« 猛暑の中・・・気になるあそこの開拓釣行(2)(2011知床釣行PART1:110709釣行記) | トップページ | 知床は世界遺産の地ですから(2011知床釣行PART3:110716釣行記) »

2011年7月11日 (月)

こちらの知床はいつもジリ・・・(2011知床釣行PART2:110710釣行記)

この日も前日に引き続き知床での釣りです。
渓の近くで車中泊し、5時半に起きて釣りをする予定でしたが気づけば9時半。寝すぎました・・・coldsweats02
でも、朝方、かなり強い雨が降っていたので寝坊して正解だったかもしれません。ただ、9時半はやはり遅すぎたようで、入りたかったほとんどのポイントには先行者がおり、仕方なく上流域へ突撃することにしました。


知床半島第3本流
7月10日(日)10:00-14:30
天候:ジリのち曇り 気温:17-20℃ 水温:11℃ 状況:水量やや多い濁り無し
ハッチ:小型~中型カディス、ヒゲナガ少し ライズ:ポツポツ
釣果:ヤマメちゃん(10-18cm)15-20尾、オショロコマ様(20-25㎝)5尾前後
オチョロちゃん(10-19cm)100尾前後 


1107100001
この日入った渓は先日の渓とは真逆にあり、こちらはあまりお日様が出ずジリの日が多い場所に位置しています。今回も例外なく午前中はジリでした。
こういう天候の時は虫のハッチも少なく、ドライではあまり出ないのでは?と思い、#3ロッドで突撃したのですが、とりあえずエルクヘアカディスを浮かべてやると・・・

1107100002
バシャバシャと「おはよう」オチョロちゃんが顔を出しますconfident

1107100003
そして、この渓は先日の渓よりもヤマメちゃんも比較的多く顔を出してくれました。
ただ、ちょっとした深みの底に大物が潜んでいるのでは?と思い、ニンフを沈めてみたのですが全く反応がありませんでした。

1107100004 1107100005 1107100006 1107100007
この日入渓したポイントは上流域に位置しているのですが、上流とは思えないほど川幅が広くフライロッドを気持ち良く振ることができます。ロッドは気持ちよく振れますが、周りの低い笹薮はプーさんがいつでも出て来そうな感じで気味悪く、そういう面では気持ち良くありませんが・・・shock

1107100008 1107100009
さて、この渓のオショロコマたちは色合いは美しいのですが、第2本流の魚とは異なり体高が低く細長い体型のものが多かったです。やはり、ここは水温が低いうえにジリの日が多く虫のハッチが少ないせいなのでしょうか?ただし・・・

1107100010 1107100011
ヤマメさんたちはプックリ太っていたので、虫が少ないということはなと思うのですが・・・。
それにしても知床のヤマメは色合いが濃くパーマークがはっきりしていて特徴的ですね。

1107100012 1107100013
結局、2日間、知床で釣りをして尺オショロ様にも尺ヤマメ様にも出会えませんでした。
でも、ニジマスも放流もののヤマメも居ない、本当の自然を楽しめる知床の地は貴重だなといつ来ても思います。こんな貴重な経験をあと何度経験できるのかわかりませんが、知床に近い極東地域に住んでいるうちは時々、知床の渓へ突撃したいと思います。

難しいかもしれませんが尺サイズを目標に・・・confident

☆本日のDATA☆
TEIMCO EUFLEX EXP863
HARDY Flyweight
DT3F(U4 Yamame DTT_PINK)
リーダー4X9ft
ティペット4X50cm

☆ヒットフライ☆
エルクヘアカディス#8-12 ビートル#12

|

« 猛暑の中・・・気になるあそこの開拓釣行(2)(2011知床釣行PART1:110709釣行記) | トップページ | 知床は世界遺産の地ですから(2011知床釣行PART3:110716釣行記) »

コメント

こんばんは。
知床の宝石「オショロ」の良型と貴重な山女魚を
ビシバシして裏山です。いいなあ(´-`)。o〇
久しくオショロの20オーバーにご対面してないので
興奮して写真みてましたよw
十勝の50Upレインボーもお見事でしたが、このオショロツアーもお見事!北海道ならではのFFですよ。

投稿: yamame | 2011年7月11日 (月) 22時40分

どもです。
良いですね~釣りまくりですね。
そのフットワーク見習いたいものです。
あ、それからまた質問君なんですが、
アカガレイさんて「野良馬」て出会ったコトありますか?
前のプ~さんニアミスフォトも結構堪能させて頂きましたが(←ちょっと他人事)、更なるレアアニマルフォトも見てみたいです。
ビュリホ~なサカナも良いのですが、そっち系も観てみたいというワガママな一読者?のコメントでした^^)。ではでは

投稿: ガーミソ | 2011年7月12日 (火) 09時56分

こんばんは。
相変わらずアグレッシブな釣り感服いたします。
最近私は比較的おとなしめな場所を選択しているようです、
そうなるとやっぱり釣果もそれなりですね。
そういえば最近オショロを見てないです、
柿色に染まった腹に朱点をちりばめた魚体は綺麗ですね。

投稿: BOB | 2011年7月12日 (火) 18時46分

>yamameさん
知床のヤマメちゃんは、こちらではあまり放流されていないので、天然物が多いと思われるので貴重ですが、もう少し大きければ良いのですがね…。ただ、夏が2ヶ月有るか無いかの気候ですので難しいのでしょう。ほとんどがサクラ様になるために海へ降っているようです。今回も多くのサクラ様が川に帰ってきていました。ただ、その後ろにチビヤマメちゃんがぞろぞろくっ付いていて、見ていてなかなか微笑ましかったです^^

投稿: アカガレイ | 2011年7月12日 (火) 19時46分

>ガーミソさん
毎度様です^^
野良馬は道南に居た時は、野良馬が歩き回っている渓が何ヵ所かあって、林道なんかでよく見かけましたよ^^
そのうち道南遠征した時に、野良馬のいる渓も行くと思いますので、見かけたら写真を撮ってUPしますね^^

投稿: アカガレイ | 2011年7月12日 (火) 19時49分

>BOBさん
オショロというと道南のあの藪と倒木の下を潜り抜けてシカの足跡をたどって突撃する滝の渓も気になります。GWに行ったときは林道が崩れていて行けなかったのですが…。
近々、道南に伺おうと思いますので、その時はおとなしくない場所(?)にぜひ共に突撃しましょう^^;;;

投稿: アカガレイ | 2011年7月12日 (火) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/40772450

この記事へのトラックバック一覧です: こちらの知床はいつもジリ・・・(2011知床釣行PART2:110710釣行記):

« 猛暑の中・・・気になるあそこの開拓釣行(2)(2011知床釣行PART1:110709釣行記) | トップページ | 知床は世界遺産の地ですから(2011知床釣行PART3:110716釣行記) »