« 大惨敗の2日間(1日目)(2011道北遠征PART2-1:110723釣行記) | トップページ | チェルノブイリアント:魚達には何に見えるんだろう? »

2011年7月25日 (月)

大惨敗の2日間(2日目)(2011道北遠征PART2-2:110724釣行記)

前日のリベンジを果たすべく2日連続で「芝ざくらの本流」での釣りをすることにした私。
ポイントは昨日と同じ14線から釣り上ろうと思いました。というのも前日この流域を釣り上った釣り人が、多数のニジマスを釣り残しているという情報をしっていたからで・・・gawk
でも、同じ流域を2日続けて釣り上るのはつまらないなと思い、一発大物を狙って大場所ポイントの多い6線から釣り上ることにしました(釣り下っても良かったけど・・・)。気合を入れて朝3時半から・・・。


芝ざくらの本流
7月24日(日)3:30-14:00
天候:晴れ 気温:13-27℃ 水温:13℃ 状況:水量やや多い笹濁り
ハッチ:ほとんど無し ライズ:無し
釣果:ニジマス君(33、31㎝)各1尾、チビニジ君(20㎝前後)2尾crying


1107240001
この時期の朝3時半は比較的明るいのですが、この日はガスが濃くこの時点では真っ暗に近い状態でした。ただ、10分ほどすると比較的明るくなってきたのでプーさん避けとして爆竹1発かましてから突撃しました。
入渓してすぐのところから大場所が連続し、大物の期待が高まります。
しかし、これら大場所は散々人に叩かれているせいか?時間が早すぎるのか?私の腕がないのか?全く反応がありません。
大場所ではない小さなトロ瀬から・・・

1107240002
おはようございます。ニジマス君confident
今日こそはよろしくお願いします。
と、挨拶はほどほどにニジマス様との出会いを求めて釣り上っていきました。

1107240003_2 1107240004 1107240005
ほんとこの流域は久々に来ましたが(前回はいつ来たか覚えてないくらい昔)、どう攻めて良いのかわからないくらいの大場所が連続しています(じっくり粘って攻めたほうが良いのでしょうが、気の短い私はちょこちょこっとフライを投げて反応しなかったら移動しちゃってて・・・)。こういう場所はイブニングが良いのでしょうが、さすがに入渓点から遠くイブニングに来るのは怖そうです。
この大場所ポイントを抜けると今度は・・・

1107240006
岩盤底のポイントが続きます。ただこういうポイントは渓相は良いですが大物はなかなか居なさそうです(と思っているだけだったりして???)

1107240007
そして岩盤ポイントの上にはまたまた大きなプールがあります。ここのプールもこれまた無反応でした。
でも、こういう大場所、絶対に魚が居ると思うんですがね。おチビさえ出てこないというのはどういうことなんですかね?
しかし・・・

1107240008 1107240009_2
次のトロ瀬のポイントでは瀬尻から元気なニジマス君が出てきてくれました。
33㎝。サイズは・・・ですが、元気だったから・・・まぁ、満足?
最近、十勝でトロ瀬ポイントでばかり釣りしていたせいか、こういう感じの流れではなんとなく魚の付き場が分かるのですが、大きなプールなどはほんと魚がどういう場所に居るのか?分からないです。今後の課題ですね。

1107240010
さて、ニジマス君に出会ったトロ瀬ポイントのすぐ上で他の釣り人が居るのを発見。本当は12線くらいまで釣り上りたかったのですが、この激戦河川でそれは難しいですよねcoldsweats01
というわけで9線の入渓ポイントが近かったのでそこから脱渓しました。

1107240011
その後、帰るにはまだ早かったので、どこか入渓しようと思いましたが、日曜ということもありC&R区間はどこも人でいっぱいだったので、前日も入った上流域へ。

1107240012
しかし、入渓点からすぐのところに昨日はなかった足跡が・・・。
サイズからして小プーさんのモノっぽいです。小プーさんだけなら最悪、戦えば何とかなる可能性もありますが、小プーさんのそばにはお母さんプーさんも居るでしょうから危険ですshock
釣れていれば爆竹鳴らしまくって釣りするのですが、上流域も昨日とは異なり全く反応が無かったので、今回は無念ですが撤収することにしました。

