« チェルノブイリアント:魚達には何に見えるんだろう? | トップページ | 渓流が恋しくて・・・(2011道南遠征PART3(プチ):110731釣行記) »

2011年7月31日 (日)

この惨敗は、夏枯れor低温ジリor腕、どれのせい?(110730釣行記)

先週、道北のニジ様の渓で大惨敗した私。
今週は先日良い思いをした十勝「プーさんの本流」へ二匹目のドジョウを求めて行きました。
釣れる釣れないは別として、この時期でもここは大丈夫だと思っていたのですが・・・


プーさんの本流
7月30日(土)4:30-15:00
天候:小雨時々曇り 気温:16-17℃ 水温:16℃ 状況:渇水濁りなし
ハッチ:ほとんど無し(ヒゲナガ少し見えた) ライズ:無し
釣果:ニジマス君(32㎝)1尾、チビニジ君(20-27㎝)10尾くらい、オショロコマ君(25㎝前後)3尾weep


1107300001_2
この日も朝3時半から釣りしようと意気込んで林道で目覚めたのですが、起きてみるとまだ外は真っ暗。
ここは十勝ということもあり、先週よりも西に位置しており、また、天候も良くなかったせいか、朝4時過ぎからようやく明るくなってきました。
というわけでこの日は4時半から釣り上がりました(いつもの上流域から)。
薄暗いなか、すぐにチビニジ君が「おはよう」と出てきてくれましたが川の様子が変です。

1107300002 1107300003
パッと見た感じ水量が豊富なように見えますが、この渓としては大渇水。
十勝方面は場所によっては、前日に集中豪雨が降ったという話ですが、この辺は全く降っていなかったんでしょう。そしてこの日は小雨(ジリ)で低温。ただ、気温が低い割に水温は上流域にもかかわらず16℃。水温は前日31℃まで気温が上がったことが影響しているんでしょう。
とにかく、悪条件フルコースですshock

1107300004
そんな感じですから、オショロ君やチビニジ君がポツポツ出ては来るのですが非常に渋い状態です。

1107300005
また、いつもはねらい目の瀬のポイントは水がなさ過ぎてポイントとしての機能を失ってました。

1107300006
そして、鉄板のトロ瀬もそこがクッキリ見えています。この渓は水が非常にきれいなのですが、それがこの日は災いしています。このトロ瀬ではこの日、唯一のニジマス様(見た感じ40㎝ちょっとかな?)チャンスだったのですが、一発目のタランチュラを見切られ、二発目のチェルノブイリも見切られ、その後はフライを流しても浮いてくることはありませんでした。今思えば二発目に#10くらいのカディスを投げておけば・・・。なぜデカドライを見切られたのにまたデカドライを流してしまったのか・・・反省ですねbearing
ニジマス様は惜しいことをしましたが、上流域のニジマス君たちは・・・

1107300007
皆、異様なくらいのメタボ君でしたconfident
魚のコンディションは抜群ですね。サイズの割に元気で楽しませてくれましたhappy02

さて、上流域でニジマス様に出会えなかったので、前回と同じ展開になれば・・・と二匹目のドジョウを狙って下流域へ突撃しました。

1107300008
下流域もこれまでに見たことないくらい水量が少なく、いつも苦労して渡る上の場所も白波がほとんどなく、簡単に渡河できる状況でした。遡行しやすいのは良いのですが・・・。

1107300009 1107300010
そして、前回、ドラマが起きたポイント。流石にプールのポイントは規模が大きいため水量が少々少なくてもあまり影響はないのかもしれませんが、トロ瀬のポイントは完全にダメになっていました。水温が高いので大ニジ様はプールの底のほうでジッとしているんでしょうね。

1107300011 1107300012
下流域では上のチャラ瀬のポイントでこの日唯一のニジマス君が出てきました(上流域はドライで攻めていましたが、下流域ではウェットで)。出てきた場所が流れ込みの白泡の中からということを考えると、やはり水温が高いんでしょうね。ただそれを踏まえて白泡の中を丹念に探ったんですがね・・・報われなかったです。

