« タークタランチュラ:デカニジ様が大好きそうな・・・ | トップページ | 大惨敗の2日間(2日目)(2011道北遠征PART2-2:110724釣行記) »

2011年7月24日 (日)

大惨敗の2日間(1日目)(2011道北遠征PART2-1:110723釣行記)

先週の3連休は道内各地で雨が降り各渓は増水してしまっていました。その増水が落ち着くのがこの週末。
この週末はどこへ行こうか、先週1週間ずっと考えてました(仕事は?と言われそうですが)catface
そして、十勝へ行こうと決めたのですが、十勝地方の日曜の天気予報にrainマークが。
う~ん、雨は嫌だなと道内各地の天気予報を見ていると北のほうは日曜もsunマーク。
というわけで十勝行きを取りやめ、この週末は今年2回目の道北に遠征しました。
行った渓は「芝ざくらの本流」。
ただ、この遠征は大失敗の大惨敗に終わりました。この週末、知り合いの人や普段読んでいる釣りブログを見た感じ、良い釣りをされている方が多いのですが、私はその正反対でした・・・。
さて、今回の記事を読む前に以下の予備知識を入れた上で、大惨敗の記事をお読みください。ボではないけど大惨敗と私が言う理由がわかるかと思います。

※予備知識
①私の家から「芝ざくらの本流」まで片道320キロ、道中多くの名流を通り過ぎていく
②「道北芝ざくらの本流」は放流事業が実施されているだけでなく、C&R区間が30キロあって魚は大型魚も含め、豊富にいる
③土曜日は朝の4時から夕方17時半まで13時間半(総歩行距離13.5キロ)、日曜日は朝の3時半から昼14時まで10時間半(総歩行距離8.2キロ)とキチ●イのような釣りをした


芝ざくらの本流
7月23日(土)4:00-17:30
天候:晴れ時々曇り 気温:11-25℃ 水温:12℃ 状況:水量やや多い笹濁り
ハッチ:ほとんど無し ライズ:無し
釣果:ニジマス君(36、33、31㎝)各1尾、チビニジ君(20㎝前後)5尾くらいcrying


1107230001
「道北芝ざくらの本流」はC&R区間が30キロも設けられており、私も大抵、この区間で釣りをしています。
その中でも私がいつも入るのは最上流域にあたる14線~滝西堰堤区間。大物を狙うのならもっと下のほうが良いのでしょうが、この区間でも大物ニジ様が数は少ないものの居ますし、渓相が私好みなので好んで入渓しています。ただ、プー様の気配が濃厚で足跡は大抵ありますし、秋口にはデントコーン色の糞も転がっています。

1107230002
さて、今回の釣行前に役場のHPで川の状況を下調べして行きましたが、その通り水量は若干多めでした。上の写真の場所を決死の思いで横断したのですが、一歩間違えると危ない状況でした。

1107230003
そんな決死の思いをしながら釣り上って行ったのですが、ここぞという大場所では全く魚の気配がありません。
ドライを流そうがウェット・ニンフを沈めようが・・・。

1107230004
そして、上のような何の変化もない水深50㎝位のポイント。こんなところにニジマス様は居ないよな・・・と思いながら、チェルノブイリを無造作に投げると・・・

1107230005
あら?今日の一発目「おはようニジマス君」じゃないですか。サイズは33㎝と一発目にしてはまずまず。
でも・・・釣り始めから3時間も経っての登場。釣れたけど嫌な予感がしました。
その嫌な予感は見事に的中し・・・

1107230006
相変わらず大場所、いかにもというトロ瀬・早瀬、流れ込み・・・どこにフライを流してもチビニジマスちゃんさえ出てきません。次にニジマス君が出て来たのは「おはよう君」と挨拶した数時間後・・・

1107230007
木が被さり、その根がむき出しになったイワナ君が出てきそうなポイント。

1107230008
出て来たニジマス君はギリギリ尺超えですが綺麗な魚でしたconfident
これくらいのサイズでもジャンプし、ラインを少し引き出してくれるのですがもう少しサイズアップしてくれれば・・・
ただ、期待するサイズアップとは裏腹にフライへの反応が頗る良くありません。。。

1107230009 1107230010
ただ、入渓点からかなり歩いた上の2つのポイントでニジマス様の反応が。
特に下のトロ瀬のポイントではあと少しでネットインというところでまさかの足元近くでジャンプされ、逃げられてしまいました・・・(このポイントは2年前にも良いサイズのニジマス様に逃げられています)weep
ニジマス様の反応があったフライは、どちらもソフトハックルウェットと沈めたものだったのですが、ひょっとしたら、ずっと沈めていればこの日の結果は違ったのかもしれません。何だかんだで、8割以上ドライを流していましたから・・・。

1107230011 1107230012
そして、このニジ様に逃げられた後、比較的流れの速いポイントからこの日(というか2日日間で)最大となったニジマス君(36㎝)が出てきました(尾鰭の上が齧られたのか少し欠けていました・・・)。ただ、尾鰭が欠けており、それほど大きなサイズでなかったのに、結構下流まで走られ取り込むのに苦労しました。

1107230013 1107230014
さて、この一尾のあとは釣り上っても魚からのコンタクトはありませんでした。
挙句、増水のせいで予定していた堰堤までたどり着けませんでした。まぁ、高巻けば行けないことはなかったのですが、ここまで、何ヵ所か高巻いてきた割に釣果が乏しかったので気力が無くなっていました。おまけに、出ようと思っていた脱渓点が2年前に比べイタドリやその他雑草が大発生していて藪漕ぎできない状況に。仕方なく、別の場所から脱渓したのですが、これがまた車までかなりの遠回りとなり大変でした・・・。

そして、やっとこさ車に戻ったのですが、まだ釣りを辞めるには時間が早いし、今日の釣りは満足できていないと思い、もう少し釣りをすることに。ただ、時間的にC&R区間は他の釣り人でいっぱいだったので、少し上流で釣りをしたのですが・・・

1107230015
チビニジ君が少し出て来ただけでニジマス様に会えませんでした。。。

というわけで、C&R区間5キロほど釣り上ってニジマス君3尾と情けない結果に終わり、全くこの日の釣りに満足できませんでした。予定では、日曜日は「コスモスの本流」へ行く予定でしたが、予定を変更して日曜も「芝ざくらの本流」で釣りをすることにしました。

☆今回のDATA☆
Winston WT9ft#4
Abel TR2
DT4F(SUPRA FLOATING YAMAME LINE)
リーダー3X12ft
ティペット3X100cm

☆ヒットフライ☆
エルクヘアカディス#8、10  チェルノブイリアント#10  ソフトハックル#10


※「大惨敗の2日間(2日目)(2011道北遠征PART2-2:110724釣行記)」へ続く
(コメントは2日目の記事へお願いします。本記事にはコメント欄はありません)

|

« タークタランチュラ:デカニジ様が大好きそうな・・・ | トップページ | 大惨敗の2日間(2日目)(2011道北遠征PART2-2:110724釣行記) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/40942969

この記事へのトラックバック一覧です: 大惨敗の2日間(1日目)(2011道北遠征PART2-1:110723釣行記):

« タークタランチュラ:デカニジ様が大好きそうな・・・ | トップページ | 大惨敗の2日間(2日目)(2011道北遠征PART2-2:110724釣行記) »