1107240013
帰る前にこの地域名物の大ニジ様には会えなかったので、「芝ざくらソフト」を食べました。
ピンク色の甘いソフトでしたが、その味は2日で24時間、21キロちょっと歩いて釣りをしたにもかかわらず惨敗に終わった私にとっては、涙でしょっぱくホロ苦いものでした・・・。

近いうちにもう一度ここへリベンジに行こうと思います。次こそは・・・。

☆今回のDATA☆
Winston WT9ft#4
Abel TR2
DT4F(SUPRA FLOATING YAMAME LINE)
リーダー2X12ft
ティペット3X100cm

☆ヒットフライ☆
エルクヘアカディス#8

|

« 大惨敗の2日間(1日目)(2011道北遠征PART2-1:110723釣行記) | トップページ | チェルノブイリアント:魚達には何に見えるんだろう? »

コメント

アカガレイさん こんばんは。
遠征、おつかれさまでした。私も、昨年初めてこの川に入りました。
ロケーションも素敵な渓流ですよね!
大きなお魚さんが見えたのですが、見向きもされませんでしたが。
また、今年も行きたいなぁ♪

投稿: かげまる | 2011年7月26日 (火) 19時12分

アカガレイさんこんばんは。
尺超えの虹君にもしっかり出会えているので大惨敗というほどではなく小惨敗じゃないですかw

この日はハッチもライズもなく若干の濁りと増水と
コンディションはあまりよくなかったようですね。
それに、こちらの尻別と同じく激戦区のフィールドですからなおさら厳しかったようですね。
でも当たるとデカイのがヒットするようでリベンジを
楽しみに拝見します。

投稿: yamame | 2011年7月26日 (火) 22時26分

こんばんは。
「芝ざくらソフト」って芝ざくらの味がするんですか?
興味津々です、涙が少しの塩加減で甘さが引き立ったのでは。
ハイプレッシャーの河川でそこそこのお魚に出逢えてるのは良い方じゃないですかね、広々としてそそられるポイントも有り、まあ普段釣りまくっているアカガレイさんだから物足りなさが残るのでしょう。

投稿: BOB | 2011年7月27日 (水) 00時55分

>かげまるさん
この川はいかにもという大場所がほんとに多くて歩いているだけで気持ち良いですよね。
私も数年前、初めてこの川に来たとき大きな魚を数多く見たのですが全く見向きもされなかったあげく、股抜きをされるという屈辱を味わいました(>_<)

投稿: アカガレイ | 2011年7月27日 (水) 19時37分

>yamameさん
釣行時間・遡行距離がこの半分くらいなら小惨敗と言えたのですが…。
この渓はかなりプレッシャーが高いのはわかっていたので、今回、増水後のチャンスで魚がリフレッシュしていると思い突撃したのですが、考えが甘かったようです。
魚にスイッチが入れば素晴らしい釣りができると思うので、また近々リベンジしたいと思いますが、時期は秋のほうが良いのでしょうね^^

投稿: アカガレイ | 2011年7月27日 (水) 19時49分

>BOBさん
芝ざくらソフトの味は、この味が芝ざくらの味かと言われると分からないのですが、このソフト以外では味わえない味覚ですので、芝ざくらの味をしているのだと思います(ちょっと訳わからん文章ですが…)^^;;;
この渓の特に日曜に入ったポイントは底が見えないような水深のある大場所が多く、スプーンなんかをベタ底に転がしてやれば大物が出てきそうな感じでしたよ。雰囲気的には昔、BOBさんと秋の終わりにニジマスを求めて長距離歩いた道南の名流に似ています。あの名流にも久々に行きたい気分が高まってきてます^^

投稿: アカガレイ | 2011年7月27日 (水) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/40956580

この記事へのトラックバック一覧です: 大惨敗の2日間(2日目)(2011道北遠征PART2-2:110724釣行記):

« 大惨敗の2日間(1日目)(2011道北遠征PART2-1:110723釣行記) | トップページ | チェルノブイリアント:魚達には何に見えるんだろう? »