« 渓流が恋しくて・・・(2011道南遠征PART3(プチ):110731釣行記) | トップページ | ミカンほっぺのニジマス様!!(110807釣行記) »

2011年8月 7日 (日)

夢のような1日(110806釣行記)

この土日は気温が高く大変な暑さでしたが、久々に両日ともに会心の釣りでしたhappy02
まず、土曜日。北海道のとある地方にある『奇跡の渓』へ行きました。
今回は、あまりにも凄すぎた渓なので、申し訳ありませんが地域はちょっと伏せさせてください。
その渓は渇水状態で厳しいかと思いましたが、水面に興味津々の様々な魚種で溢れていました。


奇跡の渓
8月6日(土)4:30-15:00
天候:快晴 気温:19-31℃ 水温:17℃ 状況:渇水濁りなし ハッチ:ほとんど無し
ライズ:多い(ハッチはないので陸生昆虫へのライズかも?)
釣果:アメマス様(52㎝)1尾、アメマス君(20-47㎝)30-40尾くらい ※アベレージ40㎝
ヤマメ様(32㎝×2、33㎝×1、35㎝×1)4尾、ヤマメさん(15-20㎝)2尾、ニジマス君(31-34㎝)2尾
チビニジ君(20-28㎝)10尾くらい、オショロコマ君(10㎝ちょっと)2尾、ウ様(10-20㎝)10尾くらいhappy02


1108060001_2
渓のほうは大渇水と言ってよい状態。入渓してキャストする前に移動するべきか考えました。
でも、何もせずに移動するのもどうかと思いとりあえずフライをキャストすると・・・

1108060002
倒木の下からいきなり30㎝ちょっとのアメマス君が2尾出てきました(1種目)。
これは釣りになるな・・・ということで釣り上りました。

1108060003
釣り上っていくと入渓点からは想像つかない、大きめの石が転がっている雰囲気の良いポイントが現れました。
ここで落込みの泡にタランチュラを放り込むと・・・

1108060004
52㎝のアメマス様が登場ですlovely
このサイズのアメマスがデカドライに出るなんて・・・道東平野河川のアメマス達では考えられないことです。

1108060005
そして、次は木が被さった浅い流れの緩いポイントに、またまたデカドライを放り込むと・・・

1108060006
何とビックリ・・・32㎝ヤマメ様・・・lovely(2種目)
フライで初めて釣れました。というか、ヤマメって流れの速い場所にいるのでは???
その後もこれまた・・・

1108060007
ポツポツ尺ヤマメ様が・・・。最大で35㎝って・・・。ビックリです


11080600081108060009
さて、上流域に上がっていくのですが、しばらくは同じような大場所が続きました。ただ、この日は水量がかなり少なかったので大場所には見えませんが。
そのポイントからは・・・

1108060010_2
チビニジ君に・・・(3種目)

1108060011
美しい40㎝台の金アメ様lovely
金アメ様は「まりも湖」の特産だと思っていたのですが・・・。

1108060012
元気なニジマス君も。尾鰭の大きさから将来有望ですねconfident

1108060013
そして、さらに上流域に上がっていくと水量がますます減ってしまい、ポイントがほとんど潰れてしまっていましたが、ポイントが無くなっているせいか、どこからでも魚が出てくるような状態でした。この辺りまで来ると出てくる魚はほとんどアメマスかニジマスのどちらかだったのですが・・・

1108060014
ポツポツとチビウ様が混じり(4種目)、オショロコマ君も2尾だけ顔を見せてくれました(5種目)。
これで、5目達成ですhappy02
本当はもう1種ここでは釣れるのですが・・・その魚には出会えませんでした。実は私が一番会いたかったのは、今回出会えなかったその1種なのですが、まぁ、ぜいたくは言えませんね。

1108060015
ここで一旦、釣っていた流域から脱渓し、別流域(最上流域)に入渓してみました。

1108060016
最上流域は、川底が岩盤のポイントが多くて所々にスリットがあり、その中に魚が居るといった感じでした。こんな水量の少ないところにも40㎝台のアメマス君が居たのにはちょっと驚きました。

1108060017

何にしても多くの魚に出会えるは、尺ヤマメ様に一度に4尾も出会えるは、40㎝以上のアメマス達がドライフライにボコボコ出てくるは・・・、一日中、驚きっぱなしの1日でした。
この渓はまだまだ奥が深そうなので探索したかったのですが、急に空が黒くなり始め、遠くの雷鳴も聞こえ始めたので今回はこれまでにしました。
ただ、次回の探索はちょっと時期を考える必要がありますね・・・。この釣果、素直に喜べない点もあるので。

☆今回のDATA☆
Winston WT9ft#4
Abel TR2
DT4F(SUPRA FLOATING YAMAME LINE)
リーダー3X9ft
ティペット3X50cm

☆ヒットフライ☆
タークタランチュラ#6 チェルノブイリアント#10 エルクヘアカディス#8 スティミュレーター#8
※タランチュラへの反応抜群

|

« 渓流が恋しくて・・・(2011道南遠征PART3(プチ):110731釣行記) | トップページ | ミカンほっぺのニジマス様!!(110807釣行記) »

コメント

アカガレイさんこんばんは!
いや、これは凄すぎて( ゚д゚ ) 状態ですよ。
尺山ちゃん4匹ってうちら仲間うちでは新記録でしょう!
それに50UPのアメを筆頭に40クラスボコボコってシンジラレナーイイイイヤッッ━━━ヽ(≡)ノ ━━━━ホォォォォォウゥゥゥッ!!
先週のアタシの尺山ちゃんはなんだったの?というくらい凄すぎです!4の4乗だから・・・と、とにかく
天文学数値の凄さw
まさに奇跡の渓流ですね。大事にしてください^^


投稿: yamame | 2011年8月 8日 (月) 00時18分

こんばんは。
尺ヤマメ一日に4本釣って『この釣果、素直に喜べない・・・』て、しかも最大35cm Σ(゚д゚;) ヌオォ!?
アメマスもボコボコ釣って羨ましい釣果ですよ。

投稿: BOB | 2011年8月 8日 (月) 00時27分

>yamameさん
ほんと魚影の濃さは異常なくらいで、ほんと大事にしたい渓です。あと、アメマスの無邪気さには驚きました。道東平野河川のアメマスはミッジ以外のドライには見向きもしないので、この手の魚はドライで釣れないと思っていたのですが…。なんだか無邪気なこちらのアメマスのほうが道東平野河川の魚よりも可愛く感じます^^
ヤマメのほうは、今回の渓ではあまり大きな声では言えませんが訳ありでオマケです…。。。だから、ヤマメさんの釣られた尺ヤマメ様のほうが王道で胸を張れるものだと思いますよ。

投稿: アカガレイ | 2011年8月 8日 (月) 00時40分

>BOBさん
アメマスの釣果には満足どころか、大満足でめちゃくちゃ喜んでいます^^このサイズのアメマスは道東だとドライに見向きもしないし、道南だと岩の下に入っててドライフライに気付いてくれないですから、今回ドライでビシバシできましたから^^;;;
ただ、ヤマメのほうは上のコメントでも書きましたが訳ありでオマケです…。また今度お会いしたときにでも訳をお話ししますが…。

投稿: アカガレイ | 2011年8月 8日 (月) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/41122596

この記事へのトラックバック一覧です: 夢のような1日(110806釣行記):

« 渓流が恋しくて・・・(2011道南遠征PART3(プチ):110731釣行記) | トップページ | ミカンほっぺのニジマス様!!(110807釣行記) »