1107300013
まぁ、プーさんの本流は前回が特別だっただけで、厳しいのは分かってますからcoldsweats01
ポツポツ魚の顔が見れただけでも良しです。本音を言えば、ニジマス様を逃したのが無念ですが・・・。
近々、またここに突撃しようと思いますが、一雨、というか二雨くらいあってから来たほうがよさそうですね。去年の8月に良い思いをした時も渡河が怖いくらい増水していましたから・・・。小さめの台風なんかが来ても良いかも・・・。

こんな感じで、土曜は残念な結果に終わりました。
ここで先週、そしてこの土曜と本流での釣りばかりでそろそろ渓流に行きたくなってきました。
もう行くしかないですね。というわけで日曜の漁場にむけて峠を越えるのでした。

峠越えるって、私の住処はいったいどこなのよbleah

☆今回のDATA☆
Winston WT9ft#4
Abel TR2
DT4F(SUPRA FLOATING YAMAME LINE)
リーダー2X12ft
ティペット3X100cm

☆ヒットフライ☆
タークタランチュラ#6 チェルノブイリアント#10 エルクヘアカディス#8、10 ソフトハックル#10

|

« チェルノブイリアント:魚達には何に見えるんだろう? | トップページ | 渓流が恋しくて・・・(2011道南遠征PART3(プチ):110731釣行記) »

コメント

こんばんは。
もう渇水ですか?こちらも先々週から降雨が無く昨日の状況では水が少なく感じてました、今週もまとまった雨の予報は無いので8月前半が心配ですね。
しかし、まあ年間釣行の多いアカガレイさんでありますから、これを帳消しにする事が出来るでしょう。

投稿: BOB | 2011年8月 1日 (月) 19時12分

アカガレイさんこばんは。
先週中くらいに十勝でゲリラ豪雨があったと聞いていたのでプーさんの渓はいいんだろうな・・・と勝ってに想像してましたが釣り場をうまいことはずして雨が降るなんて
なんて意地悪な天気でしょうか(^・ェ・)
これだけ渇水するとストイックな釣りをしいられますね。
40upの虹君も神経質になり見切りがはやくなり
苦労します。
そんなバッドコンディションでもグラマラスな尺超え虹君をしっかりGETしているので上出来でしょう。
グッドコンディションの時にデカ虹をビシバシする
貴殿の姿がうかびますよ(゚ー゚)

投稿: yamame | 2011年8月 1日 (月) 22時29分

>BOBさん
言われてみれば最近、まとまった雨が降っていないですね。局地的には降ったりしているようですが。
この渓は十勝の中でも水量の多い渓なのですが、まさかの渇水には驚くと同時に参りました。。。
まだ7月の段階でこれですから、ほんと8月は心配ですね。ちょっと十勝のニジマスのほうは厳しいかもしれないです。慎重にアプローチすれば釣れるのでしょうが、デカドライはすぐに見切られそうで。。。

投稿: アカガレイ | 2011年8月 1日 (月) 23時42分

>yamameさん
ほんとこの渇水状態でしたら、ゲリラ豪雨を食らっていればちょうど良い水量だったかもしれないのに、天気が恨めしい限りです…。以前コメントで書いたテルテル坊主効果が出すぎなんですかね^^;;;
ニジ様たちには神経質にならず、デカドライに何のためらいもなく無邪気に出てもらいたいのですが、この水量だと厳しすぎですよね(>_<)

投稿: アカガレイ | 2011年8月 1日 (月) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/41031337

この記事へのトラックバック一覧です: この惨敗は、夏枯れor低温ジリor腕、どれのせい?(110730釣行記):

« チェルノブイリアント:魚達には何に見えるんだろう? | トップページ | 渓流が恋しくて・・・(2011道南遠征PART3(プチ):110731釣行記) »