれたお魚が居ました。
そのお魚の顔が・・・

1108070013
ん?これは・・・

I want yousign01 I need yousign01 I love yousign01 

1108070014
ニジマス様(44㎝)じゃないですかlovely
それも私が一番好きなタイプのゴマ模様の細かい、上品なミカンほっぺのニジマス様sign03
この渓には、シルバーメタリックなニジマス様とこの手のタイプ両方いらっしゃるのですが、シルバーなタイプも美しいですが、私は断然こちら派です。上品なゴマ模様が鰭まで綺麗に入っているし、その鰭もピンピン。尾鰭はもちろん尻鰭なんかも大きくてhappy02
このタイプのニジマス様に会いたくて、この渓に私は通っています。このタイプのニジ様は昨年にも出会いましたが、今シーズンはお初ですlovely
やったねって感じですhappy02

1108070015
写真撮影のあと、体力回復中にパチリと撮ったのですが、上から見たゴマ模様もこれまた美しい

さて、このニジ様に出会え、アホな釣り人への怒りも完全に薄れ気分よく釣り上ります。アホに出会っていなかったら、この流域には来てなかったですからある意味感謝です。

1108070016
そして、上のポイントでも大ニジ様をドライフライにかけたのですが、下流まで一気に走られた挙句、またティペットとリーダーの結び目で切れました・・・。もうちょっと、ノットの基本をしっかり見直さなきゃならないですね(最後に締めるときにティペットに傷をつけているんだと・・・)。

1108070017
というわけで、アホに出会ったりや大ニジ様をミスで3本バラスという波乱な釣りでしたが、美しいニジ様に出会えたので結果的には良い釣りでした。
ただ、大ニジ様に関しては4打数1安打2三振といった感じだったので、もっと確率を上げなきゃ、と思った1日でした。

☆今回のDATA☆
Winston WT9ft#4
Abel TR2
DT4F(SUPRA FLOATING YAMAME LINE)
リーダー2X12ft
ティペット3X150cm

☆ヒットフライ☆
タークタランチュラ#6 エルクヘアカディス#8 スティミュレーター#8 ソフトハックル#10

|

« 夢のような1日(110806釣行記) | トップページ | スティミュレーター:カディス?バッタ?それとも??? »

コメント

アカガレイさん、こんにちは。
マナー違反の釣り人には閉口してしまいますが。
ミカンほっぺのニジマスさんに逢えたので良かったでしょう。
次回はバラした大物をヒットさせましょう。

投稿: BOB | 2011年8月 9日 (火) 18時07分

アカガレイさんこんばんは。
この渇水時期にいい釣りしてますね。
いいなあ裏山。
こちらも渇水していたのと先行者ありで40upの壁を越えられずがっくりきてます。
(もっとも好条件でもアタシの腕なら駄目かもしれませんがねw)
シルバーメタックのレインボーがかっこいい王子様ならみかんほっぺのゴマ模様レインボーは
綺麗なお姫様といったところでしょうかw

それにしても横を素通りしていったアフォには腹たちますね。
今回、こちらは先行者が見えた場合はそのポイントは撤収してひたすら人のいないポイントを探してましたよ。
普通はそうしますよね。
マナー知らずの大馬鹿者ですわ。(聞いてるだけでも腹たってきます(-_-メ)

投稿: yamame | 2011年8月 9日 (火) 21時26分

どもです。
そしてご愁傷さまです…
折角の良い魚も霞みますね。

悪党は呼吸をするように悪事を働くので、話し合いは無意味です。
変に言い合いして顔を覚えられる前に、スマートにタイヤ4輪潰して立ち去りましょう。
もう来なくなりますよ。
…って私が一番悪党ですよね、huhuhu

投稿: ガーミソ | 2011年8月10日 (水) 11時38分

>BOBさん
ほんとこのニジ様に出会えていなかったら、最悪の1日になるところでした。バラシた大ニジ様はこの出来事の以前の話なので、次回のリベンジ釣行の際には気の毒に思って出てきてくれるのでは?と勝手に思っています^^

投稿: アカガレイ | 2011年8月10日 (水) 19時14分

>yamameさん
渇水していなかったら、それなりの規模の渓ならば何とか釣りになりますが、あんなにも渇水していたのなら厳しかったでしょうね。。。
私の場合は先行者が居なかったのに、後行者が急に先行者に変わるというありえない事態に参りました。私も先行者が居たらその場で諦めポイントを変えます。道東のニジマスの渓なら道南のイワナの渓とは違い入渓点も多いですし、ポイントを少し変えれば釣りになるのに…。
ほんと変な釣り人に出会ってしまいました…。道東十勝方面ではこの行為はOKなのか?と錯覚しましたが、やはりおかしいですよね。
でもほんとお姫様のような美しいニジ様(メスでした)に出会えて気が落ち着きました。やはり女性は良いですね^^;;;

投稿: アカガレイ | 2011年8月10日 (水) 19時28分

>ガーミソさん
ほんと有名な渓に行けば時々変な釣り人に出会ってしまいます…。ほんと悪党としては悪事の小さなショーモナイ奴でしたが、会話は無駄そうですね^^;;;
確かにガーミソさんのほうが悪事が大きいので大悪党ですよね^^;;;変な釣り人もこれを読んでいたら、悪事を働いたのが私に対してで良かったとホッとしているかもしれませんね^^;;;

投稿: アカガレイ | 2011年8月10日 (水) 19時36分

ヒトは年を取ってくると、赤子に帰るようで・・。
車とか乗っていても、年配の人たちの割り込みようには
腹立つこと多いですねぇ。
 そんな、老人にはなりたくないなぁ。

 美マス、ウラヤマシイです。

投稿: かます草 | 2011年8月10日 (水) 22時56分

>かます草さん
確かに年を取ると赤子に戻っているような人が居ますよね。そういう人ってマナー違反していても、悪気が全くないのでほんとタチが悪いですわ…。
私はそういう人間にならないように気を引き締めていきたいところです^^

投稿: アカガレイ | 2011年8月11日 (木) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/41136354

この記事へのトラックバック一覧です: ミカンほっぺのニジマス様!!(110807釣行記):

« 夢のような1日(110806釣行記) | トップページ | スティミュレーター:カディス?バッタ?それとも??? »